フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オランダのお花ブログINDEX

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020/02/19

WaterLilies!睡蓮三昧!! in DenHaag

2月の初めのこと・・・

オランダは  デン・ハーグの美術館へ行ってきました。

デン・ハーグには

”オランダのモナ・リザ”とも称される

『真珠の耳飾りの少女』(ヨハネス・フェルメールJohannesVermeer)のある

マウリッツハイス美術館があります。

オランダに住んで随分になりますが、

実は 行ったことのないマウリッツハイス美術館。

そしてこの度 ついに!?

・・・残念ながら、

今回は マウリッツハイス美術館ではなく・・・。

デン・ハーグ市美術館Kunstmuseum DenHaag を

訪れる機会がありました。

こちらも私にとっては初めての美術館です。

 

どのような経緯でデン・ハーグ市美術館に行くことになったかというと・・・。

1月中頃に乗った電車NSの中で、

スクリーンに映し出されていた美術展のコマーシャルを

うとうとしながら 見かけたことがきっかけでした。

画面に映し出されていた絵画(の一部)はモネのもののようでした。

デン・ハーグのどこかでモネ展??

家に帰り 忘れてしまう前に 急いでインターネット検索。

・・・そして この美術展を知りました!

『Monet Tuinen Van Verbeelding/The Garden Paintings』

(2019.10.12~2020.2.2)

Denhaag202002monet01

 

モネです!

クロード・モネClaude Monet 展!

・・・そんなわけで、ぎりぎりとなりましたが

モネ展最終日に?!

デン・ハーグ市美術館へ行ってきました!!

Denhaag202002monet97

さすがに行列ができていました・・・(上写真・美術館入り口)。

 

結論からいいますと、

デン・ハーグ市美術館のモネ展は

期待以上!

想像の 何倍も!何十倍も!!よかったです!!

その日はスケジュールに余裕がなく、

限られた時間での鑑賞となってしまったことが悔やまれました。

Denhaag202002monet99

 

1883年から1926年、

モネClaude Monet が晩年暮らしたジヴェルニーGiverny。

私は ジヴェルニーのモネの家と庭園には訪れたことがありませんが、

まるで目の前に その景色が広がっているかのように、

今回の展覧会では

モネの40点を超えるお花やお庭の作品が

世界各地から集結!

『睡蓮』はもちろんのこと、

日本の太鼓橋を模して作った橋のある「水の庭」、

季節ごとに咲き誇るバラ・フジ・夏のお花など・・・

冬であることを忘れてしまうくらい、

オランダにいることをわすれてしまうくらい、

モネの世界にどっぷりつかりました!!

 

写真はOKでしたので、私も含め

多くの人が写真を撮りながら鑑賞していました。

音声ガイドを聞きながら鑑賞する方や

お子さん連れの方も 多くいらっしゃいました。

ブログでご紹介している作品は、展示作品のほんの一部です。

Denhaag202002monet02

 

まずは、モネの代表的な作品『睡蓮Water Lilies』。

モネ晩年の30年間に約250枚も制作したというシリーズ。

ブログ冒頭の作品:

睡蓮 / WaterLilies(1916-1919, 150x197cm, Musee Marmottan)

もうかれこれ20年近く前になりますが、

一度だけ訪れ お気に入りになった美術館、

パリのマルモッタン美術館所蔵作品も たくさんありました。

Denhaag202002monet03

上写真左:WaterLilies(1916-1919, 200x180cm, Musee Marmottan)

上写真右:WaterLilies(1916-1919, 200x180cm, BeyelerCollection) 

右も 左も 部屋中が『睡蓮Water Lilies』!!

Denhaag202002monet04

上写真:WaterLilies

(1914-1917, 166.1x142.2cm, Fine Arts Museum of SanFrancisco)

 

Denhaag202002monet05

上写真左:睡蓮の池と日本の橋/The Footbridge over the Water Lily Pond,

(1919, 66.5x106.4cm, Kunstmuseum Basel)

上写真中:The Japanese Bridge(1918-1924, 89x115.5cm, Beyeler Collection)

上写真右奥:The Japanese Bridge(1918-1924, 89x116cm, Musee Marmottan)

Denhaag202002monet06

上写真:フジ/Wisteria(1917-1920, 150.5x200.5cm, Kunstmuseum DenHaag)

Denhaag202002monet07

上写真:フジ/Wisteria(1919-1920, 100x300cm, Musee Marmottan)

 

70歳ごろには白内障になり

目がかすむ中でも書き続けた

ジヴェルニーのお庭・お花の作品群。

季節により・・・

時間帯により・・・

お天気によっても

色を変え 姿を変えるお庭の風景。

モネの目にはどのように映っていたんだろう・・・、

どんなことを考えてキャンバスに向かっていたんだろう・・・、

モネの想いや人生にも思いを馳せました。

 

2020年は クロード・モネClaude Monet 生誕180年(11月)の

記念年だそうです。

そんな記念すべき年に

これだけたくさんのモネ作品を観ることができて、

感激しています。

ジヴェルニーへも いつか 行ってみたいな・・・。

 

今回訪れてみて知ったのですが、

デン・ハーグ市美術館のピエト・モンドリアンPiet Mondrianコレクションは

世界最大級なのだそうです。

Denhaag202002monet98

今回は時間がなく・・・、

モネ作品鑑賞という目的だけを果たして

すぐにアムステルダムに戻ってしまいましたが、

また機会を作って訪れてみたいデン・ハーグ市美術館です 。

そして、

マウリッツハイス美術館も必ず!!

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2020/02/10

世界最大級のカテドラルで xxxxxに再会!? in Sevilla Summer2019

2019年8月、なんと 3夏連続??

この偉大な方の”軌跡”に出会いました?!

Spain201904sevillecatedral01

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

2019年夏休みは スペイン・アンダルシア地方3都市&マドリードを巡りました。

最初に訪れた セビーリャSevilla(セビリア)2日目の夜、

観光の中心エリアへ向け 散策してみました。

地図を見て 頭に叩き込んだ 広場や教会・建物を目印に

ホテルから迷路のような小さな路地をくねくね歩き・・・、

風変わりな?色や模様や教会などに驚きつつ、

写真を撮りながら ゆっくり歩いて20分ほどだったでしょうか。

目の前に大きな大きな カテドラルが現れました!!

Spain201904sevillecatedral02

ガイドブックを見ると・・・

「セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」(1987年)の一部として

世界遺産に登録されているセビリア大聖堂は

世界最大のゴシック建造大聖堂 とのこと。

ヨーロッパの聖堂としては

サン・ピエトロ寺院(ローマ)・セント・ポール寺院(ロンドン)に次ぐ

規模だそうです(奥行116メートル x 幅76メートル)!!

ちなみに4番目といわれているのはトレド大聖堂とのこと・・・。

 

教会のタワーはセビーリャのシンボル的存在、

98メートルの”ヒラルダ(風見鶏)の塔”。

12世紀末建造のモスクの尖塔を 鐘楼に転用したものだそうです。

大聖堂自体も 12世紀のイスラム時代のモスクを

レコンキスタ(キリスト教国家によるイベリア半島再征服)後、

約100年かけて造られたのだとか(1517年完成)。

Spain201904sevillecatedral03

上写真左上枠内:ヒラルダの塔

とにかく そんなに大きな大聖堂が

ここセビーリャにあるとは・・・!

4番目のトレド大聖堂も含め(2014年12月5日ブログ参照)

この4つを制覇した達成感をじんわりと味わっています。

 

そしてさらにビックリしたのは・・・

セビーリャの大聖堂には ”コロンブスのお墓”があるということ!!

2018年夏休みに、イタリア・ジェノバでコロンブスの生家を

訪れる機がありました。

2019年4月14日ブログ参照)

さらにその前の2017年の夏休みには、

アイルランド・ゴールウェイで

コロンブスが大西洋へ船出をする際に安全祈願をしたと

言い伝えられている教会を訪れる機会がありました。

2018年1月25日ブログ参照)

コロンブスの功績を追って旅をしているわけではないのに、

行く先々で出会うコロンブスの存在。

コロンブスが世界にもたらした偉業のすごさを感じずにはいられません!

 

初めてセビーリャの旧市街中心エリアを散策した夜、

大聖堂ではミサが行われており、

通常は入場できない時間帯だったにも関わらず、

Spain201904sevillecatedral04 大聖堂内部(一部)へ入場・見学することができました。

幻想的なパイプオルガン(18世紀)の音色にうっとりしながら、

大聖堂の大きさと美しさに圧倒されました。

ミサが行われていたため、

入場・見学できる場所は限られており、

その夜 ”コロンブスのお墓”には

近寄ることができませんでした。

 

日を改めて 翌日、

アルカサル見学のあとに再び大聖堂へ。

(アルカサルについては 2020年1月19日ブログ参照)

前日ミサが行われていた夜間に入場した正面入り口ではなく、

ぐるっと反対側に大聖堂見学の入り口・チケット窓口がありました。

チケットを持っていなかったため、チケット購入の列へ。

頭上に日除け布?が張られてはいたものの、

40度にも迫るお昼の時間帯、厳しい待ち時間でした・・・。

次の目的地への移動予定もあり、ちょっと焦りながら

20-25分ほど待ったでしょうか。

ついに大聖堂 内部へ!

 

前日近寄れなかった”コロンブスのお墓”へ向かってまっしぐら!

大聖堂の内部は さすが すごい人です。

Spain201904sevillecatedral05

棺をかついでいるのは かつてスペインを形成していた

4つの国(カスティーリャ・レオン・ナバーラ・アラゴン)の王様だそう。

こんな立派なお墓 見たことありません。

コロンブスがいかにスゴイ人だったかということを

今更ですが 思い知らされました。

 

セビリア大聖堂にはコロンブスのお墓以外にも見どころがいっぱいでした。

Spain201904sevillecatedral06

上写真左下枠内:銀の祭壇(18世紀)、上写真右上枠内:祭壇背後部(17世紀)

Spain201904sevillecatedral08

上写真左:サン・ペドロ礼拝堂(17世紀)、
上写真中:聖歌隊席(15世紀)はマホガニーで作られているとか
上写真右:サン・アントニオ礼拝堂の『サン・アトニオ・デ・パドヴァの幻想』 ムリーリョ(17世紀)

Spain201904sevillecatedral07

上写真:胡桃の木でできているという主祭壇の「黄金の木製衝立」(幅13メートル x 高さ20メートル)

 

ゴシックとイスラム時代の装飾が共存する独特の雰囲気の美しさに

いつまでも酔いしれていたいところでしたが・・・

ホテルへ戻らなければいけない時間です。

後ろ髪をひかれつつ 外に出ると、

モスク時代からある空間「オレンジの中庭」が

迎えてくれました。

Spain201904sevillecatedral099

その名の通りオレンジが豊作!

Spain201904sevillecatedral10

異国情緒が漂い 夜景も幻想的なセビリア大聖堂でした。

 

灼熱のセビーリャ(セビリア)Sevilla、2泊3日の短い滞在でしたが、

ホテルから観光中心エリアへ 何度か歩いた狭い路地は、

すっかりお気に入りに!

心地よい ちょっとした下町の小さな広場を見つけたり・・・、

まるで自分の暮らす町を歩くように、

セビーリャを 身近に感じながら 過ごすことができました。

Spain201904sevillestreet01

上写真:ピンクの外壁とグルグル模様が印象的なバロック教会、
エル・サルバドル教会Church of ElSalvador Seville(1674-1712年建造)

Spain201904sevillestreet02

上写真左列下:壁面の装飾が素晴らしい
Ayuntamiento de Sevilla/TownHall(16-19世紀建造)

 

アンダルシア州の州都であり、

スペイン南部の政治・経済・文化の中心地であるセビーリャは、

様々な文化に翻弄されてきた歴史があります。

イスラム勢力に支配された8世紀、

13世紀のレコンキスタ(キリスト教国家によるイベリア半島再征服)。

中世から近世は 湾岸都市として栄え・・・、

15世紀には新大陸との貿易の独占港として繁栄し、

16~17世紀にはスペインで最も人口の多い年になったとか(Wikipedia情報)。

Spain201904sevillestreet03

上写真:イスラム支配時代(13世紀初め)、
川の検問のために作られた12角形の”黄金の塔Torre del Oro”とイサベル2世橋

 

緑の多さや 絵にかいたようなお城や建物、

ニョキニョキ太陽に向かって伸びるヤシの木・・・、

その様子はまるで ”おとぎの国” か ”テーマパーク”のようにも感じますが、

様々な文化と歴史が交錯した 魅惑的な都市でした。

またいつか訪れる機会があるといいなぁ・・・。

(真夏は避けたい・・・?!)

 

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

Twitter



オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




無料ブログはココログ