フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オランダのお花ブログINDEX

2020/08/22

いざ、アルハンブラへ!! in Granada, Summer2019

2020年8月中頃、ヨーロッパを熱波が襲い、

北の国オランダも連日35度に迫る暑い日が

続くようなことがあったようですが、

お盆前後の日本の暑さも猛烈でした~。

帰国中の我が田舎でも 40度近くまで上がり・・・

命の危険を感じました。

熱風に吹かれながら ちょうど1年前に訪れた

スペイン・アンダルシアを思い出しました・・・。

 

まだまだ続いています、2019年夏休みレポート。

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

Spain2019granadacity01
上写真:ストリートのモザイク画
ザクロはグラナダのシンボル、
ザクロモチーフは町のあちこちに

今回から ブログは いよいよ旅のハイライト?!

アルハンブラ宮殿Alhambra !

2019年の夏休みの最大のイベントであり目的でした。

アルハンブラ宮殿の予約は

旅のスケジュールを左右する 大きなポイントでした。

アルハンブラ宮殿Alhambra は
ユネスコ世界遺産(文化遺産)にも登録されています

『グラナダのアルハンブラ、フヘネラリーフェ、アルバイシン地区』
Alhambra, Generalife and Albayzin, Granada(1984年、1994年登録)

8世紀からイベリア半島に進出したイスラム教徒が、

最後の砦として城塞・宮殿を築いたのが

グラナダGranadaの丘の上でした。

レコンキスタ(キリスト教徒によるイベリア半島のイスラム教徒からの解放運動)により

イスラム勢力が衰えていく中で、

イベリア半島に最後まで残ったのがナスル朝。

(1492年無血開城)

グラナダはその首都だったそうです。

イスラムの勢いが衰えていたとはいえ、

ここで最高のイスラム文化が花開きました!

 

”アルハンブラ=アルハンブラ宮殿” というイメージでしたが(私だけ?)

アルハンブラは砦に囲まれた城塞都市。

イスラムの時代には 貴族を中心に2000人以上が暮らし、

敷地内には宮殿、貴族の館、モスク、軍事要塞、市場などがあったそうです。

レコンキスタにより グラナダが陥落した後も、

アルハンブラは破壊されることなく、

キリスト教徒の王たちにより改築・増築され、

アラブ様式に中世ルネッサンス様式なども加わり・・・、

その優美な姿は、現在も 世界の多くの人々に

当時の栄華な文化や歴史を伝え続けています。

 

今回ブログは、

アルハンブラ(事前)予約と アルハンブラ到着までのお話。

まずは、アルハンブラの予約(コロナ前、2019年夏)。

2019年夏の旅行で 何より優先したのが

アルハンブラの予約でした!

(世界で流行中のコロナ騒動の為、
2020年春からは予約のシステム等は変わっていると思います)

予約をしたのは 予定日の3か月前。

ネット予約時に決めなくてはならなかったのは、日程と時間。

2019年当時(コロナ禍では変更になっていると思いますが)、

アルハンブラの様々な見どころの中で、

「ナスル朝宮殿」に限っては 時間指定の予約が必要でした。

オフィシャルサイトには

アルハンブラ見学には最低所要時間は3時間とありました。

(実際行ってみると、興味があれば、丸一日でも足りないくらい、
興味がなくても? 最低3時間は必要かな)

距離感、広さ、混雑具合等が分からないので、

時間を決めるのは難しかったのですが、

真夏の暑さも考慮して・・・、

夏休み7泊8日の4日目(グラナダ2日目)の日程でチケットを購入。

「ナスル朝宮殿」は 15時~の予約をしました。

私の予測では、朝から長時間滞在では

暑さで体力が持たないと思い、

午後からアルハンブラへ出向いて夕方まで、

(2019年当時、夜間は別のチケットが必要でした・たぶん)

つまり半日ほどの予定で 計画を立てました。

 

アルハンブラ(砦の中)は宮殿だけでなく、

見どころが点在しています。

Spain2019alhambramap2
上写真:当時オフィシャルサイトにあった地図

大きな見どころは(アルファベットは地図内記号参照)

A-ナスル朝宮殿 Palacios Nazaries、

B-ヘネラリフェ離宮 Generalife、

C-アルカサバ Alcazaba、

D-カルロス5世宮殿 Palacio de Carlos V. Museo、

城壁内の小路・庭園等。

 

さて当日、アルハンブラ見学の前に、

清々しく(朝の気温はなんと18度!)少し グラナダ観光。

Spain2019granadacity02
上写真:交通量の多い大通り
グラン・ビア・デ・コロン通りGran Via de Colonから見た大聖堂

Spain2019granadacity03 ◆王立礼拝堂The Royal Chapel
(左写真)

カトリック王たちの霊廟

写真はNGでしたのでありませんが、

思いの外 見応えがあり、

開場と同時に入場し、

1時間半ほど過ごしました・・・

(礼拝堂は大聖堂の一部ですが、
入り口は別になっています)

 

◆グラナダ大聖堂Catedral de Granada

1523年から180年かけて建造

向かいあうパイプオルガンが印象的でした。

Spain2019granaddacity00
上写真:グラナダ大聖堂

Spain2019granadacity06
上写真:グラナダ大聖堂、向き合うパイプオルガン

大聖堂見学を終えてみると

朝の爽やかさは跡形もなく、気温は36度!

通りのお店でランチをテイクアウトして、

一旦 ホテルのお部屋へ戻り、涼んで(重要!)、

13時頃 覚悟を決めて 酷暑の中へ繰り出しました。

 

ホテルからもほど近い ヌエバ広場PlazaNuevaのバス停へ。

アルハンブラ宮殿方面へ向かうバスに乗ったはずが、

逆廻りのバスに乗ってしまったようで(汗)。

バスはアルハンブラとは別方向へ・・・、

前日夜に訪れた展望台を廻ってから アルハンブラへ向かうバスでした。

10-15分ほどで行けると思っていたものが、

40分以上かかってしまうという大失態(毎度のことですが・汗)。

ちなみに、ヌエバ広場あたりから歩いてアルハンブラへ行くことも

(真夏でなければ) 十分可能です。

 

そんなわけで 予定より1時間弱遅れて 14時頃、

ついに到着!

アルハンブラ宮殿にいくつかある門(入り口)のうち

「裁きの門」Puerta de la justicia(上地図のE) をくぐりました。

Spain2019alhambraview01
上写真:「裁きの門」・・・いざ、アルハンブラへ!!
左写真の人物は私、真ん中の写真の中央の人は知らない人です・・・

 

ナスル朝宮殿(A)の予約が15時からだったため、

時間的な余裕があまりなく、

ナルス朝宮殿の隣に位置していた カルロス5世宮殿(D)へ。

前日の夜、アルハンブラに向き合う丘の展望台 

サン・ニコラス広場Pl. Mirador de San Nicoláから見た宮殿の夜景、

その夜景の中でとっても大きく見えていた建物が

カルロス5世宮殿(下写真参照:展望台からの写真)でした。

Spain2019alhambraview03

レコンキスタ後の16世紀、カルロス5世の為に建造された宮殿。

ミケランジェロに師事したペドロ・マチューカという方が設計したそう。

幅63m、高さ17mの大きな箱型(?)。

外観の印象と内部が これほど違う建物は見たことがありません!?

中に入ると、イタリア・ルネサンス様式!

円形の吹き抜けの中庭と

中庭をグルリと囲む 回廊と美しい石柱群!!

Spain2019alhambraview04
上写真:カルロス5世宮殿外観と内部

内部は美術館になっていたようですが、

時間的に無理そうだったので、入らず。

2階の回廊を少し歩き、1階の回廊を少し歩き、

ミュージアムショップを覗き、

暑さのため、ほとんど日陰に座って 

休憩して時間をつぶしたことが

カルロス5世宮殿の思い出です!?

 

いよいよ ナスル朝宮殿の予約時間・15時 が近づいてきました。

私は 音声ガイドを借りて準備万端です!?

記憶が曖昧ですが、音声ガイドはカード払い、

パスポートを預けるシステムでした(2019年8月現在)。

この時間帯・・・ほんのちょっと日なたに出るだけでも

まるで砂漠にでもいるような厳しい暑さでした。

(砂漠に行ったことはありませんが)

Spain2019alhambraview02
上写真:アルハンブラ側からの風景、前夜に訪れた広場も見えた・・・

長いアルハンブラの一日は始まったばかり・・・、

いよいよこれからハイライトのハイライト!!

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

 

2020/07/12

17世紀の美しい絵画たち・・・マウリッツハイス美術館Mauritshuis

2020年3月半ば、突然ロックダウンとなったEU各国。

突然日常を奪われ、見えない敵に 震えて過ごした数か月・・・。

みんな頑張りました!

そして、2020年7月1日 あらたな段階へ。

いよいよ EU・シェンゲン域外からの渡航者の入国制限措置が解除されました。

(2020年7月初め時点では日本を含む14か国が対象)

新型肺炎COVID-19によるロックダウン前から、

オーバーツーリズム問題を抱えていたアムステルダムは、

今回のロックダウンを機に、

アムステルダム市民が暮らしやすい

新しいアムステルダム作りに向け 舵を切り始めました。

 

今回ブログは前回の続き(2020年6月29日ブログ参照)、

世界が変わる数週間前に訪れた

オランダ デン・ハーグの美術館についてです。

Maurits20200220

マウリッツハイス美術館Mauritshuis

フェルメール『真珠の耳飾りの少女』のある美術館。

Maurits20200221

 絵画はもちろんのこと、

インテリアも雰囲気も とっても素敵、とっても好み!

近ければ毎週でも通いたい・・・

そんな風に思える素敵な美術館でした。

Maurits20200222
マウリッツハイス美術館(上写真中央)

 

誰もが知る有名どころの絵画は前回ご紹介しましたので、

今回はそれ以外で心に残る素敵な絵画をご紹介します。

スマホの、しかも縮小した写真では その美しさと迫力が伝わりませんが、

Level1 Room2 にあったこの絵画(下)、

最初から心をつかまれました!

Maurits20200231

上写真:Jan Brueghel I & Paul Rubens
ヤン・ブリューゲル(父)と ルーベンス
『アダムとイブの墜落 地上の楽園 The Garden of Eden with the fall of Man(1615)』

なんと、ビッグネームの共作!

アダムとイブをルーベンスが、景色・動植物をブリューゲルが描いたそう。

アダムとイブ、鳥や動物達が生々しくリアルで・・・、

絵画の世界観に 惹き込まれました。

Maurits20200232

上写真:Willem Van Haecht
『Apelles Painting Campaspe (1630)』

これ絵画なの?・・・と目を疑うほど!

時空を超え 想像の膨らむ 印象的な絵画でした。

Maurits20200233

上写真:Hendrick Avercamp
『氷上の遊び Ice Scene(1610)』

最近は見られなくなりつつありますが・・・オランダらしい風景。

このまま地球温暖化が続くと、

こんな風景は ”絵画の中だけのもの”・・・になってしまうかも?!

 

そして私が一番好きだったコーナー!

写真ではその迫力・美しさ・世界観が伝わりませんが・・・

この3枚の”並び”、最強でした!!(下写真)

Maurits20200234

Maurits20200235

上写真右:Peter Paul Rubens ルーベンス
『聖母被昇天(下絵)
'Modello' for the Assumption of the Virgin(1622-1625)』

上写真左:Jan Brueghel I & Hendrik Van Balen
ヤン・ブリューゲル(父)と ヘンドリック・ファン・バーレン
『四季の精から贈り物を受け取るケレスと、それを取り巻く果実の花輪
Garland of Cybele(1620-1622)』

どちらも強烈に胸に刻まれました。

私ってこういうスタイルが好きだったんだ・・・と

気付かされた瞬間でした。

ルーベンスの『聖母被昇天(下絵)』は

「フランダースの犬」で有名なアントワープのノートルダム大聖堂にある

『聖母被昇天』の下絵だそう・・・!

 

オランダといえばお花!

17世紀のお花の静物画も何点もありました(その一部です)。

Maurits20200237

上写真右:Willem Van Aelst
『Flower still Life with a Timepiece(1663)』

上写真左:Jan Davidsz de heem
『Vase of Flowers(1670)』

Maurits20200236

上写真右:Jacob de Gheyn II
『Flowers in a Glass Flask(1612)』

 

さすがに17世紀に これだけ立派なお花を飾ることができたのは、

一般の人々ではなく 貴族やお金持ちの方々等

限られた人々だったのではと思いますが・・・。

いつもお花が身近にある オランダでの暮らしの中で、

下を向いたり、散りかけたり、枯れていく姿 等、

お花は ”ありのままの姿” が美しい・・・と思うようになりました。

現代のオランダの人々の家庭にも

ありのままの姿で 季節の花々が飾られています。

どんなに品種改良されても、

お花は 今も昔も 同じように美しく、

人々を魅了し、癒し、生活を豊かにしてくれますね。

 

この日は常設のLevel1とLevel2のみ鑑賞し、

(企画展もありました)

館内にあるカフェで休憩(美術館の外からも入れるようです)、

ミュージアムショップを眺め、

そしてまた時間が許す限り、

Level1の お気に入りのコーナーの絵画等を再度 鑑賞。

Maurits20200238

そして最後にもう一度 Level2 Room15 へ。

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』を目に焼き付け・・・。

後ろ髪をひかれつつ

マウリッツハイス美術館を後にしました。

 

オランダに住み、もう随分長くなってきましたが、

やっと訪れることができた美術館・・・。

もっと早く訪れるべきでした。

Maurits20200223
上写真:ホフ池Hofvijver越しに、
国会議事堂ビネンホフとマウリッツハイス美術館
クラシカルな町並みと背後の高層ビル群が
なんだか不思議なデン・ハーグの風景

 

また訪れたいマウリッツハイス美術館!

何度でも、必ず、絶対!

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

 

2020/06/29

オランダのモナ・リザ?! マウリッツハイス美術館Mauritshuis

今回ブログは 世界が変わる前・・・2020年2月後半のお話です。

ちょうどその頃、イタリア北部での新型肺炎流行のニュースが飛び交い始め、

イタリア大丈夫かな・・・?と、

遠くて近い国イタリアのことが気にかかり始めた頃でした。

(その数週間後の3月11日、

パンデミックが宣言され 世界中が大変なことになるとは知らず・・・)

ちなみに オランダの感染者はまだゼロでした。

(オランダ感染者1人目は2020年2月27日)

ですが、中国・武漢での新型肺炎流行のニュースは、

オランダ・ヨーロッパにも暗雲をもたらし始めていました。

1月末頃から 多少なりとも アジア人差別があり、

(オランダは少ない方だと思いますが)

私も 少々 肩身の狭い思いで 行動し、

風邪をひかないように、

目立たないように、

あまり出歩かないように、

ひっそりと?過ごしておりました。(普段から引きこもりですが・・・)

 

そんなある日のこと・・・

オランダ デン・ハーグDenHaagへ行く用事がありました。

オランダで長く過ごしていても
これまであまり訪れる機会のなかったデン・ハーグですが、
今年は2月前半にも 訪れる機会がありました。
2020年2月19日ブログ参照 デン・ハーグ市美術館Kunstmuseum DenHaag 

普段 めったに行く機会のない デン・ハーグ!

デン・ハーグでの用事は 午前中に済ませ、

この機会を逃すわけにはいかない!!と、

長年 訪れたい!絶対行かなきゃ!と思っていた

悲願の場所へ 向かいました!

マウリッツハイス美術館Mauritshuis!

Maurits20200201

 レンブラント『テュルプ博士の解剖学講義』、

フェルメール『真珠の耳飾りの少女』・『デルフトの眺望』等

オランダ黄金期・フランドル絵画名作の数々、

17世紀絵画を中心に所蔵する美術館です!

Maurits20200202

私が訪れた2020年2月後半、

すでに新型肺炎が流行していた中国では、

団体旅行が禁止されており(2020年1月27日から)、

オランダを訪れる観光客も 減っていました。

おかげで?

美術館のチケットも 当日現地で 並ぶことなく購入でき、

待ち時間なく スムーズに入館することができました。

館内も 混んでおらず、

ゆっくり ゆったり じっくり 鑑賞し 過ごすことができました。

 

マウリッツハイス美術館は、

長年 勝手に想像していたよりも こじんまりとした美術館でした。

・・・美術館というより 素敵な”お屋敷”でした!

Maurits20200203

美術館の正面から階段を下りて地下の入口へ、
クラシカルなお屋敷からは想像できない ガラス張りでモダンな雰囲気

Wikipediaによると・・・

17世紀半ば、ヤーコブ・ファン・カンペン設計の

オランダ古典様式建築の代表作だそう。

17世紀、オランダ領ブラジル総督を務めたヨハン・マウリッツ氏のお屋敷。

1704年、内部は火災で焼失しまったそうですが、

外観はほぼ当時の面影を残しているそうです。

 

大きな階段を囲むように 展示ルーム(お部屋)はありました。

Level1 に Room1~8、Level2 に Room9~16、

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』は

Level2 Room15 にありました。

順路が決まっているわけではないので、

最初から『真珠の耳飾りの少女』が観たければ、

真っ先に向かうことも可能です!

でも私は『真珠の耳飾りの少女』は後回しに!?

Level1のRoom1からお部屋番号の順にぐるりと鑑賞し、

そしてLevel2へあがり、

Room9からお部屋番号の順にぐるりと巡りました。

Maurits20200204

上写真は美術館のLevel1の階段ホール(Room1)と
階段を上がったLevel2の赤いホール(Room16)

それぞれのお部屋に まるでインテリアのように飾られた(展示された)

美しい絵画の数々に導かれながら・・・。

最初のお部屋から、もうそのインテリアに、

展示されている絵画の美しさやその配色に、

魅了されっぱなしでした!!!

 

今回のブログでは、

マウリッツハイス美術館の 代表的な絵画の一部をご紹介します。

(写真撮影はフラッシュなしで可能でした)

 

Maurits20200213

上写真・ブログ冒頭の写真:レンブラントRembrandt van Rijn
『テュルプ博士の解剖学講義 Dr.Nicolaas Tulp Demonstrating the Anatomy of the Arm(1632)』

『夜警』で知られるレンブラントですが・・・、

そのレンブラントが初めて書いた集団肖像画だそう。

斬新なこの集団肖像画『テュルプ博士の解剖学講義 』をきっかけに 名声が高まり、

17世紀のオランダを代表する画家となったそうです。

この絵画を鑑賞し、

レンブラント自身の好奇心や探求心、観察眼があったからこそ、

その後 集団肖像画家として成功を収め、

400年経った現在も 世界中の人を惹き付ける絵画となっているんだなぁ・・・と、

あらためて感じました。

 

  Maurits20200214

上写真左:Rembrandt『’Tronie’ of Man with a Feathered Beret(1635-1649)』
上写真中:Rembrandt『自画像Self-Portrait(1669)』
上写真右:Rembrandt『スザンナの水浴Susanna(1636)』・・・旧約聖書がモチーフ

 

そして・・・!!

Maurits20200210

Maurits20200211

上写真:フェルメールJohannes Vermeer
『真珠の耳飾りの少女Girl with a Pearl Earring(1665)』

”オランダのモナ・リザ”とも称される あまりにも有名なこの少女画との 初対面!!

憂いのある瞳とくちびる、そして輝く真珠のイヤリング・・・

脳裏に焼き付いて離れません。

世界的にも有名な少女画・・・長年 想像が勝手に膨らんでいて、

”少女”の存在感の大きさに対し、

実物の絵画(サイズ44.5x39cm)のサイズが

思っていたより ”小さい” と驚いたのも事実・・・!?

『真珠の耳飾りの少女Girl with a Pearl Earring 』 という映画について
10年以上前にブログを書いたことがありました!(2008年11月09日ブログ参照)

Maurits20200212

上写真:フェルメールJohannes Vermeer
『デルフトの眺望View of Delft(1660-1661)』

フェルメールは宗教画・風俗画・人物画を中心に描いた画家で、

現存している風景画は2点しかないとのこと!?

(もう一点はアムステルダム国立美術館所蔵『小路』)

フェルメールの生きた時代の風景、

数年前に観た『小路』も、今回の『デルフトの眺望』も

絵画を超えて 心に残る風景です。

・・・オランダの風景も 光も空も空気感も 400年経った現在も それほど変わらない!?

レンブラント・フェルメールといえば・・・?! 
アムステルダム国立美術館 2016年5月3日ブログ参照

 

Mautit20200215

上写真:ルーベンスPeter Paul Rubens
『ローソクを持つ老婆と少年Old Woman and Boy(1616-1617)』

光と影の明暗で立体感を表現し モチーフを強調する手法は

カラヴァッジョから影響を受けたものだとか。

写真の印象以上に 実物はインパクトのある作品でした。

 

マウリッツハイス美術館では、美術鑑賞はもちろんのこと、

館内の雰囲気やインテリアの素敵さにも 酔いしれました!

ここに住みたい!と思うほど。

Maurits20200205

他にも 美しく心に残る作品がたくさんありました。

次回ブログで ご紹介したいと思います。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2020/06/14

オレンジ~パープル~ピンク?  アルハンブラの空の色! in Granada, Summer2019

2020年2月後半頃から突如始まったヨーロッパのコロナ騒動。

一時はどうなることかと思いましたが、

2020年6月現在、ヨーロッパ各国 感染拡大は抑えられ、

約2か月~2か月半ほどストップしていた経済活動が

再開され始めました。

EUの入域制限は、2020年夏には一部緩和される予定のようですが、

これまでみたいに 世界中の人々が

自由に 安心して 旅行ができる世界に戻るには

もう少し時間がかかりそうです・・・。

1日も早く 自由に 安心して移動できる世界に 戻るといいですね。

 

まだまだ続いています、2019年夏休みレポート。

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

Spain2019granadaview01

夏休み3日目は、

世界遺産アルハンブラ宮殿のあるグラナダGranada へ。

2泊3日を過ごしたセビーリャSevillaから グラナダへは、

事前にネットで予約をしていた長距離バスALSA で移動しました。

Spain2019granadaview99

バスの出発時刻は 15:30、グラナダ到着は18:30予定。

夏の日の長い時期なので(遅くまで明るい)、

長距離移動もゆっくり出発、

ぎりぎりまで 時間が 有効に使えます。

当日午後2時ごろまではセビーリャ観光をして、

ホテルへ戻り、タクシーでバスターミナルへ。

2泊3日でも満足できた セビーリャ、

(もちろんもっとゆっくり滞在したかったけど・・・)

街の雰囲気、特に下町の空気感が好きでした。

アルカサル観光:2020年1月19日ブログ参照
セビリア大聖堂:2020年2月10日ブログ参照

 

セビーリャからグラナダへ向かうバスの車窓は、

前日 ロンダRonda1日バスツアーで見た

干からびた?!ヒマワリ畑と オリーブ畑、そして奇岩・・・。

ロンダ1日バスツアー1:2020年3月9日ブログ参照
ロンダ1日バスツアー2:2020年3月29日ブログ参照
ロンダ1日バスツアー3:2020年5月1日ブログ参照

 

大好きなオリーブも 奇岩も、

さすがに変わり映えしない車窓に飽き・・・ひと眠りした頃?!

グラナダのバスターミナルに到着しました。

真昼と変わらぬ日差しが降り注ぐ グラナダ午後6時過ぎ、

じりじり暑い、36度!!!

長距離バスから 市バス?へ乗り換え、観光の中心エリアへ。

バス停も バスも すぐに見つかり、

多くのツーリストと共にバスに乗り込みました。

バスに乗ること約15分、カテドラル前でバスを降りました。

グラナダ(観光エリア)は

私が思っていたよりも はるかに大都会、大観光地でした。

観光客があふれ、旧市街エリアの大通りには自動車も多く、

喧騒の街というのが グラナダの第一印象でした。

 

何よりまずは ホテルへ向かいました。

予約をしていたホテルは

アルバイシン地区Albayzin(かつてのアラブ人地区)の入り口あたりでしょうか、

カテドラルからも近いサンタ・アナ広場Pl.SantaAnaから 脇道に入ったあたり。

賑やかな広場の石畳を歩き・・・、

細い路地へ入り・・・、

狭い階段の道を上り・・・、

狭い坂道を上り・・・、

さらに狭い路地へ クネクネと・・・?!

Spain2019granadaview02

アルハンブラ宮殿よりも古い歴史があるという

迷路のような?アルバイシン!

表の大通りとは全く違う風景と空気感・・・。

完全に迷ってしまった・・・と思った頃、ホテルを発見!

無事にホテル到着です。

 

旅行計画中、グラナダのホテル選びは さんざん迷いました。

グラナダ観光の、アンダルシア観光のハイライト、アルハンブラ宮殿。

そのアルハンブラ宮殿を最も体感したいと思い、2つのエリアで悩みました。

1つは、アルハンブラ宮殿の城壁内にあるホテル(パラドール)・・・。

もう一つは、アルバイシン(宮殿と向きあう丘陵地帯、かつてのアラブ人地区)の

アルハンブラ宮殿、宮殿のライトアップを観ることができるホテル・・・。

これまでに私が訪れたことのある 似たような(?)観光地でも

やはりホテルの選択に迷いましたが、それぞれに利点欠点がありました。

例えば・・・

モン・サン・ミッシェル(フランス)・・・
対岸側に泊まり、観たモン・サン・ミシェルの夜景と朝の風景は忘れられませんが、
修道院のある小島内の 夜や早朝も きっと幻想的だったに違いない・・・
2009年8月22日ブログ2009年8月24日ブログ2009年8月26日ブログ参照

カルカソンヌ(フランス)・・・
シテ(城壁内)に泊まり、感じた空気感や 朝一番の城壁散歩は格別でしたが、
シテ全景は観れない・・・
2016年10月21日ブログ2016年19月28日ブログ2016年11月3日ブログ参照

トレド(スペイン)・・・
マドリードから日帰りで、マドリードでの時間は有効に使えたものの
トレドの夜景や朝の風景は観られなかった
2014年12月5日ブログ参照

きっとどこに(どちら側に)泊まっても

それぞれ素敵な思い出ができるはずですが、いつも迷います・・・。

でも、それも(ホテル選び) 楽しかったりします。

 

今回はさんざん迷った結果、

アルバイシンの入り口辺りのホテルに決め(あまり丘の上ではない)、

アルハンブラ宮殿ビューのお部屋を選び、

夏休み3日目~5日目 グラナダでの 2泊3日を過ごしました。

Spain2019granadaview03

上写真は ホテルの入り口からずっと奥へ続く階段とパティオ、
そして
お部屋のリビングルーム

入り組んだ狭い路地からは 想像できないくらい広いお部屋でしたが、

窓の外は 手が届きそうな距離に壁(路地の向かいの建物)があります!?

はたして宮殿ビューは??(ブログの最後にご紹介します)

 

ホテルに到着すると、スタッフの方がディナーの予約を勧めてくれました。

今回選んだホテルには レストランがなかったので、

ホテルの方に オススメレストランを聞こうと思っていたところでした。

ホテルの方が提示してくれたレストランは

アルバイシン(アルハンブラ宮殿の向かいの丘陵エリア)の丘の上、

サン・ニコラス広場Pl. Mirador de San Nicolásにあるレストラン3軒。

そのうちの一軒を(適当に?!)選び、

ホテルのレセプションを通して予約をお願いしました。

グラナダ滞在中に一度は、サン・ニコラス広場 (展望台)へ

夕焼け・夜景を観るために訪れたいと思っていたので、

お食事をしながら夕焼け・夜景が眺められれば 一石二鳥です。

 

午後9時頃、ホテルからも近いサンタ・アナ広場から タクシーで、

レストランのある サン・ニコラス展望台へ向かいました。

当初は、アルバイシンの路地を楽しみながら

歩いて展望台へ向かうことも考えましたが、

タクシーにして正解でした!?!?

歩いていくことも決して無理ではないですが、かなりの坂道でした。

グラナダほど 平面の地図が役に立たない観光地はありません。

(確か、イタリア・ジェノバでも同じことを思ったような・・・?!)

急な坂道ばかりで、

地図で見る距離の 何倍も 時間がかかりそうでした(体力も必要です)。

”行き(上り)はタクシー、帰り(下り)はのんびり歩いて・・・”

タクシーで展望台へ向かうまでは そんな選択肢もあると思っていましたが、

”帰りも絶対タクシー”と心に誓いました?!

 

タクシーで15分ほど。

(距離はそれほどではありませんでしたが、
道が狭く 車も多く 歩く人も溢れているので 時間がかかりました)

展望台へ到着すると、

まさに ”これぞ 人だかり!”という風景が 目に飛び込んできました!

Spain2019granadaview04

石垣に ズラズラ~リ!!

(写真の人垣の先には石垣があり、その石垣こそ最前席!ずらりと人が座っていました)

大勢の観光客が この時間を待っていたのでしょう。

慌てて見晴らしのよさそうなところへ行きましたが、

隙間に入ることもできないくらいの”人垣”でした。

すでに”ショー”は始まっていました!

夕焼けです。

Spain2019granadaview05

Spain2019granadaview06

オレンジ色に光るアルハンブラ宮殿、

そして背後に 黄金色に輝くシエラネバダ山脈。

刻々と変わる色の空・・・。

暑さも喧騒も疲労も忘れ、

この日の1日が この時間の為にあったんだ・・・

と、思えるほど 美しい風景でした。

午後9時半からのディナーの予約を忘れかけました!

慌ててレストランへ向かおうとしましたが、

サン・ニコラス広場界隈には レストランが何件もあり・・・、

しっかり調べていなかったため 簡単には見つかりませんでした(汗)。

 

空が少し暗くなってきました・・・。

Spain2019granadaview07

焦って探し回り 見つけたレストラン(下写真)。

Restaurante Mirador de AIXA

通されたテーブルは・・・

アルハンブラ宮殿ビューのテラス席でした!!!

グラナダの街も遠くまで見晴らせます!

当日、しかも直前に予約をしたのに、

素敵な風景を観ながらお食事がいただけるなんて・・・(感涙)。

Spain2019granadaview08

 

刻々と変わる空の色・・・

トワイライトの空に馴染んでいくアルハンブラ宮殿・・・

Spain2019granadaview09

Spain2019granadaview10

グラナダに到着してからもずっと暑く、汗を流して過ごしていましたが、

気付けば いつの間にか涼しく、肌寒いほど!?

日中は36度・体感40度超えでしたが、

食事が終わるころには・・・なんと20度になっていました!

Spain2019granadaview11

そして 漆黒の空に浮か上がる魅惑的なアルハンブラ宮殿・・・。

美しい自然と一体化したアルハンブラ宮殿の美しさに魅了され、

いただいたお料理もワインも覚えていないくらい!?

感動の時間を過ごすことができました。

 

そして最後に・・・、

宿泊したホテルのアルハンブラ宮殿ビューのお部屋から見えたアルハンブラ宮殿。

Spain2019granadaview12

パープル~ピンクの朝焼けの風景は朝7時頃!

ブログ冒頭の写真もお部屋からの風景。

さすがに丘の下の方のホテルだったので

”宮殿ビュー”とはいえ 見えたのは 宮殿の先端?だけですが・・・。

それでも 紫~ピンク色に染まる空には感動しました!

写真の中の青空のカットは お部屋の別の窓から、なんと夜8時半頃!

朝焼けのアルハンブラ宮殿を
サン・ニコラス広場から見たらどんな風に見えたんだろう・・・、
アルハンブラ宮殿側からの眺めはどんなだったんだろう・・・、
やっぱり気になる・・・

 

そしてもう一つ驚いたのは 朝の気温!

なんと・・・18度、涼しい!!

オレンジ~パープル~ピンク~・・・

移り変わる美しい空の色は、

地形や気象(激しい気温の変化)がもたらすのでしょうね・・・。

まるで映画のシーンを観ているようなグラナダの空でした。

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

 

2020/02/19

WaterLilies!睡蓮三昧!! in DenHaag

2月の初めのこと・・・

オランダは  デン・ハーグの美術館へ行ってきました。

デン・ハーグには

”オランダのモナ・リザ”とも称される

『真珠の耳飾りの少女』(ヨハネス・フェルメールJohannesVermeer)のある

マウリッツハイス美術館があります。

オランダに住んで随分になりますが、

実は 行ったことのないマウリッツハイス美術館。

そしてこの度 ついに!?

・・・残念ながら、

今回は マウリッツハイス美術館ではなく・・・。

デン・ハーグ市美術館Kunstmuseum DenHaag を

訪れる機会がありました。

こちらも私にとっては初めての美術館です。

 

どのような経緯でデン・ハーグ市美術館に行くことになったかというと・・・。

1月中頃に乗った電車NSの中で、

スクリーンに映し出されていた美術展のコマーシャルを

うとうとしながら 見かけたことがきっかけでした。

画面に映し出されていた絵画(の一部)はモネのもののようでした。

デン・ハーグのどこかでモネ展??

家に帰り 忘れてしまう前に 急いでインターネット検索。

・・・そして この美術展を知りました!

『Monet Tuinen Van Verbeelding/The Garden Paintings』

(2019.10.12~2020.2.2)

Denhaag202002monet01

 

モネです!

クロード・モネClaude Monet 展!

・・・そんなわけで、ぎりぎりとなりましたが

モネ展最終日に?!

デン・ハーグ市美術館へ行ってきました!!

Denhaag202002monet97

さすがに行列ができていました・・・(上写真・美術館入り口)。

 

結論からいいますと、

デン・ハーグ市美術館のモネ展は

期待以上!

想像の 何倍も!何十倍も!!よかったです!!

その日はスケジュールに余裕がなく、

限られた時間での鑑賞となってしまったことが悔やまれました。

Denhaag202002monet99

 

1883年から1926年、

モネClaude Monet が晩年暮らしたジヴェルニーGiverny。

私は ジヴェルニーのモネの家と庭園には訪れたことがありませんが、

まるで目の前に その景色が広がっているかのように、

今回の展覧会では

モネの40点を超えるお花やお庭の作品が

世界各地から集結!

『睡蓮』はもちろんのこと、

日本の太鼓橋を模して作った橋のある「水の庭」、

季節ごとに咲き誇るバラ・フジ・夏のお花など・・・

冬であることを忘れてしまうくらい、

オランダにいることをわすれてしまうくらい、

モネの世界にどっぷりつかりました!!

 

写真はOKでしたので、私も含め

多くの人が写真を撮りながら鑑賞していました。

音声ガイドを聞きながら鑑賞する方や

お子さん連れの方も 多くいらっしゃいました。

ブログでご紹介している作品は、展示作品のほんの一部です。

Denhaag202002monet02

 

まずは、モネの代表的な作品『睡蓮Water Lilies』。

モネ晩年の30年間に約250枚も制作したというシリーズ。

ブログ冒頭の作品:

睡蓮 / WaterLilies(1916-1919, 150x197cm, Musee Marmottan)

もうかれこれ20年近く前になりますが、

一度だけ訪れ お気に入りになった美術館、

パリのマルモッタン美術館所蔵作品も たくさんありました。

Denhaag202002monet03

上写真左:WaterLilies(1916-1919, 200x180cm, Musee Marmottan)

上写真右:WaterLilies(1916-1919, 200x180cm, BeyelerCollection) 

右も 左も 部屋中が『睡蓮Water Lilies』!!

Denhaag202002monet04

上写真:WaterLilies

(1914-1917, 166.1x142.2cm, Fine Arts Museum of SanFrancisco)

 

Denhaag202002monet05

上写真左:睡蓮の池と日本の橋/The Footbridge over the Water Lily Pond,

(1919, 66.5x106.4cm, Kunstmuseum Basel)

上写真中:The Japanese Bridge(1918-1924, 89x115.5cm, Beyeler Collection)

上写真右奥:The Japanese Bridge(1918-1924, 89x116cm, Musee Marmottan)

Denhaag202002monet06

上写真:フジ/Wisteria(1917-1920, 150.5x200.5cm, Kunstmuseum DenHaag)

Denhaag202002monet07

上写真:フジ/Wisteria(1919-1920, 100x300cm, Musee Marmottan)

 

70歳ごろには白内障になり

目がかすむ中でも書き続けた

ジヴェルニーのお庭・お花の作品群。

季節により・・・

時間帯により・・・

お天気によっても

色を変え 姿を変えるお庭の風景。

モネの目にはどのように映っていたんだろう・・・、

どんなことを考えてキャンバスに向かっていたんだろう・・・、

モネの想いや人生にも思いを馳せました。

 

2020年は クロード・モネClaude Monet 生誕180年(11月)の

記念年だそうです。

そんな記念すべき年に

これだけたくさんのモネ作品を観ることができて、

感激しています。

ジヴェルニーへも いつか 行ってみたいな・・・。

 

今回訪れてみて知ったのですが、

デン・ハーグ市美術館のピエト・モンドリアンPiet Mondrianコレクションは

世界最大級なのだそうです。

Denhaag202002monet98

今回は時間がなく・・・、

モネ作品鑑賞という目的だけを果たして

すぐにアムステルダムに戻ってしまいましたが、

また機会を作って訪れてみたいデン・ハーグ市美術館です 。

そして、

マウリッツハイス美術館も必ず!!

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2020/02/10

世界最大級のカテドラルで xxxxxに再会!? in Sevilla Summer2019

2019年8月、なんと 3夏連続??

この偉大な方の”軌跡”に出会いました?!

Spain201904sevillecatedral01

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

2019年夏休みは スペイン・アンダルシア地方3都市&マドリードを巡りました。

最初に訪れた セビーリャSevilla(セビリア)2日目の夜、

観光の中心エリアへ向け 散策してみました。

地図を見て 頭に叩き込んだ 広場や教会・建物を目印に

ホテルから迷路のような小さな路地をくねくね歩き・・・、

風変わりな?色や模様や教会などに驚きつつ、

写真を撮りながら ゆっくり歩いて20分ほどだったでしょうか。

目の前に大きな大きな カテドラルが現れました!!

Spain201904sevillecatedral02

ガイドブックを見ると・・・

「セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」(1987年)の一部として

世界遺産に登録されているセビリア大聖堂は

世界最大のゴシック建造大聖堂 とのこと。

ヨーロッパの聖堂としては

サン・ピエトロ寺院(ローマ)・セント・ポール寺院(ロンドン)に次ぐ

規模だそうです(奥行116メートル x 幅76メートル)!!

ちなみに4番目といわれているのはトレド大聖堂とのこと・・・。

 

教会のタワーはセビーリャのシンボル的存在、

98メートルの”ヒラルダ(風見鶏)の塔”。

12世紀末建造のモスクの尖塔を 鐘楼に転用したものだそうです。

大聖堂自体も 12世紀のイスラム時代のモスクを

レコンキスタ(キリスト教国家によるイベリア半島再征服)後、

約100年かけて造られたのだとか(1517年完成)。

Spain201904sevillecatedral03

上写真左上枠内:ヒラルダの塔

とにかく そんなに大きな大聖堂が

ここセビーリャにあるとは・・・!

4番目のトレド大聖堂も含め(2014年12月5日ブログ参照)

この4つを制覇した達成感をじんわりと味わっています。

 

そしてさらにビックリしたのは・・・

セビーリャの大聖堂には ”コロンブスのお墓”があるということ!!

2018年夏休みに、イタリア・ジェノバでコロンブスの生家を

訪れる機がありました。

2019年4月14日ブログ参照)

さらにその前の2017年の夏休みには、

アイルランド・ゴールウェイで

コロンブスが大西洋へ船出をする際に安全祈願をしたと

言い伝えられている教会を訪れる機会がありました。

2018年1月25日ブログ参照)

コロンブスの功績を追って旅をしているわけではないのに、

行く先々で出会うコロンブスの存在。

コロンブスが世界にもたらした偉業のすごさを感じずにはいられません!

 

初めてセビーリャの旧市街中心エリアを散策した夜、

大聖堂ではミサが行われており、

通常は入場できない時間帯だったにも関わらず、

Spain201904sevillecatedral04 大聖堂内部(一部)へ入場・見学することができました。

幻想的なパイプオルガン(18世紀)の音色にうっとりしながら、

大聖堂の大きさと美しさに圧倒されました。

ミサが行われていたため、

入場・見学できる場所は限られており、

その夜 ”コロンブスのお墓”には

近寄ることができませんでした。

 

日を改めて 翌日、

アルカサル見学のあとに再び大聖堂へ。

(アルカサルについては 2020年1月19日ブログ参照)

前日ミサが行われていた夜間に入場した正面入り口ではなく、

ぐるっと反対側に大聖堂見学の入り口・チケット窓口がありました。

チケットを持っていなかったため、チケット購入の列へ。

頭上に日除け布?が張られてはいたものの、

40度にも迫るお昼の時間帯、厳しい待ち時間でした・・・。

次の目的地への移動予定もあり、ちょっと焦りながら

20-25分ほど待ったでしょうか。

ついに大聖堂 内部へ!

 

前日近寄れなかった”コロンブスのお墓”へ向かってまっしぐら!

大聖堂の内部は さすが すごい人です。

Spain201904sevillecatedral05

棺をかついでいるのは かつてスペインを形成していた

4つの国(カスティーリャ・レオン・ナバーラ・アラゴン)の王様だそう。

こんな立派なお墓 見たことありません。

コロンブスがいかにスゴイ人だったかということを

今更ですが 思い知らされました。

 

セビリア大聖堂にはコロンブスのお墓以外にも見どころがいっぱいでした。

Spain201904sevillecatedral06

上写真左下枠内:銀の祭壇(18世紀)、上写真右上枠内:祭壇背後部(17世紀)

Spain201904sevillecatedral08

上写真左:サン・ペドロ礼拝堂(17世紀)、
上写真中:聖歌隊席(15世紀)はマホガニーで作られているとか
上写真右:サン・アントニオ礼拝堂の『サン・アトニオ・デ・パドヴァの幻想』 ムリーリョ(17世紀)

Spain201904sevillecatedral07

上写真:胡桃の木でできているという主祭壇の「黄金の木製衝立」(幅13メートル x 高さ20メートル)

 

ゴシックとイスラム時代の装飾が共存する独特の雰囲気の美しさに

いつまでも酔いしれていたいところでしたが・・・

ホテルへ戻らなければいけない時間です。

後ろ髪をひかれつつ 外に出ると、

モスク時代からある空間「オレンジの中庭」が

迎えてくれました。

Spain201904sevillecatedral099

その名の通りオレンジが豊作!

Spain201904sevillecatedral10

異国情緒が漂い 夜景も幻想的なセビリア大聖堂でした。

 

灼熱のセビーリャ(セビリア)Sevilla、2泊3日の短い滞在でしたが、

ホテルから観光中心エリアへ 何度か歩いた狭い路地は、

すっかりお気に入りに!

心地よい ちょっとした下町の小さな広場を見つけたり・・・、

まるで自分の暮らす町を歩くように、

セビーリャを 身近に感じながら 過ごすことができました。

Spain201904sevillestreet01

上写真:ピンクの外壁とグルグル模様が印象的なバロック教会、
エル・サルバドル教会Church of ElSalvador Seville(1674-1712年建造)

Spain201904sevillestreet02

上写真左列下:壁面の装飾が素晴らしい
Ayuntamiento de Sevilla/TownHall(16-19世紀建造)

 

アンダルシア州の州都であり、

スペイン南部の政治・経済・文化の中心地であるセビーリャは、

様々な文化に翻弄されてきた歴史があります。

イスラム勢力に支配された8世紀、

13世紀のレコンキスタ(キリスト教国家によるイベリア半島再征服)。

中世から近世は 湾岸都市として栄え・・・、

15世紀には新大陸との貿易の独占港として繁栄し、

16~17世紀にはスペインで最も人口の多い年になったとか(Wikipedia情報)。

Spain201904sevillestreet03

上写真:イスラム支配時代(13世紀初め)、
川の検問のために作られた12角形の”黄金の塔Torre del Oro”とイサベル2世橋

 

緑の多さや 絵にかいたようなお城や建物、

ニョキニョキ太陽に向かって伸びるヤシの木・・・、

その様子はまるで ”おとぎの国” か ”テーマパーク”のようにも感じますが、

様々な文化と歴史が交錯した 魅惑的な都市でした。

またいつか訪れる機会があるといいなぁ・・・。

(真夏は避けたい・・・?!)

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2020/01/19

緑と青空と 黄金の宇宙?! アルカサル in Sevilla, Summer2019

灼熱のセビーリャからスタートした2019年夏休み。

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

夏休み旅行前半は スペイン・アンダルシア地方を巡りました。

1日目~3日目は セビーリャ(セビリア)Sevilla。

2日目は ロンダ一日バスツアーに参加予定だったので、

(ロンダツアーについてはまた後日・・・)

セビーリャでの時間は

1日目の到着後の半日、2日目のバスツアー後の夜、

3日目の次の地への移動までの半日 のみ。

限られた時間の中で はずせないのは やはりここでしょうか。

Real Alcázar de Sevilla アルカサル

Spain2019alcazar01

1987年 「セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」の一部として

ユネスコ世界遺産に登録されてる スペイン王朝の宮殿。

イスラム文化の様式とキリスト教建造様式が融合した

スペインの建造様式・ムデハル様式の豪華な宮殿。

イスラム建築独特の 漆喰やタイルでできた

細かいアラベスク模様の装飾が特徴です。

 

世界中から観光客の集まるアルカサル・・・、

チケット事前購入は必須だったのに、

あれこれ事前に手配するものが多いスペイン旅(個人旅行)、

アルカサルの手配をすっかり忘れていました(汗)。

ホテル到着時に ホテルクロークに依頼。

旅行3日目 午前10時30分からの アルカサル入場のチケットを

手配してもらうことができました(ホッ)。

 

さあいよいよ アルカサル!

まるでおとぎ話に出てくるお城そのもの!?

円柱の上のギザギザ三角屋根、そして馬蹄形アーチ・・・。

子供のころ絵に描いたような、いわゆる”お城”の形をした?

赤い門が アルカサルの入り口です。

Spain2019alcazar27m

上写真:王冠をかぶるライオンのタイル画が掲げられた赤い「ライオン門」、

左写真は 前夜 夕焼けの21時半ごろ下見に行った「ライオン門」(まだ明るい!)

観光当日、チケットの予約時間の10時半少し前に門前へ行くと・・・

長くのびていた行列(チケット予約 お願いしてよかった・・・)。

そんな行列を横目に 門をくぐりました。

ライオン門をくぐり イスラム時代の古い城壁を通り抜け 進むと

アルカサルのハイライト「ペドロ一世の宮殿」が

待ち構えていました。

Spain2019alcazar21

上写真:「ペドロ一世の宮殿」入り口とイスラム時代の古い城壁

「ペドロ一世の宮殿Palacio del Rey Don Pedro」は名前の通り、

ペドロ一世が アルハンブラ宮殿(グラナダ)を意識して造らせた宮殿(14世紀)。

その「ペドロ一世の宮殿」で最も美しいのが

「大使の間Salon de los Embajadores」!!

Spain2019alcazar22

上写真・ブログ冒頭の写真:「大使の間」

スギの木組みの天井ドームは ”宇宙”を表しているそう。

その情報を知らなかったとしても、やはり”宇宙”!

ドームを見上げると 大きな宇宙に吸い込まれるような感覚になりました。

その他 どのお部屋も 壁や天井にびっしりと施された

漆喰細工やモザイクタイルは 息をのむほどでした。

Spain2019alcazar23

上写真:吹き抜けのガラス天井から 差し込む光に

映し出される装飾が神秘的な「人形の中庭Patio deLas Munecas」

Spain2019alcazar24

Spain2019alcazar25

 

様々な色彩・デザインで装飾された いくつかのお部屋を抜けると、

細長い池のある中庭にできました。

Spain2019alcazar26

上写真:「乙女の中庭Patio de las Doncellas」

イスラム建造物の特徴でもある細長い池、

その水面を取り囲むグリーン、

さらにそれを囲む回廊のアーチや 装飾は、

差し込む太陽の光に照らされて

濃淡がくっきりし さらに美しく輝いていました。

太陽・光・水・緑・・・そして装飾、

自然と 造りこまれた美の融合、

まさに時代を超えた素晴らしい遺産です。

 

続いては、建造様式の異なる

アルフォンソ10世(13世紀)による「ゴシック宮殿」(下写真)。

Spain2019alcazar12

 

特徴のあるお部屋や 美しい装飾は まだまだありましたが、

ブログでは割愛して・・・

Spain2019alcazar17 ここからは庭園!

宮殿の何倍も広いお庭。

左地図の 緑・黄緑色の部分がお庭です。

スタイルの違うお庭や池が

いくつもあるようです。

 

池・水・井戸・滝?!は イスラム建造の特徴でしょうか。

Spain2019alcazar13 

上写真:「マーキュリーの池Fuente de Mercurio」

マーキュリーの像のある池の脇に建つ建物の壁面から

流れ落ちる水や水面が、キラキラ太陽に反射していました。

「マーキュリーの池」の奥のゴッツイ建物からは

イスラム時代の古い城壁がお庭の奥の方まで伸びていました。

その城壁は 回廊となっていて 城壁の中を歩くことができ、

広いお庭(の一部?)を見渡すことができます。

Spain2019alcazar14m

真夏のスペイン、炎天下のお庭を歩く勇気はなかったので(汗)、

城壁の回廊から きれいにお手入れされたお庭を見学。

眩しい太陽と 澄んだ青空の下、

にょきにょき伸びるヤシの木が 異国感たっぷりです。

Spain2019alcazar15

真夏でなければ、広大な それぞれ趣の違うお庭を

ゆっくり歩いてみたかったです。

 

8月・真夏・・・酷暑のシーズンのわりに

アルカサルには 思いのほか ”緑”が多く、

イスラム建造の特徴でもある”水”も多く取り入れられていて、

写真を見返す限り、さわやかな印象が残ります。

Spain2019alcazar16

40度にも迫る8月のお庭、

お花も干からびずに?! みずみずしく咲いていました。

旅行の記憶をたどると、

セビーリャは 20度ほどと涼しい朝から始まり、

グングン気温が上がり、お昼ごろには35度を超え、

夕方ごろには39度(夏はまだ日の高い時間帯)!

厳しい暑さと朝晩の気温差が

豊かな緑を育て、きれいなお花を咲かすのかな。

春や秋は どんなお花が咲いているんだろう・・・。

文化や歴史はもちろん、

日本ともオランダとも異なる気候も・・・

興味深い セビーリャです。

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2020/01/12

2019~2020 年末年始の絵画鑑賞! in JAPAN

2020年が始まって10日ほどが経ちました。

年末年始、世界では なにかと過激なニュースが飛び交い・・・、

気がかりな2020年の始まりとなりました。

今年は東京オリンピックもありますし、

穏やかで明るく楽しい一年になると いいですね。

 

私は 日本での クリスマス・年末年始休暇に

自然?を満喫し 芸術を堪能し、

パワーを充電+++!!

ただ・・・半年間頑張って?キープしてきた体重と体形が

残念なことになってしまいました(涙)。

この点については、2020年 マイナスからのスタートです。

 

今回の「オランダのお花ブログ」は、オランダにもお花にも関係ありません。

年末年始に訪れた美術展などについてのレポートです。

Art202001japan

秋からの帰国期間中には

いくつもの魅力的な美術展が 日本各地で行われていましたが、

年末年始の限られた時間に

3つの美術展に足を運ぶことができました。

 

 【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

横浜美術館(2019年9月21日~2020年1月13日)

Art2020201912yokohama01 横浜美術館開館30周年を記念した

美術展だったそうで、

パリのオランジュリー美術館所蔵の

13人の画家の約70点の絵画が来日したとのこと!

チラシ画像は ルノワール『ピアノを弾く少女たち』

(1892年頃)

 

シスレー・モネ・ルノワール

マティス・ピカソ・モディリアーニ

マリーローランサン・ユトリロなど・・・

印象派の代表的な画家さんたちの名画揃い!

 

美術展はとても素晴らしく、

画家別に展示され 観やすく、

内容もボリューム的にも 親しみやすい展覧会でした。

女優 上白石萌音さんのオーディオガイドも よかったです。

Art2020201912yokohama04

私はパリのオランジュリー美術館に行ったことがありません・・・。

厳密にいうと、20年ほど前にオランジェリー美術館を訪れました・・・が、

ちょうどその時 改修工事中で 休館中でした。

その後は、”そのうち そのうち・・・”と思っていましたが、

”近いいつか 必ずオランジュリー美術館へ行こう!”と

20年越しのリベンジを誓いました!

 

横浜美術館は 私にとって初めてでしたが、

館内は落ち着いていて居心地もよく、好印象でした。

Art2020201912yokohama03 xx年前のことですが、

2年ほど横浜に住んでいたことがあり・・・、

当時まだ開発途中?だった

”みなとみらい地区”の変化を見ることも

楽しみの一つでした。

あいにくその日は冷たい雨が降っていて・・・

みなとみらい地区を満喫できませんでしたが、

人が溢れていて ただただ圧倒されました。

あの頃(若かった頃)大好きだった横浜・・・、

もう そこに私はおらず・・・(当たり前ですが)、

私の街ではなくなっちゃったな・・・と、

違う人生を選んで進んできた年月を想い、

少し寂しくも感じた 年末でした。

 

【ゴッホ展】

 上野の森美術館(2019年10月11日~2020年1月13日)

Art2020201912ueno01 私の暮らすアムステルダムには ゴッホ美術館があり、

画家ゴッホは身近な存在です。

ゴッホの絵画を観る機会も多いのですが・・・、

今回この美術展に

世界中からゴッホの作品が約40点、

他にもハーグ派の作品や、

モネ・ルノワール・ピサロなど

印象派の作品も約20点来日するという!

上野のゴッホ展に行かないという選択肢は

ありません!

思えばここ3年間ほど 毎年訪れる機会のあった上野の森美術館。

比較的こじんまりとしていてお気に入りです。

が・・・さすがに年末?ゴッホパワー!?、

大混雑でした。

Art2020201912ueno02

美術展では

ゴッホの生い立ちと共に変化していった作品が

わかりやすく 時代別に展示され、

それぞれの時代に 影響を受けあった

他の画家たちの作品なども紹介されており、

ゴッホ初心者にも わかりやすく伝わりやすく 、

親しみやすい展覧会でした。

ゴッホの作品は どの時代も 惹きこまれるものがありますが、

それでもやっぱり!

アルル時代から晩年のゴッホの作品は

どれを観ても 何度観ても ほんとスゴイ、素晴らしい!

今回の一番の目玉は やっぱりチラシ画像の・・・

ファン・ゴッホ『糸杉』(1889年6月)メトロポリタン美術館所蔵

『糸杉』の中に描かれた細い三日月が

ゴッホにとってどんな存在だったのか・・・思いを馳せました。

見応えたっぷりの『ゴッホ展』です!

 

【コートールド美術館展 魅惑の印象派】

愛知県立美術館(2020年1月3日~3月15日)

Art2020202001aichi02 ロンドン・コートールド美術館から

マネ・ルノワール・ドガ・セザンヌ・ゴーギャンなど、

印象派・ポスト印象派の絵画・彫刻など

約60点が来日。

左写真・ブログ冒頭の写真は

コートールド美術展から。

写真スポットに ソファーと共に

掲げられていた ルノワール。

こうして見ると本物みたい!?!?

ルノワール『桟敷席』(1874年)

テーマや構図が 斬新です。

この時代のパリの社会・文化に 思いを馳せました。

チラシ画像(下)は マネ最晩年作品

Art2020202001aichi01

『フォリー・ベルジェールのバー』(1882年)

期待を裏切らない大作、見応えありました。

その他にも 心が震えるような 素晴らしい作品が揃っていました。

コートールド氏のセンスを感じられる 素敵な美術展でした。

 

ここからは 年末年始に観たアート、番外編です!?

【天女像 まごころ】 

Art2020201912magokoro01

彫刻家 佐藤玄々(1960年)

重要文化財 日本橋三越

高さ約11メートル、

瑞雲に包まれた天女が花芯に降り立つ瞬間の姿を掘り出した

極彩色の木彫像。

樹齢約500年のヒノキが使われているそう!

Art2020201912magokoro02

とにかくすごい世界観!

表も裏もすごかった!

若い頃には興味のなかった分野ではあるけれど、

日本人として これまで知らなかったことが悔やまれました。

 

【ダニエル・オストの花のアート】

名古屋JR高島屋(2019年12月26日~2020年1月7日)

Art2020201912ost

ベルギー 花の巨匠ダニエル・オスト氏による作品。

xx年前、私がオランダでお花修業をしようと

思い立つきっかけとなった??フラワーデザイナーさんです。

竹と松とツバキと・・・仏手柑(ブッシュカン)!

クリスマスが終わり お正月を迎える日本に

ぴったりなイメージの

オスト氏らしさ溢れる作品でした。

 

さあ、2020年がスタートしました。

今年はどんなアート・芸術・絵画に出会えるかな。

日々のせわしさに 後回しになりがちですが、

積極的に時間を作っていきたいと誓う 年の初めです。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

 

2019/12/23

CHRISTMAS 2019 , Amsterdam

”師走”と言いますが、

12月は本当に慌ただしく・・・

お花イベントレポートも 旅レポートも

一文字も書くことなく、

「オランダのお花ブログ」は放置状態のまま

年末になってしまいました(汗)。

ただ このまま2019年ブログを終わらせてしまうわけにはいかない!

と いうことで、

アムステルダムのクリスマス で2019年ブログを締めたいと思います。

 

Kerst201901

2019年12月8日にライトアップされた

ダム広場のクリスマスツリー!

私は現在帰国中の為、

アムステルダムの友人が撮影した写真です。

Kerst201902

みんな 楽しそう!

ライトアップイベントの様子⇒Twitter

 

日本のお友達に「ヨーロッパのクリスマスはすごいんでしょ!?」

と聞かれることが よくあります。

アムステルダムに限っては? 全然そんなことありません!

Kerst201904

上写真は いつも観光客があふれているDamrak、

写真奥が中央駅、手前がダム広場です。

ストリートのデコレーションも クリスマスツリーも

意外と? クラシックでシンプルです。

(代り映えしない・・・)

日本のクリスマスの方が

百倍も千倍も キラキラ(ギラギラ?)していますよね。

 

今年のクリスマスツリーは・・・

ドイツのNumbrecht というところの

民家のお庭にあった美しい選りすぐりの1本!

(もちろん本物です)

はるばる300キロ以上の距離を

大切に運ばれてきた

様々な想いの詰まったクリスマスツリー。

寒く暗いクリスマスシーズンのアムステルダムのダム広場に

たたずむ姿も また美しい!

Kerst201903

最後の命の輝きは

どんなライトより LEDより 美しいです。

自然破壊につながるから・・・と

反対運動もありますが、

”自然の命”をいただくことの責任も感じながら、

静かに・・・

穏やかな気持ちで・・・

平和を願って・・・

過ごしたいクリスマスです。

 

ちなみに昨年の ダムのクリスマスツリーは

Artis(アムステルダムの動物園)で

第二の人生を送ったそうです。

ダムから運び出されたクリスマスダムツリーは

Artisのゾウさん達への プレゼントに?!

かじったり じゃれたり 戯れたり・・・

ゾウさん達 大喜びだったそうですよ!

(その映像がある Parool のページ

こんなゾウさんの嬉しそうな様子、見た事ありません!!

多くの人々も ゾウさんまでも、

またその様子を見た人までも・・・

みんなに幸せをくれたクリスマスツリー。

どこかのお庭でファミリーに囲まれて過ごした時間・・・、

クリスマスツリーとして白羽の矢が立った時の驚きと誇り・・・、

クリスマスツリーの育ってきた時間や

関わってきた人々の想いなどを想像して、

感謝の気持ちを込めて 眺めたいものです。

 

皆様 今日はどこかでクリスマスツリーを眺めていますか?

それでは皆様

素敵なクリスマスを!

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

 

2019/11/30

セビーリャの 屋根の上?! Summer2019

マドリードMadridから 高速列車で2時間20分、

体感40度超え?!の セビーリャ(セビリア)Sevilleへ到着しました!

2019年8月夏休みは スペイン・アンダルシア地方

セビーリャからスタートです。

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

Spain201902sevilla01

セビーリャ駅到着後 タクシーで移動し・・・

ホテルへは18時前に到着しました。

18時といえば ”夕方”の響きですが・・・

真昼間のような セビーリャです。

アンダルシアの 夏の日没時間は 21:30頃のようです。

まずは ホテル散策?!です。

(セビーリャ到着時とホテルの様子は 前回ブログ 11月17日ブログ参照)

お部屋も素敵でしたが、

ホテル内の 壁も 天井も ホールも 中庭も

インテリアも ライトも デコレーションも

どこを見ても 素敵でした。

そして向かった先は ホテルの屋上テラス。

Spain201902seville02

セビーリャのホテルの屋上には

こんな景色が広がっていました!

(ブログ冒頭の写真、上写真)

プールやソファーベッドやバー。

すでに 先客さんがくつろいだ形跡もありました。

気持ちよさそうな風景に 思わずベッドに横たわりたくもなりますが・・・?!

ジリジリの太陽と 体感40度超えの炎天下!!

数分でも 痛くなる?ほどの暑さで・・・、

写真を撮って すぐに撤退しました。

Spain201902seville03

屋上から見えた 青い空、白い建物、

瓦屋根、屋根の上のプール、立ち並ぶアンテナ・・・に

アンダルシアの 暑い土地に来たことを実感しました。

そして、子供の頃 絵に描いたような?

想像の中にだけあったような形の?教会、

その教会の塔には 落書きのような?!

グルグル模様があったり・・・。

少し変わった風貌と色彩と模様の塔(教会等)に、

これまで巡ってきたヨーロッパの都市や

身近なオランダとは 少し異なる

イスラム混在の風景を見つけ、ワクワク!

 

ホテル散策を終えた後は、観光です。

といっても時間も遅くなってきたので

この日は 近場の散策です。

ホテルから比較的近くにあった

セビーリャの新しい?観光スポット

”セビリアのキノコ”と言われる

「メトロポール・パラソルMetropol Parasol」へ。

Spain201902seville04

全体像を撮ることができないほど

大きなオブジェのような 建造物は、

ドイツ人建築家Jürgen Hermann Mayer 氏デザイン、

150メートルx70メートル、高さ26メートル、

フィンランドの木材を利用した

世界最大級の木造建築なのだそう。(2011年完成)

Spain201902seville05

道をまたいで そのキノコのようなオブジェは鎮座していました。

Spain201902seville06

まずは目の前にあった階段を上がって キノコの屋根の下、

屋外ステージのようになっていたところから

上(キノコのカサの下)を眺める(上写真)。

 

階下(グランドフロア)には メルカドMercado de la Encarnacion、

彩り豊な野菜や食料等が販売される

”フードマーケット”があるようでしたが、

私が訪れた時間帯は閉店後で、

ひっそりとしていました。

きっと 朝や日中は、地元の人々や観光客で賑わうのでしょう。

キノコの建物の地下には そこから出土した

ローマ時代・ムーア時代の遺跡があり

博物館the Antiquarium になっていました。

(残念ながら 入る時間がありませんでした)

 

そして、夏休み初日の 一番の目的地へ。

キノコのような屋根の上の展望台へ!!

キノコのような屋根の上を歩くことができると

ガイドブックで知り、楽しみにしていました!

炎天下は覚悟の上です!

Mirador de Sevilla Mushrooms

(日~木曜日9:30-22:30、土曜日9:30-23:30)

決して涼しくはないうっすら暗い地階に

入場券売り場はありました。

入場券を求める人々の 少し長い列ができていました。

随分並んだ気がしていましたが、

今 写真を見て振り返ると たった10分ほど!?

暑かったためか すごく長く感じました(汗)。

その後 小さなエレベーターに乗って

キノコの上の展望台へ!!

Spain201902seville07

22~28.5メートルの高さの展望台、

キノコの上の 250メートルの遊歩道、

360度のパノラマ!

セビーリャの町が一望です。

私達がキノコの上の展望台にいた時間は

19:30頃から 20:20頃まで。

もう夜のような時間帯ですが、この眩しい青空!

Spain201902seville08

写真ではお伝えできませんが、

キノコの上の遊歩道では

かぶっていた帽子が飛ばされるほどの

強風が吹いていました。

夕方になって風が出てきたのか、

高所だから風があったのか・・・。

酷暑の中にも、少しだけ空気が変わったような気がしました。

強風も吹いているのに(強風はちょっと苦手)、

キノコも展望台も木造だというのに、

キノコがあまりにも大きかった為か、

不思議と 怖さは感じませんでした。

遊歩道を一周歩いて、キノコの上にあるカフェで休憩(暑さしのぎ)。

Spain201902seville09

ビールやカヴァ(スペインのスパークリングワイン)を

頼みたいところですが、

暑さと疲労で 歩けなくなると思い ガマン。

お気に入りのアイスコーヒーをオーダー。

エスプレッソを ゴロッとした氷の入ったグラスに自分で注ぐスタイル・・・

スペインでは結構どこでも このスタイルのアイスコーヒーがでてきます。

私はこのシンプルで贅沢な? アイスコーヒーが大好きです。

 

このままもうしばらく展望台で待っていれば、

もう少しで綺麗な夕焼けが見られる・・・

そんな時間帯でしたが、

ホテルのレストランでのディナーの予約時間もあり、

キノコの展望台をあとにしました。

 

下界に戻ると・・・

展望台とは違う 空気が 漂っていました。

(まだ 暑い・・・、やっぱり暑い・・・)

Spain201902seville10

ホテルへの帰り道に出会った 巨木!(上写真)

セビーリャの御神体!?

 

ちなみに下界は セビーリャ名物?!

迷路のように路地が入り組む町並みです。

セビーリャの ホテルの屋上テラスや  

家々の屋根の上や  キノコの上には、

下界とは違う 空気と 異国を感じる風景と

広い空がありました。

本当は 屋根が 下界と上階の境目なんじゃないかな??

そんな幻想に駆られた セビーリャの夜でした。

 

Spain201902seville11

最後の写真は スペイン旅行初日の夜のディナーから。

スペインは観光だけでなく、お酒だけでもなく、

お食事も楽しみです。

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

より以前の記事一覧

Twitter



オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




無料ブログはココログ