フォト
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オランダのお花ブログINDEX

« 日本の”水際対策” 体験談?! =2= 2021年6月 | トップページ | なんて絶妙なスケジュール?! Vaccination2021 =1= »

2021/07/24

日本の”水際対策” 体験談?! =3= 2021年6月

日本の水際対策体験談(2021年6月)、

前回・前々回ブログの続き と オランダへ戻るまでです。

Japan20210701
▲まだガラガラな関西空港出発ロビー、いつになったら自由な世界に戻るかな・・・

日本滞在は 2021年6月中頃から1か月間。

※水際対策は今後もどんどん変更になると思いますので、
最新情報 要チェックです。

 

時差もあり、オランダを出発した日の翌日 朝(日本時間) 日本到着。

ホテルの部屋へ入ったのは

オランダ・スキポール空港を離陸して

15時間後くらいだったでしょうか(内フライト時間は約11時間)、

到着日のお昼前でした。

精神的にはやっと解放され 安心したものの、

肉体的な監禁?が始まりました。

初日・到着日は監禁0日目。

すぐにお昼のお弁当が配膳されました。

久しぶりの日本のお弁当、美味しくいただきました。

食後は時差ボケもあり、ウトウト。

夜の食事の時間がやってきて・・・

夜のお食事も 美味しくいただきました。

夜中は逆に眠れない・・・時差ボケとの闘いの始まりです。

1日目 朝がやってきました。

朝食が配膳されおいしくいただきました。

 

朝はサンドウィッチ、

お昼は どんぶり系?(ご飯の上に何かのってるタイプ)、

夜は 幕の内系のお弁当でした。

 

食事の間に ラジオ体操したり、

ホテルの室内のスペースを何往復も歩いたり・・・。

狭い部屋での運動にも限界がありますが、

健康の為、時差ボケ解消の為、

少しでも動くようにしました。

運動量が少なすぎて・・・、

定期的に配膳されるお弁当が 次第に恐怖に。

・・・家畜にでもなった気分でした(家畜さん ごめんなさい)。

 

ホテル待機期間、アルコールは禁止でした。

アルコールは我慢できるとしても、コーヒーが飲みたかった!!!

ホテルに入る前に自動販売機でお茶を買いましたが、

”あの時どうしてコーヒーを買わなかったんだろう・・・”と

悔やまれました。

身動きが取れないホテルでのストレスや

時差ボケに襲われる疲労感には

気分転換が必要です。

ホテル監禁では太陽を浴びることもできないし、

十分な運動も お散歩もできない。

そんな状況の中、(私の場合は)

コーヒーで 少しは気分転換ができると感じました。

今後も帰国時に ホテル待機があるなら、

せめて インスタントコーヒーでも荷物に入れておこうと思いました。

・・・ 

・・・ 

・・・

そのような 調子で 1日目が終わり、

2日目が終わり、

3日目となりました。

 

3日目(到着して4日目)の朝 PCR検査です。

何も飲まない 食べない状態で、

7:30AMまでに

前日に配られた唾液採取キットで自ら唾液を採取して、

部屋のドア(外側)にくくられていた ”唾液キット入れ”?に提出。

その後すぐに回収され・・・結果は午後1~3時頃になるとのこと。

無事 陰性なら 解放され、

公共交通機関を利用せずに 自宅へ帰ることができます。

※オランダからの入国(2021年6月中頃)は 下記の措置でしたが、
『別途指定する国・地域からのすべての入国者及び帰国者に対し、
当分の間、検疫所長の指定
する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での
3日間の待機を求める。その上で、入国後3
日目に改めて検査を行い、
陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、

入国後 14 日目までの間自宅等待機を求めることとする。』
国によって 水際対策の措置が異なるため、
外務省の最新情報確認してください。

 

この日の朝のノルマ?唾液採取・提出後、

引き続きホテルの部屋で待機。

朝食、昼食もでました。

食事の合間に荷物をまとめ、

いつでも帰れるように準備を進めました。

そして午後2時頃だったでしょうか。

ホテルのお部屋の電話により、検査結果が伝えられました。

もちろん陰性です。

Japan20210605
▲ホテルを出る時にもらった陰性のスタンプ

これで自宅へ帰れる~!!

 

昨年はホテルで2週間(自費です)を過ごしたのですが、

今回はハイヤーで帰ることにしていました(もちろん自費です)。

※帰国後14日間の公共交通機関(電車やバスやタクシー)の利用は
禁止されていますが、ハイヤーの利用は許可されています。

前日にハイヤーを予約。

陰性結果が出て 無事解放されると・・・

ホテルのエントランスで ハイヤーが待っていてくれました。

大阪から愛知県まで、

途中 滝のような大雨に遭いながらも 無事帰宅できました。

(ドライバーさん、遠くまで安全運転ありがとうございました)

 

自宅待機期間のスタートです。

帰国翌日から14日間は 待機期間中となります(自宅で11日間)。

※反対意見も多いと思いますが・・・、
公共交通機関を使わない食料の買い出しなどは許可されていますので、
期間中も車を運転して近所のスーパー等へ食料の買い出しには出かけました。

肉体的には解放されたものの、

毎日様々なアプリでの追跡や報告があり、

精神的には再び監禁状態に。

 

帰国翌日から14日目まで(自宅で残りの11日間)、

下記のような追跡や報告に追われました。

Japan20210606

1. 【アプリ】Overseas Entrans Locator・・・

1日2回、「いまここボタン」を押して現在地を報告(GPSによる管理)。

アプリから午前・午後に

「いまここボタンを押して・・・報告」と通知が来て、

「いまここボタン」を押すという作業を1日2回。

 

2. 【アプリ】MySOS・・・

アプリを通して毎日ビデオ着信があり、

ビデオ会話により 現在地や健康チェックが行われました。

当初、時差ボケでウトウトしていて その着信に気付けなかったり、

着信に応答しても ビデオ通話がつながらないことが度々あったり、

すぐに着信が切れてしまったり・・・。

アプリの不具合かな??

 

3. 厚生労働省による健康状態確認

毎日午前にメールが届き、

リンクをクリックして健康状態などを 14時までに報告するという作業。

質問項目は2点ほどで 簡単な作業でした。

 

原則自宅待機の暇な毎日の日課となった上記の報告。

大変ではなかったけれど、

MySOSのビデオ着信に なぜか なかなか対応できず・・・

それがとても負担でした。

遊びに出かけているわけでもないのに、

所在不明者になってしまうのではないか?と・・・。

応答しないと 名前を公表する・・・などと聞いていたので、

焦るし 神経を擦切らせました。

 

午前中(お昼前くらい)に届く健康チェックメール、

午前・午後の「いまここボタン」、

午後(後半 夕方にかかってくると気付いた)のビデオ通話・・・

これらの対応に 結構忙しく?真面目に(当たり前?)取り組みました。

自宅待機11日間(ホテル3日間滞在と合わせ14日間)の待機期間を終え、

晴れて解放、やっと帰国した気分?

自由になりました。

Japan20210607
▲一番負担だったMySOSから終了のメッセージ、
これで精神的にも肉体的にも本当に解放されました・・・

 

4週間の日本滞在、

解放された残りの2週間もあっという間に過ぎ・・・

再びオランダへ。

 

これまで日本からオランダへの渡航にも 陰性証明が必要でしたが、

日本滞在中に変更になり(EUの危険国リストから日本が外れた!)、

陰性証明が必要なくなりました!

同時に オランダへ戻った後の10日間の自主隔離もなくなりました。

◇日本からオランダへの渡航についてのブログ(2021年4月25日ブログ参照)

前回オランダへの渡航の際、陰性証明で振り回されたので(上ブログ参照)、

帰りの飛行機は 成田出発で手配していたのですが、

関西空港出発に変更してもらいました。

(どちらの空港も家から遠いけど、関空の方が少し近い)

Japan20210702
▲出発予定の国際線、まだまだ全然少ない・・・

飛行機の乗客は少なく 30人くらいだったでしょうか?

Japan20210703
▲関西空港、コロナ対応で?いつもとは違う搭乗口から出発

 

スキポール空港に到着すると、

相変わらず?ほとんどの人がトランジット。

スキポールで荷物を受け取っていたのは3組くらい?

みんなヨーロッパのそれぞれの国のお家に帰ったのかな。

 

アムステルダムへ戻ると世界は一変?!

たったひと月 留守にしただけなのに、

公共交通機関以外、マスクしている人は皆無!

オランダの人々はマスク嫌い。

カフェもレストランもストリートも普通に混雑、マスクもなし。

マスクで過ごすより 感染拡大を選んでいるのか・・・

本当にすっかり元の世界?!

・・・を通り越して 新規感染者数急拡大中のオランダ(泣)。

どこへ行っても ”安心・安全”は まだなさそうです・・・

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 日本の”水際対策” 体験談?! =2= 2021年6月 | トップページ | なんて絶妙なスケジュール?! Vaccination2021 =1= »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の”水際対策” 体験談?! =2= 2021年6月 | トップページ | なんて絶妙なスケジュール?! Vaccination2021 =1= »

Twitter



オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




無料ブログはココログ