フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017/06/27

『Power of the Flower』 in Amsterdam, Summer2017

6月第3週週末は、毎年恒例のアムステルダム・オープンガーデンOpenGardenDays/OpenTuinenDagen Amsterdam が開催されます。

昨年はこの時期に日本にいた為、今年は2年ぶりのオープンガーデン!

ということで、アムステルダム旧市街・運河エリアを散策しながらお庭を楽しんでいると・・・!?

Wunderkammer201701偶然 ”Shop for a Week”に遭遇しました!!

”Shop for a Week”とは・・・

TheWunderKammerとして知られる 二人のフラワーデザイナー UeliSigner氏と FlorianSeyd氏による、期間限定!(移動式)フラワーショップ。

このコンセプトフラワーショップ”Shop for a Week”は、10日間のみオープンするという 2008年より始まった 年に2回のプロジェクト。

フラワーショップというより、もう エキシビションです!

私もこれまでに数回、このスペシャルなコンセプトショップに出会い、ワクワクしたことを覚えています。(2012年7月15日ブログ / 2011年11月19日ブログ 等参照)

(過去のブログでは、オランダのフラワーデザイナーさんとご紹介していましたが、オランダや世界で活躍するスイスとドイツの出身のデザイナーさんです、訂正済み)


オープンガーデンの途中、次のお庭へ向け Prinsengrachtを歩いていると・・・

異色の?!パワーが漏れ伝わり、お店の存在に気付かされました!!

Wunderkammer201702

「あっ、”Shop for a Week”だ~!!」

オープンガーデン散策中ではありましたが、もちろん!?立ち寄りました。

お店に一歩足を踏み入れると、そこに広がる世界観に 思わず「オォー」と声が出てしまいます。

毎回異なるテーマ、今回のテーマは『Power of the Flower』。

今回18回目となる”Shop for a Week”は、2017年6月9~18日の10日間、プリンセン運河Prinsengracht845, Amsterdam にて行われていました。


決して広くはないPrinsengrachtの一室が、おふたりの造りだす世界観で 膨らみます!

Wunderkammer201703

Wunderkammer201706

ベルエポックを彷彿させるコーナー、エキゾチックなコーナー、トロピカルなコーナー・・・

様々な雰囲気が混在しているような世界観は、ズバリ! TheWunderKammer の世界!

Wunderkammer201704

Wunderkammer201705

店内に並ぶそれぞれ個性的なアイテム達。

びっくりするような値段のものも多数・・・。

Wunderkammer201707

上写真左・右のパネルと、真ん中の写真の花器は、コガネムシの羽根?でできたモノ。

上写真真ん中のパネルはクジャクの羽根の一本一本でできたモノ。

おふたりのファン、おふたりからつくり出される空間のファンの方も多いのでしょうね。

Wunderkammer201708両手いっぱいにお買い物をして おふたりに見送られるマダム達・・・。

常連客さん達との会話や 接客・電話対応に お忙しそうなおふたりでした。

私もお気に入りを見つけ・・・自分へのプレゼント?!

そして 店内の写真も撮らせていただきました。


”Shop for a Week”は、一目でわかるくらいの強烈なメッセージがあり、コンセプトが徹底的に発信されています。

毎回このお店に足を踏み入れる度に、限られた空間の演出方法や 徹底したコンセプトの表現の仕方等は とても勉強になります。

今度はどんなお店に出会うかな・・・。

次に出会う時が楽しみです。


引き続き オープンガーデンを歩いていると、同じコンセプトのお店が 運河ミュージアムにもありました。

運河ミュージアム Cromhouthuis、ヘレン運河366 Herengracht 366, Amsterdam

TheWunderKammerの 2016年からのプロジェクトのミュージアムショップ ”Shop for a Museum”。

こちらは常設のようです(2017.06現在)。

ここに足を運べば いつでもおふたりの世界に出会えますね!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/06/21

夏至に想う・・・

6月前半の2週間、帰国していました。

仕事ももちろんですが、母の一周忌法要が最大の目的でした。

あれから1年・・・、あっという間でもあり 長くもあった1年でした。

1年前 ”絶望”しかなかった父や私も、少し元気になりました(2016年6月27日ブログ参照)。

ちょうど帰国していた時、実家の庭のあちこちには 様々な種類のアジサイが咲き、”色”が溢れていました。

昨年は”暗黒”にしか見えなかった夏至の頃でしたが、こんなにも色彩豊かな季節だったんだなぁと、あらためて気付きました。

辛かった思い出も、いつか懐かしく優しい思い出に 色を変えていく気がしました。

アジサイのように・・・。


話は変わり・・・夏至です!

Adam20170601

上写真は数日前の午後8時50分(2017.06.16)、まだ昼間のように明るい南の空。

Adam20170605夏至の頃、オランダは最高の季節を迎えています。

左写真は夏至(2017.06.21)の日の出日の入り情報、日の入は午後10時06分!

私が毎年楽しみにしているアムステルダム・オープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdamは、6月の第3週週末に行われます。

母が逝ってしまったのは、2016年のアムステルダム・オープンガーデン初日でした(泣)。

昨年は 私が一番楽しみにしていた日が、一番悲しい日となってしまったのです。

いつまでも悲しんでいても母も喜ばないだろうと、今年は 心を鬼にして?!(後ろめたさはありましたが・・・)、アムステルダム・オープンガーデン開催日に合わせて オランダに戻ってきました!

夏至の頃のオランダ、屋外イベントが最高に楽しい季節です!


アムステルダムに戻ってみると(珍しく)快晴・夏日!

20度以下でもおかしくないオランダの夏ですが、今年は最高の気候です。

Adam20170602

上写真は前出の写真と同日の午後9時10分(2017.06.16)、太陽が眩しい北北西の空。

まるで南フランスのような太陽と陽気で、オランダにしては 暑すぎる週末・・・。

1年に数日しかない?!快晴・夏日の太陽の下、お花に囲まれた週末を過ごしました。

ひと足早くやってきた夏休み気分で・・・。

Adam20170603

上写真は夏至前日の午後9時36分(2017.06.20)、北北西の空の夕焼けと夕日。

また近日中に写真を整理して、アムステルダム・オープンガーデンや 週末に出会ったお花のイベント等について レポートしたいと思います。


・・・ちなみに、1年前 7キロ減った体重は(前出のブログより)この1年で 4-5キロ戻ってしまいました(汗)。


Adam20170604

最後の写真は、今 絶好調のテラスのペチュニア!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/06/08

緑の中のチューリップ! Keukenhof2017

日本では梅雨入り・・・。

すっかり季節が変わってしまいました。

この春 オランダ・キューケンホフを訪れて ちょうど1か月。

たった1か月ですが、オランダでも日本でも、この1か月間に季節が大きく進んだ為か、とても以前のことのように感じます。

・・・実際 ブログを書くのも 遅くなってしまいました、久々のブログ投稿です(汗)。


Keukenhof2017011春に約2カ月(8週間)だけオープンする ”世界で最も美しい春の公園”と言われる キューケンホフKeukenhof(2017年3月23日~5月21日)。

32ヘクタールを超えるキューケンホフには、700万本以上のチューリップやスイセン・ヒヤシンス等の球根花が 植えられ、約2ヶ月間 様々な春の球根花が 順々に開花します。

私が キューケンホフが好きで 毎年訪れたい理由は、チューリップはもちろんのこと、なんといってもグリーンの多さ!

そう、キューケンホフでは ”森林浴” が楽しめるのです!

まるで森林のように、園内には大木がたくさんあります。

オランダでも日本でも 私の生活している場所や身近な場所に、こんなに多くのグリーン・大木がある場所はありません。

キューケンホフには、その森林の丘を 埋め尽くすように、チューリップ等の球根花が 植えられています。

ちなみに キューケンホフ園内には この森林のようなエリアや 開けた花壇のエリア等もあり、様々な風景を楽しめます。

お花が咲くと、まるで 森の中のお花畑!!

人工(?)の森林とはいえ、緑の多さや広さは 圧巻です。

Keukenhof2017012

Keukenhof2017013

Keukenhof2017014

Keukenhof2017015

私が初めてキューケンホフを訪れた時も(住み始める前のオランダ旅行の時、もう19年前!?) 、一番感動したのは その森林のような大木達、緑の多さでした。

今も その感動は変わりません。

特に今年は春が遅かった為か、5月中頃でも チューリップが満開だっただけでなく、ムスカリもヒヤシンスもスイセンも・・・、私が大好きなフリチラリア・インペリアリス(ブログ冒頭の写真参照)も咲いていました!

そして球根花だけでなく、サクラやアップル系(下写真参照)、モクレン、ツツジ、シャクナゲ、フジ・・・!

春と夏が一度に訪れたような お花溢れるキューケンホフでした。

5月中頃ともなると、その年の気候によっては、球根花は終わってしまい”緑”しか見られない年もあります(ありました)・・・。

Keukenhof2017017

Keukenhof2017018

Keukenhof2017016


昨年はスケジュールの都合で 4月の初めにキューケンホフへ行きました(2016年4月23日ブログ参照)。

ほとんどのお花は開花前、しかも本格的な雨に降られ(泣)・・・。

開花のタイミングやお天気は、キューケンホフを楽しむためには重要な要素ですが、こればかりは・・・神のみぞ知る!?

園内にある パビリオンでのエキシビション(館内)も見応えがあり、開花のタイミングが合わなくても!雨でも?十分楽しめます。

でもやっぱり・・・満開のチューリップと青空がいい!

雨の多いオランダの春の・・・、貴重な貴重なひとときです!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など