フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/28

風に吹かれて、カルカソンヌ! Summer2016

今年もあと2か月ほどとなりました。

オランダは今週末(10月最終日曜日)から冬時間となります。

季節はどんどん進んでいますが 「オランダのお花ブログ」はいまだ夏、夏休みレポートです。


『南フランス 世界遺産と 癒し?の旅』(2016.8.3~2016.8.8)

Summer2016chateau01南フランスの夏休み2日目に、1泊2日で訪れた カルカソンヌ(カルカッソンヌ)Carcassonne。

フランス南部、スペインとの国境近く、ピレネー山脈の北側に位置するカルカソンヌは、オード川を挟んで左岸側の下町地区と 右岸側のシテ地区に分かれています。

その右岸側の小高い岩山の上に位置する城壁に囲まれたエリアが 世界遺産・シテ地区Citeです。

世界遺産カルカソンヌ・シテ地区の楽しみ方は・・・?

シテ地区全景を眺める、夜景を楽しむ、城壁内の小道やお土産さん散策、城壁を見上げる・・・シテ内の歴史的なホテルに宿泊・・・。

そして、コンタル城 Le Chateau Comtal見学 と 城壁散策です。

カルカソンヌ・シテ地区で サン・ナゼール大聖堂The Basilica of Saint-Nazaireと並ぶ見どころのひとつ コンタル城。

コンタル城は12世紀築城の伯爵城館で、現在内部(一部)は ガロ・ローマ時代(期限斬3世紀末~紀元5世紀後半)の博物館になっています(入場有料)。


Summer2016chateau02私達も軽くランチ休憩を済ませ、コンタル城へ向かいました。

左写真はお城入り口、お堀のようになっている部分の橋を渡って門の中へ。

ちょうど ガイドツアー(英語)があったので、参加しました。

ガイドさんの案内で(博物館になっている)お城を見学、その後は各自で城壁を歩くことができる・・・というツアーです。

お城内部は・・・?

中世のお城といっても、同じくフランス・ロワール地方のお城のように 豪華でロマンティックな内装ではなく、石造りの要塞色の強い 佇まいとなっています。

「ロワール古城めぐり(2011年夏休み)2011年8月23日ブログ / 2011年8月27日ブログ / 2011年9月5日ブログ 参照

博物館エリアは、「古代の間」・「ロマネスクの間」・「ゴシックの間」・・・「アーチの間」・・・等のお部屋に分かれており、それぞれの時代の遺跡が展示されていました。

Summer2016chateau03

上写真中のような 狭い石の螺旋階段を上り・・・城内1階(日本式2階)展示エリアへ。

上写真左・右は大理石の石棺(5世紀)。

Summer2016chateau04

上写真中は大理石の水溜め(12世紀)

上写真左・右の石碑は、アイルランドで見たケルト十字を彷彿とさせる石碑。

石・石・石・・・ずらりと並ぶ石碑群に、アイルランドで見た”ケルトの文化”を感じました。

私はオランダに住み始めた当初、2か月ほど アイルランドで過ごした時期があります。

かつて(紀元前) ヨーロッパの広範囲に住んでいたといわれているケルト、フランス南部も ゲルマン系民族が支配する前の先住民はケルト系民族だったそうです。

現在もヨーロッパ中にケルト人由来の地名がたくさん残っているとか・・・。

興味深いですが、ケルト人・ケルト文化については、またいつか?どこかで出会った時に?!

Summer2016chateau05

上写真右の石の玉は、かつて城から落として敵を攻撃したものだろうか・・・

Summer2016chateau06

上写真左は前庭、背後に見えているのは 木製の回廊(跳ね出しやぐら)。

上写真中・右は南の中庭、かつてはゴシック様式の大広間だったと想像されているそうです。

この日 日中はとても暑く・・・城内のガイドツアーの途中で バテかけました。

お城見学の前のランチで、ワインを飲んだ(飲み過ぎた?)ことが敗因だったかも(汗)。

ガイドさんの英語も(私の力不足で)あまり聞き取れず、ガイドツアーの途中で 集中力を欠いてしまったのは反省です。

約30分間、ひと通り城内の案内が終わり 解散となりました!

いよいよ城壁へ~。

私は城内の博物館エリアよりも、城壁を歩く方が楽しみでした(本音)!!

新鮮な風にも あたりたかったし・・・。


Summer2016chateau00シテ地区を楕円に囲む砂岩製の城壁Ramport は 二重になっており、52の塔(53塔との情報も)・外堡を持ち、城壁の総延長は 3キロメートル(うち、内側城壁 約1Km強)。

ちなみに 城壁に囲まれたシテ地区の面積(外壁内面積)は 7ha(小さっ)。

城壁の 古い部分は6世紀に西ゴート族が、新しい部分は13世紀にフランス国王ルイ9世が、隣国に対する防御のために建造。

地中海と大西洋を結ぶ交通の要衝であり、軍事的に重要だったカルカソンヌ。

フランス・スペイン間の国境線が定められた 1659年ピレネー条約締結まで、重要な要塞だったことを、見るからに難攻不落な城壁が 今に伝えています。

お城見学の後、お城からつながる形で 二重の城壁のうち 内側の城壁の”上”へ出て、城壁の上の散策です。

地図の ピンクのラインの部分、地図左側のお城から 地図右側の2つの塔のあるナルボンヌ門NarbonnaiseGateまでの往復です(城壁の上はこの部分が公開されているようです。

強固な城壁、赤茶色の屋根の家々、遠くに見えるピレネー山脈(たぶん)・・・城壁の上から撮影した写真を ご紹介します(歩いたルート順にはなっていません)。

ブログ冒頭の写真も城壁からの風景。

下の写真の中には私も歩いています。

Summer2016chateau07

Summer2016chateau09

上写真左の奥のオレンジ屋根がナルボンヌ門NarbonnaiseGate(地図右側)

上写真中はオード門AudeGate(地図左側)

Summer2016chateau08


城壁に出ると・・・衝撃の事実!?

城壁の上は、想像以上の”強風”が吹き荒れていました!

高所では 恐怖に感じるほどの強風です(もともと強風恐怖症ですし・・・?)。

帽子も サングラスも カメラも そのままでは飛ばされてしまいます。

それどころか、着ている服でさえ 風に吹きかあげられて脱げそうに?!?!

”新鮮な風にあたって涼みたい~”なんて悠長な気持ちは 強風とともに吹っ飛びました?!

これもミストラル??

どうやらカルカソンヌでは一年のうち 260日は大風が吹くそうです・・・。

Summer2016chateau10

上写真左はコンタル城

上写真中・右は、遠目で見てもバラ窓が素晴らしい サン・ナゼール大聖堂The Basilica of Saint-Nazaire(11世紀造)・・・教会の中の様子は 10月21日ブログ参照

Summer2016chateau11

上写真中、城壁からみ見たサン・ジメール教会SaintGimerCharch(城壁の外・地図左側)

上写真右、屋根の上には強風で飛ばされた観光客の帽子がいっぱい?!

上写真(参照)、使われている屋根の瓦は、修復した時代により違う形状

Summer2016chateau12

上写真、城壁の上を歩くと城壁内の家々のかわいいお庭や人々の生活が垣間見られる!


ある時は向かい風、ある時は追い風、ある時は下から吹きあげられ・・・

四方八方 強風に吹き乱され 吹き飛ばされそうになりながら・・・

往復約40分間、城壁散歩を楽しみました。

この日は残念ながら曇り空・・・写真が青空でないのは残念です。

ですが、確実に言えます?!

炎天下だったら・・・城壁の上を歩いている途中で 断念したか 倒れたか 干からびたに違いありません。

曇り空でちょうどよかったです。

ちなみに この日の夜は、南フランス夏休み中 唯一の雨が降りました・・・。


Summer2016chateau13お城・城壁見学は すべてが想像以上でした?!

想像以上に 高く(内側の城壁は15mあるとか)長い城壁・・・、想像以上の 強風・・・。

そして 想像以上に歩き、体力を消耗しました・・・(汗)。

城壁は 写真では真っ直ぐ伸びていますが、少しの段差や階段が 結構あった印象です。

心地よい疲労を漂わせつつ、城壁の上から シテの下界に戻り、お土産屋さんを覗きながら、のんびり小道を散策。

のんびり シテ内のホテル(地図内★H)へ戻り、予約していたホテルの星付きレストランのディナーに備えました。

思えば、この日の朝 アルルから長距離移動もあり・・・、長い一日でした。

程よく疲れた一日の終わりの ディナーとワインが、想像以上・期待以上に 美味しく楽しかったことは言うまでもありません。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/10/21

世界遺産 カルカソンヌ へ! Summer2016

今年も残すところ2か月半をきりました。

「オランダのお花ブログ」は現実逃避?・・・夏休み回想中です。

こんなペースでは 2016年夏休みレポートを書き終える前に、次の夏休みが来てしまいそうです・・・(汗)。

目指せ”完結”、時間はかかっても!?


さて、今年の夏休み・・・

ゆっくりのんびり過ごすつもりで計画をした南フランス旅行でしたが・・・

結局 例年通り?移動距離の長~い 忙しい旅となってしまいました。

『南フランス 世界遺産と 癒し?の旅』(2016.8.3~2016.8.8)

旅行の計画を始めた時は、アルル・アビニョン・マルセイユ辺りでのんびり過ごす予定でした。

Summer2016carc02_2計画の段階で アヴィニョンからの日帰りツアーを探している時に、ふと目にした”カルカソンヌCARCASSONNE”の文字。

カルカソンヌ(カルカッソンヌ)・・・数年前に テレビの世界遺産を紹介するミニ番組で 初めて知りました。

”こんな異次元で別世界な場所?!があるんだぁ・・・、いつか行ってみたいっ!”

頭の片隅にインプットされていたフランスの町でした。

調べてみると、アルルから 直線距離で200キロ程?離れているようでしたが、電車TERで片道2時間25分程で行けるようでした。

近くには(90キロの距離)トゥールーズToulouseがあり、(アルル・アヴィニョンからではなく)別の旅行で計画した方がいいかな? とも思いましたが、電車に乗れると思うと どうしても そちらに向かいたくなるのが、電車大好き”鉄子(乗り鉄)の性です!?

そんなわけで、今回の旅の行程からは マルセイユ観光・滞在がなくなり、初日アルル泊、2日目カルカソンヌ泊、3日目アルルへ戻る・・・という、夏休み中に小旅行が入るような行程となったのです。


アルルArlesから ホリデーシーズンで混み合う電車でカルカソンヌへ出発(下写真はアルル駅)!

Summer2016arles99

アルルを出て約2時間半、オード川左岸のカルカソンヌ駅に到着しました。

青空に映える白い駅舎に、違うエリアに来たなぁ!と感動(ブログ冒頭の写真)。


Summer2016carc00フランス南西部の都市カルカソンヌは、オード川を挟んで左岸側の下町地区と 右岸側のシテ地区に分かれています。

そのうち、右岸の 城壁に囲まれた城塞都市シテCitéが 「歴史的城塞都市カルカソンヌ」として ユネスコ世界遺産(1997)に登録されています。

左の地図が右岸の城壁に囲まれたシテ地区。

地図内のピンクの★Pはタクシーポイント、★Hはホテル。

カルカソンヌは 地中海と大西洋を結ぶ古くからの交通の要衝で、古代ローマ時代(紀元前1世紀)に軍事基地として建設された要塞都市。

そんな要衝のため、歴史には翻弄されてきました。

5世紀には西ゴート族、8世紀にはイスラム勢力に占領され、その後はゲルマン系民族に支配され・・・。

また13世紀には隣国アラゴン王国に対する防御の為、さらに城壁が築かれたそう。

左岸の下町は13世紀(ルイ9世の時代)に、町造り(道路が規則正しく直交する町並み)がされたそうです。

城壁は 17世紀に国境が定まると軍事上の意味を失い、しだいに衰退の途をたどる・・・。

破損が進んでいた城壁は 19世紀に修復。

そして1997年にシテ地区の世界遺産登録・・・。

フランスでは「カルカソンヌを見ずにして死ぬな」という言葉があるとか。

Wikipediaによると、シテを訪れる観光客は年間200万人、フランスではモン・サン=ミシェルに次いで2位とのこと。


カルカソンヌ駅に到着し、まずはシテ地区へ、予約していたホテルへ向かいます。

時間があれば下町地区も歩いて シテ地区へ向かいたいところでしたが、今回は時間節約の為、迷わずタクシーを選択。

タクシーにホテル名を告げ、シテへ向かいました。

少し走ると上り坂・・・随分上った感じです。

そう、シテは小高い山(丘)の上にあり、歩いたら大変、荷物があったらなおさらです。

城壁が目前に迫ってきました、ワクワク。

Summer2016carc03するとタクシーは、城壁の麓?の少し広くなっているところで停車、降ろされました(左写真・上の地図内の★P)。

城壁内はタクシーや一般車は入れないため、そこから先はホテルのミニバスが迎えに来てくれるようでした。

タクシーを降りた時、逆に駅へ向かうためにタクシーを待っている日本人ご夫婦に遭遇しました。

今年の夏休み、日本人の旅行者に出会ったのは このご夫婦と、アビニョンで見かけた数組(数人)だけでした。 

ラベンダーの季節の後とはいえ、日本人にも大人気の南フランスですよ!! 

やはり 直前にあった ニースのテロ(2016.7.14)や パリのテロ(2015.11.13)の影響で、日本人観光客離れは顕著なようでした。

話を戻して、タクシー乗り場で出会ったご夫婦が一言 声をかけてくれました。

「楽しんでくださいね」と。

そのお二人の表情とその一言に、”私達はとっても楽しみましたよ~、とっても楽しいですよ~”というメッセージが溢れていました。

高くそびえる城壁を前に、期待が高まりました。

タクシーのドライバーさんは10分程でホテルのミニバスが迎えに来ると言っていましたが・・・すれ違いか何かの間違いか・・・しばらく待っても来ませんでした。

ホテルの場所は事前に調べていて、タクシー乗り場からそれほど遠くないことが分かっていたので、歩いて向かうことに。

いよいよ城壁の中へ~~!!


ヒョイッと城壁を通り越し?(城壁はまた次回のブログで)、まずはホテルへチェックイン(下写真・上の地図の★Hあたり)。

Summer2016carc04

今回は奮発して?ちょっと良いホテルのちょっと良いお部屋をとっていました。

テラスとお庭付きのお部屋です。

ところが残念なことに・・・この日は強風(アルル同様ミストラル?が吹き荒れてました)と 夕方からの冷たい雨で、テラスにでることも お庭に出ることもかないませんでした。

ちなみにカルカソンヌの気温は、日中27度、朝晩は17度、朝晩は肌寒かったです。

ということで お部屋の窓からの風景を満喫しました。

小高いシテ地区ホテルのお部屋からの風景(下写真)。

Summer2016carc12

Summer2016carc06

Summer2016carc13

夜は雨になってしまい、夜景の中のお散歩ができなかったことは、カルカソンヌ唯一の心残りです。

Summer2016carc07左写真はホテルから見た遠景と、きれいにお手入れされたお部屋のお庭(一部)。

ホテル内のインテリアは、クラッシックでエレガントなスタイル。

”クラッシック”っといっても ”アルルのクラッシック”とは随分違う印象です!?

広く 明るくゆったりしていて、何日でも滞在したいようなホテルでした。

ホテル内にある星付きレストランの豪華なお料理も、ディナーコースの中でいただいた このエリア(ラングドック・ルシヨン地区)の様々なワインも、カルカソンヌの良い思い出の一つです。


ホテルのすぐ前にあった サン・ナゼール大聖堂The Basilica of Saint-Nazaireは、シテにある唯一の教会。

Summer2016carc10

Summer2016carc11

ロマネスク様式とゴシック様式が混在する教会は、とっても大きく、写真に入りきりませんでした。


シテ内は 細い小道が張り巡らされています。

その通りの多くは 土産屋さんやカフェ・レストランが連なっていて、とても混み合ってました(下写真)。

Summer2016carc08

シテでは こんな風景にも遭遇(下写真)。

Summer2016carc09

馬車やミニトレインが走り、多くの観光客が シテ観光 を楽しんでいました。


旅行前 インターネットで情報収集中に、カルカソンヌと モン・サン=ミシェルと トレド(スペイン)の比較を いくつか目にしました。

私も これまでに モン・サン=ミシェルと トレド、訪れたことがあります。

たしかに小高い山?に 参道のような小道が張り巡らされた景勝地・観光地である点は共通です。

でもやはりそれぞれ違い、それぞれの良さがあり、比べるのは難しいです。

モン・サン=ミシェルの自然現象はすごかった!

トレドは暑く、迷路のような小道で迷子になりかけたなぁ(汗)。

どちらもそれぞれ良い思い出です。

モン・サン=ミシェルでは 島内ではなく対岸にホテルをとりました。

トレドは マドリードからの日帰りでした(スケジュールの都合上)。

今回のカルカソンヌは、シテ内にホテルをとりました。

日帰り・泊まり、ホテルの場所によっても、朝晩の過ごし方、体験できること、見える風景・現象が変わってきます。

何度も行ける場所ではないので どのような旅程にしようか迷いますが、どちらを選択しても(今回の場合はシテ内か外か)、特別な時間であることには違いありません。

モン・サン=ミシェルへの旅・・・2009年8月24日ブログ / 2009年8月26日ブログ 参照

トレド(スペイン)への旅・・・2014年12月5日ブログ 参照

私は 自分の足で公共機関を利用して訪れているので(観光バスやツアーではなく)、その地までの移動手段(交通機関)や移動距離や道中の出来事も 思い出の一部になっています。

それも 私の旅の醍醐味の一つです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/10/14

追悼の秋・・・ Fleuramour2016

慌ただしく過ごした今年の秋・・・。

オランダと日本を行ったり来たり・・・再び帰国しました。

これからクリスマスまでは 日本で ”クリスマス” です?!

BloemenVanThuraでは ヨーロッパクリスマス雑貨・資材 販売中です。

是非一度 BVTホームページ 『2016BVTクリスマス』 をご覧くださいね。


さて今回のブログは 前回の続き、秋のお花イベントレポートです。

Fleur2016stijn01ベルギーのAldenBiesen城にて行われる 秋のお花イベント FleurAmour2016 Passopn for flowers (2016.9.23-26)。

今年は ”追悼”の年となりました。

2016年8月10日ブログでも触れましたが、2016年7月23日 42歳の若さで突然この世を去ってしまったベルギー・フラワーデザイナー Stijn Simaeys氏。

デザイナー仲間やスタッフチームによる Stijn Simaeys氏を偲んだ作品の数々・・・

Stijn Simaeys氏の遺したデザイン・作品の展示等・・・

会場のいたることろに、多くの仲間やファンからの Stijn Simaeys氏への追悼と、尊敬と敬意が溢れていました。

追悼作品、尊敬・敬意を込めた作品を ご紹介します(一部)。


まずは Stijn Simaeys氏デザインの大きな作品。

Fleur2016stijn02

この作品の奥には 「Hommage Stijn Simaeys」コーナーがありました。

Stijn Simaeys氏を偲び、お花雑誌 FleurCreatief デザイナーさん達 FleurCreatief Teamによる 尊敬・敬意を込めた作品が並んでいました。

Fleur2016stijn03

Fleur2016stijn04

このコーナーの遺影を見て・・・本当に亡くなってしまったんだなぁと 事実と受け止めました・・・。


青空の下の作品群の中にも 見覚えのあるテイストの作品がいくつかありました。

Fleur2016stijn05

Fleur2016stijn06

Fleur2016stijn07

Stijn Simaeys氏デザイン、制作はJan DeRidder氏。

昨年も同じ場所で展示されていた野菜を使ったデコレーションは記憶に新しいです(2015年12月11日ブログ 参照)。

Fleur2016stijn08

Stijn Simaeys氏デザインの水が流れるデコレーション(上写真)。


屋内にも Stijn Simaeys氏 を偲ぶ作品の数々。

ブログ冒頭の写真は TeamStijnによる 想いのこもった作品。

ウール(毛糸)とオレンジ・レッド系のお花が使われた、 情熱あふれる デザイン再現。

”Fire”を彷彿とさせる作品は、FleurAmour2016のテーマ ”fire air water earth” にもピッタリでした。


下の作品は、Stijn Simaeys氏もその一人だった Fleur@home Teamの作品コーナーにて。

Fleur2016stijn09

Fleur2016stijn10


私も大好きだったStijn Simaeys氏の作品の世界観。

これまでに触れた Stijn Simaeys氏の作品や世界観・・・心に刻んでいきたいと思います。

8月10日ブログでもご紹介していますが、StijnSimaeys氏を偲び 「オランダお花ブログ」から Stijn氏関連の過去記事です(今回1件追加しています)。

2013年12月27日ブログ(FleurAmour2013)

2015年11月18日ブログ(FleurAmour2015)

2015年12月11日ブログ (FleurAmour2015)

2016年7月14日ブログ(Fleurs des Dames 2016)

ご冥福をお祈りいたします。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/10/09

テーマは”fire air water earth”! FleurAmour2016

今年のオランダの秋は 思いの外 暖かく、穏やかな日々が続いていました。

ですが 10月になり、ふと気付くと・・・?

いつの間にか 寒くなっているではありませんか!

たぶんこれが 例年通りの秋。

朝晩は10度を下回り、日中も 13~14度程までしか 気温が上がらなくなってきました、太陽が出ていても・・・。

運河沿いの街路樹も 冬が近いと感じたのか、急に(本当に急に!)葉っぱの色を変えてきました。

そんな季節の変わり目を迎えている今日この頃・・・。


Fleuramour201601先日、ベルギーのお花イベント FleurAmour2016 Passopn for flowers (2016.9.23-26)へ行ってきました。

今回ブログは久々にお花のことです!?

AldenBiesen城にて行われる 毎年 秋の恒例 お花イベント。

私は2008年から欠かさず訪れている、とても楽しみにしているお花イベントです。

アムステルダムから遠いのが難点ですが・・・。

下写真は今年FleurAmour2016のブローシャ。

Fleuramour201600昨年の秋も FleurAmour2015へ行きました。

2015年末からの(プライベートの)バタバタの為、FleurAmour2015の様子や作品を あまりブログでご紹介できないままとなり・・・心残りとなっています。

今年はそうならないよう、ゆっくりペースにはなりますが、会場の様子や たくさんの作品をご紹介できればと思っています。


今年のAldenBiesen城は 爽やかな秋の空が広がっていました。

会場に到着すると、早速 お花のデコレーションが 出迎えてくれています。

ブログ冒頭の作品は”FLEURAMOUR”の文字のお花のデコレーション、MartineSoulierさん(フランス)とチーム、学生さんの作品。

最初に目に入る会場前の作品です。

入場前からワクワクし、テンションが上がりますね!

Fleuramour201602

入口の門の前にあった ヒマワリが流れているような?大きなデコレーション。

写真の向きが悪く分かりにくいのですが、溶鉱炉かな、UpcomingFloristチームの作品。

Fleuramour201603

(上写真)門を入りチケット売り場へ続くアプローチに並ぶフレームデコレーション、ChantaPostさん(ベルギー)作品。

FleurAmour2016 今年のテーマは ”fire air water earth”

世界で活躍するフラワーデザイナーさん達による テーマに沿ったデザインやカラーの作品が 見きれないほど?広い会場の屋内・外に 所狭しと 並びます。


Fleuramour201604そして 見どころの一つ、お城のロの字型の建物に囲まれた中庭Courtyardの今年の作品は、壮大でした!

タイトルは 「Feelings!」。

12000本の花、5000個のグラス、15000本の結束帯が使われた、空間全体を飾る大きな作品。

今年この中庭の作品を手がけたのは、Max van de Sluis氏(オランダ)とHanneke Frankemaさん(オランダ)、そしてチーム・学生さん達。

直径10m、高さ8m・・・

大きな作品を構成している 数キロメートル分!の ナイロンワイヤー(テグス)の総重量は、1300キログラムだそうです!

ちりも積もれば・・・とは正に このことですね。

(データはFlowerwebさんより参照)

Fleuramour201605

Fleuramour201606

Fleuramour201607

まるで宇宙空間!

お花の”星”の中に浮かぶ”惑星”?

お花やフラワーボール・・・皆様には何に見え、何を感じたでしょうか?

何処から見ても見応えがあり 壮大な作品でしたが、写真を撮るのが難しい作品でもありました・・・。


FleurAmoue2016 ではたくさんの写真を撮りました。

また後日写真を整理して(いつになるやら?)ご紹介できればと思っています。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析