フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016/06/27

187日・・・

毎年、空を眺めることを楽しみにしている夏至の日。

6月、アムステルダムは最高の季節。

この頃 オランダの日の入り時間は 22時より遅く、23時過ぎまで 暗くなることはありません。

運河沿いの街路樹の緑は濃く、家々の窓辺に飾られるお花や運河にかかる橋のプランターから色とりどりのお花が咲き溢れ、運河の水面に太陽の光が反射し、アムステルダム中 キラキラです!


Dscf9383そんな夏至の・・・

今年2016年6月21日は 忘れる事のできない一日となりました。

梅雨の日本、土砂ぶりの雨で始まったこの日、母を送りました・・・。

お葬儀が始まる頃には雨も上がり、骨上げを済ますと、朝の大雨が嘘のように 眩しいほどの青空が広がっていました。

半年間の闘病の辛さ苦しみから解き放たれ、母も晴れやかな気持ちになれたのでは・・・そんな風に想わせてくれる青空でした。


思い返してみれば・・・

2015年11月末、(当時持病と思っていた)症状で 救急搬送されたことが始まりでした。

その時は、病院に到着後 症状はなくなったので、帰宅が許されました。

しかし、その時担当してくれたお医者さんが 様々な検査結果をみて、 気になる点があると、帰宅前に 再CT検査。

数日後、再検査の結果 さらに気になる点があると、お医者さんからの呼び出しを受け、再々検査へ。

そして忘れもしない12月14日・・・

検査結果を聞きに出かけた 母と父が 家に戻ると・・・深刻な表情。

母も父も私も、誰一人 予期しなかった結果・・・。

それは・・・”余命宣告”でした。

【すい臓がん・末期、余命3~4カ月】


あの日から半年、できる限り 母や家族の前では平然を装っていましたが、涙が流れない日はありませんでした。

あの日から 私も父も たぶん母も、食欲はなくなり、夜は眠れなくなりました。

仕事をしていても、食事をしていても、庭を歩いていても、ただお花を見ているだけでも・・・涙が勝手に流れました。

おそらく母も父も、表向きには気を強く持って過ごし、陰では泣いて過ごした半年間だったと思います。

家族みんな想いは同じなのに、精神的にはギリギリの状態で 何度もぶつかったり・・・。


母は74歳(余命宣告時は73歳)。

東京・浅草生まれの母は、東京大空襲で大やけどを負い、不自由は全くありませんでしたが、手・腕・足には 戦争の記憶を今に伝えるかのように やけどの跡が 残っていました。

若い頃には結核を、30年程前には胃がんで胃を摘出、数年前には腎臓血栓・・・。

我が家では太陽のような存在でしたが、身体はボロボロで、これまで病気を一人で背負い、それでも 元気に健康に幸せに 生きてきました。

多少 調子が悪くても、歳相応の衰えだったり、持病のようになっていた 昔の胃がんの後遺症的症状だと思っていました。

そんな母に、神様が最後に与えた試練が すい臓がん。

しかも”末期”で 手の施しようがなく、余命宣告。

なんて残酷なんでしょう。

神様を恨みました。


この半年間、母の身の上に、我が家族の身の上に 下された この結末の意味を 考え続けました。

人はいつか死ぬ・・・そんなことは百も承知。

本人へ ガンの末期であることは告げても、せめて余命宣告は して欲しくなかったです。

(本人の希望で病気も余命も告げられました)

余命宣告さえなければ・・・、悲しさ・辛さはあったとはいえ、半年間を違う気持ちで過ごせたのではないかと思えてなりません。

この半年間、すい臓ガンが進行するとともに、様々な症状が現れ、その場をしのぎつつ治療して切り抜け、一時は入院もしましたが復帰、一時は肺炎にもかかりましたが乗り越えました。

ゴールデンウィークが明ける頃から、徐々に普通に食べられなくなり(食べ物を選んで食べることはできました)、徐々にしんどくなり、痛みが襲うようになり、動けなくなり・・・。

亡くなる2週間半前、ついに入院。

もう家に帰ることができないと分かっていながらの入院決意が、どれだけ辛かったかと思うと 今でも涙がこぼれます。


そして余命宣告を受けてから 187日目の夜、容態急変。

意識不明のような状態になって 1時間あまりで逝ってしまいました。

その直前まで話もできたし、辛い痛みの中にも 意識もはっきりしていたようだったのに・・・。

187日間 恐れていたその瞬間は、突然に あっという間に 襲い掛かり、通り過ぎていきました。

言葉にできない悲しみはありますが、母の苦しむ時間が短かったことが せめてもの救いです。

と同時に、私自身も家族も 母が苦しむ姿を長くみなくてよかった・・・というのも本音です。

悲しみの中、”終わっちゃった・・・” そんな言葉が 頭をグルグルめぐっていました。

母の命が終わっちゃった・・・

母を看てあげられる時間が終わっちゃった・・・

病気との闘いが終わった・・・

母と私達家族が恐れていた 死への恐怖が終わった・・・ ・・・ ・・・

逝ってしまった時の悲しさは、余命宣告を受けてから187日間の辛さ悲しさとは また少し違うものでした。

母がこれ以上 痛い思いをしなくていい・・・、死の恐怖に襲われることもない・・・そう思うと、辛さから解放され、悲しみの中にも 穏やかに”死”を受け止められる気持ちがあるような気がしました。


オランダに住むと決めた時から、両親とのお別れには 間に合わないかもしれない覚悟は いつもありました。

余命宣告を受けたことにより、最後の約2カ月半を帰国して家で家族と過ごし、最後は病院で看ることができました。

我がまま気ままに生きてきた私の (今さら遅いけど)唯一の親孝行になったかな。

187日間 問い続けた”余命宣告”。

そして考えた”緩和ケア”のことや、(オランダで合法の)”安楽死”のことなど。

考えても考えても答えは出ず、何が正しくて間違いなのか分からず、ただただ暗いトンネルの中にいるような 187日でした。

病気からたくさんのことを学び、母からたくさんのことを得ました。

そんな中で・・・これは母からのご褒美かな?

この半年間で 体重が最大7キロ減りました!!(見た目は変わりませんが・・・汗)

この187日間のことは 今はあまり思い出したくありませんが、体重だけはなんとかキープしていきたいと思います!?

昨日と変わらない今日、今日と変わらない平穏な明日が、皆様にもずっと続きますように・・・。

また、病気で苦しんでいる方には、一つでも信じられる答えが見つかりますように・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/06/15

コンセプトガーデン『Vintage』 昭和の香り?!  Keukenhof2016

まもなく夏至(2016年6月21日)ですね・・・。

今年は 春からほとんど日本で過ごしているので、時間の進み具合や季節感が オランダにいる時とは全然違います!

オランダで過ごしていると 夏至を境に ”また季節が冬に向かう・・・” と 夏を満喫しながらも 焦りを感じますが、日本はまだ暑さも序の口、これからどんどん暑くなるのですね。

恐怖さえ感じる 日本の夏です。


夏至目前ですが、「オランダのお花ブログ」は またまた キューケンホフネタ。

Keukenhof2016vintage01今年4月初めに訪れた チューリップで有名なオランダ最大の観光スポットキューケンホフKeukenhof(2016年3月24日~5月16日)。

前回ブログ(『DelfuBlueGarden』 6月10日ブログ参照)に続き、お庭大好きオランダ人に人気の ”コンセプトガーデンコーナー”から。

屋外のこのコーナーは、最新トレンド・アイデア・テクニックを駆使した お庭造りの提案の場となっており、様々なテーマのお庭が紹介されています。

今回ご紹介するお庭は 『ビンテージガーデン Vintage Garden』。

一歩足を踏み込むと・・・、そこはまるでタイムスリップしたかのような ノスタルジックな空間でした。

ガーデンの周りを取り囲む 桜やチューリップが 幻想的にさえ見えました。

Keukenhof2016vintage02

上結合写真 真ん中の写真の中央奥辺りに小さく見える小屋が ビンテージガーデンのガーデンハウスです。

Keukenhof2016vintage08

ガーデンは、レンガが積まれてできたベンチが ラウンド型に囲むスタイル(ブログ冒頭の写真と上の写真参照)。

そのレンガのベンチに備え付けられていたノスタルジックなイスには、吸いこまれるように座りたくなりました(笑)。

Keukenhof2016vintage03

Keukenhof2016vintage04

アンティークティン(Tin)缶に植えられた春の球根花達、良く似合っています!


ガーデンハウス内に進んでみましょう。

ガーデンハウス内にも、独特の色調や素材のビンテージアイテムが並べられ・・・、楽しさ溢れる空間に。

Keukenhof2016vintage05

日本人的にはなんだか”昭和の香り”を感じます?!

Keukenhof2016vintage06

Keukenhof2016vintage07

カラフルなビンテージアイテムに似合うのは、やはり カラフルな春の球根花達!

使われているお花は(4月の初めの春のお花達)、チューリップ・クロッカス・スイセン・ヒヤシンス・クリスマスローズ・フリチラリア・プリムラ・黒法師(多肉植物)等。

写真では黄色のお花が目立っていますが、ピンク・オレンジ・パープル・グリーン等、ビビッドなお花達が使われていました。

春の定番的なお花達も、ビンテージアイテムと並ぶと・・・あら不思議??

お花までも ビンテージっぽく?見えます。

いえ、これは偶然ではなく・・・原種系やレア系、八重咲等のビンテージっぽい品種や、ビンテージっぽい色・配色の お花やグリーが、吟味されているんですね。

見れば見る程、深い!


キューケンホフを訪れた 世界中の人々が、このビンテージガーデンを通して お花を通して  ”懐かしき良き時代”に共感を覚え、想いを馳せたことでしょう。

オランダ人にはオランダの、日本人には日本の・・・、それぞれの国の人にはそれぞれの国の・・・ ”懐かしき良き時代”。

世界中の子供達、これから生まれてくる子供達が、大人になってノスタルジーを感じる時、 国境・民族・宗教を越えて ”良い時代だった”と思い返すことのできる世の中だったらいいなぁ・・・。

昨今のヨーロッパの難民問題を身近に感じつつ、そんなことを願わずにはいられません。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/06/10

コンセプトガーデン『DelftBlue』 伝統・トレンド・そしてReBorn!? Keukenhof2016

6月・・・久しぶりに日本で過ごしています。

いろんなグリーンや お花の香りが しっとりした空気に漂い、日本の梅雨の香りだな・・・と、懐かしさを感じています。

(今日は晴れていましたが)最近のドンヨリした空を見て、オランダの空もこんな色だったかな・・・と、想いを馳せています。

ですが、空気は全然 違います!(オランダは雨が多くとも もっともっともっともっとドライです)


今からさかのぼること8週間・・・

季節・気温こそ違いますが、あの日も 梅雨の日本と同じような ドンヨリした空でした・・・。

さて今回ブログは、再び?キューケンホフネタです!

今年の4月初めに訪れた チューリップで有名なオランダ最大の観光スポットキューケンホフKeukenhof(2016年3月24日~5月16日)。

Keukenhof2016delft01今回ピックアップするのは ”コンセプトガーデン”!

キューケンホフの広大な敷地内(屋外)にある 様々なスタイルのガーデンを紹介するコーナーです。

最新トレンド・アイデア・テクニックを駆使した お庭造りの提案の場で、お庭で過ごすことが大好きなオランダ人達には 大人気のコーナーです!


まずは、公開されていた様々なコンセプトのガーデンから、オランダらしいカラーの(?)コンセプトガーデンを ご紹介します。

その名も 『Delft Blue Garden』!

16世紀から生産されている ブルーとホワイトが特徴の ”デルフトブルー”と呼ばれる オランダ伝統の デルフト陶器。

伝統的・クラッシックな デルフト陶器ですが、デルフトブルーの色合いや スタイル・デザインは 、”デルフトタッチデザイン”として 現在再び脚光を浴び、インテリア界でも人気です。

『Delft Blue Garden』・・・このコンセプトガーデンは、そんなデルフト陶器と 春のブルーとホワイトの球根花等を使って、現在人気の ”デルフトタッチ リビング風”(?!)に 造られていました。

このお庭で使われていたお花は、ムスカリ・クロッカス・スイセン・ヒヤシンス・勿忘草等・・・、徹底的に ブルーとホワイトで統一(まだ時期的に咲き揃う前でしたが)。

お天気がとっても悪い日だったので・・・、全体的に暗い写真となりました、すみません。

Keukenhof2016delft02

壁に設置されているデルフト(調?)陶器の運河ハウスは、バードハウス(鳥さんの家)です! 私も欲しい~!!

Keukenhof2016delft03

これがお庭の壁だなんて・・・?!  リビングに飾りたい!!


割れた陶器の使い方・見せ方(魅せ方)は、まさに ”再生(ReBorn)”の手法!

古いもの・使い古したもの・壊れてしまったものを ひと工夫して・・・、生まれ変わった新しい世界の誕生!!

新しい世界観の中にも、馴染みや懐かしさが漂い、心地の良い空間となっています。

Keukenhof2016delft04

ガーデンファーニチャーも、中世っぽい雰囲気で。

Keukenhof2016delft05

プランターの側面には再生した陶器がびっしり、凹凸やモチーフやが活かされています!

Keukenhof2016delft06

割れた陶器を利用した再生ボール状ポット(?)には、溢れるように植えられたムスカリ・・・かわいいムスカリがいつもとは違うワイルドなイメージで面白い?!


この日は 残念ながら 曇り~雨のお天気で 残念でした。

それでもワクワクするガーデンだったので、これで 青空で、さらに お花が咲き揃っていたら・・・、本当に心地の良い いつまでも座っていたくなる ガーデンだったに違いありません。

生まれ変わったお気に入りのアイテムに囲まれて・・・

季節のお花達に癒されて・・・

太陽に当たって・・・

”再生(ReBorn) ”するのは(したいのは?)、私達 人間の方なのかもしれません?!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/06/02

デンマーク発グリーンリビング! IPM2016

6月・・・日本は梅雨の始まりですが、オランダ・ヨーロッパは、一年で最高の季節となります!

6月には オランダ各地でオープンガーデンが行われます。

今年のアムステルダムのオープンガーデン OpenTuinenDagen Amsterdam2016/OpenGardenDays Amsterdam2016 は、2016年6月17~19日です(6月第3週末)。

下町 アムステルダム・ヨルダン地区のオープンガーデンOpenTuinenDag Jordaan 2016 は、2016年6月12日です。

私は今年 4月初めより帰国中で、訳あって まだしばらくオランダに戻れないので・・・ ・・・ ・・・残念です。

ですが! 10年ぶりくらい(?)の梅雨の季節の日本滞在にも、感動があります。

日本らしい情緒のあるライトブルー・ブルー・パープル系のアジサイが あちらこちらで色付き始めました。

土壌の関係でしょうね、オランダとは違う ”色目”のアジサイの美しさに、魅せられています。

日本は断然 ブルー系のアジサイが多く、オランダはピンク系のアジサイが多いのです。

オランダでは、ブルーのアジサイは 特別な感があり 皆憧れます。

オープンガーデンで公開されているようなお屋敷のお庭等では、あえてブルー系のアジサイを植えて、他(のお庭)とは違う 高貴で情緒のある雰囲気や ”WabiSabi(侘び寂び)”の演出をしています。


さて 今回ブログは、いつもまにかフェードアウトしていた? IPM2016レポート。

なんと、もう4か月以上 経ってしまいました。

Ipm2016denmark011月末ドイツ・エッセンEssenにて行われた国際園芸見本市IPM2016(2016.01.26~2016.01.29) の広い会場の中から、今回は デンマークブースにスポットを当ててみたいと思います。

”デンマーク”からは 何を イメージしますか?

北欧? 酪農? チーズ? アンデルセン? 人魚姫? ロイヤル・コペンハーゲン?

お花関係・種苗関係の方なら、”種苗・花苗・ポットプランツ等”を思い浮かべる方も 多いのではないでしょうか。

デンマークの種苗・花苗ビジネスは、酪農・水産業に比べれば、まだまだ経済規模の小さい業種かもしれません。

ですが、IPMのデンマークのホールは とっても見応えがあり、国をあげて?業界全体で? 力をいれているだろう・・・と 感じる充実度です。

広~いIPM会場の中で、何処のよりも国・グループよりも、毎回 惹きつけられ印象に残るデンマークブース(ホール)です 。

花の国オランダにも 負けないくらい?!


Ipm2016denmark02w1

Ipm2016denmark03

いくつものクリアなアクリル(?)のケースが ”すだれ”のように吊るされたディスプレイ(上写真)。

アクリルが 透明な壁となって囲む空間は、明るく モダンな リビングに。

実際よりも広く感じる効果的なデコレーションでした。

Ipm2016denmark04

Ipm2016denmark05

プランツの呼吸が聞こえてきそうな グリーンたっぷりの ”自然回帰願望”的空間ディスプレイ(上写真)。

クッションがたくさん並んだソファーで、植物達に囲まれて いつまでもくつろぎたい・・・。

同じような”自然回帰願望”的テイストのディスプレイは、今年 パリのMaison&Objetでも 遭遇しました(2月13日ブログ参照)。

Ipm2016denmark07

グランドピアノを囲んでディナー・・・?!(上写真)

グランドピアノのステージは、実は 壁に描かれた影絵のようなピアノとステージです!

シルエットアートと グリーンを敷き詰めたテーブルで、モダンなテーブルデコレーションに。

Ipm2016denmark08

Ipm2016denmark09

白い壁と白いカンパニュラで 北欧的シンプルモダンなリビングの演出(上写真)。

ライトは デンマークカクタス(ポット)の 逆さ吊りです!!


ブログでご紹介しているデコレーションは、デンマークブースのお花のほんの一部。

見応えたっぷりのデンマークブースです!

Ipm2016denmark10

ナチュラルカラーのシンプルリビング(上写真)。

テーブルのカランコエのリースと、壁のフレームがポイント。


Ipm2016denmark11

”鉢”ではなく ”切り花”のカランコエを紹介するコーナー(上写真)!

”切り花”カランコエの定着で、カランコエの登場シーンと用途は 限りなく広がります!


私は デンマークの数ある花苗の中でも ”カランコエKalanchoe”と”カンパニュラCampanula” が デンマークのイメージです!

特にカランコエについては、数年前 衝撃を受けました!

カランコエは ものすごくたくさんの品種がありますが、ここでいうカランコエは、一般的なお花のものです。

それまで あまり気にとめたことのなかったカランコエでしたが・・・。

2014年のIPM会場で出会ったカランコエブースで、それまで私が持っていたカランコエのイメージが180度?360度?720度?変わりました!!

その時の様子は 2014年3月16日ブログ参照・・・必見ですよ~。

デンマークのカンパニュラ(ポット)については、以前 IPM会場で デンマークのフラワーデザイナー ニコライ・バーグマン氏の、カンパニュラを使ったデモンストレーションを見たことがあり、”カンパニュラ=デンマーク” という図式が インプットされました( 2009年2月19日ブログ参照)。

7年経った今でも ニコライ・バーグマンNicolaiBergmann氏の デモの様子は 頭に残っています。


いつでも見応えたっぷりの デンマークブース!

IPM2016・デンマークブースの様子は BloemenVanThura Facebookページ にも、たくさんの写真を掲載しています。

BloemenVanThura Facebookページ アルバム 「IPM2016 デンマークブース編」

Facebookページのアルバムの写真は、ブログの写真のように結合していないので、じっくりご覧いただけると思います。

スマホからこのブログを見ていただいている場合、ブログの写真を拡大することができないと思いますので、是非Facebookページからご覧ください。

北欧・デンマークの ”スタイル” と ”爽やかな風” に 思いを馳せながら・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析