フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 一番暑かった日の?オープンガーデン! OpenGardenDay Utrecht 2019 | トップページ | セビーリャの 屋根の上?! Summer2019 »

2019/11/17

灼熱の?アンダルシアへ! Summer2019

2019年今年の夏休みは、

ついに?!?!

とうとう?!?!

もう20年以上?

・・・憧れ続けてきたアンダルシアへ!

Spain201901train04

かつてこの地域を支配したイスラムの文化の影響が色濃く残る

コルドバ・グラナダ・セビーリャ(セビリア)等の都市・・・、

地中海性気候の眩しい太陽が照り付ける白い町並みの村々や

コスタ・デル・ソル(地中海海岸エリア)・・・。

スペイン・アンダルシア地方には魅力的な都市・街・村が点在しています。

日本からもアンダルシアを巡るツアー等がたくさん組まれていますよね。

それらの都市を自力で(公共機関利用で)周ろうと思うと

移動ばかりとなってしまい・・・、

(レンタカーで巡るのは最高だと思う!)

過去に何度か計画したものの、

治安の心配もあり・・・これまで見送ってきました。

7泊8日の夏休み、

今年あらためてじっくり計画してみると・・・

繋がりました!

アンダルシア数都市と

2014年に訪れて再び立ち寄りたいと思っていたマドリードを

公共交通機関を利用して

いい感じに?巡れる ルートができました!

欲を言えば

他にも巡りたかったアンダルシアの都市もあったし、

それぞれの都市に もっと長く滞在したかった・・・。

何度も悩み、イメージし、何パターンもルートを考え、

決定した2019年の夏休みは・・・!?

『アンダルシア世界遺産&マドリード美術館 巡り 7泊8日の旅』

1日目)アムステルダム →飛行機→ マドリード →電車Renfe→ セビーリャSevilla

2日目)セビーリャ →ロンダ(一日バスツアー利用)→ セビーリャ

3日目)セビーリャ →バスALSA→ グラナダGranada

4日目)グラナダ(アルハンブラ宮殿!)

5日目)グラナダ →バスALSA→ コルドバCordoba

6日目)コルドバ →電車Renfe→ マドリードMadrid

7日目)マドリード

8日目)マドリード →飛行機→ アムステルダム

 

いよいよ夏休みのスタートです。

Spain201901air01

2019年夏は 6月末頃からヨーロッパに熱波が押し寄せ、

大変暑い夏となっていました。

アムステルダムにもその熱波は到達し、

異常事態となっていたので、

アンダルシアではでは40度超え、

タイミングが悪ければ50度になるかも・・・と、

覚悟をしての出発でした。

初日はマドリード経由、セビーリャへ向かいます。

飛行機がマドリードの空港へ近づくと・・・

特徴のある赤茶けた大地が広がります(下写真)。

Spain201901air02

5年前にも見て 脳裏に焼き付いていた特徴のある風景です。

 

マドリードの空港からは バスで、

セビーリャへ向かう電車Renfeの出るアトーチャ駅Puerta de Atochaへ

向かいました。

この日のマドリードの気温は36度、体感はもっとあったでしょう。

飛行機の遅延があっては・・・と思い、

余裕を持ってスケジュールしていたため

アトーチャ駅では少し時間がありました。

・・・が、

暑くて暑くて ド暑くて・・・

動き回る気にもなれず、

駅舎から出る気にもなれず、

駅舎外観の写真を撮ることすら できませんでした。

(駅舎内も冷房が効いているのか効いてないのか とにかく暑い)、

アトーチャ駅名物? 構内の植物園(下写真)も干上がる寸前?

Spain201901train01

植物の周りは規制線が張られ、近くまで立ち入ることができませんでした。

(それほど暑い日が続いていたのでしょう)

そして下写真が アトーチャ駅外観。

Spain201901train02

夏休み後半、マドリードへ戻ってから撮影しました。

 

いよいよセビーリャへ向けて電車が出発!

Spain201901train03

マドリードを離れると、急に景色が変わります。

赤茶けた大地、

石灰石かな?白っぽい土地、

時折現れる奇岩、

そして どこまでも続くオリーブ畑・・・

ブログ冒頭の写真は、まさに!

乾いた大地とオリーブ畑を見ながら

高速で走り抜けるRenfeの車窓から。

 

車窓に見るドライで暑そうな外界とは裏腹に、

涼しく快適に過ごした電車Renfeの旅でしたが・・・

Spain201901train05

セビーリャへ到着する直前、

車両の電光掲示板に表示されていたセビーリャの気温は

「39度」!!!(上写真)

体感温度は いったい~(怖)?!

 

マドリード・アトーチャ駅を出発して2時間30分、

セビーリャ駅へ到着しました(下写真)。

Spain201901train06

Spain201901sevilla01

いよいよやってきました、灼熱のセビーリャSevillaへ!

上写真はセビーリャ駅外観。

写真を撮るのも命がけ?

この時 夕方5時半頃・・・、

熱い陽射しが頭上真上から ジリジリと射し込んでいました。

いつもなら 歩いたり公共交通機関を利用して

移動するのが好きなのですが、

(タクシーに乗るのはあまり好きではない為・・・)

セビーリャでは 迷わずタクシーでホテルまで移動しました。

大通りから外れると細い路地が迷路の様になっているセビーリャ、

タクシーで正解でした!

(暑くて・・・一瞬たりとも 無駄にウロウロできませんっ!・汗)

Spain201901sevilla02

セビーリャで泊まったのは

18世紀の宮殿を改装したというホテル

Hotel Plalacio De Villapanes(booking.com/上・下写真)。

クールモダンなインテリアとグリーンのあるパティオ。

Spain201901sevilla03

素敵なインテリアと 異国情緒溢れるこのホテルに

足を踏み入れた瞬間に

”異国での旅が始まった”という実感のわいた

夏休み初日でした。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 一番暑かった日の?オープンガーデン! OpenGardenDay Utrecht 2019 | トップページ | セビーリャの 屋根の上?! Summer2019 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番暑かった日の?オープンガーデン! OpenGardenDay Utrecht 2019 | トップページ | セビーリャの 屋根の上?! Summer2019 »

Twitter



オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




ブログ解析