フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

2017/10/15

『エルメスの手しごと展』 in NAGOYA 

オランダ・ベルギー・フランス・ドイツ・デンマーク・・・

これらのヨーロッパの国々は 夏の終わりから10月初め頃までに BloemenVanThuraが入荷した商品の 出荷元(取引先メーカー所在国)。

夏の初めには チェコからも届いています!

今年2017年の 秋・冬・クリスマス関連(雑貨)の新商品は 先週までにすべて揃いました!

(ヨーロッパリボンの入荷は 年内 もう少し続く予定です、フランス・イタリアから?)

是非ご覧くださいね、 『2017BVTクリスマス』

BloemenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」


さて 話は本題に。

9月末に帰国して ちょうど1週間が経とうとしていた時のこと・・・。

オランダ滞在中(日本不在中)に 届いていた郵便物の中に あるDM を見つけました。

普段 重要な郵便物以外のDM類は、日にちが過ぎていることが多い為、あまり見なかったり、さらに後回しにしたりしてしまうのですが・・・

たまたま 開けた封筒(DM)の中の案内は・・・?

おぉ!!

気になっていた イベントじゃないですか?!

でも すでに始まってる?

しかも開催期間 6日間のみ!

うわ~行けない!

・・・ん? まだ間に合う?!?!

Hermesartisan201701『エルメスの手しごと展 ”アトリエがやってきた”』(2017年10月4日~10月9日・名古屋)

東京開催時から、インターネットのニュースなどで見聞きし、興味を持っていました。

エルメスにも興味はありますが、それぞれのアイテムがどのように作られているかも興味があるし、何より 世界トップブランドの職人さんの手仕事がみたい!!

東京では ものすごい人でしたが、名古屋はどうかな・・・?

東京ほど混んでないんじゃないかなぁ・・・

でも名古屋の人は ブランドモノ 大好きだから 混んでるかな・・・?

ドレスコード あるのかな(エルメスを身に着けていかなきゃいけないかな)・・・?


Hermesartisan201702『エルメスの手しごと展 ”アトリエがやってきた”』は、KITTE名古屋 で行われていました(無料)。

左写真は 届いていたDM(裏表)。

ブログ冒頭の写真は 上階から見た 1Fアトリウム、”金のしゃちほこ”ならぬ 金色のオブジェ ”GOLD FISH”と、その横には『エルメスの手しごと展』の撮影スポット。

『エルメスの手しごと展』はKITTE名古屋 3階で開催されていました。

3Fに上がると、イベントの受付(入り口)があり、その奥には3つのお部屋がありました。

最初のお部屋に入ろうとすると、「現在混んでいるので、奥のお部屋からご覧ください」と案内されました。

隣のお部屋に行ってみると・・・こっちも 混んでる~!!

一部屋に3つまたは4つのブース(作業台)があり、どのブース(職人さん・作業台)も 何重もの人だかり・・・。

多くの人が 職人さんの作業台を取り囲み、真剣に見入っていました。

・・・隙間からしか見えません(汗)。

ちょっとうろたえましたが、少しずつ前進しながら 人と人の隙間から なんとか見ることができました。

そんな調子で様々なブースの 職人さんの作業を見学!

写真はOKでしたので、何枚か撮らせていただきました(フラッシュ・動画はNG)。

ちなみに・・・イベント会場へは デート中・名古屋駅利用の方・ショッピング中の方等 多くの人が訪れていましたが、エルメス率は高くありませんでした(ドレスコードはなかった)・・・よっぽど パリのMaison&Objetの方が エルメス率 高し・・・!?



会場には、様々な分野の(下記参照)職人さんのブースがありした。

鞍(馬具)職人、皮革職人、手袋職人、磁器絵付け職人、時計職人、石留め(宝石)職人、縁かがり(スカーフ)職人、ネクタイ縫製職人、シルクスクリーンプリント職人、シルクスクリーン製版職人

Hermesartisan201704

上写真は 石留(宝石)職人さん・・・小さなダイヤモンドを留める作業は細かすぎて見えないため、まずは図で説明。

実演後には 拡大鏡で覗かせてもらいましたが、キラキラすぎて ”目がくらむ!”とは まさにこのこと?!


驚いたのは、体験型のブースがあったこと。

Hermesartisan201703

時計職人さんのブース(上写真)では、次から次へと体験したい人が手を揚げ、1ミリにも満たないほどの ビスを ムーブメントに取り付ける作業を体験していました。

私もやりたかった~(ちょっと 手を揚げる勇気がでなかった)。

ブランドに興味がありそうな女性より、おそらく 手しごとに興味があると思われる多くの男性陣が手を揚げ 体験させてもらっていたのが印象的でした!!

さすが製造業のさかんな名古屋地区?!

それとも男性は やはり メカ好き?

Hermesartisan201705

一方、縁かがり(スカーフ)職人さんのブース(上写真)は ほぼ女性が囲み、スムーズな針さばき に興味津々、見入っていました。


Hermesartisan201706

上写真左から 手袋職人さん、皮革職人さん、鞍(馬具)職人さんのブース

どのブースも 見物客から 積極的に質問が飛び交っていたのには、驚きました。

仕事のこと、修行のこと、作業のこと、製品のこと・・・。

さらに、職人さん達が どんな質問に対しても(通訳を通して)丁寧に答えていたのは、好印象でした。

Hermesartisan201707

上写真左から 磁器絵付け職人さん、シルクスクリーン製版職人さん、ネクタイ縫製職人さんのブース

Hermesartisan201708

上写真はシルクスクリーンプリント職人さんのブース

一部 休憩中?のブースもあり、全ての作業を見学できたわけではありませんが、十分 理解し 感動し 楽しめました!!


説明によると、エルメスの社員の半数は職人さんとのこと。

エルメスという会社は 職人さんの割合が多く、ブランドの”姿勢”と”信頼”を感じました。

世界トップブランドの職人さんの手しごとは もちろん感動的でしたが、同様に感動したのが 通訳として それぞれの職人さんの隣で解説をしていた 日本人女性スタッフの方々。

かっこいい!!!

皆さん エルメスのスカーフを それぞれ素敵に巻いていらっしゃって、フランス語ペラペラ、専門用語も 専門的なことも スラスラ・・・!

エルメスにも、職人さんにも、かっこいいお姉さん方にも 憧れました!

手しごとっていいな・・・改めて感じた 暑さ残る秋の一日でした。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2015/11/23

サンモリッツの15時間?! Summer2015

先日 2015年最後の入荷がありました(仕事のお話)。

フランスメーカーやベルギーメーカーのガーデン雑貨や オランダで見つけた掘り出し物?達です。

私にとっては 身近なパリやブリュッセル・・・

パリのテロ、その後の騒動や ベルギー・ブリュッセルの地下鉄閉鎖・・・次々起こる物騒なニュースを聞くたびに、不安が募ります。

ヨーロッパでは今までも(パリのテロが起こる前も) 日本にいる時の何倍も、スリやテロに遭わないよう、気にかけて生活・移動をしていましたが、これからはさらに気を付けないといけません。

2016年1月後半からはヨーロッパ各地で展示会がスタートしますが、その頃 ヨーロッパの情勢はどうなっているだろう・・・。

平和が、平常が 一日も早く戻ることを祈ります。

輸入した雑貨達は BloenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」 からご覧いただけます。


話はがらりと変わり・・・2015年夏休み、イタリア・ミラノとスイス登山電車の旅。

Summer201508stmoritz01

まだ続いています?!

前回のブログで、念願の 世界遺産ベルニナ急行BerninaExpressに乗って、サンモリッツSt.Moritz へ到着したところまでご紹介しました(11月10日ブログ参照)。

今回はサンモリッツについてのレポートです。

サンモリッツでの滞在時間は、旅行4~5日目の 夕方(サンモリッツ駅 16:19着)から朝(8:02発)の 15時間40分程。

夕方到着、早朝出発の15時間です。

今回の旅、高級リゾート地サンモリッツを ”移動の為の経由地”にしてしまったなんて、もったいない計画でした・・・反省。


サンモリッツには、旧市街のドルフ地区と 温泉地のバート地区という 2つの地区の分かれています(二つの地区は徒歩20分程とガイドブック情報)。

バート地区へは行かなかったので、今回ブログは、サンモリッツ・ドルフ地区に限ってのレポートです。

予約していたホテルはドルフ地区のバドラッツパレスホテルBadrutt's Palace Hotel。

旅行5日目は 早朝出発だったため、駅から近そうだったドルフ地区で ホテルを探したのですが、すでに空きがほとんどありませんでした!!

旅行2か月ほど前の事です。

ドルフ地区の 空きのあったホテルの中で 一番 駅に近そうなホテルを選びました。

ホテルでゆっくり過ごす時間もなかったので、高級ホテルである必要は 全然なかったのですが・・・他のエリアの選択肢は頭に浮かばず、かなり!予算オーバーなホテルとなりました(汗)。


Summer201508stmoritz09_2ベルニナ急行を降り 駅舎から出ると、駅前に ちょうど ドルフ地区行きのバスが停まっていました。

(左写真はサン・モリッツ駅)

ドライバーさんに尋ねると、バドラッツパレスホテルの前にバス停があると分かったので、そのバスに飛び乗りました。

おそらくホテルの送迎もあると思うのですが、今回はお願いしていなかったし、調べてもなかったので、行き当たりばったりで。

バスが出発して、坂道を上り始めて・・・ ・・・ ・・・

数分?!?!

バドラッツパレスホテルの目の前のバス停に到着。

全く歩ける距離でしたが、その道中は スーツケースを持って歩くには大変そうな ”坂道”でした!!

尖がり屋根のある お城のような?印象的な大きな建物が バドラッツパレスホテルです。

Summer201508stmoritz02

様々なVIPの方々や、かつて オードリーヘップバーンも滞在したことがあるとか。

オードリーヘップバーンが滞在したというホテル、これで2回目かも!?

このブログを書きながら、ローマの HasslerRoma(オードリーヘップバーンが定宿にしていた) にも 泊まったことがあることを思い出しました()!!

クラッシックで重厚なインテリアと、カッチリしたスタッフの方々の応対に 少し緊張しつつ チェックイン。

涼しいサンモリッツ用の服装に着替え、再びサンモリッツの街へ。

ホテルスタッフの方から、夜は嵐(大雨?)が来ると聞いていたので、傘も持って サンモリッツ・ドルフ地区散策と レストラン探しです。

ホテルにも気になるレストランがありましたが、前日まで(ミラノで)連日 予約の要るようなディナーをいただいていたので、この日のディナーは 近くのレストランで カジュアルに楽しもうという計画です。


ホテルの外へ出ると・・・!?

ホテルの前に軒を連ねるブティック群は・・・すでに閉店していました!

さっきまで開いていたのに~~~(おそらく17時閉店)。

閉まってしまったブティック群を 恨めしそうに?眺めながら・・・ドルフ地区中心部へ向かいました。

Summer201508stmoritz04

Summer201508stmoritz03

Summer201508stmoritz06バドラッツパレスホテルも 見晴らしの良い場所にありましたが、そこはまだまだ小高い山?の入り口。

ドルフ地区中心部までは ずっと坂を上り続けました!!

さらに少し上れば 展望台へのケーブルカー乗り場!

サンモリッツは、冬季オリンピック(1928年・1948年)が2回も行われている ウインタースポーツのメッカです!!

スキーシーズンにも 訪れてみたいサンモリッツです。

小高い丘の さほど広くはないドルフ地区 のメイン通りや 細い路地を 縫うように歩きました。

立ち並ぶ建物は まるでおとぎ話の中に出てくるような(アムステルダムとは違う雰囲気)  かわいい佇まいでしたが、右も左も 高級ブティック!

ドルフ地区は、カフェやレストランもあるとはいえ、高級ブティックが軒を連ねる街 でした。

しかも そのブティックや ショップが すべて閉まってしまって・・・(泣)。

観光地、しかも夏なのに、まだまだ明るい時間なのに・・・残念~。

ヨーロッパの都市は、夕方5時や6時で ショップが閉まってしまうのは 至って普通です、アムステルダムも・・・。

これまでの夏休み旅行で 一晩だけ過ごした街はいくつかあります。

スペイン・ログローニョLogroño(2014年10月6日ブログ参照)・・・

同じくスペイン・サンセバスティアンSanSebastián2014年11月20日ブログ参照)・・・

ドイツ・ツグミ横丁リューデスハイムRüdesheim2008年8月5日ブログ参照)・・・等

そこは町全体に レストラン・カフェ・バーがあふれていて、一晩だけの滞在でも楽しめました(逆に一晩では足りない?)。

サンモリッツは同じ”観光地”でも 違う種類の観光地ですね。

下の写真は、高級ブティックの合間にあるチョコレート屋さん等のショーウィンドウ、スイスモチーフはかわいい!

Summer201508stmoritz05


ふと 気付くと・・・観光客はどこへ消えたのか、観光地とは思えないほど 人影がなくなりました。

ついさっきまで、歩いていた欧米の観光客も 日本人観光客もいない・・・。

皆さん 何処へ・・・?(たぶん皆さんディナータイム)

閉店したお店の並ぶ 人影のない観光地は 寂しいものです。

今回は行かなかった サンモリッツ・バート地区は、もっとお土産さんやカジュアルなカフェやレストランがいっぱいあって、ガヤガヤ賑わっているのではないだろうか・・・そんなことを想像しながら、上って来た坂道を 再び下りました。

その後、スイスらしい?ウッディなインテリアのレストランで、スイスイタリアン?料理を食べて(イタリアワインも飲んで) ホテルへ戻りました。

雨は少し降りましたが、嵐にはなりませんでした。


Summer201508stmoritz08_2ベッドメーキングされたお部屋に戻ると、ベッドに湯たんぽがありました!!

(左写真左が湯たんぽ、右はチェックアウト時にいただいたチョコ)

さすが?避暑地 サンモリッツ!

ミラノで体験した暑さは すっかり忘れました。

この日は、オランダの夏と同じくらいの(?!)、日中25度、夜は12度ほど。

楽しかった一日を思い出しながら、気持ちよく フカフカのベッドに 沈み込みました。

少し肌寒かった記憶がありますが、湯たんぽを使うほどではなかったかな(笑)。


そんなわけで?!

サンモリッツを楽しんだり 感じたりするのには、全く時間不足でした。

滞在時間が15時間でも、日中の15時間ならもっと楽しめると思います・・・。

滞在時間が短すぎたサンモリッツで、最後に ”日の出”と美味しい朝食(ホテル)をいただけたことが、せめてもの思い出となりました!?

ホテルのお部屋のテレビに映し出されていた 真っ暗だった Webカメラの映像が、朝 徐々に白み・・・ホテルから見下ろすように広がるサンモリッツ湖だということが分かりました。

テレビ画面で紹介されていたサンモリッツ情報によると、日の出は6時ちょうど(日の入りは 20:42)、風速はゼロ!

風のない良いお天気のようです。

さあそろそろ 日の出タイム!

朝5時半、急ぎ身支度をして カメラを持って、ホテルのロビー奥の サンモリッツ湖が目の前に広がるテラスへ!!

誰もいない静かなテラスで、少しひんやりした爽やかな空気を満喫しました。

Summer201508stmoritz07

上写真右・ブログ冒頭の真、ホテルのテラスから朝日を待って撮影したサンモリッツ湖。

気持ちよく一日がスタートできそうです。

その後 レストランオープンと同時に 朝食をいただきました。

これまでにいただいてきた様々なホテルの朝食の中でも 一番といっていいほど、クオリティの高い朝食だったと思います。

出発時間が早く、ホテルも ホテルの朝食も ゆっくりできなかったことが悔やまれます。

ドレスコードがあるような今回のホテル・・・高級ホテルは ゆっくり過ごす時間のある時に 連泊で滞在したいものです・・・。

そして朝7時45分頃、お願いしていたホテルの送迎で駅へ(たったの数分!)。

次の地をめざします!


いつか スキーシーズンにも訪れてみたい サンモリッツ。

雪景色はもちろん、きっと 今回とは全く違う景色に見えるはず・・・今度はゆっくり・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
『2015BVTクリスマス』!!
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

2015/11/02

気分はノルディック?! アールスメーアレポート2015年10月

11月になりましたね!

今年もあと2か月・・・あっという間に年末になりそうです(汗)!!

年末に今年一年を振り返る時、”良い一年だった・・・”と思えるよう、後悔のない一年にしたいものです。


Ws201510nord01_2アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer仲卸さんレポート(10月中頃)。

今回は 雑貨資材仲卸さんのテーマハウスから。

10月中頃の問屋さんは、クリスマス関連雑貨資材の販売は始まっていたものの、本格的な”クリスマスシーズン”が始まる前といった感じでした。

でもテーマハウスは クリスマスの雰囲気になっていましたよ。

今年のクリスマスは・・・!?

”ノルディックテイスト” の ”ナチュラル” クリスマス!!

Ws201510nord04

Ws201510nord02

Ws201510nord03


ヨーロッパでの 昨今のトレンドキーワードはやはり、”ノルディックテイスト”と ”ナチュラル”。

パリで行われるインテリア・デザインの総合見本市メゾン・エ・オブジェMaison&Objet や その他ヨーロッパ各国で行われるインテリア・フラワー系の展示会でも、ノルディックテイストのインテリア・雑貨が あふれるようになりました。

シンプルで洗練されたデザインの北欧雑貨達・・・かわいいですよね。


昨年もそうでしたが、問屋さんを巡っていると 販売されている商品だけでなく、なるほどっ!と思える簡単な創作デコレーションにも出会います。

木材・廃材・端切れ・リボン等を使ったアイデアクリスマスツリーやデコレーションです(写真がなくて残念ですが)。

木材・廃材・端切れ・リボン等を使って創作すると、アイデア次第で 簡単に ノルディックテイストが表現できそうです。

クラフト好きな方も、DIY好きな方も、創作・工作が苦手な方も?!・・・今年は ノルディックテイストの 手作りクリスマスツリーやデコレーションにも挑戦してみたいですね。


下の写真の トナカイや クリスマスツリーは、プランツ問屋さんの雑貨コーナーにあったデコレーション(商品)。

Ws201510nord05

一見 シンプルなシルエットのトナカイやクリスマスツリーですが、表面は 今年大ブレーク?のストラスリボン・ストラスコード(日本でも呼び名はわかりません)でした。

写真をズームしないと見えませんが・・・(写真クリックしてみてくださいね)

ビジューやスワロフスキーが敷き詰められているように見えるこれらのキラキラ・・・、実はビジューや石は入っていない、土台だけのもの。

スパンコールの様にも見えますね。

ビジューや石のない”土台だけ?”の ストラスコードやリボンが、今年ヨーロッパでは大人気。

きれいでしょ!!

しかも!このストラスコードやストラスリボンは、使いやすくとっても便利です!

下の写真はBloemenVanThuraで販売している雑貨・資材(ストラスコード・ストラスリボン・、ストラスコードが使われているリース)。

Ws201510nord07bvt

皆様も是非!ワイヤーやリボン感覚で 試してみてくださいね。


下の写真は 同じくプランツ仲卸さんの雑貨コーナーで 行進?していた シラカバ樹皮のトナカイさん達!

サイズは・・・・片手~両手を広げたくらいかな?

大きいです、オランダサイズ?!

Ws201510nord06

ノルディックテイストのシンプル&ナチュラルなクリスマスも新鮮ですが、私は 従来のクラッシック&トラディショナル&ナチュラルなクリスマスや、キラキラのクリスマスも好きです。

皆様は どんなクリスマス気分??

クリスマスまで約1か月半!

それぞれのクリスマス、楽しみましょう!!



最後は・・・

『2015BVTクリスマス』・・・BloemenVanThuraのクリスマス雑貨・資材です!

Bvt2015xmas201510

BloemenVanThuraでは、8月末頃から ドイツ・オランダ・ベルギー・フランス等から届いた クリスマス関連の新商品を BloemenVanThura Facebookページ でご紹介してきました。

現在は2015年新商品はすべて揃い(入荷済)、ホームページ「雑貨カタログ」にて販売中です!

BloemenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」

クラッシック・ナチュラルなクリスマス雑貨、トレンドのノルディックテイストも 揃っています。

ガラスのオーナメント・各種素材のオーナメント・ガーランド・キャンドル・ドライオブジェ・ドライ資材・その他関連雑貨・資材等・・・

これからのシーズンのインテリア・デコレーション・アレンジ・各種クラフト・ギフトに・・・是非ご活用ください。

クリスマスシーズン、楽しく盛り上げていきましょう!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
『2015BVTクリスマス』!!
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

2015/06/11

寄せ植えに”夏”をプラス?! アールスメーアレポート2015年6月

先日、オランダでは一年に数回あるかないかの30度を超える日がありました。

夜10時過ぎまで明るいこの時期に 好天・高温が続くと、赤レンガの家が 温室のように温められてしまいます。

”クーラーが欲しい!”・・・そんな日だけは思います。

先日も早速 アムステルダムで工事をしてくれそうなところを検索してはみたものの・・・、高温の日は続かず。

翌日にはまた普通の気温、さらにその次の日にはヒーターをつけるような気温になり・・・。

今から頼んだところで ホリデー開けになりそうだし(その頃はもう完全に秋です)・・・。

ということで、今年もクーラー作戦?は消えました。

やはりオランダでは クーラーは必要なさそうです・・・。

ちなみにオランダでは、公共施設やデパート、レストラン、交通機関等にはクーラーはありますが、一般の家庭にはないことが普通です。

ヒーターは必須です・・・言うまでもなく。


Ws201506pl01さて、そんな夏のオランダから、久々の!!アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeerレポートです!

6月初めのアールスメーア花市場・仲卸さんコーナーの様子を、数回にわけてご紹介します。

まずは、プランツ仲卸さんに並ぶ 寄せ植え”夏の装い”バージョン!

ブログ冒頭の写真は、ビーチサンダルのピックとレース調のリボンで飾られた カランコエの寄せ植え。

周年見かけるプランツだけど、季節感でてますね!

Ws201506pl02

上写真はエケベリアEcheveriaサンド(砂)バージョン(吹きつけ)?!

Ws201506pl03

上写真はエケベリア爽やか?水色バージョン(ペイント)。

表面には小さなシェル(貝殻)が敷き詰められています。

Ws201506pl04

上写真は カピスでデコレーション!

カピスは オーナメントやガーランドになったタイプが人気ですが(BloemenVanThuraでは)、単品でも 幅広く使えそうですね。

Ws201506pl05

上結合写真左:お庭で過ごす時間が増えるこの季節、オランダのガーデンには欠かせないオイルランプやランタン付きの寄せ植え

上結合写真中:アイス(氷)のようなデコレーション!

上結合写真右:シェル(貝殻)でデコレーション!

下写真は寄せ植えではありませんが、仲卸さんにプランツと一緒に並んで売られていた大きなウニや 貝でできた大きなベース。

Ws201506pl06

ウニの色・・・自然の色とは思えない美しさ!

自然ってすごい!

寄せ植えやアレンジに添える季節のアイテムにもなるし、インテリアのオブジェにもなります。

BloemenVanThuraでも 少しですが ウニやシェル(貝殻)やカピス、扱っています。 

BloemenVanThura「雑貨カタログ」


Ws201506pl08

Ws201506pl07上結合写真は、夏らしい”リボン”?使い!

麻のような素材のリボンや 縄・ロープ・・・

ナチュラル素材で 季節感をプラス。

周年見かけるインドアプランツも、これならお部屋に置くだけで お部屋全体が”夏の装い”になります。

なるほど~。

カランコエの寄せ植えは樹皮(ドライ素材)のブーツ型のベースに。


最後は・・・

Ws201506pl09

いつものインドアプランツを ハンギングスタイルで。

ポットや吊るす部分に自然素材を用いれば、爽やかなデコレーションになりますね。


私も いつも飾りっぱなしのお部屋のプランツ達を 夏仕様にしてみよう~!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

2014/10/20

あと2カ月! クリスマス 2014!!

今回はクリスマス特集?!

クリスマスまであと2カ月ほどとなりました。

Ws201410xmas00皆様 そろそろ クマスマスプレゼント・ディナー・旅行等・・・計画を進めていらっしゃることと思います。

今回ブログは 恒例の2014年10月アールスメーアレポートと『2014BVTクリスマス』の二本立て?です。

クリスマスと言えばこれ(写真)!

アールスメーア切り花仲卸さんで どっさり売られ始めたモミNobilisWitband。

ん~っ、この色・このフォルム・この香り・・・クリスマスへの想いが募ります~!!



まずはアールスメーアレポート、FloraHolland花市場にある仲卸さんの2014年10月の様子です。

秋(ハロウィン)~冬(クリスマス)が共存している今の時期、今回は”クリスマス”に絞ってご紹介します。

Ws201410xmas01まずは 雑貨資材仲卸さんのテーマハウスから。

今年も昨年に続き オランダフラワーデザイナーPetra van der Veen氏が担当でした。

3つのテーマのクリスマスが紹介されていました。

①We love Black & White

数年前にブームだったブラック、あの時代と違うのは キラキラギラギラ感と素材。

今シーズンはナチュラル素材が中心となっています。

北欧系を意識した雰囲気とも感じます。

上の写真もこのテーマのデコレーション。

Ws201410xmas02

Ws201410xmas03

②Naturally Glamourous

ナチュラル素材と暖色系アイテムでまとめられています。

Ws201410xmas06

Ws201410xmas07

③Soft &Sparkling

パール・レース・フラワーモチーフ等・・・ブロカント調テイストをソフトカラーで。

Ws201410xmas04


次はプランツ仲卸さんのデコレーション。

Ws201410xmas08

Ws201410xmas09

シラカバ樹皮のトナカイやクリスマスツリーは、小さなサイズから 身長を超えるような大きなサイズまで!

こちらのデコレーションもナチュラルテイスト!


素朴なナチュラル素材を使ったシンプルなクリスマス、ちょっと新鮮です。

ただ長さの違う棒を並べる、ただ四角を並べる、ただ三角を並べる・・・それだけでクリスマスツリー!

なるほど~、視覚的な効果で”クリスマス(ツリー)”が表現できることを発見!!

写真にはありませんが、他にもこの手法(視覚的効果)で ”クリスマス”を表現しているデコレーションや商品をたくさん見かけました。

シンプルですが、オリジナル感たっぷりで 創作が楽しそうです。

今シーズンのヨーロッパ各国展示会や 他の問屋さんでも、キラキラ・カラフル・華やかなクリスマスが紹介されながらも、シンプルな”ナチュラルクリスマス”も注目を集めていました。

皆様の今年のクリスマスはどんなスタイルでしょう?!

オリジナルのクリスマスを楽しみたいですね。



最後は『2014BVTクリスマス』

Bvtxmas2014今年も8月末から展開してきましたBloemenVanThuraのクリスマス関連雑貨・資材の輸入販売。

夏から新商品の入荷が続いていましたが・・・今シーズン 入荷予定の新商品は全て アップ完了いたしました!

BloemenVanThuraで取り扱う ヨーロッパクリスマス関連雑貨・資材『2014BVTクリスマス』は、全商品ホームページ「雑貨カタログ」よりご覧いただけます。

BloemenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」

是非一度!!ご覧ください。

ドイツ・フランス・オランダ等の展示会、メーカーのハウスショー等に出向いて BloemenVanThuraテイストのアイテムを探し選んで買い付けています。

フラワーアレンジや各種クラフトの素材となるような ガラスのオーナメント等が中心です。

もちろん!ガラスをはじめ各種素材のオーナメントは クリスマスツリーにも。

クリスマスシーズンのインテリア・デコレーション・テーブルデコレーションに活躍するキャンドルも おススメです!

これからの季節のインテリア・デコレーション・アレンジ・各種クラフト・ギフトに・・・是非ご活用いただければと思います。

BloemenVanThura FacebookページFBページアルバム で新商品入荷情報等を発信しております。


あと2カ月、クリスマス気分 盛り上げていきましょう!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/09/01

扉の向こうに・・・OpenTuinenDagen Amsterdam2014

アムステルダムのオープンガーデンOpenTuinenDagen Amsterdam 2014 (Open Garden Days 2014)

今年は2014年6月20~22日に開催されました。

2カ月以上が経ち、9月になってしまいました(汗)。

季節もすっかり変わってしまいましたが、2014年夏の記憶として記します。

ブログの最後にはBloemenVanThuraからのお知らせがありますので、よろしければ最後までご覧ください。


前回に続き 一日目に巡ったお庭から印象に残っているお庭をご紹介します。

Og2014ano1601ガーデンNo.16(Keizersgracht 609/FOAM & 615-617)

毎年公開されているFOAM写真美術館のお庭です。

・・・が、なんと今回は?!

(私にとっては初めて)その右(東)隣 No.615~617 のお庭も公開されていました!

FOAMのお庭は 北向きで たくさんの大きな樹木に空を覆われており、日蔭がちなお庭です。

下結合写真真ん中のガラスの扉を出ると そのお庭が広がります。

ですが!今年は他のお庭同様、好天続きだったため、ジメッとしがちな日蔭のお庭も なんだかすっきりしていました。

Og2014ano1602

Og2014ano1603

Og2014ano1604ちょうど様々な種類のあじさいが満開を迎える頃でした。

地面のレンガを覆いつくすようにカンパニュラが伸びて、きれいな青いお花をいっぱい咲かせていました。

お花は終わっていますが、藤棚もあります。

今年はFOAMのお庭の端のフェンスの扉が開放され、お隣さん(615と617)のお庭へ入ることができました。

同じ北向きのお庭ですが、また一味も二味も違うお庭を楽しむことができました。

No.615はナチュラルな雰囲気。

Og2014ano1611

両隣のお庭に比べると幅の狭いお庭ですが、高低差のある多くの種類の樹木・植物によって変化がつけられ、雰囲気のあるお庭でした。

No.617は・・・びっくり!

大きな池がお庭の真ん中に(お庭のほとんどの部分?)。

Og2014ano1621

ちょうど満開の黄色のLysimachiaが、池を囲っていました。

Og2014ano1622

他にもたくさんのお花が咲いていて とてもナチュラルな雰囲気のイングリッシュガーデン。

”四季を通して見てみたいなぁ”と思うお庭でした。

塀と大木に囲まれたFOAMのお庭とは違い、大きな池の上に広がる大きな空。

喧騒の街中にあるとはとても思えない空間でした。


ガーデンNo.18(Herengracht460)

毎年見ているお庭で、いつ見ても とても好きなお庭です。

今年も この日 私にとってのNo.1のお庭でした!

Og2014ano1800

建物のお庭への出口(上結合写真中・右)から 地面に敷き詰められた古い時代のレンガ(上結合写真右)が見えると・・・気持ちがお庭に惹きつけられます!

お庭の真ん中には小さな丸い池(上結合写真左)、奥にはロマンティックなガゼボ(下結合写真)があります。

Og2014ano1804

Og2014ano1802

ところどころに置かれたオブジェやポット(鉢)やベンチ・・・どこからどこを見ても”絵になる”フレンチガーデンです。

ちょうど満開だったライトピンクのあじさいが ロマンティックな雰囲気をさらにロマンティックにしています。

Og2014ano1803

お庭の隅にあるアップル系の白い満開のお花が散り始めているところでした。

花びらが雪のように散って積もっている様子も素敵です(お掃除が大変そうですが・・・)。

今ごろはミニリンゴ(たぶん)がいっぱい実っていると思います。

資料によると、お庭の入口にある2本のプラムの木(下写真)からは、毎年 数キロのプラムの実が採れるのだそうです!

Og2014ano1806

果実の樹木は お花も実りも 楽しめていいですね。

写真を見ているだけでも心地よい気分になります。

本当に素敵なお庭!

また来年のお庭の状態が楽しみです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


ここまでのオープンガーデンのお話とは全く関連がありませんが・・・

BloemenVanThuraからのお知らせです。

BloemenVanThuraでは8月後半より『2014BVTクリスマス』がスタートしました。

Bvtxmas2014

ドイツを中心にヨーロッパ各国より 美しいガラスオーナメント等 クリスマス雑貨・資材を直輸入!

豪華で繊細な商品からカジュアルな商品まで 季節を彩るアイテムをご紹介しています。

インテリアに、デコレーションに、フラワーアレンジに、クラフトに・・・是非ご活用ください。

BloemenVanThuraホームページ 「雑貨カタログ」

最新情報・入荷情報は BloemenVanThura Facebookページ でもご紹介しています。

2014/04/09

オランダスタイル公開 ~オランダ花器メーカーショールーム~(2014年前期)

日本の春は お天気がジェットコースターのようですね。

(オランダは一日の中のお天気が ジェットコースターですが・・・)

咲き始めた桜も 満開を迎えるタイミングで雨や強風が吹き荒れ、散り始めてしまいましたね。

ですが、儚く限られた美しさだからこそ 喜びや感動があるのかもしれません。

全ての植物・お花に 言えることですね。

私は華やかな満開の桜も好きですが、ハラハラ散る桜も好き・・・。

オランダに住むまでは 日本でいろんな所へお花見に出かけました。

遠い昔? 満開~散り始めの頃に訪れた 飛騨高山で見た桜吹雪は忘れらません。


さて今回は・・・

Ptmd20140301 ここのところ「オランダのお花ブログ」でシリーズ化しているオランダ花器メーカーショールーム(PTMD社)の様子をご紹介します。

オランダに春の気配が漂い始めた3月初め頃、 2014年冬・クリスマス雑貨のプレオーダー会の為に訪問した時のショールームの様子です。

そういえば・・・

ショールームへ向かう道中、暖冬のため 例年よりずいぶん早く!あちこちの桜がすでに満開のように咲いていました!

今年は日本の桜の開花の方が遅くて ちょっと不思議な感覚です。


話がそれましたが・・・

今回ご紹介するのはプレオーダーのクリスマス関連ではなく、2014年春夏の新商品の並んだショールームの様子。

重厚で渋い 独特の世界観です!

Ptmd20140302

Ptmd20140303

Ptmd20140304

Ptmd20140305

日本で最近人気の北欧スタイルのシンプルテイストとは 遠く離れたスタイルですが、この重厚なテイストはヨーロッパでは 今も昔も大人気です。

お部屋のインテリアやテーブルのデコレーション・・・ライティングや空間のデコレーションまで・・・とても参考になります。

Ptmd20140306左写真は 担当者さんと商談をしたり 一緒にお茶をしたり おしゃべり?をしたり しているスペース。

窓から、外ののどかな風景が見えるこのスペースが、私はとても気に入っています。

このブログでご紹介中のPTMD社ショールームの写真は、許可を得て 撮影・ブログ掲載しています。


メーカーの担当者さんとの会話の中で、2014年1月に行われた パリの展示会Maison&Objetについての話題がでました。

(PTMD社は Maison&Objetで大きな!ブースを展開しています)

大盛況だったとのこと!

納得です。

私もMaison&Objet に行きましたが(2005年から年に2回 欠かさず行っています!)、PTMD社に限らず、どこのブースも・・・Maison&Objet自体が ここ数年の中で(リーマンショック後)一番の人出だったのでは?と感じる 賑わいでした。

ヨーロッパの景気が、世界の景気が ↑↑↑上向き↑↑↑ になっていることを あの熱気から感じました。

日本も続け~~~。


PTMD社の一部製品(陶器・アイアン製雑貨等)は BloemenVanThuraでも扱っています。

是非この重厚な世界観を身近に感じてみてくださいね。

BloemenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/04/05

ECO&ECO ラッピング! IPM2014

3月末から4月1日にかけての消費税増税関連のニュースはすごかったですね。

大晦日からの年越しに似た盛り上がり?でした。

思い返せば オランダも昨年2013年10月1日に 消費税アップ。

それまで19%だった消費税が21%になりました。

ただ、6%(軽減税率)だった食品等は 据え置き(お花も6%です)。

日本もヨーロッパのように 軽減税率を設けるべきだと 強く思います!

私は というと・・・仕事・生活スタイル柄、オランダでも日本でも 数%の増税よりも レートの急激な変動に翻弄され 頭を抱えています?!


がらりと話題は変わります。

「オランダのお花ブログ」は今回もIPMレポートです。

ドイツ・エッセンEssenにて行われたIPM国際園芸見本市(2014年1月28日~31日)。

Ipm2014wr01 IPM会場では最新のトレンド雑貨や様々な資材も紹介されています。

今回ご紹介するのは ブーケ(花束)等に欠かせない ラッピング資材について。

自宅用にもプレゼント用にも、インテリアのデコレーションにも・・・

様々なシーンで活躍する「シルクペーパー」!

ここでご紹介する「シルクペーパー」とは、薄葉紙をちょっと厚くしたような 片面WAX加工のペーパーです。

BloemenVanThuraでも ここで登場する ドイツ製シルクペーパーを扱っていますので、取り扱い商品のご紹介でもあります。


IPM会場では 「シルクペーパー」の 様々な使い方のアイデアが紹介されていました。

Ipm2014wr02

花束だけでなく プランツ(苗・鉢モノ)もシルクペーパーでラッピング!

なるほど~。

Ipm2014wr04ipm2013

(上の結合写真は2.013年開催 IPM2013の展示より)

オランダのお花屋さんでは ”自宅用”のお花は、ペーパー(クラフト系等)で くるむことが多いです。

「セロファンよりペーパー(自宅用の場合)」という選択は、お客様の要望でもあります(オランダのお花屋さんでの経験上)。

最近オランダでは シルクペーパーで くるんでくれるお店が多いです。

Ipm2014wr03

上結合写真真ん中は現物(シルクペーパー)のスキャン画像です。

オランダ(ヨーロッパ)では もともとあまり過剰な包装は好まれないので、シルクペーパーは まさに目的に沿った資材だと思います。

ECO(Ecology)&ECO(Economy)のラッピング資材!

早速 ECO&ECOラッピング 取り入れてみませんか?!

ブログ内でご紹介している写真は、記載がない限り IPM2014会場で撮影したものです。


BloemenVanThura では、2011年より ここでご紹介しているドイツメーカーのシルクペーパーを扱っています。

よろしかったらご覧くださいね。

BloemenVanThuraホームページ「ラッピング資材」

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/11/09

クリスマス! アールスメーヤレポート2013年10月

11月6~8日、オランダでは IFTF&IHTF(花と園芸のトレードフェア)が開催されていましたね。

関係者の皆様 オランダへ行かれている方も多いでしょう。

私は・・・日本です、残念。


・・・さて、気を取り戻して!?今年最後のアールスメーヤレポートです。

このまま年末まで日本滞在予定なので、今年最後です!

今回はアールスメーヤ花市場の問屋さん街にある資材・雑貨仲卸さんのテーマハウスから。

この資材・雑貨問屋さんに並ぶ季節の商品でデコレーションされています。

Ws1310xmas0110月中頃から展開されているのは、もちろん・・・『クリスマス』 !!

デコレーションを手掛けたのは オランダフラワーデザイナーPetra van der Veen氏です。

デコレーションの中で使われてるプランツ(鉢)はファレノプシスやシクラメン・・・生花です。

最近はアーティフィシャルフラワーも デコレーションに使われることが多くなったオランダですが、私はやっぱりフレッシュが好きです。

特にクリスマスデコレーションの中にフレッシュフラワーがあるとデコレーションが一層 映えますよね!!

今年のこのテーマハウスのクリスマステーマは3つ。

この問屋さんオフィシャルサイトの解説を参考にしつつ、私の感想を加えて書いています。


『Sparkling Pastels』

パステルカラーのクリスマス!

ブログ冒頭の写真もこのコーナーから。

Ws1310xmas02

Ws1310xmas03

たくさんのパステルカラーを使って グラマラスな雰囲気に仕上げています。

様々な素材(ガラス・メタル・陶磁器・プラスチック・木材・布等)何とでも相性のよい パステルクリスマスです!

Ws1310xmas04

Ws1310xmas05

デコレーションの中の生花が 生々しく?!フレッシュで素敵です!!


『Flora Nature』

パステルのコーナーからはガラリと雰囲気がかわり、シックなダーク系カラーのクリスマスです。

Ws1310xmas11

Ws1310xmas12

同色系でまとめて落ち着いた雰囲気。

色だけでなく、アニマル系と合わせて個性的に!

このデコレーションでは鳥(クジャク)の羽根がポイントになっています。

ダークカラーを同色系でまとめ、ポイントにアニマルを用いる・・・一見難しそうですが、ナチュラル素材・陶器・ガラス等・・・様々な素材と相性はよさそうです。

”和”っぽくも見えますねぇ。


『Pure & Light』

ナチュラル素材を中心に ”白”で統一した オーガニックなイメージのクリスマスです。

Ws1310xmas21

Ws1310xmas22

クリスマス伝統的な”白”や”ナチュラル”というキーワードを モダンにアレンジした新しい世界。

アクセントカラーを用いない分 素材の特徴が強調され、新しい世界が広がりますね。


最後はアールスメーヤ花市場問屋さん街のプランツ仲卸さんの雑貨コーナーのクリスマス。

Ws1310xmas31

こちらはマルチカラーのクリスマスです!


皆様はどのクリスマスが好きでしたか?

クリスマスまで一カ月半、テーブル・壁・空間を飾って クリスマス気分を盛り上げていきましょう!

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/08/25

『2013BVTクリスマス』スタート!

「オランダのお花ブログ」では 前回やっと 6月中旬のレポートを書き上げたばかりで、”夏”どころか まだまだ”初夏”の思い出に浸っているところですが・・・。

”秋”です!

”冬”です!!

”クリスマス”です!!!

『2013BVTクリスマス』がスタートしました!

Bvtxmas20134002

本場ドイツを中心にヨーロッパから直輸入のクリスマス雑貨・資材です。

ガラス製オーナメント(グラスオーナメント)、キャンドル、キャンドル雑貨(キャンドルスタンド等)、ギフトアイテム、フローリスト資材など・・・季節の雑貨・資材をご紹介しています。

フラワーアレンジ・デコレーション・インテリア・ギフト・クラフト等・・・様々なシーンで活用できます。

BloemenVanThura雑貨カタログ『2013BVTクリスマス』


夏休み明けてからも、すでにドイツから 半年前に発注していた クリスマス雑貨が入荷しています。

来週も またその次の週も ドシドシ入荷してくる予定です。

私もまだ夏の余韻に浸っていたいところですが、気持ちを切り替え クリスマス雑貨と向かい合わないと 今年のクリスマスに間に合いそうにありません。

ということで、夏休み明けのこの2週間 私の頭は すっかりクリスマスになっています。

Bvtxmas201308

上の写真は 『2013BVTクリスマス』スタートに合わせ用意していた新商品達。

「クリスマスなんてまだずっと先じゃない?!」・・・と思う方が多いと思いますが、それでもクリスマス雑貨を見ると なんだかワクワクしませんか??

これから 10月末頃まで随時新商品入荷予定です。

是非たまにホームページを覗いてみてくださいね。

BloemenVanThura雑貨カタログ『2013BVTクリスマス』


料金表をご用意しております。

お気軽にお問い合わせください⇒「お問い合わせ」

入荷情報は FacebookやTwitterで発信しております。

FacebookやTwitterも 是非 覗いてみてくださいね。

BloemenVanThura Facebookページ

BVT Facebookページ アルバム「2013BVTクリスマス(8月23日)」

thura on Twitter

今年の秋・冬・クリスマスも BloemenVanThuraヨーロッパ直輸入雑貨資材をよろしくお願いいたします。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

より以前の記事一覧

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析