フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018/02/25

うねる絶景!そこは現実とファンタジーの狭間? ダブリン発1日ツアー・・・Summer2017

最近はめっきりお花のことが書けていない「オランダのお花ブログ」ですが・・・

BloemenVanThura Facebookページ アルバムに 1月末に訪れたIPM2018(2018年1月23~26日、ドイツ・エッセン)展示会の様子、たくさんの写真を掲載しましたので、よろしければご覧ください。

IPM2018: インスピレーション!~お花のある暮らし~

IPM2018展示会の写真はまだありますので、引き続き BloemenVanThura Facebookページアルバム でご紹介しますね。

たまに BloemenVanThura Facebookページ を覗いてみてください。


「オランダのお花ブログ」は 今回も アイルランドでの体験談、2017年夏休みに訪れた 18年ぶりのアイルランドの旅レポートです。

『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』

今回は2017年夏休み・5日目に参加したダブリン発・北海岸へ向かうツアー後半、前回ブログの続きです。

Summer2017giantscotour21

利用したツアーは、ダブリン出発の1日ツアー【Giant's Causeway Shuttle Transfer from Dublin】(Get your Guide)。

Summer2017giantscotour99ツアーに含まれていた行程は・・・

・ダンルース城Dunluce Castle(写真ストップ)

・世界遺産!ジャイアンツ・コーズウェイ Giant's Causeway(約1時間45分)

・キャリック・ア・リード吊り橋Carrick-Rede Rope Bridge(約1時間15分)

・avenue of intertwined beech trees(写真ストップ)

ツアー前半、ダンルース城とジャイアンツ・コーズウェイについては 前回ブログ(2月11日ブログ参照)でご紹介しました。

夏休み旅行中にはTwitterでも つぶやいていました!

もう5カ月以上も前のことですね・・・

私にとってはこの日このツアーの最大の目的は、ジャイアンツ・コーズウェイの石柱を観てその上を歩くこと。

その目的は達成でき大満足でしたが、このツアーには 続きがありました。

というより、ダブリンからジャイアンツ・コーズウェイを訪れるツアーにはほぼ100%含まれていた 名所キャリック・ア・リード吊り橋 と avenue of intertwined beech trees。

どちらも私にとっては 知らなかった名所でした(私だけが知らなかった?)。


ジャイアンツ・コーズウェイ散策を終え、再びバスで 次の目的地へ出発。

どんな名所へ連れて行ってくれるのかな~?と想像する間もなく!目的地へ到着した様子。

ですが、海岸線以外に 何も見えません。

”吊り橋”はいったいどこに・・・?

バスを降りた駐車場には、たくさんの車やバスが停まっていましたが、ジャイアンツ・コーズウェイにあったような 大きなビジターセンター等はありませんでした。

ちょっとした 売店兼カフェ(お手洗いも)があったくらいです。

この時 15時、気温18度、お天気は・・・雨~曇り、そして これまでにない強風が吹き荒れていました!

雨まじりの強風に 私は最初からポンチョ着用です。

雨風・寒さ避けには ポンチョが大活躍です。

私達に与えられた時間は 1時間15分。

どんな場所なのか、どのくらいの距離があるのか・・・全く分からないまま、人の波について 遊歩道を歩きました。

Summer2017giantscotour22

永遠に続いているような海岸沿いの遊歩道(上写真参照)。

時に坂道を下り・・・、階段を下り・・・。

Summer2017giantscotour23

前方に キャリック島らしき島が見え、少しずつ近づいてきました(上写真はズームで撮影)。

歩き始めて約20分ほどでしょうか、人々の列の先に 吊り橋が見えてきました!

Summer2017giantscotour24

上写真:この辺りから 吊り橋渋滞?!(海のうねりがやばい・汗!)

遊歩道は次第に狭くなり、人々は2列に、そして1列に 並んで歩きました。

吊り橋を渡って戻って来る人達ともすれ違いましたが、渡り終えた人達の顔色が気になりました(汗)。

数人が渡ったら、数人が戻る・・・

吊り橋の両端では、スタッフが 吊り橋を渡る人数を調整していました。

約5分程待つと 順番がやってきました!

Summer2017giantscotour25

吊り橋の直前は、激しくうねる海にのみ込まれてしまいそうな崖っぷちに 急な下りの階段!

その階段を下りた先に、ロープでできた吊り橋が 強風に吹きさらされています(汗)。

海面からの高さは約30メートル、橋の長さは約20メートル!

崖っぷちと 荒々しくうねる波に 足が怯みましたが、後ろに続く人の列を思うと立ち止まるわけにはいきません。

強風に揺れる吊り橋、下から吹き上げてくる強風・・・強風恐怖症の私にとっては とても怖い体験でした。


吊り橋を渡り終えると、対岸の岩の島・キャリック島。

橋を渡り終えてなお続く小道の さらにその先には 高台があり、皆そこに向かっています。

風はさらに吹き荒れ(涙)・・・

強風恐怖症の私は その高台へ向かうことはできませんでした。

人の列から外れ、大きな岩の陰?で風を避けながら 高台へ向かった友人が戻ってくるのを待ちました。

Summer2017giantscotour26

上結合写真はキャリック島へ渡ってから撮影した風景、右写真はキャリック島高台から友人が撮影、歩いてきた道が はるか遠くに見えます。

高台からは(お天気がよければ?) ジャイアンツ・コーズウェイや スコットランドの半島も見えるのだそうです。

”またあの吊り橋を渡らなくてはならない・・・”、”さらに強風になったら橋はクローズかな?”、”この岩の島に取り残されたらどうしよう・・・?”、”吊り橋で足を滑らせちゃった人っているのかな・・・?”

・・・待っている間 強風恐怖症の私は ネガティブなことばかり考えていました。

ちなみに キャリック・ア・リード吊り橋は冬期や悪天候の場合はクローズだそうです(そりゃそうでしょ)。

しばらくすると友人も戻り、キャリック島側の 吊り橋渋滞に並びました。

そして再び 強風に吹かれながらの 吊り橋!

足を踏み外すことなく? 強風に吹き飛ばされることなく! 無事に吊り橋を渡り終えました。


ホッとしたのもつかの間、バスの集合時間が迫ってきます。

往路の下り坂は 今度は上り坂に、下りの石の階段は上りの階段に!

雨混じりの強風にも 体力を奪われます。

途中で 息を切らして休んでいる人も 結構いました。

”同じバスの人達はもう戻ったのかな、まだ後ろかな・・・”、いつの間にか姿が見えなくなってしまった同じバスの人達。

体力はなくなり、時間は迫り・・・焦りました。

片道約1キロ(往復約2キロ)、往復1時間程の散策でしたが、天候のせいでしょうか・・・ 数字以上にハードに感じた道のりでした。

ただ・・・アイルランドの雲の流れは速く、復路 バスに向かう途中、 突如 きれいな青空も広がりました。

Summer2017giantscotour27

遊歩道の脇には きれいなお花達も 咲いていました。

お天気がよかったら・・・最高の”名所”・最高の体験だったに違いありません。

それにしても・・・全く予期していなかった 往復約2キロのトレッキング!

キャリック・ア・リード吊り橋は、想像以上の絶景スポット・名所でしたが、強風恐怖症の私にとっては、悪天候の中での 予期しない?”迷所”体験でもありました。

ジャイアンツ・コーズウェイも キャリック・ア・リード吊り橋も、これから行かれる予定のある皆様には、歩きやすい靴と ポンチョ持参を オススメします!


Summer2017giantscotour28再びバスは次の目的地へ向け出発。

キャリック・ア・リード吊り橋トレッキング?で体力を消耗し・・・、もうバスを降りたくない、歩きたくない、寒い所に出たくない・・・そんな気持ちでした。

バスでウトウト・・・約45分経った頃でしょうか。

時計は17時を過ぎようとしていましたが、雨も上がり 少し明るくなっていました。

まだまだ明るい夏のアイルランドです。

バス前方に 見たことのない 幻想的な風景が迫ってきました!!!

不思議なうねりの ブナの大木のトンネルです!

その絶景に 眠気は一瞬にして 吹っ飛びました(ブログ冒頭の写真、下写真)!!

『The Dark Hedges』と呼ばれる 北アイルランド・NorthAntrim地域に見られる、ブナの木のトンネルavenue of intertwined beech trees!

大きなブナの並木の幻想的な風景は、映画の撮影等にも使われる名所だそうです。

バスはそのトンネルを通り抜け 停車、バスから降り 約10分間の写真タイム!

急に元気を取り戻し、バスから飛び降り うねる絶景の中へ!!!

Summer2017giantscotour31

幻想的な光が射し込むブナのトンネルには、神聖な空気が漂っていました。

その中を歩くと、まるで洗礼を受けたかのような ピリッとした気持ちと ホンワカした不思議な感覚になりました。

ここに漂う不思議な空気感は、樹齢270年を越えるブナの生命力でしょうかか、ブナに宿る精霊の存在でしょうかか・・・。

アイルランドには多くの神話や伝説があり たくさんの妖精が棲むといわれています。

ジャイアンツ・コーズウェイも巨人が造ったといわれているそうです。

このトンネルは、現実とファンタジーをつなぐトンネル・・・、ファンタジーの世界への入り口だったのかもしれません・・・。

神聖な空気に触れ、幻想的な風景を満喫し、私達はバスに戻りました。


バスはいよいよ最終目的地 ファンタジーの世界へ!?

ではなく・・・、ダブリンへ!!

途中ドライブインでの 小休止(19:10-19:25)を挟み、まだ明るいダブリンに到着(20:30)。

朝ゆっくりの出発でしたが、長時間のバス移動、そして よく歩いた1日でした!

全身に漂う まったりした疲労感が ”現実的”です?!

そしてなにより・・・

これぞまさに現実、お腹が空きました~~~!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2018/02/11

念願の六角柱をピョンピョンと? Giant's Causeway・・・Summer2017

1月末から なかなかブログが更新できずにいました(汗)。

先日1月末に訪れたIPM2018(2018年1月23~26日、ドイツ・エッセン)展示会の様子は、BloemenVanThura Facebookページ アルバムにたくさんの写真を掲載しましたので、よろしければご覧ください。

寒い時期ですが、お花達からは 希望とパワーをもらえます!

IPM2018: 会場の様子編

IPM2018: トレンド ~テーブルデコレーション・ブライダル・フラワードレス~

Facebookページアルバムには たくさんの写真を簡単にアップできて (見るのも簡単で)とても便利です。

IPM2018展示会の写真はまだたくさんありますので、引き続き BloemenVanThura Facebookページアルバム でご紹介しますね。

たまに BloemenVanThura Facebookページ を覗いてみてください。



さて『オランダのお花ブログ』は、オランダのことでもなく、お花のことでもなく・・・

2017年夏休みに訪れた 18年ぶりのアイルランドの旅レポートです。

『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』

Summer2017giantscotour01

今回ブログは 2017年夏休みに訪れた 念願のジャイアンツ・コーズウェイGiant's Causewayと その時に利用したツアーをご紹介します。

私にとって北アイルランドへ足を踏み入れるのは 2度目でした。

1999年初夏 アイルランドでのお花修業時代、ホストファミリー達にベルファストのショッピングセンターへ連れて行ってもらったことがありました。

当時はまだ 北アイルランド紛争(北アイルランド和平合意は1998年4月)やIRAの存在もあり、北アイルランドへ近づくのは怖い・・・そんなイメージが色濃く残る時代でした。

その後は私も”外国”に長年 住むようになり、また時代も変わり・・・あの頃の北アイルランドに対しての 漠然とした”怖い”気持ちや”黒いイメージ(?)”は 今はもうありません。

ちなみに 18年前も今回も、北アイルランドへの入国にパスポートチェック等はありませんでした。

その頃からずっとずっと 行きたいと思い続けていた場所がありました。

奇岩フリーク?としては人生で一度は訪れたい場所・・・

ジャイアンツ・コーズウェイ Giant's Causeway!


夏休み5日目、私が利用したツアーは、ダブリン出発の1日ツアー【Giant's Causeway Shuttle Transfer from Dublin】(Get your Guide)。

星の数ほどあったツアーから内容を吟味し、事前にインターネットより予約しました。

Summer2017giantscotour99ツアーに含まれていた行程は・・・

・ダンルース城Dunluce Castle(写真ストップ)

・世界遺産!ジャイアンツ・コーズウェイ Giant's Causeway(約1時間45分)

・キャリック・ア・リード吊り橋Carrick-Rede Rope Bridge(約1時間15分)

・avenue of intertwined beech trees(写真ストップ)

このツアーの特徴(他のダブリン発ジャイアンツ・コーズウェイのツアーとの違い)は、ベルファスト観光(散策)が含まれていないことと、朝出発時間が遅いという点です。

他の多くのツアー には ベルファスト市内散策等が含まれていましたが、夏休み5日目は日曜日だったため、ベルファストを訪れても(休館や定休日等で)持て余してしまうかなと思い、ベルファストには立ち寄らない(通り過ぎるだけ)ツアーを選びました。

それに ベルファストが含まれているツアーは、もちろん?!早朝出発。

ベルファストに興味がないわけではありませんが、連日の早朝出発はきつい・・・(汗)。

ベルファストには あの有名なタイタニック号の造船所跡や博物館があったり、ベルファストの歴史を知る観光等ができるそう。

あとで振り返ってみると・・・上記ツアー行程をこなした後に ベルファストで過ごす体力は残っていなかったので(汗)、ベルファスト観光が含まれていないツアーで よかったと思っています。


ツアーは 朝8:55 出発(DublinVisitorCentre 8:40集合 ←他の北アイルランド行きのツアーよりずっと遅い出発!)。

この時 ダブリンの気温18度、集合場所には 同じツアーや他のツアー参加者が 大勢集まっていました。

私達が乗った観光バスも ほぼ満席でした。

Summer2017giantscotour02出発 約1時間後、ドライブインでの休憩がありました(15分間程)。

気温はダブリンより少し下がり 16度、小雨が降っていました。

お天気 もつかな・・・それだけが気がかり・・・。

バスの中では時折 バスドライバーさん(兼ガイドさん)から アイルランドの歴史や文化の説明がありました(英語)。

ですが、アイルランドの歴史や文化・宗教について詳しくないと、ついていけない感じ(英語の理解も難しい・・・)。

しばらくすると 北アイルランドへ入りました!

目立つ国境のしるし等もなく(見逃したかな?)・・・

長時間のバスの旅・・・車窓くらいは楽しみたいものですが、ベルファストにさしかかった頃は、外の景色も見えないくらいの大雨に!!

日ごろの行いが悪いのかしら・・・(汗)。

ベルファストを通り越し、雨雲を通り抜け・・・バスはついに海岸線へ!

アイルランドの北海岸です!


12:40、最初の観光スポットに到着(写真ストップ・約10分)。

気温17度、雨もあがっていました。

岸壁にそびえる古城 ダンルース城Dunluce Castle。

Summer2017giantscotour03

上結合写真中: 超ズームの写真では城内を見学している人達が見えます

コーズウェイ海岸からの強風に 今にも崩れそうな古城遺跡です。

城内にはビジターセンターもあり 現在も内部の見学ができるそうですが、私達のツアーは少し離れたところからの写真撮影のみ。

コーズウェイ海岸には点々と古城(要塞)が残っているそうですが、ダンルース城はその中で最も大きいのだそうです。

13世紀建造の要塞は、16世紀にはこの地を治めたスコットランド系マクドネル家やマクドナルド家の居城に。

Summer2017giantscotour04

険しい自然環境に囲まれた難攻不落の要塞・・・崖っぷちに建つ古城に、かつてこの地を治めた人々や かつてはあった村の人々の、目指した国家や当時の暮らしに思いを馳せました。


ダブリンを出発して3時間半・・・突然 その時がやってきました!!

ダンルース城を出発するとすぐに 目的地の気配・・・!

自動車や観光バスはもちろん、ツーリング・トレッキングの人々も みな同じ目的地へ向い 大・大・大渋滞となっていました。

ジャイアンツ・コーズウェイへ 私達はダブリン発のツアーを利用しましたが、ベルファスト発のツアーや、公共機関を利用して訪れる方法もあります。

さすがに ユネスコ世界遺産(「ジャイアンツ・コーズウェイとコーズウェイ・コースト」自然遺産・1986年登録)!アイルランドを代表する観光地!

13時、いよいよ北海岸、目的地ジャイアンツ・コーズウェイ Giant's Causewayに到着です!

Summer2017giantscotour05

上結合写真左・右: 奥の黒い角ばった建物が、石柱群に模したビジターセンター。

鉛色の空に 雨交じりの強風・・・気温17~18度でしたが 体感温度はずっと低く、”夏”とは思えない空気感でした。

与えられた自由時間は 1時間45分。

ビジターセンター辺りから、海岸線へ伸びる周遊路があります。

周遊路といっても そこは海岸線。

”ここからここまでがいわゆる観光地・ジャイアンツ・コーズウェイ”と区切られているわけでもないので、ビジターセンターからではなく、もっと遠くからのルートや海岸線を トレッキングしている人達もいるようでした。

ビジターセンター裏手から ジャイアンツ・コーズウェイの(メインの場所?)まで ミニバス(有料)が走っていました。

ちょうど目の前でミニバスが出てしまったこともあり、私達は歩くことに。

距離感がわからないまま、同じ方向へ歩く人の波に続きました。

雨交じりの強風が吹きさらしていましたが、いよいよ長年の念願!六角形の石柱が見られる興奮が勝り、苦になりませんでした(初めのうちは・・・)。

Summer2017giantscotour06

上結合写真左・右: ずっと先まで途切れることなく続く人の波・・・

さすがに途中で 寒さと雨交じりの強風に負け、持参したポンチョを着ましたが、周遊路の周りに咲く草花を眺めたり 海岸線を眺めながら、ワクワクした気持ちを抱えて 歩きました。


歩き始めて20分くらいでしょうか、海岸線の様子が変わってきました。

そしていよいよ 夢にまで見た 奇岩!

伝説では巨人が造ったといわれている絶景、マグマが冷却してできた柱状節理。

Summer2017giantscotour08

Summer2017giantscotour07

ピョンピョンと六角柱の上を跳び、こちらからあちらへ、あちらからこちらへ!

・・・というのは、長年勝手に抱いていたイメージ。

残念ながら イメージ通りには いきませんでした?!

雨で足元は滑りやすく・・・

水たまりができていたり・・・

六角柱の高さも それぞれの高低差も 思っていた以上にあり・・・

実際には、六角柱を選びながら ヨイショヨイショ ヨロヨロと・・・(汗)。

若ければ?ピョンピョンと跳ぶように歩けたかもしれませんが、今は全く無理でした(笑)。

それにもっとイメージと違ったのは、人の多さ!!

インターネットやガイドブックで見る写真の風景より、何十倍も 人がいる~~~!

(そりゃそうでしょ、世界遺産です・・・)

岩を選んで歩くというより、人を避けて(岩を選んで)歩くといった感じ。

進みたいルートは 渋滞してたり・・・!?

でも そんな 人混み渋滞は全く気にならず、私も含め 観光客は皆 楽しそうに写真を撮りながら ゆっくり岩を選びながら 立ち止まったり歩いたり・・・それぞれの時間を過ごしていました。

Summer2017giantscotour09

Summer2017giantscotour10

Summer2017giantscotour11


しばらく石柱と戯れた後、集合時間が気になってきました。

”そろそろビジターセンターへ戻ろう”と決めた時、ちょうどミニバスがやってきました。

今度は逃してはなりません!

帰りはミニバスで ヒョイと ビジターセンターへ。

集合時間まで少し時間ができたので、ビジターセンターの入場券を購入して ビジターセンターの中へ入ることにしました。

ジャイアンツ・コーズウェイのビジターセンターへの入場は 有料です(2017年8月現在)。

ビジターセンターの中には、ジャイアンツ・コーズウェイの資料展示・お土産屋さん・カフェテリア・お手洗い等があります。

お手洗いはビジターセンターの外にもあるので、チケットを購入しなくても利用できますが、数は少なく(あまりきれいではない)公衆トイレです。

ジャイアンツ・コーズウェイ到着時にビジターセンターの入場を迷いましたが、窓口が混んでいたこともあり スルー。

結局 最後に少しの時間の為に入場することになるなら、到着時に入場券を買うべきだった・・・というのが素直な感想です(お手洗いの件もあるし)。


ところで!北アイルランドの通貨は ユーロではなく ポンド£です。

とはいえ、ユーロは利用できるので、ここではユーロ貨幣で支払い、ポンドのおつりをもらいました。

今回のツアー(アイルランドでの全行程を含め)、北アイルランドのお金を使う場所(ポンドを使う場所)は このビジターセンターしかありません。

何ユーロ札を出して いくらおつりをもらえば 無駄にならずにすむか・・・

そんなことを考えならの支払いでした。

ちなみに 海岸からのミニバスは ユーロコインで支払うことができました。


お土産等を見ていたら 時間がなくなり、大慌てで カフェテリアで軽食をいただき・・・バスの集合場所へ。

皆バスに置き去りにされないように?時間厳守で 集まっていました。

一番遅く集合場所に来たのは・・・渋滞をやっとくぐり抜けやってきたバスでした?!

バスの車内へ戻り ホッと一息。

念願の六角柱を歩いた興奮と達成感と、ほんのり漂う疲労感が心地よく・・・

・・・と思っていたら!?

すぐに次の目的地へ到着?!

このツアーの”ハイライト”!ジャイアンツ・コーズウェイ以上の”名所(迷所?)”が 待っていました!

アイルランド北海岸ツアーは 次回ブログへ続きます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




ブログ解析