フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/27

青空の下のチューリップ達! Keukenhof2017

5月もあっという間に終わりに近づき、今週は好天に恵まれているオランダ!

今年は5月25日(木)が祝日”キリスト昇天祭”。

その前日は ストックホルムにて行われたサッカー・UEFAヨーロッパリーグ決勝にアムステルダムのチームAjaxが21年ぶりに進出(対戦相手はマンチェスターU)・・・ということで、水曜日(2017.5.24)から週末にかけて お休みの人も多くいたと思われるオランダ。

直前のマンチェスターのテロで、複雑な気持ちと心配が倍増しましたが・・・。

追悼の気持ちも込めて、アムステルダムは(サッカーは残念な結果となりましたが)お祭り騒ぎとなりました?!?!


好天続きと お祭り騒ぎで、もっと時間が過ぎたような気がしますが・・・

1週間前、オランダの春の観光名所キューケンホフKeukenhof が、今年の営業期間を終えました。

Keukenhof2017000

2017年は 3月23日~5月21日まで開園し、世界中からの観光客が140万人(速報値)となったそうです。

私も5月中頃のある日、その一人となりました?!

チューリップは咲いているか、満開なのか、咲き終わってしまっているか・・・

チューリップに限らず お花の咲き頃は その年の気候・気象条件等による為、全く 読めません。

これまでの経験では、5月(日本のゴールデンウィーク明け頃)にはチューリップやその他の球根花は終っていることも多かったです。

今年は春は天候も悪く 寒い日も多かったようだったので、チューリップは遅れているのではないか(5月でも見られるのでは?)・・・と、少し期待をしていました。


5月中頃、私がキューケンホフを訪れた日の天気予報は、朝は小雨、午後からは晴れの予報。

そんなお天気の都合もあり?、キューケンホフにお昼過ぎに 到着するように ゆっくり出かけました。

電車で アムステルダム中央駅からスキポールへ、スキポールから直行バス利用です。

道中は小雨がぱらつき・・・、スキポールでのバス待ち行列では 白い息を吐き 凍えかけていました(10度以下の寒さ!)・・・。

到着すると・・・、雨で濡れたキューケンホフのエントランス。

やんだかな?もう少しかな?・・・そんな小雨交じりの空気を感じつつ 入園。

しばらくすると・・・天気予報通り 晴れました!!


青空です!!!

Keukenhof2017003

Keukenhof2017004

Keukenhof2017005

Keukenhof2017006

Keukenhof2017002青空の下のチューリップ達!

青空に チューリップの鮮やかな色が映えます!

雨で濡れた地面もお花も、すっかり乾きました!

(オランダは乾燥しているので すぐに乾く!)

とはいえ・・・

公園(屋外)を長時間お散歩するには 少し寒く、気温は 9~14度。

薄手のダウンコートを着て行って 正解でした。

気になる お花達の開花状況は・・・?

・・・期待以上、予想以上でした!!!

なんと?!今年は(5月中頃)、春から初夏のお花達が 一同に咲いていました!!

ムスカリ、ヒヤシンス、スイセン、チューリップ、スズラン、フリチラリア・・・

サクラやアップル系(下写真参照)、モクレン、ツツジ、シャクナゲ、フジ・・・

Keukenhof2017007

春前半が寒くお天気も悪かったようなので、一度に 春と夏が来たような状況です。

これまでにも、5月中頃に チューリップやサクラが満開の年も(まれに)ありましたが、これほどの種類のお花が一同に見られたのは初めてかも?!

そして何よりやっぱり、太陽と青空です!


ブログ冒頭の写真と下の写真はキューケンホフ内にあるHiostricalGarden。

Keukenhof2017008

HiostricalGardenは、キューケンホフ園内のチューリップ畑とは一味違うガーデンで、フジやバラも見られます。(今年はバラは開花前でした)

青空の下で見る美しいガーデンに、 ”ここは南仏か?外国か?” と思ってしまったほどでした(笑)。

私にとっては 大大大満足の 春の終わりの一日となりました。


Keukenhof2017001今年は新しいエントランスもできて(左写真)、ちょっと垢ぬけた?キューケンホフ。

混雑具合も 年々増しているようです。

10年ほど前でしょうか。

5月中頃の閉園間際にキューケンホフを訪れた時、園内はガラガラ・・・。

地元のホームの方々?の団体さんくらいしかいなかった事がありました(汗)。

今となっては、そんな光景が まるで夢だったかのような 混み具合です!

Keukenhof2017009

上結合写真左から・・・園内の大きな池?、昨年までのエントランス、新しいエントランス付近。

世界中からの観光客の皆さんも、満開のチューリップと 太陽と青空を満喫し、オランダ旅行の良い思い出となったかな・・・?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/05/19

これが降らなきゃ、始まらない?!

5月中盤ともなると、たまに?夏を感じる陽射しが 降り注ぐアムステルダム。

今週も日中の気温が 25~30度になるような日がありました。

が!

日本と違って、このまま真夏に向かう・・・と思うのは大間違い!!

私もオランダに住んで、最初の1~2年は、つい!?クローゼットの入れ替え(冬服から夏服へ)なんて してしまいましたが・・・

オランダでは 衣替えの必要はありません・・・

初夏でさえ冬のコートが、真夏でさえ スプリングコートが必要なのは・・・日常です。

オランダでも 夏服やリゾートドレスが着たくなるような日もありますが、ほんの数週間?数日?!の事です。


今回はそんなオランダの・・・春の終わりの風物詩のお話。

Iepen20170501

例年は4月末頃、寒かった今年は 5月初めに降り・・・?、吹き荒れました!

降る・・・?

吹き荒れる・・・?

そう・・・ニレの種子の嵐です!

アムステルダムの”顔”にもなっている代表的な街路樹ニレ(楡/elm/iep/iepen)。

アムステルダムの運河沿いやストリートに、75000本以上 植えられていると言われています。

アムステルダムの運河を眺めていると・・・”四季”が見えます。

緑に輝く運河沿いの街路樹は、秋(冬?)になると 落葉します。

そして、初春に 芽吹き、花が咲き、緑色の種子となり・・・。

その種子は、まるで 緑色の八重桜”御衣黄”のように フワフワ タワワに 実ります。

前回ブログ(5月12日ブログ参照)の冒頭の写真参照・・・運河の左側の街路樹は分かりやすいかも。

そして春も終わりに近づくと、金色(薄茶色)に色を変えた種子(ブログ冒頭の写真参照)が・・・散ります。

まるで 桜吹雪のように・・・。

その種子は、太陽の光を浴びて キラキラ ヒラヒラ と散り、吹き溜まり、クルクル舞い上がります。

Iepen20170504

上写真:通りや玄関先はカサカサだらけ、真ん中写真はPrinsengracht

Iepen20170503

上写真:Westermarkt、左・右写真は西教会前のアンネ・フランク像

Iepen20170502ピークの時は、キラキラ ヒラヒラ どころではありません。

ドッサリ!!降ります。

左写真は西教会前のアンネ・フランク像

普段から風の強いアムステルダムでは、あらゆる場所にニレの種子が 吹き溜まり積もります。

そしてまた 風に吹かれ舞いあがります・・・。

”カサカサ”と音を立てて・・・。

そのため私は、アムステルダムに住み始めてからずっと、この種子のことを”カサカサ”と呼んでいます。

”今日はカサカサ騒々しかったなぁ・・・”

耳に残るほどの カサカサ音?です。

それでもアムステルダマー(アムステルダムの人々)はニレが大好き、この季節が大好きなのです。

私もアムステルダムに住み始めた頃は、ストリートに降り積もるニレの種子がきれいだなぁと、かき集めたりしていました。


ですが このカサカサには、問題があります?!

その”量”が 想像を超えるものなのです。

家の中へも、部屋の中へも、階段を舞い上がってまで 入ってきます。

ピークの頃は、種子は散り続け、風に吹かれ再び舞い込み・・・掃いても掃いても 片付きません。

日々掃除をしてくれている町の清掃車でも 全く追いつきません。

この季節は、アムステルダムのどのカフェも どのレストランも、入口には カサカサが舞い込んでいます。

バッグや服の中にも入り込みます。

数ヵ月後に、こんなところにまで”カサカサ”が?!と 思わぬ場所で発見することも。

もともと風が強く 乾燥しているアムステルダム、”カサカサ”が カサカサと音を立てて舞っている時は、ほこりっぽくもあり、目にもホコリやカサカサが入ります。

運河も大変です!

Iepen20170505

上写真:アムステルダム・ヨルダン地区のEgelantiersgracht

水面は カサカサで 覆われてしまいます。

そしてもうひとつの問題・・・それは雨。

雨が降ると降り積もった”カサカサ”は ドロドロになります。

”カサカサ”も限度を過ぎると厄介ですが、ドロドロはもっと厄介です(街がきたなくなる)。

今年も種子がドッサリ降った後、本格的な雨が数回 降りました。

・・・先日までアムステルダムの街に吹き荒れていた”カサカサ”は、だいぶドロドロになってしまいました?!

ドロドロになり・・・、また乾燥してカサカサになり・・・、次第に粉々になり・・・。

状態はだんだん変わっていきますが、アムステルダムの至るところにカサカサの残骸が しばらく残ります。


種子をドッサリ散らした街路樹ニレは、多少 緑の葉っぱはあるものの、一瞬 枯れ木のような風貌に。

そして ニレの嵐のピークが過ぎた頃には、緑の葉っぱがワサワサと茂ってきます。

今年のニレの種子の嵐のピークは過ぎましたが、ニレの種子は 今日も アムステルダムの風に吹かれ、キラキラ ヒラヒラ と 舞っていました。

こうして アムステルダムの季節は、初夏~夏へ 加速していきます。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/05/12

国民が一つになる日・・・King'sDay2017・他

昨日の夜、アムステルダムは盛り上がりました!

家にいても 夜中まで騒々しさ?が伝わってきました。

昨晩は UEFA ヨーロッパリーグ準決勝が行われ、アムステルダムのチーム Ajax が 21年ぶりの決勝進出を決めたそうです。

その瞬間、街中から「ウオォォォーーーー!」と地響きのような叫びが響き渡りました。

その後は夜中まで、家の前のストリートも バーやカフェも 賑やかでした。

決勝は5月24日だそうです。

(サッカーにそれほど興味がなくとも、オランダにいる以上 サッカーのスケジュールを押さえておかないと、いろんな意味で危険です?!)


そんなわけで?昨晩もアムステルダマーは 一丸となり 盛り上がっていましたが、オランダの4月末~5月初めは、オランダ国民が一つになるような行事が続きます。

Kingsday201701

まずは 4月27日King'sDay国王の誕生日(上写真)!

ちなみに 2013年まではQeens'Day女王誕生日4月30日でした。

King'sDayの続きは ブログ後半で。


そして 5月4日「戦没者追悼の日Dodenherdenkingsdag」。

Adam201705045月4日の「戦没者追悼の日」は、戦争で命を落とした人々を追悼する日。

左写真はアムステルダム・西教会そばの船着き場、西教会も半旗でしたが、船着き場にも半旗が揚がっていました。

ナチスドイツに強制収容所へ送られたユダヤ人や、インドネシア(当時オランダの植民地だった)で日本軍の捕虜となった人々も含まれます。

国中で半旗が掲げられたこの日、アムステルダム・ダム広場にある戦没者慰霊塔ではセレモニーが行われました。

ウィレム・アレクサンダー国王とマキシマ女王が 献花されます。

私もこの日 ダム界隈に行きましたが、式典の数時間前から ダム広場は厳重に警備され、立ち入り制限もされており、通り抜けることはできませんでした。

式典が始まる午後7時頃は、多くの人々がダム広場に集まっていました。

私もその時 すぐそばにいましたが、私は日本人・・・この式典の意味を想うと、(戦争時のインドネシアでのことを想うと) ダム広場に向かうことはできませんでした・・・。

そして午後8時、全国で2分間の黙とうが捧げられました。

その2分間は、公共交通機関(電車・バス・トラム等)もとまる 静寂な時間。

飛行機の離着陸も ストップするとか。

通りを走る 自動車も 自転車も停車、歩く人々も立ち止まり、黙とうを捧げます。

私は午後8時、ダム広場からもすぐ近い 西教会あたりを歩いていました。

その2分間は立ち止り、目を伏せました。

オランダ中の人々が 同じ気持ちを共有する静かな2分間でした。


そして 5月5日「開放記念日Bevrijdingsdag」。

オランダがナチスドイツから解放された日です。

国中で国旗が揚がります。

多くの悲しみや犠牲あり、今の自由や喜びがある・・・そんなことを噛みしめる 4月末から5月初めのオランダです。


そして あらためて・・・

4月27日 King'sDay 国王の誕生日!

私は残念ながら 今年もこの日 日本にいましたが・・・

オランダが一番オランダらしい日の様子です(アムステルダム友人撮影)!!

Kingsday201702まずは King'sDayの前日。

私が住むアムステルダム・ヨルダン地区Jordaanには、(Queen'sDayの頃から)名所があります!

それは カフェの壁面パネル !!

毎年 趣向を凝らした 王家の人々をモデルとしたパネル。

今年は この日50歳になるウィレム・アレクサンダー国王のパネルでした!!

このパネルの前には屋台やステージもできて、夜中まで人々”が寿司詰め状態”で 盛り上がります。

そしてKing'sDay当日。

アムステルダムでは 運河にボートが集まり・・・

人々がストリートや 橋の上に集まり・・・

そぞろ歩き・・・

とにかく ワイワイガヤガヤ 賑わいます!

Kingsday201703

Kingsday201704

(King'sDayとKing'sDay前日の写真はアムステルダムの友人撮影)


楽しそうな写真を見て、気付いた事があります。

King'sDayの写真の中の 運河沿いの街路樹ニレは、まるでお花を付けているように 緑のふさふさ(カサカサ・種子)を付けています。

例年「国王の日」(以前は「女王の日」)の頃、降り積もっている街路樹ニレの種子カサカサ・・・今年のKing'sDay2017年4月27日は、まだ散っていませんでした。

今年は 寒かったのでしょうね。

その後 私がオランダに戻った5月3日、ニレの種子カサカサは 降り積もり(散り)始めていました!

前出の「戦没者追悼の日(5月4日)」の半旗の写真の運河は カサカサ(ニレの種子)で水面が半分 埋もれています。

聞くところによると、今年は 4月27日・国王の誕生日(木曜日)の3日後の日曜日頃から ニレの種子が降り(散り)始めたそうです!

4月末~5月初めの様々なイベントを終えたアムステルダム・・・

ちょうどこの頃、アムステルダムにニレの種子が降り、季節が進んでいきます・・・初夏へ!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2017/05/06

チェコへの想い・・・『ミュシャ展』

1か月半ぶりにアムステルダムに戻りました。

気温は 10度前後を行ったり来たり・・・相変わらず肌寒いアムステルダムです。

ですが、それでも初夏(?)・・・毎年・何年 経験しても、夜の明るさにはハッとします。

日本も 日が長くなりましたが、オランダ到着した日(5月3日)の夜、「夕焼けがきれいだなぁ」と空を眺めた時間は 夜 9:20頃でした。

日本にいた約1か月半は、桜の芽吹き~開花、新緑の季節・・・へ、美しい自然を満喫できました。

あっという間に過ぎた春でしたが、小さな思い出を作ることができました。

”帰国中に これだけは行きたい!”と 帰国前から思っていた美術展に、混み合うだろうGWを避け 訪れることができました。

Mucha20170401

そしてもう一つ。

急遽計画した 父と 父の故郷・鹿児島への 日帰り旅!?

私にとっては 大学を卒業した頃に行って、それ以来のxx年ぶりの鹿児島でした。

ただ・・・今回は日帰り。

Kagoshima1704ちょうど満開だった鹿児島の桜も見たかったのですが、目的の親戚見舞いをするだけで タイムオーバー。

桜島だけは見ることができました!

(お天気はちょっと残念な曇り空)

新幹線を乗り継いで、片道約5時間半、滞在時間5時間弱!

私も親も親戚も、当たり前ですが 皆 歳をとりました。

おそらく最初で最後の父との二人旅?!

若い頃には気が付かなかった 時間の大切さが 身に沁みる旅となりました。


さて本題。

Mucha20170400私がこの春選んだ美術展は 『国立新美術館開館10周年記念・チェコ文化年事業 ミュシャ展』(2017年3月8日~6月5日)。

同時期に 国立新美術館では 草間彌生展「わが永遠の魂」(2017年2月22日~5月22日)も開催されており、かなり心惹かれましたが・・・、ハシゴはせず ミュシャ展のみに 時間を費やしました。

アルフォンス・ミュシャ(ムハ)Alfons Maria Mucha(1860~1939)・・・アール・ヌーボーのポスター画や挿絵やイラストが広く知られていますね。

日本でも アールヌーボーのミュシャファンが 多いと思います。

19世紀末~20世紀初めにパリを中心に活躍したミュシャですが、出身は (現在の)チェコ。


チェコといえば・・・

私も5年前(もう?)2012年8月の夏休みに訪れ、たくさんの思い出があります。

その夏の思い出の中で、ドイツ・ドレスデンから電車で向かい、チェコ・プラハの駅に降り立った瞬間の空気感や、駅の中で彷徨っていた時に目の前に現れたアール・ヌーボーの一角、プラハ城にある聖ヴィート大聖堂Katedrála svatého Vítaのミュシャのステンドグラス等が 脳裏に焼き付いています

駅舎で見かけたアールヌーボー?→2012年9月27日ブログ、ヴィート教会のステンドグラス→2012年10月3日ブログその他チェコ・プラハについて 2012年9月29日ブログ 2012年10月6日ブログ 参照)。

私にとっては初めてのチェコ、短い滞在で 時間が全く足りず・・・。

旅行中にも 何とか時間を作れないかと模索しましたが、結局チェコ滞在中に ミュシャ関連の場所(プラハ市民会館・ミュシャ博物館)を訪れることは できませんでした。

それは5年経とうとしている今でも 悔やまれます。

この時の旅行がきっかけて、東ヨーロッパに はまりました!?


そこへ 飛び込んできた 今年2017年前半 最注目の美術展『ミュシャ展』!

しかも、良く知られている(観る機会のある)アールヌーボーのミュシャが中心ではなく!?

ミュシャの故郷チェコや ミュシャのルーツでもある スラヴ民族の歴史について描いた『スラヴ叙事詩』(1912~1926)全作20点の油彩画が、一堂に公開されるという 壮大な企画展!

ミュシャが晩年の16年間をかけて描き上げた『スラヴ叙事詩』は、作品のサイズがそれぞれ大きく、一枚の大きさは 縦6メートルx横8メートル等 とか!!

国立新美術館の混雑具合もすごかったですが、作品の そのサイズ感には圧倒されました。

展示室の一部が撮影可能となっていました!(下写真・ブログ冒頭の写真)

ブログ冒頭の写真:「イヴァンチツェの兄弟団学校 クラリツェ聖書の印刷」(1914年 610x810cm)

Mucha20170402

Mucha20170403

上結合写真左:「聖アトス山 正教徒のヴァティカン」(1926年 405x480cm)

上結合写真右:「スラヴ民族の賛歌 スラヴ民族は人類のために」(1926年 480x405㎝)

Mucha20170404

上結合写真左:「ロシアの農奴制廃止 自由な労働は国家の礎」(1914年 610x810cm)

上結合写真右:「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い スラヴ民族復興」(1926年・未完 390x590cm)

作品は サイズの数字で見聞きする以上の 迫力でした!

さらに、映像のようなミュシャの独特な色合い・・・世界観もすごいし、作品が訴えてくるパワーもすごい!!


私は5年前のチェコ旅行をきっかけに 東ヨーロッパ文化に興味を持ちましたが、恥ずかしながら それはうわべだけのこと。

私が知っているチェコや東ヨーロッパと言えば、第一次世界大戦以降の 一般常識 未満(?)。

”スラヴ民族”のことも、歴史も あまり(全然?!)知りませんでした。

今回訪れた『ミュシャ展』では、はやる気持ちを抑えられず、音声ガイドを借りずに 一旦 足を踏み入れました。

が!?

あまりにもすごい人出で 全く集中できず・・・、またその絵画一点一点がドデカくて!何をどう観たらよいか分からず・・・、音声ガイドを借りに すぐに戻りました!

戻って正解、音声ガイド必須です。

音声ガイドのおかげで 人混みを忘れ、人混みを全く気にすることなく、ミュシャ鑑賞に集中することができ、ミュシャによる壮大な”歴史絵巻”を堪能できました!!

当時パリで活躍していたミュシャが、故郷へ戻り『スラヴ叙事詩』制作に没頭するようになるきっかけのお話・・・。

そして、全く持ち得てなかったスラヴ人のことや 歴史を 知ることができました。

音声ガイド、今回ほど必須だと思ったことはありませんでした!!

私は普段 美術館で 音声ガイドを借りることは多いものの、音声ガイドを聞きながら絵画を観ると、聞くことに集中してしまうのか、感覚的な視点を失うというか、鑑賞がおろそかになる傾向があるので(私だけ?)、できれば音声ガイドなしで 感覚を大切にして絵画鑑賞したいと思っています。


そもそも スラヴ人・スラヴ民族とは・・・??

東はロシア辺り、西はクロアチア辺りまで・・・中央・東欧に住むスラヴ語派を話す民族集団のこと。

東スラヴ人(ウクライナ人・ベラルーシ人・ロシア人)、西スラヴ人(スロバキア人・チェコ人・ポーランド人)、南スラヴ人(クロアチア人・セルビア人・ブルガリア人)等に分けられるそう(Wikipedia参照)。

それぞれ興味深い文化や歴史に溢れていそうですが、私が 一番知らない(縁遠い)エリア。

今回の美術展をきっかけに、これらの国々について、国の範囲や政治、宗教だけでなく、スラヴ人の歴史やスラヴ文化も加えて、見て学んで行きたいと思います。

5年前からはまった東欧文化(その翌年にはハンガリー旅行に行きました)・・・もしかしたら私が惹かれているのは それらの国々のベースにある ”スラヴ人”や 彼らの”誇り”なのかもしれません。

次に東欧方面を訪れることがあれば(近いいつか!必ず)、 ”スラヴ人”や スラヴの文化・歴史についても 感じながら旅をしたいと思います。


今回『ミュシャ展』が開催されていた国立新美術館、私にとっては初でした!

美術展だけ観て帰る・・・なんてもったいない!?

・・・黒川紀章氏設計なんですね~!

Tnat20170401

建造物としてもカッコ良くて美しく、空間もとても広々として落ち着きがあり、(展示室以外は)人混みも気にならず、ゆっくり過ごしたい素敵な美術館でした。

外観の風景はどんな感じだろう・・・。

ビルに囲まれた都会のド真ん中・・・外観(全体)の見え方が気になりました。

黒川氏の建造物はアムステルダムにもあります。

アムステルダムのミュージアムプレインMuseumPlein にある ゴッホミュージアムの別館が黒川氏デザインです( 2015年10月14日ブログ 参照)。

広々とした緑(芝)に囲まれたアムステルダムのミュージアムプレインと、ビルに囲まれた東京のド真ん中では、建造物の見え方も 存在の意味も違ってきますよね。

建造物って深いな・・・と思いました。

国立新美術館・・・また行く機会があれば、今度は建物にも注目してみたいと思います。


Tnat20170402

Tnat20170403この時 開催されていた草間彌生展 に合わせ、美術館周りの木々は水玉の衣装?をまとっていました!

屋外には 草間さんの”南瓜”(2007年)も 展示されていました!!

写真撮影が許可されていたので 記念に。

写真右下の影が私です?!

太陽に照らされて さらに存在感を増しているように輝いていた 水玉かぼちゃです!

好きだなぁ・・・てんてん(水玉)・・・この世界観!

草間彌生展 も行きたかったのですが、残念でした。

また いつか どこかで 出会えますように・・・水玉とかぼちゃ・・・。


blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析