フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 18年間 温めた想い・・・Summer2017 | トップページ | 時差ボケの夜のお共に・・・!? 『大エルミタージュ美術館展』 »

2017/09/15

てごわいアイルランド!前途多難な予感? Summer2017

今年もまた・・・やってしまいました?!

出発の日の朝、スキポール空港にて ゲートを間違えてしまうハプニングから 夏休みはスタート。

何故か間違えてしまう出発ゲート・・・(2年前の様子は 2015年9月15日ブログ 参照)。

Summer2017dep00

時間的に余裕を持って空港へ行っていたはずが、のんびりしすぎてギリギリとなり、ただでさえ焦って向かった出発ゲート。

航空券をチェックしていた スタッフの方が 間髪入れず 「ゲート間違っているわね・・・」?!

Summer2017dep02そこからまだ少し距離のあった正しいゲートを教えてもらい、大慌てでダッシュ!!

今年もまたバタバタとスタートした夏休みです。

正しいゲートに着くと・・・折り返しとなる飛行機は まだ到着していませんでした。

飛行機も遅刻・・・間に合ってよかった(ホッ)。

ブログ冒頭の写真は当初の搭乗時間を過ぎて到着したAerLingusエアリンガスの緑の飛行機。


今回のお話は 旅行の計画時に さかのぼります。

2017年の夏休み、行き先は アイルランド!

『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』

18年間 この時をずっと想像してきたアイルランド再訪の旅・・・いよいよ計画の始まりです。

18年前のことや今回に至るまでのお話は前回ブログ(2017年9月4日ブログ)参照

18年前 私にとってアイルランドは 日本から一番遠い(イメージの)ヨーロッパの未知の国であったため、”世界の果て”と感じていた 当時の私の心情を現したタイトル。

今回この旅行の計画を立てながら気が付いた事があります。

今は感覚的にも距離的にも、アイルランドを”世界の果て”とは感じていない・・・ということです。

オランダで生活をしていくうちに、私の世界地図は(感覚的に)、日本が中心だったものから オランダ・ヨーロッパが中心のものに書きかえられていたようです?!

この感覚の違い・・・自分の事ながら とても興味深いです。


さあ、始めましょう!

日程だけは決まっていたので、まずは飛行機の予約からスタート。

利用し慣れた KLMにしようかと思いましたが、18年前オランダからアイルランドへ渡った時に利用したアイルランドの航空会社 AerLingusエア・リンガスを利用することにしました。

早速ネットで予約を完了!

・・・したはずだったのですが!?

なんと旅友の名前のスペルを間違えた(単純な入力ミス)ことに すぐに気が付きました(汗)。

・・・大変です(大汗)。

航空券の名前が パスポートと違うと 飛行機に乗せてもらえないとは 良く聞くお話。

名前の変更なんてネットでできないし・・・(涙)。

大汗かきながら カスタマーセンターに電話をして状況を説明して 名前の変更をしてもらいました。

文章にしたらたった1行のことですが、どこに電話をしたらよいのか、どうやって説明すればよいのか、変更できなかったらどうしよう・・・英語の環境、心配ごとが山盛りでした。

しかも一番の問題は、電話を通しての 英語のスペルのやり取り!!

例えば ”アイルランドIrelandのI” とか ”ローマRomaのR” とか ”りんごAppleのA”とか・・・。

さらに メールアドレスのスペルも・・・(大汗)。

電話でのスペルのやりとりは、オランダでも ヨーロッパの他の国の方とのやりとりでも 私は大の苦手です。

とにかく大汗をかきながら、航空券の名前のスペルを変更してもらい、メールアドレスを伝え、新しい予約番号と航空券を入手しました。

最近はすっかり慣れたネットでのお買い物・・・簡単に一瞬で済むはずの手配が ほんの少しの間違いで大変なことになってしまいます。

確認を怠ってはいけません・・・反省。


航空券をおさえたら、今度は旅の中身です。

5泊6日の日程(2017年8月2日~7日)、旅友の旧友の家を訪ねる(キルケニー郊外)・・・という点は決定事項です。

18年前に行ってもう一度訪れたいと思っていた場所や 18年前には 行きたかったけど(時間がなくて)行けなかった場所・・・

ダブリンはもちろん、ウォーターフォード・キルケニー・リムリック・・・等、18年前にお世話になっていたお花屋さんオーナーが、お花屋さん視察や ご家族を訪ねるついでに寄ってくれた町や村。

当時お世話になっていた宿のオーナーや ご家族が週末に連れて行ってくれた ベルファスト(北アイルランド)。

18年前、アイルランドを去る前に数日休暇をもらって一人旅をした ゴールウェイ。

そして 18年前に住んでいた町オールドキャッスルや 修業をしていた町ケルズ・・・。

一度訪れたことのある町や村は どこもとても好印象で、もう一度訪れたいと 思っていました。

そして観光名所の数々!

18年前は お花の修業目的だったため、自由時間や観光の時間はほとんどありませんでした。

そんな中での貴重な観光地の思い出・・・

お花屋さんオーナーご家族に連れていってもらった 観光名所、大西洋に付き出た断崖絶壁”モハーの断崖”。

アイルランドを発つ前の一人旅で訪れた ゴールウェイから船に乗って行った 地の果て(のイメージ)”アラン諸島”。

どちらも格別な思い出があり、アイルランド再訪の際は 絶対外せない場所と、18年間温めてきました!

他にも当時 行きたかったけど行けなかった名所の数々・・・

世界遺産・約5000年前の墳墓”ニューグレンジ”

アイリッシュの心”タラの丘”・・・

石灰石の丘稜”バレン高原”・・・

世界遺産・柱状節理 六角形の柱群”ジャイアンツコーズウェイ”・・・

等など・・・頭に浮かんだ都市や村、観光名所は アイルランド全体に散らばっています。

アイルランドは 短距離・長距離バスが発達しています。

電車もあります。

現地の日帰りツアー等も豊富です。

・・・が!?

それぞれの地域への移動には、どんな手段を使っても 半日や一日かかってしまいます。

計画を立て始めるとすぐに そんな難題に直面しました。

5泊6日の日程では、18年間思い描いていた”アイルランド巡り”にはほど遠く・・・、かなり絞り込まないといけない現実が待っていました。


練って・練って・調べて・練って・削って・練って・・・

プランA~B~C~・・・

できあがったプランD!!

ダブリン→ キルケニー(旅友旧友の家)→リムリック(モハーの断崖・バレン)→ ダブリン(日帰りツアー・ベルファスト・ジャイアンツコーズウェイ)

バスや電車、現地のツアーも含め、一生懸命調べました。

すでにアラン諸島は諦めたプランとなっていますが、よし、これで行こう!・・・と、ネットでホテルの予約も始めました。

そして移動手段の予約をしようと 再び行程やタイムテーブルを確認してみると・・・

私の計画した移動プランにミスがあり(汗)・・・

思っていた時間に到着できない、夜到着して早朝出発となり その町の観光ができない、ホテルでゆっくりできない・・・等、プランDでは 問題がありました。

プランを大変更する決断をして プランD は白紙に・・・。

一通り予約をしたホテルは 全部キャンセルしました。

予約していたホテルは変更不可・前払いではなく、キャンセル可能なところを選んでいたので、申し訳ないと思いつつも 助かりました。

なかなか手ごわいアイルランドです。


再び 練って・練って・調べて・練って・削って・練って・・・

できあがった プランEです!

<1日目>ダブリン → バスor鉄道 →<2日目>キルケニー(旅友旧友の家) → バス or 鉄道 → <3日目~最終日>ダブリン!!

思いもよらなかった超シンプルな行程・・・。

ダブリンから 現地の一日ツアーを利用して、モハーの断崖(4日目)とジャイアンツコーズウェイ(5日目)を計画。

行きたかった他の名所や町、18年間に住んでいた場所や修業していた場所も、あそこもあっちも 涙ながらにカットしました。

18年間温めてきたアイルランド再訪の旅がこんな形になるとは!?

大好きな電車を利用しての周遊もなくなりました・・・。

18年間という月日が経ち 温めすぎたせいか、例年の夏休みよりも 計画が難しかったアイルランド再訪の旅。

とにかく 練って・練って・調べて・練って・削って・練って・・・なんとかできあがりました。

航空券の名前を間違えたり、電車の時刻や駅を間違えて計画してしまったり、ホテルを全部キャンセルしたり・・・。

準備段階でこれだけの困難があり、前途多難な予感のする『アイルランド再訪の旅 ~アイルランドの田舎と世界の果てへ~』の始まりです。


18年前はオランダからの予期せぬ移動で、全く 準備や予備知識のない状態で訪れたアイルランドでしたが、今回は 旅行前に、アイルランド関連の本を読み、気持ちを高めました。

歴史や宗教の予習も少し・・・。

アイルランドの歴史や宗教については、人生かけても終わらないほど奥深く興味深いものがあります。

そして 18年前アイルランドで肌で感じた 私の記憶と 18年間温めた気持ちを抱え・・・。

Summer2017dep03

上写真(左)スキポール出発時のオランダの海岸線(中)雲いっぱい、間もなくアイルランド(右)雨のアイルランド到着時、ダブリン国際空港・・・

アイルランドは変わったかな?

懐かしいかな?

泣けちゃうかな?

どんな気持ちになるかな・・・?

さあいよいよ アイルランド再訪の旅が始まります!

Summer2017dep04

上写真、ダブリン国際空港(写真右)とダブリン市内を結ぶバスaircoach(写真左・最終日に撮影)

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 18年間 温めた想い・・・Summer2017 | トップページ | 時差ボケの夜のお共に・・・!? 『大エルミタージュ美術館展』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 18年間 温めた想い・・・Summer2017 | トップページ | 時差ボケの夜のお共に・・・!? 『大エルミタージュ美術館展』 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析