フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

2017/11/20

牛?のいる丘、 妖精の棲む森へ! Summer2017

今年も残すところ1か月半をきり、クリスマスシーズン真っ只中ですが・・・?!

年末年始や 来年1月~3月のスケジュール、ヨーロッパ展示会シーズンの計画を立てる時期がやってきました。

1年あっという間ですね(汗)!

BloemenVanThuraでは 現在 ヨーロッパ直輸入クリスマス雑貨 販売中です。

BloemenVanThura「雑貨カタログ」 ・・・ よろしければご覧くださいね。


そんなせわしい時期ではありますが、「オランダのお花ブログ」では 再び夏に逆戻り!?

2017年夏休みに訪れた 18年ぶりのアイルランドの旅レポートです。

『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』

Summer2017kilkenny20

今回ブログは、2017年夏休み2~3日目に訪れたアイルランドの町キルケニーKilkenny観光レポート(Part2)です。

キルケニーでは ダニー(旅友の旧友・オランダ在住イギリス人)と合流。

夏休み2日目の午後・夕方は、ダニーが キルケニー近郊に買ってリフォーム中の家(オールドファーマーハウス)を訪問予定。

夕食の準備ができたら、ダニーの奥さんやお友達が キルケニーへ迎えに来てくれることになっていました。

それまではキルケニー観光です。

キルケニーの観光(Part1)は 10月29日ブログ 参照。

キルケニーの名物パブKyteler'sInnでのランチ(&アイリッシュビール!)後、再びキルケニーの街歩きです。

雨が降りかけた空は 青空になったり、再び暗くなったり・・・。

アイルランドは オランダ以上に?!お天気と空の様子が変わりました。

聖カニス教会St. Canice's Catheralのタワー(前出ブログ参照)にのぼった時には 雨が降りかけていたのに すっかり晴れて・・・、肌寒いと思っていたら コートを脱いで半袖になりたくなるほど暑くなったり(この日の気温は 14~20度)、またコートを着たり・・・。

コートを脱ぎ着し 天候には翻弄されましたが、この日 本格的な雨が降らなかったのは 救いでした。


ランチ後に訪れたのは、”ロス・ハウスRothe House & Garden”という チューダー朝時代のお屋敷と庭園。

Summer2017kilkenny23

16世紀末~17世紀初頭(1594~1610年)に キルケニーの商人であり大地主であり市長でもあった ジョン・ロス氏によって建造され、ロスファミリーが暮らしたお屋敷。

現在 建物内部は博物館となり、当時の家具やツール等が展示され、17世紀の生活や産業の様子を見学できます。

キルケニーの考古学協会本部でもあるそうです。

Summer2017kilkenny21

Summer2017kilkenny22

お屋敷内部を見学した後は、併設されている庭園へ。

17世紀のロス家のガーデンを再現したお庭だそう。

オフィシャルサイトによると、2008年に行った発掘調査の結果、採取された 種子や花粉等から 当時の植物のレイアウト等がわかったそうです!

Summer2017kilkenny24

Summer2017kilkenny25

私が訪れたのは2017年8月、夏真っ只中でした。

季節のお花、豊かに育つハーブ達、美味しそうに実ったフルーツ達・・・美しいイングリッシュガーデン!

Summer2017kilkenny26

これまでオランダで 何度も オープンガーデンイベントを訪れ(アムステルダムやユトレヒト等)、たくさんの夏のガーデンを見てきましたが・・・、このロス・ハウスのガーデンは オランダで見た様々なガーデンよりも、お花も ハーブも フルーツも 育ちが良く 咲き揃っていました!

写真は 曇り空と石造りの建物に囲まれて なんとなく暗いですが、本当に”緑”が豊かでお花もフルーツもイキイキしていたんです!

アイルランドの空港へ降り立った瞬間から感じていましたが、アイルランドはオランダより湿気があります。

(日本ほどではないことは 言うまでもなく、あくまでも乾燥したヨーロッパの中で比べると・・・という、感覚的なレベルです)

この湿度・湿気のせいでしょうか・・・

この庭園だけでなく、キルケニーの町全体が お花で溢れ 華々しく、すごくきれい!

そういえば ダブリンも、ストリートや街灯や家々の窓がお花で飾られ、色彩が溢れていました。

曇り空や雨、(オランダ)より寒く悪天候なイメージだったアイルランドでしたが・・・

オランダ・アムステルダムより 街に溢れるお花が 美しく、さらに言えば、お花が溢れる町キルケニーが美しい・・・!

ロス・ハウスのガーデンで拾ったリンゴを片手に 微笑むダニーの後ろ姿を見ながら、彼(彼の人生)が この地に辿り着いた訳が分かったような気がしました。


古都キルケニーの見どころはまだまだありましたが、お迎えの時間です。

待ち合わせのパブのテラスで、肌寒い風に吹かれながら アイリッシュビールで再び乾杯。

ビールを飲み終わる頃、ダニーの奥さんブリ女史登場です!(以下女性陣は略称)。

いよいよダニーの家へ!

この夏のアイルランド旅行を決めた時から、ダニーの住んでいる村はどんな田舎だろう?と Google Earthを見たり、あれこれ想像してきたので、ワクワクしました。

キルケニーの中心部を出ると、徐々に 家がなくなり・・・、クネクネと続く 細い道路(ちゃんと舗装されている)を進み・・・。

約20分くらいだったでしょうか。

午後4時半頃、見晴らしのよい丘に建つ小さなかわいい(アイルランドらしい)ファーマーズハウスへ到着。

思っていたより開けてる?・・・でも、やはり周りには何もない 超・田舎です!


真っ先に出迎えてくれたのは 牛さん達でした(驚)?!

Summer2017kilkenny27

上写真左は少し暗くなった?午後8時過ぎ、右は午後4時半頃

ブリ女史の兄弟の牛のようですが、ダニーも一緒に世話をしているそう。

放牧されている牛さん達は、”ごはんまだ~?”とダニーの帰りを待っていました!!

丘の上のダニーの家から見渡せる はるか向こうまで(写真に写っている範囲よりずっと遠く)が ダニーの土地なのだそうです(広大すぎてわからない)。

足下には懐っこい2匹のネコ・・・、牛さんとネコ達を紹介してもらい、家の中へ。

家では ブリ女史の妹さんマリ女史と、北アイルランドから車で4時間かけて来てくれたアン女史が 食事を作って待っていました。

私以外のメンバー(旅友・ダニー・ブリ女史・マリ女史・アン女史)は、xx年前(?)にアムステルダムで出会い、若かりし頃 時間を 共にしていたのだそうです(私が皆に出会ったのは それよりずっと後のこと)。

うらやましいですね、そういう仲間って。

リフォームが完成した家の中を案内してもらい、再び外へ。

畑の脇には、天気が悪く寒いアイルランドでは必須の グリーンハウス!

中にはダニーが丹精込めて育てている野菜や果物やお花の苗が いっぱい育っていました。

ダニーは今、様々なフルーツを 種から育てることに 夢中なのだそう?!

キルケニーのロス・ハウスのガーデンで拾ったリンゴも、ダニーの愛をいっぱい受けて いつかきっと実を付けることでしょう。

都市部から離れ、自給自足のような、好きな事だけに没頭できる 豊かな時間が流れるダニーの”お城”。

誰もが ”いつかは・・・”と憧れるライフスタイル!


テーブルを囲み 手作りのお料理をいただいた後は、連れて行きたい場所があるとのことで? 車2台で 向かいました。

まだまだ日が高い時間帯ですが、だいぶ肌寒くなった 午後6時半頃のことです。

向かった先は 『Castle comer Discovery park』。

Summer2017kilkenny28

キルケニーは「黒い石切り場」と呼ばれ、17世紀から1970年代まで石灰石・大理石が採掘されたそう。

オフィシャルサイトによると、ここCastele comer Discovery parkは 1969年に閉鎖された炭鉱跡で、非営利団体により運営されている 森のリクリエーションエリア。

上結合写真左は当時の施設跡、結合写真右はクラフトショップ、ブログ冒頭の写真はクラフトショップの前に鎮座していたシュールな寄せ植え?!

2007年から事業が進み、現在も 新しいレクリエーションエリアが生まれ続けている、キルケニーの新しい観光スポットのようです。

(2017年11月後半 オフィシャルサイトを見ると、2月中頃までお休みになっています、冬季は休園かな)

80エーカーもある自然豊かなエリアには 様々なレクリエーションエリアがあり、お子さんから年配の方まで楽しめそう!

Summer2017kilkenny29炭鉱の資料展示 / ビジターセンター / カフェ / クラフトセンター / 4つのウィーキングトレイル / ツリートップアドベンチャーウォーク / Elf&Fairy Village / クライミングウォール / ボート・カヌー(湖・川) / 305mのジップライン・・・等々

2015年には117000人の訪問者があったそうです。

私達が訪れ 森のウィーキングトレイルを歩いたのは、午後7時頃から1時間あまりの時間帯。

トレイルの所要時間は(オフィシャルサイトより)・・・黄:1.5キロ(20~30分)、緑・赤:2キロ(30~45分)、紫:5キロ(1~1.5時間)とのこと。

私達が歩いたのは、地図の黄色のルート(長い湖の真ん中を渡るコース)かな。

のんびりお食事をした後に 向かう場所が ウィーキングトレイルとは 驚きました!

日が長いヨーロッパ特有の?アクティビティです。

センターは閉まっている時間帯でしたが、散策に訪れる地元の人達に 何人も遭遇しました。

広大な自然が身近にある環境、素敵です。

Summer2017kilkenny30

Summer2017kilkenny31

Summer2017kilkenny32

屋久杉もびっくりな おばけツリー?! (屋久杉見たことないけど・・・)

パワースポット!マイナスイオンたっぷり!

まさに ”おとぎの国”です!


日常とかけ離れた時間を過ごし 心が洗われると・・・、普段感じないことを感じ、見えないものが見えるようなな気がしました。

鳥の鳴き声だけが響く静かな森で 感じたのは・・・”妖精たち”の存在?!

心優しいアイルランドの人々と共存しながら、キルケニーの森に棲む”妖精”たち。

まだまだ開発が進み発展しそうなレクリエーションエリアですが、どんなに開発が進んでも、どんなに訪問者が増えたとしても、きっと一番大切なところは変わらない・・・自然の尊重と ”妖精”との共存。

やはりアイルランドには”妖精”が棲んでいる・・・

そう感じずにはいられないキルケニーの森林散策でした。


森林散策の後 ダニーの家に一度戻り、午後9時頃 再びキルケニーへ。

Summer2017kilkenny33私達とダニーの3人で、夜の街へ。

写真は午後10時頃のキルケニーのストリート、この時間帯はどこのパブもライブ中で 満杯!

ストリートに連なるパブからは、(パブによって)様々なジャンルの音楽が流れ、夜遅くまで賑わう キルケニーナイト・・・。

せっかくの食後のトレイルの甲斐なく? 何軒もパブをはしごして、たらふくアイリッシュビールを飲んだキルケニーナイト・・・。

キルケニーの夜は長い・・・。

2017年夏休み、アイルランド紀行はまだまだ続きます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/11/12

命吹き込み、命宿る?お花たち! Flowertime2017

9月末に帰国して 早1か月半。

たまにオランダの夢を見ます。

先日は オランダのお花イベント(展示会)に行く夢を見ました。

そのイベントには毎年行っていますが・・・、それは夢の中でのこと!?!?

(実は存在しない夢の中だけのそのイベントに)何度も行ったことがあります?!

毎年 同じ夢を見てるのかな・・・、夢って不思議。

現実なのか夢なのか、分からなくなってしまいます(汗)!


ここからは 夢ではなく実際に訪れたお花イベント、前回ブログの続きです。

ベルギー・ブリュッセルBrussels、世界遺産グランプラスGrand-place にある市庁舎Cityhall / L'Hotel de Ville de Bruxelles にて 2年に一度開催されるお花イベント。

Flowertime2017 (2017年8月11~15日)

Flowertime201720

15世紀建造・後期フランスゴシック様式の 歴史的な市庁舎の13のお部屋(資料参照)に、今年のテーマ 『Flowers and fruit』に沿ったお花(withお野菜)のデコレーションが制作されていました。

10万本以上のお花が使われていたそうです。

チケットを購入し 階段を上がると・・・(ここまでの様子は 11月4日ブログ参照)、いよいよ 最初のお部屋です。

壁・天井のデコラティブな装飾、赤(えんじ)とゴールドのコントラスト、天井絵画に 壁のミラー・・・強烈なインパクトのこのお部屋は 議会室CouncilChamber(下写真)。

Flowertime201721

赤・パープル系の グラジオラスと 白い穂、そして赤や緑の大きなパプリカ(?)や レッドペッパーが使われた パラレルアレンジ(Jolien Vanderstappenさん作)。

お部屋のインテリアの色と お花の色がリンクして、空へ上るような気分に?!

次のお部屋は 壁の大きな絵画と シャンデリアと 赤い(えんじの)カーペットが印象的な Maximilian Room(下写真、ブログ冒頭の写真)。

Flowertime201722

お部屋の中心の大きなテーブルに、ナチュラルモダンな長~いテーブルデコレーション(Stephane Brassart氏作)!

連続して並べられた カット丸太、パープル・オレンジ系のバンダ、アジサイ・・・そこから溢れるようにデコレーションされた ゴールドのプラタナス・プチトマト・ブドウ・ミニラディッシュ・トマト・レッドオニオン・・・。

そして黒光りする ナスが アクセントに!

本当においしそうな テーブルデコレーションでした。


次のお部屋は がらりと雰囲気が変わり・・・

Mayor's Antechamber/Aldermen's Room はファンタジーな?世界(下写真)。

Flowertime201723

異素材の大きなお花にお花・野菜のデコレーション(Sebastien Dossin氏作)!

お部屋のゴブラン織りがすごい!!

次のコーナーは 黒白の床が印象的な GrangeGallery(下写真)。

Flowertime201724

ピンと張られた糸(?)が、空間に シャープさや緊張感をもたらし、グリーンと白でまとめられたフラワーアレンジに フォーカスがあたっているよう(Ness Klorofylさん作)。

糸があるのとないのでは、作品の印象が全然違うものになりそうです。

計算しつくされた空間の演出方法、勉強になります。


次のお部屋は窓の向きが変わり、太陽の光がたっぷり注いでいた Antechamber of the Mayor's office(下写真)。

Flowertime201725

まるで夏のお花畑のような、スイカ畑のような、ナチュラルなお花溢れる 癒しのデコレーションでした(Mark Colle氏作)。

お部屋を出ると 階段のホールSecond Stairwell(下写真)。

Flowertime201726

竹を使った ピラースタイル(柱状)デコレーション(Joelle Ghionさん作)。

4000ピースの串(?)が使われているとか?!

窓から射し込む太陽の光に照らされ、色鮮やかな バンダ達が まるで宝石のようでした。


いよいよ次は 最も見応えのある 大ホールGothic Room(下写真)。

2年前の作品は 今も脳裏によみがえります( 2015年8月31日ブログ 参照)。

今年はどんなお部屋になっているでしょうか!?

Flowertime201727

体育館のように大きなお部屋・・・作品の周りのみならず、お部屋には人がいっぱい!

お部屋の中央にそびえたつ クリスマスツリーのような大きなタワーは、根付きのバンダとチェリートマトでできています。

テーブルの上の黒い水盤には水が張られ 色とりどりのバンダが浮かべられていました。

並べられたガラスの花器には 背の高いお花達が夏のお花達が たっぷり飾られています!

アリウム・ユリ・デルフィニウム・エルムルス・・・!(Tom Nackaerts氏 with UPcoming Florists作)

よく見ると・・・ものすごくたくさんのデルフィニウムの品種が飾られていています。

Flowertime201728

Flowertime201729

華やかな色合い、美しいグラデーション、様々な咲き方のデルフィニウムに 惹き込まれました(上写真はその一部)。


大きなお部屋を出ると、次のお部屋は ゴシック調の木の装飾が印象的な the Wedding Room(下写真)。

Flowertime201730

荘厳な壁面や天井の絵画が映える シンプルモダンなお花スタイル(Natallia Sakalovaさん作)。

ブドウの木が、お部屋の雰囲気と シンプルなお花のデコレーションを 馴染ませています。

Natallia Sakalovaさんといえば、Fleuramour2017(2017年9月)の 教会のデコレーションのフローリストさんですね(10月21日ブログ参照)。

ちなみにこのお部屋、グランプラスGrand-place (広場)に面した バルコニーのあるお部屋(フラワーカーペットの時に バルコニーへ出る前に通るお部屋)です。

つまり・・・市庁舎の1階(日本でいう2階)の中庭の周りのお部屋を、(グランプラスから見て左回りに) グルリと一周したわけです。

このお部屋を出ると、いよいよ最後のコーナー 階段LastStairHall(下写真)。

Flowertime201731

枝ベースの フラワーオブジェ(Samantha Autheletさん作)。

山から切り出した枝を使って 2週間かけて創作したとか・・・。

細かい枝が束ねられて 創作されていますが、まるで生命が宿っているかのような躍動感!

私の写真には 一つのオブジェのみ写っていますが、オブジェはもう一つあり、階段の下の方まで ウネウネと触手を伸ばし・・・!?

まるで・・・名残惜しそうに 来館者を見送っているようでした。


たくさんのお花とお野菜と フラワーデザイナーさん達により、15世紀の建造物に 新しい命が吹き込まれたのと同時に、創作されたフラワーオブジェもまた 市庁舎のこの長い歴史の中に生き続ける”命”を宿ったかのように 生き生きとしていました。

次回 2年後も楽しみな Flowetimeです!

今年もまた たくさんの美しいお花のデコレーションが、私も含め 多くの人の記憶にインプットされ・・・、そして 記憶の中で生き続けます。

・・・生き続ける記憶と 楽しみな気持ちが合わさって 夢になるのかな・・・???

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/11/04

お花もお野菜も、整列?! Flowertime2017 in Brussels

2017年8月の夏休みアイルランド紀行の途中ですが、8月はベルギー・ブリュッセルにも行きました!

ベルギー・ブリュッセルBrusselsの 世界遺産グランプラスGrand-place にある市庁舎Cityhall / L'Hotel de Ville de Bruxelles にて 2年に一度開催されるお花イベント。

Flowertime2017 (2017年8月11~15日)

Flowertime201701

同じくグランプラスでは、世界的に有名なお花イベント ”フラワーカーペットFlowercarpet”が 2年に一度行われます。

Flowertime は ”フラワーカーペット”が行われない年に 2013年より開催されるようになりました。

ということで、今年は 第3回目の Flowertime。

過去のFlowertimeについては 2013年9月25日(この年は写真撮影禁止でした)、 2015年8月31日ブログ参照。

ブリュッセル市と ゲントにて行われるFloralien/Floralier と ブリュッセルのFlowercarpet の3つの組織によりサポートされ 開催されているそうです。

私は 2年に一度のフラワーカーペットも とても楽しみにしていますが、今ではこのFlowertimeの方が楽しみだったりします。

Flowertime201702なぜなら・・・

市庁舎内が観られるから!!

フラワーカーペットの時も、市庁舎の一部のお部屋に入ることができますが、Flowertime ではもっとたくさんのお部屋を見学することができるのです。

15世紀建造・後期フランスゴシック様式の市庁舎(左写真)。

外見も美しく見応えがありますが、内部も素晴らしい!

特にイベント時は ベルギーのトップフラワーデザイナーさん達による 大掛かりなお花のデコレーションで飾られ、さらに 豪華絢爛に!

お花とクラッシックな内装が さらにスペシャルな世界に生まれ変わります。


今回のテーマは 『Flowers and fruit』!

ブリュッセル中央駅からすぐの グランプラスには、アイキャッチャーとして お花と野菜の ミニフラワーカーペットFlower and vegetable carpet が造られていました。

Flowertime201704

(上写真は市庁舎のバルコニーから撮影、結合写真右の正面は「王の家」)

Flowertime201705

上写真:たくさんのトマト、レッドオニオン、ピーマン等 鮮やかなお野菜で、キリンさん等が描かれています

Flowertime201706

上写真:玉ねぎ、葉っぱ付きにんじん、カリフラワー、りんご、パプリカ、なす、きゅうり・・・コックさんも描かれています

Flowertime201707

じゃがいも、なす、長ねぎ、カリフラワー、フィノッキオ・・・どのお野菜もおいしそう!

グランプラスにかわいらしく彩られていた 3つのミニフラワーカーペット。

3つのグループ(5~10歳、10~15歳、15歳以上のグループ)、計60人のお子様達による作品だそうです。

Flowertime201708

上写真:作品に添えてあった ミニフラワーカーペットのデザイン画

お子様達がお花や野菜を手に取って 考えて楽しく創作する姿を想像すると、微笑ましいです。

お子様のうちから こんな機会があるといいですね。

イベント後、このお野菜達は 慈善団体へ寄付されたそうです。

私が訪れたのは開催最終日前日だったため(しかも好天続き)、フラワーカーペットのお花(ベゴニアの花首・花弁)は枯れてしまっていました・・・。

枯れても、黒くなっても ・・・それもまた 学ぶべき、尊敬すべき 生きている証拠です!


さて、いよいよ市庁舎内へ。

Flowertime201703

上写真左は市庁舎の入り口、写真右はイベントで配布されていた冊子の表紙

Flowertime201709

市庁舎のエントランスをくぐり 中庭に出て、いよいよ市庁舎内に入ります(有料)。

上結合写真左とブログ冒頭の写真はGeoffroyMottart氏によるデコレーション。

彼は石像などに装飾するアーティストとして有名なのだそうです。

エントランスの長い作品はとっても素敵な作品だったのですが、写真しか撮っていませんでした、申し訳ない・・・

館内に入ると 昨年亡くなったベルギーのフラワーデザイナー Stijn Simaeys氏へのオマージュ作品が並んでいました(下写真参照、PTI Kortrijk氏、Fres Verhaege氏)。

Flowertime201710

2013年・2015年の Flowertime にも参加していた Stijn Simaeys氏・・・私も大好きなデザイナーさんでした。

寂しいですが、多くの人の心に 今も生き続けています。


作品を観ながら、チケット購入と入場の列に並ぶこと 数分(15分くらい?)。

Flowertime201711ネットで前売りチケットの購入ができますが、それほどの待ち時間ではないので現地で購入。

いよいよ豪華なお部屋へと続く階段です!

階段の手すりに飾られたお花のデコレーション、

Anne Gunsさん作品。

写真は階段の上から下を覗くように撮影。

バンブー(竹)と、目が覚めるほどシャキッとして鮮やかなパープルのバンダと 真っ赤なシシトウ!

階段を上がると 少し広い空間のロビーGrandLobby。

ロビーにもいくつか作品がありました(下写真、写真は展示作品の一部)。

Flowertime201712

上写真:くじゃくのような?大きくて長い作品はStijn Cuvelier氏

Flowertime201713

上写真:枝とフラワーボールのデコレーションは Audrey Leboutteさん

Flowertime201714

上写真:白いアジサイのナチュラルモダンな作品は Chantal Postさん。

10万本以上のお花が使われているという Flowertime2017。

ここまでも十分楽しめましたが、まだまだ ここからが本番です!

Flowertime2017・・・次回ブログに続きます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/10/21

風に揺れる花、広がるストーリー! Fleuramour2017

選挙戦の嵐の中で 突如?誕生した本当の嵐・台風21号。

10月ももう後半だというのに・・・日本列島に 超大型台風が近づいてきています。

日本の政治には少し強い風が必要かもしれませんが、台風の風は吹き荒れないで~。

ここ愛知県も含め、これから台風が近づく日本各地に 被害がないことを祈るばかりです・・・。

今回ブログは、”風”は”風”でも、癒したっぷり 優しい”風”です!


『Fleuramour2017 passion for flowers』 (2017年9月22~25日, Alden Biesen)

毎年9月後半に ベルギーの Alden Biesen城 にて行われるお花イベント。

Fleuramour2017wind00

毎年15000人以上の来場者が訪れ、120000本以上のお花が使われデコレーションされる、秋のビッグイベントです(数字はオフィシャルサイトより)!

私も大好きなイベントで 今年でなんと! 10回目の訪問になりました!!

アムステルダムからは 残念ながらとても遠いのですが・・・、10年懲りずに?訪れ、秋のフラワーデコレーションに魅了され続けています!

この10年振り返ると、情報を集めることが難しかった時代から、情報がどんどん溢れる時代へ変化したことを ヒシヒシと感じます。

私は当初よりこのイベントのことをブログに書いてきましたが、初めの頃は 情報を探すのに一苦労でした。

それが今では・・・!?

SNSの発達により、(情報を探していなくても)イベント開催前から 制作風景等が 写真も動画もいっぱい流れてきます。

(勝手に)流れてくる情報を見て、イベントに行った気分になったり、満足してしまいそうになりますが、やはりそこは違います。

会場の空気、お花の香り、人々の賑わい、共有する感動・・・

やはり会場でしか得られない見応え と 感動があります!

ということで、(アムステルダムから遠い為に)毎年諦めようか・・・と思うのですが、今年も行ってきました!

雨の多い秋には貴重な 爽やかな青空の広がる秋晴れの日でした。


Fleuramour2017wind01広いイベント会場(屋外・室内)には、ベルギー・オランダのフラワーデザイナーさん・世界で活躍するフラワーデザイナーさん達による フラワーデコレーション・空間デコレーションが 所狭しと並んでいます!

その数は・・・数えきれないほど!!

今回ブログは、そんな数えきれないほどの作品の中から ” 風”を感じた 空間デコレーションをご紹介します。

そのフラワーデコレーション・空間デコレーションを目の前にした時、背後に広がる風景や 脳裏に展開されるストーリー!

お花のイベントでは、デコレーションに BGMは必須です。

お花を演出するための演出、そして 欠かせない ストーリー。

音楽も・・・、鳥のさえずりも・・・、風さえも・・・デコレーションの一部!

フラワーデコレーションと それらの背景が一致し ストーリーが見えた時、それはそれは 心地よく、お花の中の世界に ワープしたような気分になれるのです!


まずは会場内にある教会の 内部のデコレーション。

今年は足を踏み入れた瞬間に、例年と違う空気が漂っていました!

Natallia Sakalovaさん(ベルギー)とチームのプロジェクト。

鳥のさえずり(BGM)・・・

まるで草原にいるような、そよ風に揺れるお花達・・・

ブランコも揺れています・・・。

木のぬくもり、グリーンとホワイトのお花達に、何だか 懐かしさがこみ上げてきました。

Fleuramour2017wind02

Fleuramour2017wind03

ここが教会内とは思えない、柔らかく優しいさ溢れる 素敵なデコレーションでした。


もう一つは全く違う世界観!

・・・でも、教会のデコレーションと同じような 懐かしく優しい気持ちになれるようなデコレーションです!

それは、大きなお花のメリーゴーランド!!

Fleuramour2017wind10

ブログ冒頭の写真はメリーゴランドの上の部分のアップ。

”ロの字”に囲まれたお城の中庭に造られた 大きなデコレーション。

ロマンティックカラーの、大きな大きなメリーゴランドです!

回転はしないのかな・・・、回転したら もっといいのに!

そんなことを思いながら、メリーゴランドを後にし ルートに沿って次のエリアへ進みました。

Fleuramour2017wind13それからしばらくし・・・

ロの字型のお城の室内のデコレーションを見学していると、中庭からバイオリンの音色が流れてきました。

窓から中庭を覗くと・・・!?

ハンサムなバイオリニストさんが お花のメリーゴーランドの下で 優しく軽快な曲を奏でていました!

バイオリンは Stijn Vande Voordeさん(ベルギー)。

そして!

まるでバイオリンの音色に 合わせるように、メリーゴーランドのお花達が そよ風に吹かれて 揺れています!

最初にメリーゴランドを見た時には 感じなかった世界が 急に広がり始めました。

そよ風に揺れるお花達と バイオリンの音色による効果でしょうか?!

回転していないメリーゴーランドが、回転し始めたように 錯覚してしまいました。

ここは おとぎの国? 夢の中に広がる草原?

・・・周りの景色さえも 違って見えます。

Fleuramour2017wind12

Fleuramour2017wind11

バイオリンの音色と そよ風と 揺れるお花に、こんなにも 印象が変わるとは!

メリーゴランドから 奏でられる音色と共に、ストーリーが グルグル広がります!

Natalia Zizkoさん(ロシア)とチームの作品「Fairytail Carousel」。

バイオリンの音色と そよ風に揺れるメリーゴランド、とってもとっても素敵な作品でした。


Fleuramour2017、まだまだたくさんご紹介したい素敵なアレンジ・デコレーションがあります。

時間はかかりますが、できる限り 「オランダのお花ブログ」でレポートしたいと思います?!

今年はどこまで書けるかな・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/10/01

オランダで HA・NA・I・KE・バトル観戦?! AalsmeerFlowerFestival2017

あっという間に月日は過ぎて・・・

オランダでは 樹々の葉が赤や黄色に色を変え、大きな葉っぱが どっさりと?! ストリートに積もり始める季節となりました。

今回ブログは 季節を戻し・・・、オランダが 一番キラキラだった夏至の頃に行われた Aalsmeer Flower Festival(2017年6月17・18日)でのこと。

Aff2017hb01


私がAalsmeer Flower Festival を訪れる前日、このイベントのプロジェクトに関わっていたお花屋さん時代の元同僚であり友人のマルーシMarloesから 連絡がありました。

(マルーシの 素敵なプロジェクトについては 8月21日ブログ参照)

その時のメッセージに添えてあった一言・・・「”HANAIKE Battle”で疲れたよ~、でも楽しかった!」。

ん?? ”HA・NA・I・KE・バトル”?

・・・あの ”花いけバトル” のことかな?

”花いけバトル”とは、フローリストや華道家が観客の前で 即興でお花を活ける競技のことで、日本の様々な場所で行われているようです。

以前からSNS等で見聞きしたことのあった ”花いけバトル”が オランダ・アールスメーアAalsmeerで?


私は半信半疑のまま Aalsmeer Flower Festival イベント会場へ、そしてマルーシに会いました。

「19時30分からWatertoren会場で ”HANAIKE Battle”があるから応援に来てね!」と。

どうやら、イベントAalsmeerFlowerFestivalの中の行事の一つに”花いけバトル”があるらしい・・・。

もちろんマルーシも バトラーとして参加するとのこと。

アールスメーアからアムステルダムへの帰りの(バスの)時間を心配していた私に、「5分で終わるのよ!あっという間よ~!」と。

・・・ということで、19時に Westeinderplassen湖畔の Watertorenで待ち合わせをしました。

私はその時点でもあまり状況を把握しておらず・・・19時30分から始まり すぐに終わるものなのかな・・・と思っていました!?

6月半ば、夏至の頃のオランダの19時30分は、サングラスが必要な 昼間のような明るさ!

Westeinderplassen湖畔にデンと構えるWatertorenの麓(屋外)で ”花いけバトル”は行われました!

まだ太陽は高い位置にありましたが、高さ50mのタワーWatertorenの陰となり、ステージと観客席は日蔭だったため、写真が暗くなってしまったのは残念でした(私の腕の悪さです)。


Aff2017hb02オランダからは4名のフローリスト、写真左からピンクさん(*)、Mike氏、Marloesマルーシ、ネイビーさん(*)。

(ピンクさんとネイビーさんは正確な名前・スペルが不明なので、ここでは服装の色から命名、ごめんなさい)

そして日本から このバトルの為にオランダにいらしたという Marioさん(華道家:平間磨理夫氏・写真左から5番目)と Kojiさん(2016年年間王者:藤本浩司氏・写真左から6人目 )のお二人。

計6人の戦いです。

花いけバトルは 5分間。

前半の予選と、後半のトーナメント方式(勝ち抜き戦)で、全部で8バトル 観戦しました。

ステージ向かって右側に いくつかの大きな陶器花器やプレート、ガラス花器等が用意してありました。

左側には、今が旬!夏のお花がいっぱい 並べられていました(ブログ冒頭の写真)。

小花~大ぶりなお花、葉っぱがわさわさついた大きな枝、流木のようなドライの枝、モス類、インドアプランツ(鉢)、根付きラン(ラン鉢)・・・等。

自分の活けたい花器を選んで、対戦後半は相手の花器を選んで。

並べられているお花を自由に使って、即興のアレンジ!

花材はそのまま使っても、切っても、切り刻んでも?? OK!

ちなみに 対戦が終われば アレンジは解体され、お花達は再利用されていました。

Aff2017hb03

上写真左は一回戦(ピンクさん勝利)、中・右写真は4回戦(ネイビーさん勝利)

Aff2017hb04

上写真は2回戦、二人とも枝使いが素敵(ネイビーさん勝利)

Aff2017hb05

上写真は3回戦、マルーシ得意の?プレートアレンジと、ピンクさんの個性溢れるボリュームアレンジ(マルーシ勝利)


5分のバトルは、想像以上に あっという間!

花材をカットする時間も バランスを考える時間も ないほどでした。

バトラーも観客も 盛り上がりました。

私はマルーシのご家族達と 観客席最前列で応援。

5分のバトルの後のジャッジは、我々観客です。

向かって左のバトラーが白、右のバトラーが黒。

観客にはジャッジ用の白と黒のカードが渡されていました。

観客が揚げる白・黒のカードを司会者が集計し、それぞれの対戦で勝者が決まる・・・という方式でした。

観客としては、作品の出来栄えはもちろんのこと、バトラーのプロならではの花扱いや スピード感、発想、魅せ方、ワクワク感も ジャッジのポイントの一つでした。

Aff2017hb06

上写真は5回戦、日本人対決!(日本人代表はMario氏)

Aff2017hb07

上写真は6回戦、マルーシはシンプルモダン、ネービーさんは大胆アレンジ!(オランダ人代表はネイビーさんに)


このあたりから お花選び・花活けだけでなく、器選びも即興に?!

観ていて楽しい バトラー達のやりとりでした。

Aff2017hb08

上写真は3位決定戦(マルーシの勝利)

3位決定戦で Koji氏がマルーシに選んだのは、並べられていた花器ではなく Koji氏が かぶっていた帽子!

そしてマルーシがKoji氏に選んだのは、ステージ脇に道具入れとして置かれていたバスケット。

マルーシはこんな即興こそ得意中の得意なんじゃないかな。

私がマルーシと一緒にお花屋さんで過ごしていた時、私達は 常にお店にあるものを 工夫して器にしたり創作したりして、お店をデコレーションしたりアレンジしていました。

ないものからアイデアを絞り出したり考えたりするのが 私達は大好きでした!

私の想像ですが、帽子を差し出された時マルーシは”よし来た!”と思ったに違いありません(笑)。

マルーシだけでなく、フローリストは きっとみんな そんな感覚なのではないでしょうか!?

バトラー達も楽しんでいる こんな即興は、観客にとっても とても楽しいものです。


いよいよ決勝戦。

Aff2017hb09

上写真は決勝戦(Mario氏優勝)。

Aff2017hb10

この時 ネイビーさんがMario氏に選んだ花器?は、観客のお子さんが持っていたスケボー(のようなもの)!

Mario氏はそのフラットな形状のスケボー(のようなもの)と 長いドライの枝を バランスよく立たせようとしていましたが、難しそうで・・・時間もかかり・・・。

観客も ハラハラドキドキ。

最後はポロッとなりましたが!?・・・軍配はMario氏に!

素晴らしい作品あり、ギリギリで出来上がる作品あり、未完あり、完成直前で崩れることもあり・・・!?

通常のフラワーアレンジ・デコレーションで求められる 植生や給水方法や安定さには目をつぶり(?)、とにかく 5分間で仕上げる(見た目の)完成度(?)と楽しさ。

そんなのありなの?と思うお花の扱いやアレンジも多々ありましたが、「花いけバトル」ならではのルールかな(違っていたらごめんなさい)。

そこは割り切って・・・楽しみました。

それでも たった5分という短い時間で、それぞれデザイナーさんの性格や出来上がる作品の個性が 伝わりました。

短い時間で自分の個性を表現できるなんて・・・みなさん さすがです!!


(珍しく!)暑かったこの日も、20時(といってもまだキラキラの明るさ)を過ぎると 日蔭では寒く・・・、私だけでなく周りのみんなも 一斉に上着を羽織り始めました。

これぞ、やはり オランダの夏。

”花いけバトル”が終わったのは、沈みゆく太陽と北の空が オレンジ色に輝いていた 22時頃!!

すぐに帰るつもりだった私も、結局 最後まで見届け、バトルの興奮を抱えたまま(バスの時間もあったので)急いで 帰路につきました。


バトラーも 観ている側も ワクワク・ハラハラ・ドキドキ!

想像以上に予想以上に 楽しい”花いけバトル”観戦 でした。

この次の日、”花いけバトル4回戦”があったようで、マルーシから「勝ったよ~」と連絡がありました。

後で調べると、”花いけバトル”は 私が訪れた日の前日から 3日間 開催され、私が観戦した”花いけバトル”は3回戦だったようです。

マルーシも、オランダのフローリスト達も 観客も 夢中になった”花いけバトル”!

国境を越えて 楽しめる”花いけバトル”です。

観客としてより、バトラーとして参加してみたい・・・とは、言うまでもなく・・・!?!?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/08/21

水の上の ”フラワープロムナード”! AalsmeerFlowerFestival 2017

ホリデーシーズンが終わり、秋がもうそこまで来ているオランダです。

最近は雨が多く・・・その”雨音”は まるで秋。

少し湿った風は、まださほど寒くはないものの 秋を彷彿とさせる感触です。


Aff2017fp00あのキラキラした夕暮れは もう2か月も前のこと・・・

イベントが開催されたのは 夏真っ盛りの6月半ばでした。

季節は2カ月さかのぼります。

Aalsmeer Flower Festival(2017年6月17・18日)。

Aalsmeer Flower Festival の様子は 7月6日ブログ7月15日ブログ参照。

今回ブログでは、イベントの中で一番素敵だった Watertorenの”FlowerPromenade”をご紹介します!

Aalsmeer Flower Festival では、Aalsmeer内のいくつかの会場で、お花に関連したイベントがそれぞれ催されていました。

そんな会場の一つ、 Westeinderplassen湖畔に建つ 高さ50mのモニュメントタワー・ウォータートーレンWatertoren。

ウォータートーレンを取り囲むように遊歩道ができ、素敵なお花のデコレーション・オブジェ達が並んでいました!

湖上(水の上)にできたフラワー・プロムナードです!

Aff2017fp13

眩しい太陽の下、多くの人達が 太陽より眩しい夏のお花達でできた お花のオブジェ・デコレーションを眺めながら、夏のひと時を過ごしていました。


フラワープロムナードの入り口から順番に、作品(一部)をご紹介します。

プロムナードを歩いている気分でお楽しみください!

プロムナードの入り口で迎えてくれていたのは、マルーシ(お花屋さん時代の元同僚であり友人)の作品!

Aff2017fp01

上写真:マルーシMarloes Joore のトレードマーク!デニムシリーズ作品。

(以前にも登場しています!デニムシリーズ、2016年5月22日ブログ参照)

Aff2017fp02

上写真:夏のお花が溢れています!アリウム類・シャクヤク・ガーベラ・ユリなどたっぷり。

Richard Mos氏の作品、マルーシの友人リチャードは私達と同じBloemenboog(お花屋さん)に一時在籍、それが出会いのきっかけでした。

Aff2017fp04

上写真:こちらも夏色!アリウム系やアジサイのボール状のお花が印象的なフラワータワー!Richard Mos氏の作品

Aff2017fp03

上写真:カランコエを使ったロマンティックな作品!Richard Mos氏の作品、

ちなみにこのソファーはマルーシの私物とか・・・。

Aff2017fp05

上写真:大空に飛び立つ鳥のようなGeertje Stienstraさんの作品!

Aff2017fp06

Aff2017fp07

上写真(2段分):ピンクの鳥さんバルーンは まるでウォータートーレンのマスコット!

様々な種類のラン・ユリ・バラ・アジサイ・ケイトウ・アマランサス・グラジオラス・エレムルス・・・

ビビットピンクとオレンジ系でまとめた作品はInge Quintさん。

Aff2017fp08

上写真:夏です!ビーチです!Jose de Boerさんの季節感たっぷり、遊び心たっぷりな作品。

カランコエに埋もれてハンモックで寝ているのは誰(笑)!? 

ヒマワリの横のハンモックには、多くの人が座って作品の一部となって?写真を撮っていました。

Aff2017fp09

上写真とブログ冒頭の写真:ポリゴナムが効果的に使われている作品はJoyce Oudshoornさん。

湖とヨットをバックに、存在感がありつつも 風景に溶け込むような素敵な作品でした。

ポリゴナム・アウスリウム・ケイトウ・アマランサス・ガーベラ・グロリオサ・ピンクッション・カランコエ・各種ラン等

Aff2017fp10左写真:湖をバックに波風が吹き抜けるような Karin Pasmanさんの作品。

夏にぴったり! 

アウスリウム・グロリオサ・トルコキキョウ・ユリ・クラスペディア・サンダーソニア等 

穏やかそうに見えて水の上は風が強く・・・。

風を受けてもちゃんと耐えていましたが、バランスを保つのは想像以上に難しそうでした・・・。

Aff2017fp11

上写真:いよいよ最後のコーナーはマルーシMarloes Joore!

竹をフェンス状に配置し、様々な種類のカランコエを使ったマルーシらしい優しい色合いの作品。

Aff2017fp12

上写真:プロムナードの最後は・・・やはりマルーシMarloes Joore!

アンスリウムとバラを使った作品。


このフラワープロムナードは、お花屋さん時代の同僚であり友人のマルーシMarloes Joore が ヘッドデザイナーとして手掛けた 大きなプロジェクトでした。

構想から手配・準備・・・様々な苦労を想像し、目の前に広がる素晴らしい完成形に 感動しました。

イベント開催前日のお花を活ける作業日も 強風が吹き荒れたそうで・・・とっても大変だったそうです。

ですが、イベント開催日は好天・晴天・青空!!

フラワープロムナードにとっても、マルーシにとっても、最高のお天気でした。

今回ご紹介した写真は日中(午後)に撮影したものですが、日の長いオランダの夏、夜9時過ぎの 暮れかかりに見たプロムナードは 一層キラキラで・・・とってもロマンティックでした(写真がなく残念ですが)。

水面のキラキラをバックに、風に揺れ、波に揺れ・・・

夏の風と 水の音がBGMとなって、心に残る 素敵なプロムナードでした。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/08/09

青空と太陽のパワー! OpenGardenDays Amsterdam 2017

日本での2週間、その後 ヨーロッパで1週間の夏休み・・・

駆け足で3週間が過ぎました。

真夏の日本 37度!

14~20度の夏休み!?

そして再びオランダ 17度?!

時差ボケと気温差で 日常の感覚を取り戻すには 少し時間がかかりそうです・・・。


季節は2カ月ほど戻り・・・前回ブログの続きです。


この日 1つ目のお庭に足を踏み入れた瞬間、青空と太陽のパワーに圧倒されました!

こんなに印象が違うとは・・・?!?!

Opengarden20171117Open Tuinen Dagen Amsterdam2017 /Open Garden Days

(2017年6月16・17・18日)

毎年6月第3週週末に行われる アムステルダム運河地区(セントラム)のオープンガーデンイベント。

私はお庭が公開されている3日間のうち 2日間、初日の金曜日(6月16日)と 日曜日(6月18日)に ガーデン巡りをしました。

(オープンガーデン初日の様子は 7月28日ブログ参照)

今回ブログでは 日曜日(6月18日)に巡ったガーデンの様子をご紹介します。

この日は 寒かった初日とは打って変わって、突然 猛暑がアムステルダムを襲いました?!?!

気温28度、快晴!!

28度・・・アムステルダムにとっては 1年に数日あるかないかの猛暑です!!

Opengarden201799青空と猛暑の中、巡ったお庭は 10か所。

この日は午後から出発、アムステルダム運河地区(セントラム)の西側(左側)を中心に 巡りました。

(初日と合わせ 2日間で巡ったガーデンは26か所でした。)

巡ったガーデンは、4→1→2→3→6→7→8→9→10→17(地図内番号)

アムステルダムの運河は(中央駅を中心に) 円弧状になっているため、同じ運河のストリートでも 番地により 方角が全く異なります。

Opengarden201798余談ですが、アムステルダムの住所・番地は、同じストリートでは西側からスタートし 東へ向かって数字(番地)が大きくなります。

また運河の中央駅側(内側)が奇数、外側が偶数番地となります。

そんな法則を踏まえ・・・例えば、Keizergracht 1番地のお庭は東向き、Keizergracht 601番地のお庭は北向きとなります(奇数番地なので建物は運河の内側です)。

方角の違いはそのまま”日照”の違いにつながり、それはイコールお花の成長につながります。

同じ運河・ストリートであっても、あちらのお庭のお花の成長は遅く、こちらのお庭の成長は早い・・・なんてことはよくあることなのです。

ガーデンの方角や 季節の太陽の位置を意識しながらガーデン巡りをすれば、また違った世界が広がります!


そんなうんちくはさておき、この日巡ったお庭の一部をご紹介します。(ガーデンNo.は地図参照)

Opengarden2017124

Opengarden2017134

上写真(2段分)・・・No.4:Prinsengracht 85-133:Van Brienenhofje

アムステルダム特有の集合住宅Hofは、中庭の周りをロの字型に建物が囲み、小さめのお部屋が連なります。

中庭に面して それぞれ住人のお部屋への玄関があり、それぞれの個性でかわいらしく飾られています。

とても静かで平和的な雰囲気が特徴です。

Opengarden2017141

No.1:Herengracht 68

アムステルダム運河エリアは運河沿いの通りから建物の入り口を入り、建物内を通り抜けガーデン(中庭)に出ます。

ガーデンの突き当りには(多くの場合)ガーデンハウスがあります。

物置の様なガーデンハウスもあれば、リビング・ゲストハウスのようなガーデンハウスもあります。

上のお宅のガーデンハウスは、”水”に囲まれた とても広くてモダンなものでした。

Opengarden2017153

Opengarden2017163

上写真(2段分)・・・No.3:Keizersgracht 63c 日当たり抜群!

Opengarden2017176b

Opengarden2017186b

上写真(2段分)・・・No.6:Keizersgracht 173

No.6:Keizersgraht 177: Amnesty  からお庭の塀をくぐり 隣接するこのガーデンは、1年で一番ベストな景色を見せてくれているようでした!

Opengarden2017199

No.9:Herengracht 284, Huis Van Brienen

結合写真左は1978年の様子、右の写真は2014年~2016年までのお庭の様子。

奥の砂岩のガーデンハウスは 1728年建造とのこと!

Opengarden20172010

Opengarden20172110

上写真(2段分)・・・No.10:Keizersgracht 334-346, Liefde is het Fondamenthofje

運河沿いのストリートからは想像もつかない風景が広がるHofのガーデン!

Keizersgrachtの大きな建物に囲まれた 17世紀建造!の Hofの建物はかわいらしい!

水のある穏やかで平和的なHofのガーデンです!

Opengarden20172217

Opengarden20172317

上写真(2段分)・・・No.17:Herengracht 476, Prins Bernhard Cultuurfonds

ブログ冒頭の写真もこのガーデン、毎年素敵なバロックスタイルのガーデンです!!

存在感のあるガーデンハウスは1730年頃建造。


青空だったこの日、目の前に広がる風景は、眩しく キラキラ輝いていました!!

光と影のコントラスト・・・!

眩しい”花色”・・・!

艶やかな”緑色”・・・!

そしてなにより、アムステルダムの建物の赤レンガの色は 青空に映えます!

曇り空だった初日に巡ったガーデンを見て、”今年はお花の生育が遅れている・・・”、そんな印象だけが残りましたが・・・。

なんでしょう、これほどまでの印象の違い!

やはり 青空と太陽のパワーでしょうか。

お花が少なくとも、生育が遅れていようとも、お花もグリーンも イキイキしていました。

オープンガーデンに限らず、観光であっても 天候は印象を左右しますよね。

それにしてもこれほどまでに印象が違うとは・・・

青空と太陽のパワーには あらためて脱帽です!!

今年のオープンガーデン、大大大満足で締めることができました。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/07/28

曇り空 のち 心晴れ! OpenGardenDays Amsterdam 2017

ヤバイ?!暑さの日本に 帰国中です。

帰国して10日程となりますが、時差ボケと暑さとの闘いで バテ気味です。

睡眠欲?に勝てず ブログも 更新できずにいました・・・。


Opengarden20170016久々のブログ更新です!

もう一か月(以上)前のこととなりますが・・・

アムステルダムのオープンガーデン巡りをしました。

 Open Tuinen Dagen Amsterdam2017 /Open Garden Days

(2017年6月16・17・18日)

アムステルダムが一番眩しい季節を迎える 6月最大のイベント!

毎年6月第3週週末に行われる アムステルダム運河地区(セントラム)のオープンガーデンイベントです。

私にとっては 2年ぶりのオープンガーデン!

毎年楽しみにしていたこの季節・この場所に 戻ることができた・・・そんな喜びと共に巡った今年のオープンーデンの様子、ご紹介します。


30のガーデンが公開されていた今年のオープンガーデン。

Opengarden201799私は 初日の金曜日(6月16日)と 日曜日(6月18日)に ガーデン巡りをしました。

結果としてはこの2日間で26ガーデン、残念ながら完全制覇できず・・・。

金曜日、この日は暑かった前日とは打って変わって・・・

夏だというのに 15~18度、雲に覆われた肌寒い1日でした(雨もちらりとふりました)。

No.27 MuseumWillet-Holthuysen からスタート。

左地図(グリーンのページ)参照、クリックして大きい画像で是非ご覧ください。

巡ったガーデンは、27→26→19→20→21→25→24→22→23→18→16→15→11→12→14→13(地図内番号)

アムステルダム運河地区の東寄り・中央辺りの16か所のガーデンを巡りました。

運河ミュージアムも点在し、毎年公開される お屋敷のクラッシックなフレンチスタイルのガーデン等が 多く見られルエリアです。

毎年見ているガーデンは、毎年足を運んで 今年のガーデンの様子や変化をチェックする楽しみがあります。

アムステルダムの今年の春は天候不順で(いつも?)、我がテラスのお花も ストリートのお花も 例年より生育が遅れている印象でした。

気候によって左右されるお花の咲き具合・・・

オープンガーデンの時期に、年によってはバラが満開だったり、アジサイが最盛期だったり、バラもアジサイも最高だったり・・・。

今年は、バラの後半・アジサイの咲き始め・・・そんなタイミングでした。

もちろん、お庭の向き(日当たり具合)や 様々なコンディションによっても、咲き具合は変わります。


では、今年のオープンガーデンの様子 ほんの一部ですが ご紹介します!

(ガーデンNo.は地図参照)

Opengarden201701272619

左から・・・No.27:Herengracht 605, Museum Willet-Holthuysen

No.26:Keizergracht 689, Waldorf Astoria Hotel

No.19:Herengracht 502, Mayor's Residence

Opengarden20170221

No.21:Keizersgracht 672:Museum Van Loon

毎年大人気のガーデン!

Opengarden20170324

No.24:Eerste Weteringdwarsstraat 83-105:Hodshon Dedelhof

運河から離れた小さなストリートにあるHof(アムステルダム特有の集合住宅)のガーデン、門を潜るだけで別世界、街の喧騒を忘れられる平和的なガーデンでした!

Opengarden20170422

No.22:Prinsengacht 849

Opengarden20170523

Opengarden20170623

No.23:Prinsengracht 855-897, Deutzenhofje

Prinsengrachtにありながら、ここがアムステルダムの中心エリアということを忘れてしまうような 閑静なHofのガーデン、たくさんのバラが咲き誇っていました!

Opengarden20170716

Opengarden20170816

No.16:Herengracht 460

お花咲き乱れるヒストリカルなガーデン!ブログ冒頭の写真もこちらから。

Opengarden20170911

No.11:Herengracht 366-368, Cromhouthuis

クラッシックでモダンなウォーターガーデン

このミュージアムに TheWunderKammer のミュージアムショップがありました(6月27日ブログ参照)!

Opengarden201710121815

左から・・・No.12:Keizergracht 401:Huis Marseille Museum

No.18:Herengracht 480, アムステルダムでは珍しい芝生のガーデン

No.15:Herengracht 448-454, De Bary., 門を潜りりお庭にでると、6つの建物分の横広がりなお庭が広がります!

以上、曇り空の中で巡った ガーデンの一部でした。

(私が巡ったルート順にご紹介しましたが、最後一部はルート順ではありません)


お花は少な目に感じた今年のオープンガーデンでしたが、人出はすごい。

オープンガーデン巡りをしている人々は 毎年右肩上がり!

オランダ・近隣諸国のガーデン愛好家に 激増する観光客も加わり、寒さや曇り空を忘れるくらいの賑わいでした。

2016年 オープンガーデン初日が人生でもっとも悲しい日となってしまいました(6月21日ブログ参照)。

昨年は、”これから毎年 悲しい思い出と気持ちと共に この季節がやってくるのかなぁ・・・”と思っていましたが、1年という月日が過ぎ・・・気付けば 私も少し元気になっていました。

この1年間、仕事・お客様やお友達に支えられ・・・、見上げた空や太陽、季節を通して触れた お庭や身近なところの花々が、”色”を失っていた暗黒の心に 再び色彩をもたらしてくれたようです。

2年ぶりのオープンガーデン、曇り空は残念でしたが こうして再び 大好きなアムステルダムの街を歩き、お花達に囲まれて過ごすことができる喜びを かみしめた 心晴れやかな1日となりました。

・・・オープンガーデン後半ブログに続きます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/07/15

太陽と巡った真夏のフラワーイベント!=2= AalsmeerFlowerFestival 2017

オランダはいよいよバカンスシーズン。

オランダも一年で一番良い季節ではありますが、皆さらに太陽を求め バカンスに出かけます。

オランダでも(たまに晴れると)”この太陽をずっと見ていたい・・・”と思うものの、空は黒い雲に覆われがちで、気温は15度だったり、室内はヒーターが必要だったり。

もう慣れたとはいえ、恐るべしオランダの夏・・・。

私も間もなく猛暑の日本へ一時帰国(約2週間)、そして夏休み(1週間)の予定です。


Aff201710さて、本題。

早いもので もう1か月が経とうとしていますが・・・

Aalsmeer Flower Festival(2017年6月17・18日)。

真夏のフラワーイベント巡り!

前回ブログ(7月6日ブログ参照)の続きです。

TheBeach(地図参照②)で、お花屋さん時代の同僚であり友人のマルーシと お花に囲まれた時間を過ごした後、いよいよ”一人ツアー(?)”のスタートです。


30分に1本くらいの間隔で グルグル周遊しているイベントのツアーバスを利用。

バスが来たので マルーシとは一旦別れ、私はツアーバスに乗って次の会場へ向かいました。

Aff201702mapツアーバス(マイクロバス)に、乗客は数人。

バスで5~10分くらいだったしょうか、すぐに次の会場 BelleEpoque へ到着しました。

そこは バラのナーセリー(地図③)さん。

見渡す限り、バラ・ばら・薔薇!

バラの苗木が 屋外のどこまでも並んでいて 圧巻です。

大量のバラの苗木を眺め・・・。

バラの香りに包まれながら バラの間を歩き・・・。

Aff201711

Aff201712

美しいバラたちと バラの香りに包まれた とっても贅沢な時間となりました。

さらに奥へ行くと、ガーデンプランツのナーセリーさんへとつながっていました。

Aff201713

咲き乱れる屋外のプランツ達を眺めた後、グリーンの薫り溢れる温室へ。

様々なグラデーションで作られた見本のハンギングバスケットと、並ぶたくさんの季節の花々。

まるで植物園を歩いているように ワクワク!

自分のテラスに欲しいと思うプランツを探しながら 歩きました。

バラもプランツも 購入することもできるようでした。

近所だったら・・・買って帰りたいバラやプランツ達ばかりでした。

素敵なお花に囲まれて とても楽しい時間でしたが・・・この日はオランダらしからぬ?猛暑と炎天下!

暑さに耐えきれず 次の会場へ移動しようと バス停へ戻るも、さらに炎天下!

ジリジリの暑さと日光が 暑さに慣れない肌に突き刺さり・・・バテました(大汗)。

バス停では、同じくバスを待っていた タイ人の女性とお話をしました。

アムステルダム在住の彼女も お花が好きで、(私と同じく)アムステルダムからバスで アールスメーアまで訪れたそうです。

気付くと、アジア系の奥様(フィリピンだったかな)を連れた 在オランダ日系銀行に長年勤めていたという陽気なオランダ人おじさんも 会話に参戦!?

こちらのご夫婦は 自家用車でイベントを巡っているとのことでした。

花好きも 国籍も 豊かな オランダです。

そうこうしているうちに ツアーバスがやってきました。


再びツアーバスに乗り、次の会場へ。

そこは 私にとっては・・・と~っても久しぶりで懐かしい場所!?!?

Boerma Instituut(地図④)!

Aff201714

Aff201715

このイベントの為に飾られたフラワーデコレーションの数々。

ブログ冒頭の写真も Boerma Instituutのフラワーデコレーションです。

ここは、短い期間でしたが 私がお世話になった お花の学校です。

私は18年前、”カルチャーインターンシップ制度”を利用して オランダのお花屋さんへ、その後 アイルランドのお花屋さんへ・・・。

そして(あれこれあって?!)インターンシップをやめて オランダへ戻り、Boerma Instituutへ。

Boerma Instituutの 約1ヶ月半のインターナショナルコース(当時)に、学校そばの先生のお宅に ホームステイしながら通いました。

この時 私が通ったコースは”インターナショナルコース”とはいえ、1人のギリシャ人女性以外は・・・日本人でした!

Boerma Instituutでは、コースの1日講師として学校を訪れたペーターPeterBoeijkens と出会い・・・、アムステルダムのペーターのお花屋さんDe Bloemenboog に押しかけて・・・?!

ペーターのもとで お花屋さん修業をさせてもらえることとなりました。

そして ペーターのお花屋さんで マルーシとも出会ったわけです。

月日が経ち・・・

さらに 月日が経ち・・・

もっともっと 月日が経ち・・・

・・・今に至ります。

当時は 夢や希望に溢れていましたが、精神的には とても厳しい時代でした。

特にインターンシップをやめて アムステルダムへたどり着くまで(?)は、藁にもすがる思いで 日々を過ごしていたので、この時代(Boerma Instituutに通った時代)のことは 振り返る間もなく 過ぎ去りました。

そんなわけで、コースを修了して以来(その年に一度二度 用事で訪ねたことはあったかもしれませんが)、Boerma Instituutには 行ったことはありませんでした。

アールスメーアの花市場AalsmeerFloraHollandや資材屋さんに行く時は いつもBoerma Instituutの前をバスで通っていたんですけどね。

18年ぶりのBoerma Instituut。

記憶の片隅にわずかに残る 教室や、ランチをしたバー。

懐かしい・・・若かりし頃の日々。

それにしても、ついこの前まで ”昨日のことのよう”に思っていた あの時間が、18年前とは・・・?!?!

びっっくりするくらいオランダでの時間が経ったんだなぁと、あらためて思いました。


そして再びツアーバスにのって・・・。

次の会場は、私が最初に訪れたWatertoren(地図①)。

マルーシや 他のフローリストさん達の作品群”FlowerPromenade”をあらためて堪能。

Aff201722

最初にここを訪れた時は(Aalsmeer到着時)曇り空でしたが、今度はキラキラの青空がバック。

Watertorenの”FlowerPromenade”・・・、AalsmeerFlowerFestivalの中で 一番素敵な場所でした!

Watertorenの”FlowerPromenade”は あらためて後日ブログでご紹介します。


Aff201717隣接するギャラリーSous-terreにも再び足を運び、館内をあらためて見学(前出ブログ参照)。

屋外のスペースには多くの人が集まっていました。

バンド演奏あり、ビール・ワインあり・・・!

私も ビールを1杯!!

ビールが水のように身体に沁み渡りました。

”このままここで飲んだくれていたい・・・”

そんな気持ちにもなりましたが、次の会場へ 再びツアーバスです。

ちょうどバスがやってきました。


次の会場は HistorischeTuin(地図⑤)。

HistorischeTuin(ヒストリッシュガーデン)は、様々なお花が見られる 水路に囲まれた素敵なお庭。

小さな跳ね橋があったり 風車も見えて、オランダ旅気分を楽しめます。

私も以前行ったことがあり、好きな場所だったので 楽しみにしていました。

2012年5月8日ブログ2012年5月12日ブログ 参照)

到着すると、バンド演奏などが行われ とても賑わっていました。

Aff201718

ところがその時 ちょうどHistorischeTuin閉園の時間。

明るいので気が付きませんでしたが、17時でした!

ガーデンには入れず(残念)、バンド演奏が行われていたカフェは 人が溢れるほど混んでいたので、隣接するイベント会場へ。


徒歩で向かったのは HistorischeTuinからも近い(見えている)風車広場Molenplein(地図⑥)。

風車広場でのイベントも17時までだったようで、賑わいはなくなっていましたが・・・

風車がお花で飾られていました!

Aff201719

風車(内部・見晴らし台)は まだ見学できる時間だったので、風車にのぼってみることに。

ギャラリーで ビールを飲んでいたので(ちょっと酔っ払い?)、一番上まではのぼらず 途中階まで。

その階の広いテラスのような場所(風車の真ん中あたりのベランダみたいな場所)で ブンブンまわる風車の羽根を見ながら くつろぎました。

風車で 夕涼み?!

・・・まだまだ真昼間の明るさですが。

風車の上で感じた空気は 暑くとも爽やかで、数時間前のことを思うと 暑さのピークは過ぎたようでした。


HistorischeTuin(地図⑤)に戻り、テラスのカフェで休憩。

Aff201720オランダの人達には日向の席が人気ですが、私はもちろん!日蔭の席を選びました。

遅めのランチ?

太陽がキラキラの時間にいただくワインは 最高です!

気分良く のんびりしていると・・・?

ツアーバスや HistorischeTuinとWatertoren間を走るウォータータクシー(ボート)が、17時までだったことを 思い出しました!

しまった~!

夏はいつまでも明るいので、時間の感覚がなくなります(汗)。

ここHistorischeTuin(地図⑤)から マルーシと待ち合わせをしたWatertoren(地図①)へは、ボートに乗って戻ろうと思っていました。

歩いて戻らなきゃ・・・(涙)。

ゆっくりワインを、もっともっと飲みたい気分でしたが・・・飲み過ぎるわけにはいかなくなりました(笑)。

歩く・・・といっても 1キロほど(地理 知ってる場所でよかった)。

Watertorenへ向け 湖畔を歩いていると・・・

湖Westeinderplassenに浮かぶヨットや キラキラ輝く水面に 思わずここは地中海?と 錯覚してしまいそうになるほど、心に残る美しいAalsmeerの風景でした。


そして再び Watertoren(地図①)。

予定通り19時頃、マルーシと再会。

マルーシが”ヘッドデザイナー”として プロデュースした Watertorenの”FlowerPromenade”。

フラワーデコレーションの水やりやメンテナンスをしながら 一緒に歩き、説明や制作時の苦労話など聞きました。

19:30からは マルーシの参戦するHANAIKE Battele(花いけバトル) 観戦。

予想以上に楽しかったHANAIKE Battele 観戦についても また後日レポートしたいと思います。


どうなるかと思っていたこの日・・・

期待以上 予想以上に、太陽にも青空にも恵まれ、そして たくさんのお花に囲まれた、楽しい半日・・・

いえ、と~~~ても 充実した 長い1日となりました!!

最後は、美しい夕暮れの湖Westeinderplassen(9:50PM)。

Aff201721

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/07/06

太陽と巡った真夏のフラワーイベント!=1= AalsmeerFlowerFestival 2017

なかなかブログを更新できずにいるうちに 7月になってしまいました!

夏だと言うのに オランダのお天気が悪く 寒い日も多かったことも手伝って、いったい今がいつなのか 分からなくなってしまいます。

というのも 6月というのは、(仕事で)年始より手配していたドイツ・フランス・ベルギー・デンマーク等の取引先メーカーから クリスマス関連雑貨・資材が 出荷される時期。

そんなわけで 私は今”クリスマス”に囲まれて過ごしています!?

季節感を失いかけていますが、今週はアムステルダムも再び夏になるようですし、”夏”に戻りましょう。


毎年楽しみにしている 6月第3週週末に行われるアムステルダム・オープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2017(オープンガーデンについては また後日)。

Aff201700今年はその同じ週末に、もう一つ興味深いお花イベントがありました!

数ヶ月前からチェックしていたものの、オープンガーデンと同じ日程だったため、”もし行けたら・・・”程度に、頭の片隅においやっていました。

そのイベントが近づいてきた6月前半のある日のこと。

お花屋さん時代の同僚で友人、現在フリーランスで活躍するフラワーデザイナー・マルーシから連絡をもらいました。

マルーシがそのイベントで、お花の制作をする とのこと!

これは アムステルダムのオープンガーデンの週末のうち、1日をそのイベントに割かなければ!

本当は制作のお手伝いに参加したかったのですが、なんていつもタイミングが悪い私・・・、ちょうど制作日は日本からオランダへの移動日でした、残念。


そのイベントは・・・

Aff201701Aalsmeer Flower Festival(2017年6月17・18日)。

花市場のある町 アールスメーアAalsmeerにて開催された お花イベントです。

事前にイベントについてホームページで調べると・・・Aalsmeerの町の中に ポツポツと 6か所の会場があるようでした。

その会場間を ツアーバス(ミニバス)が循環しているとのこと。

私はアムステルダムから公共のバスでAalsmeerまで行くので、イベントの会場間の移動が面倒だなぁ・・・、マルーシの作品だけ見て(1会場だけ見て)帰ろう・・・、そんな風に思っていました。

お花イベントの詳しい内容や規模等 知らずに…。


6月17日、イベント初日にAalsmeer Flower Festivalへ行ってきました。

その日の朝は 気温16度、曇り・・・あまり期待できない空でしたが、天気予報は 夏日・好天・16~23度の予報。

お天気にはあまり期待せずに(天気予報を信じずに)、夏の服装(ノースリーブ+カーディガン)の上に、スプリングコートを羽織って 出かけました。

・・・天気予報を 信じるべきでした。

13時ちょっと前、Aalsmeerに到着。

最初は曇っていた空でしたが、14時には快晴!

夏至目前のこの頃、太陽はグングン高くあがり、眩しく暑い(熱い)光を注ぎました。

ブログのタイトルに”真夏”と書きましたが、オランダの夏は短く、私のイメージでは 6月中頃・夏至の頃~7月末・8月初め頃までが、オランダの一番良い季節であり 真夏のように感じています(8月後半はもうすっかり秋の気候です)。

Aff201703

日中は25度を超えたのではないでしょうか。

日が長いこの頃、日没時間は22時過ぎ!

帽子もなく、日焼け止めもせず・・・無防備でした(汗)。

ジリジリ日光を浴び、汗をダラダラ流した一日でした。

強い陽射しに スプリングコートを頭からかぶって歩いていたくらいです?!

オランダでは とっても貴重な!真夏の週末となりました。


Aff201702まず私が訪れたのは、マルーシが作品制作をしていた場所、6つの会場のうちの1つ Watertoren(地図①)。

左の地図はイベント会場の地図。

Watertoren(ブログ冒頭の写真、上の写真)は Aalsmeerにある湖Westeinderplassenの湖畔に建つ 高さ50mのモニュメントタワー。

タワーのふもとで イベントチケットを購入(7.50ユーロ)、腕にくるっと巻くタイプのものです。

会場に行けば何とかなると、結局あまり調べもせず 無計画に訪れましたが・・・。

本当に 何とかなるものです?!?!?!


Watertorenの周りを歩き始めた時、なんと!?

マルーシのお母さんに遭遇!!

前年秋(2016年10月)に マルーシのマスター卒業作品制作見学&手伝いに、マルーシのお母さんの家を訪れた時ぶりの、本当に偶然の再会でした!

事前に連絡をくれていたマルーシは、イベント準備や当日の行事で忙しそうだったし、私もいつ行けるか分からなかったので、この日は連絡をしていませんでした。

マルーシのお母さんとの偶然の再会で、私のこの日のスケジュールが グルグルと導かれました。

不思議なものです!

まず Watertorenの作品群を目前に、マルーシのお母さんと一緒に Watertorenの道を挟んだ反対側の会場ギャラリーSous-terreへ移動(下写真)。

Watertorenへは、その後いくつかの会場を巡った後に戻り、一人で作品を鑑賞しました(Watertorenの作品群はまた後日のブログで)。

Aff201704

ギャラリーには、マルーシのマスター卒業作品(一部)が 展示されているとのこと。

そう、マルーシは この度めでたく ”マスターフローリスト”となったのです!

子育てとお花の仕事を両立させての数年にわたるコース、試験や マスター取得については、その都度聞いたり 連絡をもらっていたので、私にとっても嬉しいニュースでした!

Aff201705

Aff201706上・左の写真は、マルーシの卒業作品の一部(”Pluisje” By MarloesJoore)を使った展示。

様々な植物の綿毛(種子)を集めて 制作したオブジェ等。

秋に制作見学に行った時、お花の種類による綿毛の違いや、その小さな1つ1つの綿毛から広がる 大きな大きな世界を 見せて(魅せて)もらいました!

あの小さな綿毛をたくさん集めて、縒ったり 織ったり 漉いたり・・・、様々な手法で出来上がった世界です。

マルーシの作品を鑑賞後、ギャラリーを後にして マルーシがいるという別の会場へ。


車で連れて行ってもらった会場は The Beach(地図②)。

The Beachとは、名前の通り?(室内)ビーチ!

カフェ・バー・レストランコーナーがあったり、ビーチバレーコートが複数面ありました。

家族やカップルで訪れるのが楽しそうな場所です。

後で知ったのですが、この場所は かつて”花市場(フラワーオークション)”だったとか。

どこにいっても、お花に関わりのある Aalsmeerです。

それはさておき、TheBeach。

突然現れた私に、マルーシ ビックリ。

お花に囲まれた楽しそうな会場で、しばらくおしゃべり。

マルーシのお母さんは用事があるとのことで、ここで一旦お別れ。

マルーシはこの日 他のフローリストさん達と、老若男女を対象に お花のワークショップ等のお当番だったようです。

Aff201707_2

Aff201708

お子さん達も お花とふれあい 楽しんでいる様子でした。

子供の頃から たくさんのお花と、”自由に楽しく”ふれあう時間が持てる事は、とても良いことだと思います。

誰もがお花に囲まれて・・・、お花を身近に感じ・・・、お花と触れあうことができ・・・、本当に素敵なイベントだと思いました!

その後のスケジュールをマルーシに問われ・・・。

特に予定はなかったのですが(本当はWatertorenだけ見て アムステルダムに帰ろうと思っていた)、19時30分からWatertorenにて行われる”HANAIKE Battle”にマルーシが出場するというので、Watertorenでの再会を約束。

・・・ということで?!

再会予定の19時過ぎまで、Aalemeer Flower Festival 満喫することに。

真夏のフラワーイベント巡り スタートです(次回へ続く)!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

より以前の記事一覧

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析