« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016/12/29

絢爛豪華な本丸とお花と、カーリーパワー?! in NAGOYA

今までで 一番長く感じた一年であり、そしてあっという間だった2016年が、まもなく終わろうとしています。

仕事納めは今日でしたが、12月後半になると、仕事を一つ終える毎に 達成感やら 嬉しさやら、いろんな感情が込み上げました。

クリスマスの週末までに 壁の高かった?仕事を ほぼ終えることができ、ホッと一安心。

昨年(2015年)末から 晴れることのなかった気持ちでしたが(6月27日ブログ参照)、2016年最後の1週間となったクリスマスの週末、今年初めて とてもすっきりした気持ちになることができました(涙)!

ここのところ なかなかブログを書く時間がありませんでしたが、クリスマスを含め 12月は書きたいと思うイベントが いろいろありました。

そんな中から、今年最後となる今回のブログは、”元気をもらおう?!”と思い 訪れた(日本での)イベントについて書きたいと思います。


12月中頃、まだ年末の仕事が忙しかった時、ふと耳にした TVのニュース・・・

その時は 仕事のスケジュール上 行けそうもないと思い、聞き流したのですが・・・。

仕事に終わりが見えた頃、再びそのニュースを耳にしました。

・・・行けるかも?!?!

私はクリスマスのお休みを12月24日と26日にとっていて、25日は仕事をいれていたのですが・・・。

Honmaru20161206午前中で切り上げて、行ってきました 名古屋城!!

この日は、名古屋城本丸御殿のイベント最終日でした。

名古屋城本丸御殿公開記念 華道家 假屋崎省吾の世界展

~百花絢爛 in 名古屋城~(2016年12月16日~12月25日)

仮屋崎さんのファンというわけではありませんが、いつも元気な(イメージの)假屋崎さんに パワーをもらおう!、きれいで鮮やかなお花から パワーをもらおう!・・・そう思って。

名古屋城本丸御殿も 見学したいと思っていたし、一石二鳥です?!


1945年5月の名古屋大空襲により焼失した 名古屋城本丸御殿。

2009年から復元工事が始まり、2013年5月から「玄関・表書院」が公開、今年6月から「対面所・下御膳所」が公開されています。

Honmaru20161203まだ一部は復元工事中で、公開予定は2018年とのことです(左写真参照)。

今年はニュースで 公開された本丸御殿「対面所」等の煌びやかな様子を 度々目にしていたので、いつか観に行きたいと思っていたのです。


この日は 太平洋側エリアの冬の空らしく 高く澄んだ青空が広がっていました。

名古屋駅から、普段なら 乗り慣れた地下鉄を利用して名古屋城方面へ行くのですが、今回は初めて ”メーグル”というバス(名古屋観光ルートバス)を利用してみました。

名古屋駅から ノリタケの森・名古屋城・徳川エリア等、行き先によっては便利ですね!

メーグルバスは 名古屋城・正門近くのバス停に停車。

正門でチケットを購入し、しばらく砂利の道を歩いて・・・表二之門をくぐると、名古屋城本丸御殿です。

堂々とした眩しい姿で現れました、本丸御殿の玄関・車寄(下写真)!

假屋崎さんのお花も飾られていました。

Honmaru20161201

ブログ冒頭のお花の写真は、この作品(上写真)を反対側(室内)から見たものです。

ここで係りの方に尋ねると、写真撮影もブログに掲載してもよいとのことでした(フラッシュ撮影はNO)。

玄関の右少し奥に入り口があり、靴を脱いであがりました(脱いだ靴は鍵付きロッカーへ)。

ちなみに タイツの場合はスリッパ着用とのことで貸 しスリッパを履きました。

靴下の場合はそのままでいいのかな?

余談ですが、”靴を脱ぐ・・・”というのは 日本らしい文化だと思います。

ヨーロッパでも文化財的建物等の床を守る為に、スリッパ着用ということがありますが、靴のまま履けるスリッパが用意されています。


いよいよ見学開始!

Honmaru20161204

Honmaru20161205

Honmaru20161207

このイベントだけなのか、毎日なのか不明ですが、常滑焼・Noritake(ノリタケ)・有松/鳴海絞・七宝焼・名古屋提灯・名古屋友禅等、・・・世界へ誇る 地元の芸術品も 展示されていました。

Honmaru20161208

Honmaru20161209

假屋崎さんのお花は 大胆で 勢いがあり、それぞれのお部屋の雰囲気とも合っていて、すっかり お部屋の一部となっていました。

聞こえてくる会話から、観光客・見学客の中には、假屋崎さんのイベントが行われていることを 知らない方も多くいたようでした。


ニュースの特集等では、ふすまの絵や懸魚(破風に取り付けられて装飾)や様々な技術もじっくり紹介されていて、興味がありました。

・・・ですが、見学は廊下からのため、ふすま絵等を じっくり見るためには双眼鏡が必要でした(私の目では)。

Nagoyajo20161202復元工事が施された本丸御殿は レプリカではありますが、見えるものすべてに 職人さんの最高の技術が駆使されていると思うと、じっくり観たい。

次回は 双眼鏡を持って行こうと思います。

(左写真上は名古屋城の地図、写真下はチケット)

今、名古屋城天守閣を木造復元したい・・・という 動きが(一部に)ありますが、どうなるのかな。

天守閣も 本丸御殿と同じく、戦災にて焼失。

その後 天守閣は、市民の「二度と燃えないように」との願いを込めて、1959年 当時の最新技術を駆使した 鉄筋コンクリート造りの天守閣に 生まれ変わったのだそう。

今見ている天守閣は、その際の市民からの寄付や想いがつまっている天守閣。

木造復元も良いけれど、市民の想いの詰まった天守閣を大切にしたい気もします・・・。

耐震性に問題があるならば、今の天守閣を最新の技術で 修復するという手段もあるし・・・。


話がそれましたね、本丸御殿に戻りましょう。

Honmaru20161202この日は假屋崎さんご本人も いらっしゃいました。

私はニュースで聞いて、この日 会場にいらっしゃることを知っていいたので、どこにいらっしゃるのかなぁ・・・と、ちょっと楽しみにしていました。

すると、見学コースの終盤 ”孔雀の間”に !

”孔雀の間”では、假屋崎さんグッズが所狭しと並べられ、サイン会が行われていました。

假屋崎さんご本人が 「今日は最終日ですよ~」、「これは私がデザインしましたよ~」、「これはあと残り・個ですよ~」、「サイン会再会しますよ~」と、大きな声で軽快に声かけしていました!!

テレビでお見かけするカーリーと全く同じイメージ、同じ声、同じ風貌!!

あの雰囲気・キャラも そのままでした!

あまりにも軽やかで元気な声に圧倒され、それまでに観たお花のことを忘れちゃうくらい、カーリーパワーはすごかったです?!

私も 記念に カーリーグッズを購入し、サインをいただきました。

今回 名古屋城で假屋崎さんのお花を観て・・・、忘れていた古い記憶がよみがえりました!

假屋崎さんをお見かけしたのは今回が初めてでしたが、ず~~~っと前(オランダにお花の修行に行った当時)、東京・目黒雅叙園の展覧会に一度行ったことがありました!

今年 千秋楽を迎えたという目黒雅叙園の秋の展覧会です。

2000年から今年まで続いたイベントとのことだから、本当に最初の頃(私がオランダに修行に行ったのは1999年でした)。


Nagoyajo20161203お花からパワーをもらい、”カーリーパワー”もいただき、この日の空のように 晴れやかな気分で 天守閣を眺めました。

”気分爽快”とはこのことです!

思わず天守閣見学のルートへ 当たり前のように 足が向かいました。

が・・・ ・・・ ・・・?!

そこで ふと 我に返りました。

この日は クリスマス!

クリスマスに一人で天守閣なんて・・・。

一人でも平気ですが、せっかくなら?また別の機会に・・・と引き返しました。

青空と輝く金のシャチホコに 後ろ髪をひかれながら・・・。


Nagoyajo20161204その後 正門の前で ”名古屋おもてなし武将隊”(この日は5人)の出陣式に 遭遇(左写真)。

周りにいた観光客を引き連れて 二之丸広場の方へ 出陣していきました。

彼らも テレビで見かけるのと同じ”パワフルさ”を振りまいていました!

この日、名古屋城には パワーが溢れていました。

クリスマスだから?

名古屋城はパワースポット??

おかげで来年に続きそうな ”パワー”が充電できました。

2017年は 今年の分まで パワフルに過ごすぞ~!


それでは皆様 今年も一年間ありがとうございました。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/12/19

アムステルダムのクリスマス2016

まもなく クリスマス。

まもなく 年末。

今年の仕事を ほぼ??終え、ホッとしている今日この頃・・・。

やっと? もうすぐ? アムステルダムに帰れます~(泣)。


さて そんな中、アムステルダムのクリスマスの風景が、アムステルダムの友人から 届きましたので 早速ご紹介します。

まずは アムステルダム・ダム広場DAM, Amsterdamのクリスマスツリー。

2016年12月9日がツリーの点灯式でした。

Dam20161201

毎年 同じ姿に見える?!ダムのクリスマスツリーですが、正真正銘 毎年新しいツリーが近隣国から運ばれてきます。

今年のツリーは、ドイツのアルデンヌ地方(ドイツ・フランス・ルクセンブルク・ベルギーの国境辺り)の町で みそめられ、遥々ダムまで運ばれてきたそうです。

この美しい姿の モミの木AbiesNordmannianaは 高さ21メートル、40000球のLED電球で飾られています。

Dam20161202

写真はダム広場のツリーと王宮。

40000球のライトとはいえ 主張し過ぎることなく、街の風景と溶け合って 優しくぬくもりのある 雰囲気。

ライトに ほんわか照らし出された 建物群や石畳に、”変わらない風景”の安心感を感じます。

Dam20161203

上写真は ダム広場、写真中央あたりにツリーがあります。

日本のライトアップイベントような 煌びやかさはありませんが、どこかホッとする アムステルダムのクリスマスの風景です。

Dam20161204

写真はダム広場のクリスマスツリーと de Bijenkorf。


ダム広場は これだけではありません?!

ダム広場の角にあるデパート・バイエンコルフde Bijenkorf は、ツリーより一足先に 煌びやかにライトアップされました(2016年11月17日)!

その時のセレモニーは すごかったです!!

私は日本にいたので、ニュースサイトの動画を観たのですが、感動でした~!!

YouTubeで紹介されているので 是非ご覧ください。

Turn on the Lights 2016(ハイライト / 1分43秒バージョン by de Bijenkorf)

もっと観たい方は・・・こちら↓のページへ。

2016年11月18日に私のつぶやき(Twitter)で ご紹介したAT5さんのサイト。

約25分のフルバージョンが 下記リンクのページから観られます。


Dam20161211そして 冬と言えば・・・!?

現在アムステルダムでは Amsterdam Light Festival 2016-2017 が開催されています(2016年12月1日~2017年1月22日)。

暗く寒い冬のアムステルダムを、明るく楽しく盛り上げてくれる 冬の代表的なイベントです。

黒い看板の写る写真は、Light Festivalから。

ライトフェスティバルの中の たくさんある ライトアートの中の一つ。

看板の左側にちらりと見えていますが、残念ながら これ以上の写真はありません。

このアート”The Lace”は、タイトル通りレース状の光のアートで、ものすごく綺麗だったそうですよ!

アムステルダムに戻ったら早速 観に行かなきゃ~~~!


Noordkerk201612最後は、番外編!?

アムステルダムの北教会Noorderkerkに、12月中頃のある日 突如出現した 動物ふれあいコーナー!?

オランダの人達、動物や鳥との触れ合い 大好きなんですよね。

動物達を見てるだけでも、触れ合って楽しんでいる人達を見ているだけでも、Happyをもらえます。

今回のブログの写真は 全て アムステルダムの友人撮影。


さあ、いよいよ クリスマス!

それでは皆様、素敵なクリスマスを~!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/12/11

”プロヴァンス欲張りツアー”の前に?! Summer2016

前回の夏休みレポートで(11月25日ブログ参照) アヴィニョンAvignonの世界遺産・見どころをご紹介し、南フランスの旅も終わったかのように締めてしまいましたが・・・。

まだ続いています、南フランスの旅?!

『南フランス 世界遺産と 癒し?の旅』(2016.8.3~2016.8.8)

Summer2016marche01

5泊6日の夏休みの終盤、4~6日目を過ごした南フランス・プロヴァンス地方 アヴィニョンAvignon。

夏休み5日目(アヴィニョン2日目)、日帰りオプショナルツアーを利用して、南フランス・プロヴァンスの魅力的な村々を周遊しました。

夏休みの計画を始めた当初、”ラベンダーツアー”に絶対参加する・・・と心に決めていたのですが・・・。

ラベンダーには時期があり、8月初め頃は もう刈り取られた後ということで、ラベンダーは諦め・・・(泣)。

”プロヴァンス欲張りツアー”(私の命名?!)参加を決めました。


このツアーには昼食(ランチタイム・ランチ)が含まれておらず、各自パン等を持参するよう 案内がありました。

ツアー参加日は日曜日だったので、日曜日の早朝でも開いているパン屋さんを、念の為 前日にホテルのレセプションで確認。

「日曜日も朝早くから開いてるわよ~」と、教わった場所が 中央市場Marché les Halles d'Avignon でした。

ということで、早朝(ツアー前に)ホテル近所を マルシェまで散策です。

Summer2016marche02朝7時20分、朝から 突き抜けるような 青空!

ホテル前にそびえる 法王庁宮殿の壁を照らす朝日。

早朝すでにこの眩しさ(左写真)です!

日向と日影の くっきり強烈なコントラスト!

・・・グングン暑くなりそうな予感(汗)。

早朝の 静かな路地を適当にお散歩。

歩いたストリートは、賑やかだった法王庁広場や時計台広場等とは異なる 雰囲気が漂っていました(下写真)。

Summer2016marche03


ホテルを出て 5分ちょっと(10分弱)でしょうか。

路地の先が ぱぁっと開け 見えてきました!

壁面緑化された大きな建物が マルシェでした(ブログ冒頭写真)。

日曜日 朝7時半ということで、ストリートは寝静まっていましたが、マルシェの周りには (やっと)人の姿がちらほら。

Summer2016marche06マルシェ内のお店も まだ準備中?

左写真はまだ静かなマルシェ内

開店していたお店は一部、多くのお店は開店準備中。

店員さん達は 商品の陳列作業に忙しそうでした。

すでに並んでいた野菜やフルーツからは ”ボンジュール!”と聞こえてきそう?!

カラフル!ツヤツヤ!の野菜達。

Summer2016marche04

Summer2016marche05

野菜・フルーツ・魚・お肉・お惣菜・チーズ・ワイン・パン・スイーツ・・・

南フランスの新鮮な食べ物を眺めながら、グルグル マルシェ内を歩きました。

ワインもチーズもお惣菜も・・・あれもこれも買って帰りたくなりますが、グッとガマン。

Summer2016marche07こんな食べ物にも遭遇・・・・

この地方の名物?子豚ちゃん丸焼きCochon de lait farci(左写真)。

丸焼きとは言ったものの、詰め物でハムのような感じかな?

さて、どのお店でパンを買いましょうか・・・。

マルシェ内にはパン屋さんが数件ありましたが、結局選べず(汗)。

マルシェ脇の出入り口のすぐそばにあったパン屋さんに(現地の人達の)行列ができている様子。

私達もマルシェを出て その列に並び、ランチ用のパンを買って 一旦 ホテルへ戻りました。

朝の散策から戻ったら、ホテルの朝食が待っています。

清々しい朝のお散歩後の朝食は、おいしさ倍増でした!


さあ いよいよ ”欲張りツアー”が始まります。

ホテルからも近い アヴィニョンの時計台広場の Banque de France前に 9時集合。

集合場所に行くと、何グループかの人達がちょろちょろと集まり、お迎えを待っている様子。

9時、ほぼ時間通りに バンが数台 やってきました。

それぞれ 行き先の違うツアーの車(バン)のようです。

待っていた人達の一部が 私達と同じツアーでした。

カナダ人カップルと 中国人ファミリーが、今回の”欲張りツアー”の仲間となりました。

Summer2016prov00英語を話す 愛想のよい フランス人のお兄さんが ドライバー兼ガイド。

左写真の車が この日 私達を連れて長距離 走ってくれたバン(ツアー終了時に撮影)。

ドライバーさん(ガイド)含め8名での ”プロヴァンス欲張りツアー” スタート。

アヴィニョンの城壁を出て、ローヌ川を横目に走っている時、アヴィニョン橋の説明がありました。

ガイドさんの「”アヴィニョンの橋の上で(曲)”知ってる?」の問いかけに、カナダ人のお姉さんがフランス語で歌ってくれて、車内は盛り上がりました。

楽しい一日になりそうです!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/12/07

秋の陽だまりで・・・お昼寝?! Fleuramour2016

12月になりました!

いよいよ クリスマス です!!

・・・が、次シーズンへの準備を始める時期でもあります。

来月には春夏の展示会が、ドイツでは来年のクリスマスの展示会が 始まります!

いろんな準備を もっと早くから始めればよかった・・・

何故か毎年 バタバタしてしまう 師走です。


12月ですが、「オランダのお花ブログ」は まだ秋のお花イベントレポートです。

Fleuramour2016garden01

ベルギーのAldenBiesen城にて行われた 秋のお花イベント FleurAmour2016 Passopn for flowers (2016.9.23-26)。

今回ご紹介するのは、FleurAmour2016 今年のテーマ ”fire air water earth” の4つの要素に沿った 大きなフラワーオブジェやデコレーション等 ガーデン(屋外)作品の数々。

Fleuramour2016garden02

上写真:お城の窓から見たお庭の様子(会場には他にもお庭があります)

ヨーロッパで、世界で活躍する フラワーデザイナーさん達の作品です。


まずは 今年のイベントの目玉的な? 作品をご紹介します(下写真とブログ冒頭の写真)。

Fleuramour2016garden03

Fleuramour2016garden04

要素”earth”をテーマにした作品 「Eartmen」、Jan De Ridder氏(ベルギー)作品です。

橋の欄干に鎮座する リアルなサイズの モス人形(?)と、たっぷりカラフルなダリアのコントラストが印象的!

秋の陽だまりで、お花に囲まれてくつろぐ姿?

日向ぼっこしながら 気持ちよく お昼寝?

考え込んだり、悩んだり、落ち込んでいる姿に見えたり?

さあ、仕事しようっ・・・と 今にも動き出しそうだったり?

モス人形が 何かを語りかけてくるような・・・。

人間の日常の感情を表しているような・・・、私自身の心の中を見透かされているような!?

とっても斬新ですが、なんだかほっこりする 印象的な作品でした。


次は 転がる?3つの大きな球体?の作品(下写真)。

Fleuramour2016garden05

球体は木材、そこから溢れ出ているようなお花は ホップと クレマチスです。

ツル状のホップは、ヨーロッパでは秋のデコレーションに良く使われる 人気の花材です。

とっても秋らしいデコレーション「the fireballs」、Els Vuylstekeさん(ベルギー)の作品でした。

次の作品も ベースは木材だそうです(下写真)。

Fleuramour2016garden06

「Flickerring Flame」・・・FabioPedone氏、CesareBianchi氏、MauroArnesano氏のイタリアンチーム。

ベースは木材・チキンネット・ポリウレタンフォーム等、それを粘土でカバーしているそうです。

赤バラは”RedNaomi”、イベントでは欠かせない赤バラ・代表選手です。

次は、”白”が目を惹くタワー状のオブジェ「Mounment of Peace」(下写真)。

Fleuramour2016garden07

ManfredHoffmann氏・OliverFerchland氏、ドイツ人チームの作品です。

オブジェの下部は 戦争や平和を連想させる白塗りの(樹脂のような)アイテムが積み重なっています。

オブジェの上部は 白色やソフトカラーのお花達。

メッセージの溢れる作品でした。


ここからは 「Floral&Vegetable Festival」と題した ベルギー3デザイナーさんのコーナー。

Tom de Houwer氏、Stijn Simaeys氏(Jan de Ridder氏)、Tania Huygheさん。

2か月ほど前にこのブログでご紹介した、今年お亡くなりになった StijnSimaeys氏(ベルギー)作品の一部が、このコーナーに飾られていたものでした。(10月14日ブログ参照)

楽しい作品達が、お城の中庭を賑やかにしていました。

まずは Tania Huygheさんの作品(下の2作品)。

Fleuramour2016garden11

上写真:いろんな色・サイズ・形のトマトや、レモン・ホオズキ・・・パイナップル?!等が使われています

Fleuramour2016garden12

上写真:芽キャベツです!

次は フェルトの大きな半球体グルグル作品(下写真)。

どなたの作品かチェックし忘れてしまいましたが、このコーナーの3人の内のお一人かと思います。

Fleuramour2016garden13

最後は Tom de Houwer氏の作品(下の3作品)。

Fleuramour2016garden14

上写真:ブルー・パープル系のフェルトとデルフィニウム、そしてフェルトのグルグルの中にある濃いパープルは、パープルのキャベツと思われます?!

Fleuramour2016garden15

上写真:人間がすっぽり隠れられるような大きなデコレーションはフェルトがベースです、お花はスターチス。

Fleuramour2016garden16

上写真:グリーンとホワイトで 爽やかな風のような?作品、お花はやはりグリーンとホワイト系のマムと芽キャベツ?!


秋のガーデンデコレーション・・・ちょっとしたテーマパークですね!

身近なフルーツや野菜が使われた 遊びのあるデザインからは、小さな発見の連続!!

見ていてとても楽しい気持ちになります。

今日の夕食のおかずやサラダに使われている野菜達が、何かの模様や デザインの一部に見えてきます?!?!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など