« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/27

まるで宇宙に浮かぶバラ?! FleursDesDames2016

セミの鳴き声が暑さに拍車をかけています。

夜になっても 耳鳴りのように耳の残る騒々しさ・・・。

先日 関西方面へ行く機会がありましたが、そこで聞いたセミの鳴き声は、実家で鳴くセミの鳴き声と 違うことに 気が付きました!

違う種類のセミなのか、セミの鳴き声にも方言があるのか・・・。

ちょっと気になりつつも、この暑さからも、この騒々しさからも まもなく脱出です!?

もうすぐオランダ~!


Fleursdesdames2016rose01今回ブログもまた 4月初めに訪れた ベルギー・アントワープのお花イベントレポート。

Fleurs Des Dames 2016 in Kasteel den Brandt (2016年4月1日~4月4日) 

ベルギー・アントワープ郊外のお城(お屋敷)で行われたお花イベントです。

それぞれお部屋が、個々に ベルギーフラワーデザイナーさん達によって、全く違う雰囲気に演出されています。

いくつもあるお部屋を進み 目前に広がる世界に、思わず声をあげてしまいそうになりました。

なんて シンプルで 無駄のない、スッキリした作品でしょう!!

”シンプル”といっても、精密で、手間もかかっているし、計算しつくされています。

写真では分かりにくいですが、円を描くように配置されたバラが ”宙”に浮いたデコレーションです!

Fleursdesdames2016rose02

手掛けたのは フラワーデザイナー DavidDeJonghe氏(ベルギー)。

使われているお花は一目瞭然、大輪白バラ Avalanche!

バラと一緒に モスと、たくさんのベアグラス が添えられています。

葉っぱを取り除いたバラのステム(茎) と ベアグラスで、直線が強調されています。

Fleursdesdames2016rose03

Fleursdesdames2016rose04

ステムの先にはガラスチューブ。

ガラスチューブが整然と並んでいる様子が 緊張感を高め、ここが異空間であるような雰囲気にしています。

さらに LEDのパープル系ブルーのライトに照らされて、白バラ達が まるで宇宙空間を漂う惑星のように見えました!

葉っぱを取り除いてしまう バラの使い方だったり、バラだけで こんなに壮大な作品ができるなんて・・・、”目から鱗”です。


作品を堪能し、このお部屋から次のお部屋へ向かおうと足を進めつつ 振り返ると・・・?!

LEDのライトの色が変化し、さらに 窓から太陽の光が射しこみました!

Fleursdesdames2016rose05

まるで、夜明けを迎えた宇宙!!

光やお花から 壮大なパワーが 発せられているよう!

”白バラ”のみの シンプルな作品でしたが、あらためて感じる事、発見や 学ぶところの多い作品でした。


春の作品ですが、暑い季節にもピッタリ!?

この暑い最中に作品の写真を見返すと、”壮大さ”の中に ”涼”を感じることもできます。

この作品には(お花には?) 暑さを忘れさせてくれる効果もありそうです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/07/20

水面に映る 揺れる花びら・・・FleursDesDames2016

揺れています・・・世界が、世の中が・・・。

ここ最近、毎朝起きて聞くニュースの第一報が 心配な出来事ばかり。

先週の南仏ニースでのテロ(2016年7月14日)。

こんなバカンスシーズンに・・・、フランス革命を記念する祝日7月14日に・・・、 なんて悲しい事件。

その翌日にはトルコのクーデター(7月15日)。

どうなっちゃうのか・・・と心配しましたが、クーデター失敗に終わってよかったです。

トルコはヨーロッパから”遠くない外国(?)”なので、トルコの出来事はヨーロッパへの影響も大きいです。

他にもドイツの列車内での事件(7月18日)とか・・・。

私もよくオランダや近隣国で、電車を利用するので、電車でテロリストに遭遇してしまったら・・・と あらためて想像しました(いつもしてるけど・・・)。

リオオリンピックも間もなく始まるし、私の夏休みをもうすぐだし?!、情勢 揺れることなく 穏やかな世界であって欲しいものです。


さて話はがらりとかわり・・・!?

季節は春、今から3か月半ほどさかのぼります。

4月初めに訪れた ベルギー・アントワープのお花イベントについてのレポートです。

Fleurs Des Dames 2016 in Kasteel den Brandt (2016年4月1日~4月4日) 

ベルギー・アントワープ郊外のお城(お屋敷)で行われたお花イベント。

前回は屋外の様子をご紹介しましたが(7月14日ブログ参照)、今回はいよいよ?メインの館内のお花デコレーションです。

Fleursdesdames2016sw02ベルギーのトップフラワーデザイナーさん達が、それぞれのお部屋をデコレーション。

一部屋一部屋進むたびに全く違う世界が広がっていました!


まず最初にご紹介する作品は、入り口を入ってすぐのホールいっぱいに飾られた フラワーデコレーションです。

まだ寒く雨の多い初春のヨーロッパ(オランダ・ベルギーだけ?)・・・

木洩れ日のように雲の隙間から柔らかく差し込む陽射しに喜びを、植物の息吹のような優しいそよ風に春を感じる・・・。

まさにそんなデコレーションでした!(あくまでも私の感想)

憂鬱なお天気の中の”彩り”に 気分がパァッと晴れ、ユラユラ・キラキラ揺れる花びらにワクワクし、その空気感に癒されました。

”お花の雨”と”パラソル”と”水面(ミラー)”の 優しくてロマンティックな作品は、DirkDeGoeds氏(ベルギー)の作品。

Fleursdesdames2016sw03

差し込む光のような、”お花の雨”のような、連なって垂れる花びら達が、写真では伝わりませんが ユラユラ揺れるんです!

水面に映り込む花びら達もユラユラ・・・ユラユラ・・・。

Fleursdesdames2016sw04

”水たまり”のような”水面(ミラー)”に映る様子があまりにも美しく、足下ばかりに見惚れてしまい、上部を見忘れてしまうほどでした!

作品が広がる”床”の木目込み模様もまた 美しい!!

ふと 作品の上部を眺めると・・・?!

連なった花びらの先端には 風船がくくられていました!!

Fleursdesdames2016sw5

目の前の 花びら達が、水面(ミラー)に映るお花達が、ユラユラ揺れていたのは、風船のフワフワした揺れだったんですね。

Fleursdesdames2016sw01風船独特の ゆったりユラユラした動きは 何ともいえない空気感を醸し出し、癒したっぷり!

ガーベラ・バラ・モス等・・・特に特殊なお花ではなく 身の回りにあるお花が使われていました。

それでも、デザイン・アイデア次第で こんなに素敵な世界観の演出ができるんですね。

花びらが揺れるフラワーデコレーション・・・また一つ、心に残る作品との出会いとなりました。


人の心や 世界情勢は 揺れてほしくないけれど(地面も!)、揺れる花びらやお花は 歓迎です!?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/07/14

雨上がりの空と緑と鳥達と・・・FleursDesDames2016

この半年間、仕事もプライベートも 先の予定を 立てられない状態で過ごしてきましたが、今週末の 忌明けのタイミングをもって 一区切り・・・。

これからの計画を立て始めています!

しばらくは今まで以上に 行ったり来たりになりそうですが・・・、ひとまず オランダへ戻る日も決めました。

例年通り?!夏休みも取ることにしました。

急に動き出した時間に、私も元気を取り戻しています?!

ブログもまた少しずつ綴っていきたいなぁと思っています。

ですが、今のところ 新しいブログネタがあるわけではありませんので、今回ブログも 再び春・・・?!

4月初めに訪れた ベルギー・アントワープのお花イベントについて レポートしたいと思います。


Fleurs Des Dames 2016 in Kasteel den Brandt (2016年4月1日~4月4日)

いつものようにアムステルダム中央駅からタリスTHALYSで アントワープ中央駅へ。

この日 アントワープに到着すると・・・、本格的な?雨でした(涙)。

これではイベント会場到着までにずぶ濡れになってしまう・・・と、駅前で 傘を買って、アントワープの一日がスタートしました。

Kasteel den Brandt・・・アントワープ郊外の 緑の多いエリアにある お城(お屋敷)。

アントワープ中央駅からバスで20分程だったでしょうか。

アントワープ郊外のバス停でバスを降り、徒歩で目的地へ向かいます。

少し歩いただけでも 素敵なエリアだなぁと感じました。

すぐそばには ミデルハイム野外彫刻美術館MiddelheimMuseum があるようです。

アムステルダムから近ければ、また訪れてみたいと思う 緑の多い穏やかなエリアでした。


少し歩くと、 Kasteel den Brandt へ到着。

Fleursdesdames2016o01

上結合写真の左写真は館内からお庭を見下ろした風景。

綺麗にお手入れされた大きなツゲが整列して お出迎え。

イベント期間中、様々なイベントがあったようですが、私が訪れた日は 平日の(特にイベントのない)作品公開日・・・ということで、訪れる人も少ないようでした。

まず今回のブログでは、お城(お屋敷)周りの風景、お庭や森?をご紹介します。

Fleursdesdames2016o02

お屋敷前のお庭の噴水には、チューリップでデコレーションされた笑顔の銅像。

Fleursdesdames2016o05しばらく 館内の作品を堪能した後 外へ出ると・・・?

朝の雨が嘘のような 青空になっていました!!

左写真はお城(お屋敷)入り口にあった JolienVanderstappenさん(ベルギー)作品。

シラカバと球根付きムスカリやカンパニュラ等のパラソル風デコレーション。

お庭に似合う、青空に映える素敵なデコレーションでした。


お屋敷の裏手には、広大な森・お庭が広がっていました!

緑に囲まれた美味しい空気を吸いながら・・・、はしゃぐ鳥達を眺めながら・・・、散策。

雨だったら散策できなかったので、雨があがってよかったです!

青空になってよかったです!

Fleursdesdames2016o03

自然の中にもフラワーオブジェ(上結合写真 左・中)!

小川の中に鳥の巣を彷彿とさせる組み上げたネスト型ボールと その中のホワイトローズボール、StijnSimaeys氏(ベルギー)の作品。

(過去にみた StijnSimaeys氏 の一番印象的だった作品は・・・2013年12月27日ブログ参照)

水鳥達が オブジェの周りを 興奮ぎみに走り回って?いました。

春ですね~。

Fleursdesdames2016o04

”今”を忘れてしまいそうなコテージが素敵。(上結合写真左・中)

4月初め、まだ樹々には葉っぱのない時期でしたが、芝生が眩しいほどの緑!

写真はありませんが、森の散策コースには 大木の根元にスイセン等の球根花が群生して咲いていて、癒されました。

Fleursdesdames2016o06_2私はお屋敷の周りを一番近いコースで歩いただけですが、本当はその何倍も広いようです(左地図参照)!?

一日中お散歩していたい素敵な森・お庭でした。


この日の直前に ブリュッセルで起きたテロの恐怖や不安を(4月17日ブログ参照)、一瞬でも忘れさせてくれた、癒したっぷり贅沢な時間となりました。

テロが起きた時は、”このタイミングで ベルギーへ行くべきかやめるべきか・・・” 考えましたが、行ってよかったです。

お花イベントのメイン会場は 館内です。

館内の作品は また次回ブログで ご紹介したいと思います・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/07/08

コンセプトガーデン『GoldenAge』 あの時代に思いを馳せて・・・  Keukenhof2016

しばらく時間が経ってしまいましたが・・・

前回のブログでご報告したように、この半年 特にこの1カ月は、世間とは違う世界で、世間とは違う時間を過ごしたような 気がしています。

そんな1カ月の間に、世間では いろいろなことが起きていました?!

東京都知事は辞職し(2016年6月21日、舛添さん まだまだ期待していたのに、残念)・・・

イギリスの国民投票では、まさかの”EU離脱”(2016年6月23日)・・・

この”まさか”の波に乗って、オランダやその他EU加盟国の 各国内・EU内の様々なバランス、平和な日常さえも崩れそうで 心配です。

そしてイスタンブール空港のテロ(2016年6月28日)。

さらに バングラディッシュ・ダッカのレストラン襲撃事件(2016年7月1日)で、日本人も 犠牲に・・・。

バングラディッシュの発展のために尽くしている人達が ターゲットになるなんて・・・何故?

イラクは どんどん大変なことになってるし・・・。

そうそう、こんなニュースも・・・!?

オランダで 1年半ほど前から 日本人に対し認められていた「労働ビザ」不要の特権が、2016年10月から無効となると発表されました。

小国オランダの小さなニュースですが、オランダにかかわる人、オランダにかかわりたい人にとっては 重大ニュースです!

世界中が 激動の一か月でした・・・?!


戦争や自爆テロは、これまででも 今も 地球のどこかで起こっっています。

”平和ボケだった”と反省しますが、これまでは そんなニュースを聞いても 自分には関わることのない遠いどこかの話だと思っていました。

パリのテロ、ブリュッセルのテロ・・・

ここ数年、確実に危険がEUに、ISISに対抗する有志連合国に 迫ってきました。

武器を持たない人を殺めるなんて・・・、私の価値観ではありえないし、許せません。

憎しみでは 憎しみの連鎖は断ち切れないのに、こんなことが世界中で起こっているなんて・・・、残念です。

自分のいる世界や価値観が正しいと思いたいですが、違う世界から見れば、私が・こちら側の人達が 毒されている?間違っている? のかもしれません。


Keukenhof2016gold01あの時代はどうだったんだろう・・・。

新天地を求め 世界の産物を求め 航海し、植民地を拡大していった時代・・・16~17世紀。

EUを離脱しようとしているイギリスや EUの一員スペインも、当時は 世界中に植民地を持ち 「太陽が沈まぬ国」と呼ばれました。

オランダの17世紀も同様に 世界を駆け巡り 繁栄し、黄金時代(GoldenAge) と呼ばれています。

”東インド会社Vereenigde Oostindische Compa(略称VOC)”の時代ですね。

300~400年経った現在も、アムステルダムやヨーロッパの都市では、建造物・インテリア・町造り等に、その繁栄を 見ることができます。


あの頃、繁栄し潤った国もあれば、それまでの平和・モノ・文化が奪われた国があったのかもしれません。

何かを手に入れ、何かを失ったのかもしれません。

繁栄のために、大切なものを手放さなくてはならなかったのかもしれません。

全ての人が 同じ感覚ではなかったかもしれません。

今も昔もきっと変わらない・・・。

片方からの価値観だけでは見えない、人々の心と 世界の平和の歪み・・・。

今回イギリスの国民投票では、誰もが”まさかっ!”と思う結果となり、イギリス人の心を知ることとなりました。

現在のEUが不満なのか・・・?

今の経済や便利さを捨てても、大英帝国の時代が良かったということなのか・・・?


今回ブログは、そんな黄金時代GoldenAgeに思いを馳せて・・・!?

今年4月初めに訪れた チューリップで有名なオランダ最大の観光スポットキューケンホフKeukenhof(2016年3月24日~5月16日)。

前回のガーデンシリーズ(『DelfuBlueGarden』 6月10日ブログ参照)から一か月経ってしまいましたが(汗)、お庭大好きオランダ人に人気の ”コンセプトガーデンコーナー”レポートです。

最新トレンド・アイデア・テクニックを駆使した お庭造りの提案の場となっており、様々なテーマのお庭が紹介されていました。

今回のお庭はズバリ!? 『GoldenAgeGarden』。

古き良き時代 オランダの黄金時代に思いを馳せて・・・。

Keukenhof2016gold02

Keukenhof2016gold03

17世紀に繁栄した運河の町アムステルダムの 運河ハウスをイメージした お庭が提案されています。

アムステルダムは人口密度が高く、細く狭い家々が連なっています。

そんな様子を コンテナで表現。

外から見たら 華やかさはありませんが、コンテナ内側を覗くと・・・ビックリ!?

Keukenhof2016gold04

運河沿いには船着き場もあります。

コンテナの上のガラスに囲まれた空間は、太陽に憧れる オランダらしい空間です(下写真参照)。

木箱や麻袋等をプランターとして利用し、環境への配慮も忘れません。

オランダ・アムステルダムは環境大国でもあります。

Keukenhof2016gold05

Keukenhof2016gold06

狭い土地を・空間を 上手に活用する手法は、お庭造りにもインテリアにも 参考になりそうです。


キューケンホフ2016 コンセプトガーデンコーナーは他にも様々なコンセプトのお庭が紹介されていました。

オランダの有名人気ガーデナーさんによる Rob'sSensoryGarden、オランダ人も大好きなビーチを身近に BeachGarden、ハーブいっぱいVegetableGarden、ピンクのVespaが目印のRomanticGarden等・・・。

それぞれのお庭から得たインスピレーションは、今後のお庭やインテリアの参考にしたいなぁと思いました。


さあ、もういい加減?!季節を進めなくてはいけませんね。

キューケンホフ2016レポートは、これでおしまいです。

プライベートでバタバタしていて、ブログの更新が遅くなっていますが、これからも ボチボチ時間を見つけながら綴っていきます。

また是非「オランダのお花ブログ」、覗いてみてくださいね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など