フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 風に揺れる花、広がるストーリー! Fleuramour2017 | トップページ | お花もお野菜も、整列?! Flowertime2017 in Brussels »

2017/10/29

石塔は1000年超のタイムトンネル? Summer2017 

まもなく11月、今年もあと2か月となりました。

夏休みから2か月半、始まったばかりのアイルランド紀行ですが、今年中にレポートできるかな・・・。

『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』

今回は夏休み2~3日目に訪れた キルケニーKilkenny での 体験について。

Summer2017kilkenny00

ダブリン初日・午後の観光についてはまた後日レポートしたいと思います(ダブリン初日の様子は 10月9日ブログ 参照)。

Summer2017mapirelandkダブリンから バス または 鉄道 を使って約1時間半、ダブリン近郊の町キルケニー。

小さな町なので、ダブリンから日帰りでも 楽しめますが、私達はキルケニーで1泊。

旅友の旧友ダニー宅訪問が この日の目的なので、ダニー宅から一番近い町ということで キルケニーに宿をとりました。

私の18年前(アイルランドお花屋さん修行時代)のキルケニーの思い出といえば・・・

当時お世話になっていたKellsのお花屋さんオーナーが、アイルランドのあちこちを巡る旅(出張)?に連れ出してくれた時に、キルケニーのクラフトショップ(お土産屋さん?)に立ち寄ってくれたような・・・遠い記憶。

地名を知っていた程度で、観光をしたことはありませんでした。


Summer2017kilkenny01夏休み2日目。

ダブリン 朝10時発のバスDublinCoach(M9 Express・2時間に1本くらい運行)で キルケニーへ向かいました。

車窓からの風景は、左のような草原や緑の丘、そして羊や牛。

ですが、案外 ”ハイウェイの壁”率が高かったので ちょっと残念でした。

ウトウトしていると、11時40分 キルケニーに到着!

バス停(Kilkenny McDonaghJunction)に 懐かしいダニーの笑顔が待っていました!!

Summer2017kilkenny02

上写真はバス停を降り 街へ向かう道すがら・・・、左写真の緑のバスが私達が利用したDublinCoach。

ダニーは オランダ在住イギリス人ですが、数年前に アイルランド人の奥さんの実家のそばの 古い家(オールドファーマーハウス)を購入し、オランダとアイルランドを行ったり来たりしながら リフォームをしていました。

リフォームはまだまだ続くようですが、住める状態になったようで、近年はダニー・奥さん共々 アイルランド中心の生活をしているようです。

この夏休み2日目は、ダニーの家を訪ねる予定になっているので、キルケニーに宿をとっているだけで 予定は未定、全て ダニー任せ。

さあどんな一日が待っているのでしょう!?

いつも自分ですべて計画しているので、こんな一日はちょっと楽しみです。

まずは 私達の泊まる予定のホテルへ荷物を置いてチェックインし、ホテルのカフェで一息。

その後、ダニーが宿泊予定の B&Bへ。

ダニーも今夜は 私達と一緒に キルケニーで飲む?! ということで キルケニー泊!

身軽になったところで、私達3人 時間が許す限り キルケニー観光です。

ダニーの奥さんやお友達が、夕食?の準備ができたところで 迎えに来てくれるそうです。


中世アイルランドの中心都市として ノア川the River Noreに沿いに栄えた 古都キルケニー。

歴史的建造物や町並みは中世の雰囲気を残し、また雰囲気のある伝統的なアイリッシュパブが連なり、世界中の人々や 多くのアイルランドの人々も訪れる人気都市。

「ヨーロッパの最も美しい村30選」にも選ばれているそう。

とはいえ、人口25000人弱の カントリーサイド・・・、ローカルタウン・・・。

・・・どこか懐かしい雰囲気の 田舎町です。

日本でいうと ”小京都”のような・・・(?)。

Summer2017kilkenny03ダブリン都市部とは違う アイルランドらしい?かわいいカラフルな家並みに、18年前に過ごした田舎町OldCastle や Kells を思い出しました。

写真はノア川沿いのホテルのカフェから見た川向うの町並み。

”あぁこの色、この家並み、その向こうの空と雲”・・・アイルランドだ!”

オランダもグレイ度(曇り空)の高い空ですが、アイルランドの空は 青空と 厚みのある黒い雲がいつも一緒で お天気も変わりやすい・・・そんな印象です。

私にとっても、過去の記憶が蘇り 懐かしさ溢れる風景でした。


街をプラプラ歩きながら、まず私達が向かったのは 町のはずれの小高い丘の上にある 聖カニス大聖堂St. Canice's Catheral。

「タワーにのぼるぞ~!」

バス停で会った時から ダニーは 私達を連れていこうと とっても楽しみにしていた様子でした。

Summer2017kilkenny04

グレイの石造りの 聖カニス大聖堂。

・・・いつの間にやら 雲行きが怪しい・・・。

この大聖堂は、”キルケニー”の名前の由来だそう。

というのも、ゲール語(アイルランド語)でキルケニーCill Chainnighは 、6世紀頃からこの地にあったといわれる教会Charch of  Caniceの名前なのだとか。

現在の大聖堂は13世紀建造 (その後 度々修復はされています)、早期ゴシック様式。

Summer2017kilkenny05ダニーの言う”タワー”というのは、大聖堂脇にそびえ立つ ラウンドタワーのこと。

細長い煙突のような石塔が ラウンドタワーです(上写真・左写真参照)。

ラウンドタワーとは、アイルランド特有の建造物で、9~12世紀頃 鐘楼として、修道院の見張り塔として アイルランドのあちこちに 建造されたそうです。

インターネット検索で見つけたブログ「ナオコガイドのアイルランド日記」 によると、現在は65塔、かつては89塔あったとか・・・

キルケニーのこのタワーには のぼることができるそうで(天候による)、大聖堂の写真の石塔のふもとには のぼりおりする人達が、頂上には手すりと 人の姿がみえます。


タワーにのぼる為に まずは入場券を買いに大聖堂へ。

せっかくなので、共通券を買い 大聖堂内も見学しました。

Summer2017kilkenny06

Summer2017kilkenny07

大聖堂内をひと回りし、いよいよタワーのぼりです!

大聖堂内には観光客が大勢いましたが、タワーにのぼる人は(もの好き?) そんなにいない模様。

タワーのふもとには 待っている人が数人。

係りの人もいて、入場を制限をしている様子でした。

どうやら内部は一方通行のよう。

一度に入場できる人数は10人ほど、大勢は一度に入れないようです。

20分程待つと、タワーの中から観光客が数人 出てきました。

塔からおりてくる人々の様子を見て ヒヤリとしました・・・

すでに入り口(塔の外の部分)から大変そうです(汗)。

細いタワーの内部・・・どうなっているのでしょう・・・。

高い所は平気ですが、私・・・閉所が苦手ですぅ~~~(涙)。

ですが、年齢一回り以上年上のダニーが 笑顔で楽しそうにしているのを見ると、不安な顔はできません。

頑張ってのぼるぞっ~~~!


中に入ると、予想以上に・・・ ・・・ ・・・?!?!

狭い!

Summer2017kilkenny08

石むき出しの塔の内部は、人が一人 上り下りするのも窮屈なくらいの幅の 木のハシゴがかかっていました(上結合写真左・中参照)。

しかも かなり急!!

”OwnRisk”って書いてある~(汗・上結合写真中)。

数段あがると、向きを変え、また木の階段、数段あがり、向きを変え、また階段・・・。

狭い石塔の中で 木の階段のぼり・向き変えを 何度か繰り返し、最後の階段は”石”でした。

石の階段は、さらに狭いし、一段一段の高さもあり・・・(大汗)

・・・先にのぼったダニーに荷物を預け、よじ登る感じ。

そして狭い石のタワーからやっと這い出し、解放されました。


待っているのは 素晴らしい見晴らし?!

・・・良い見晴らしではありましたが・・・青空はどこへ?

残念ながら 見渡す限り 暗く厚い雲で 覆われていました。

風が少し強くなり、ポツポツと 雨も降り始めました。

タワーの頂上は、広さ直径3m程?の石床(感覚的な広さ、正確な広さは不明)。

狭い!

Summer2017kilkenny09しかも、風景を見ようと端に行こうとすると、端の方に床面が下がっていて、かろうじて”手すり(?)”がありましたが、怖い~。

左写真は 怖くてなかなか端まで行けず、塔の真ん中あたりから撮った写真。

「あっちの方角が私の家だよ~」と楽しそうに話す ダニーと旅友。

ダニーにとっても初登頂だったようで、楽しそうに はしゃいでいました。

私はタワーをのぼった疲労と、頂上の石面の足元の不安と、下りの階段への不安と恐怖で、キルケニーのパノラマを 楽しむまでの 心の余裕は 全くありませんでした・・・(涙)。

Summer2017kilkenny10

ブログ冒頭の写真は、ラウンドタワーの頂上から見下ろした聖カニス大聖堂、写真を見ても恐怖を感じる~。

おりるのも一苦労だったのは いうまでもなく・・・。

おりた後の 広い大地の安心感ったら ありません(涙)。

ちなみに階段は112段だったとか(前出の 「ナオコガイドのアイルランド日記」 を参照しました。)

私の場合は高い所は平気でも、(自称?)閉所恐怖症 & ”強風”恐怖症なので、足が震えるような体験でしたが、観光に行かれましたら 皆様は是非・・・OwnRisk自己責任で!!


アイルランド内に今も点在するラウンドタワーですが、のぼることのできるタワーは2か所のみとのこと(3か所と紹介されている資料もあり)。

今回のぼったキルケニーのタワーは その内のひとつということで・・・、貴重な存在、貴重な体験でした!

高さ30メートル!

849年建造!

これらの数字、教会でいただいた資料を 後で!読んで知りました。

なんと 1100年以上前、9世紀建造だったとは・・・!

30メートル高で あの狭さのタワーの頂上・・・怖いはずです。

知っていたら のぼれなかったかも・・・(汗)。

怖かった印象とは別に、ラウンドタワーをのぼりながら触れた アイルランドの石・空気・風に・・・日本ともオランダとも 他のヨーロッパ諸国とも違う、長い歴史・独特の文化・異なる宗教等、様々なことに触れた気がしました。

ラウンドタワーは、タイムトンネル ?

あの30メートルの石塔は、1000年を超える時間を 体感できる空間だったのかもしれません・・・。


タワーのぼりの後は、ランチタイム。

ランチはやっぱり アイリッシュパブです(笑)。

そして 定番的なアイリッシュランチと 欠かせないアイリッシュビール!

震えた足も アイリッシュビールでご機嫌になりました?!

キルケニー紀行、アイルランド紀行は まだまだ続きます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 風に揺れる花、広がるストーリー! Fleuramour2017 | トップページ | お花もお野菜も、整列?! Flowertime2017 in Brussels »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風に揺れる花、広がるストーリー! Fleuramour2017 | トップページ | お花もお野菜も、整列?! Flowertime2017 in Brussels »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析