フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« アントワープから再・出発?! by THALYS | トップページ | 憧れのフルーツガーデン と トピアリー?! アールスメーアレポート 2016年3月末(4月初) »

2016/04/23

ポンチョと共に?! Keukenhof2016

4月初め、日本への出発前日に キューケンホフKeukenhofへ行ってきました!

Keukenhof201600チューリップで有名なオランダ最大の観光スポット。

チューリップの季節に 8週間だけオープンする公園です。

2016年は 3月24日~5月16日までの開園。

”公園”と言っても、32ヘクタール!

園内には 大きな池もあり、川(運河?)も流れ、まるで林のような・・・、森のような・・・、大自然の中で 過ごすように 楽しめます。

その広い公園に 色とりどり 700百万本!!の球根花が咲き誇ります!

チューリップの種類は800種類もあるとか!

チューリップの季節に8週間といっても、日本のサクラ同様、チューリップにも微妙な開花のタイミングがあります。

その年の天候にもより多少前後しますが、私の経験や様々な情報から、4月後半から5月初め頃がチューリップのベストな時期かと思います(自然が相手です、保証はありません!)。

チューリップがベストでない時期は楽しめないかというと、そんなことはありません。

様々な球根花が 開園時から閉園時までの8週間、どんどん咲いて楽しませてくれます。

Keukenhof201601

Keukenhof201602

開園の頃はクロッカス、その後はヒヤシンス・スイセン・ムスカリ等・・・そしてチューリップも早咲きのものから遅咲きのものまで。

球根花だけでなく、公園の木々も様々なお花を咲かせ、球根花との競演が楽しめます。

こちらも気候により 咲くタイミングはいろいろですが、サクラ、フジ、シャクナゲ、バラ等が観られます。

また屋外だけでなく、園内にいくつかあるパビリオンでも 様々なフラワーショーが行われています。


さて 気になるお花の咲き具合、2016年4月初めの様子は?

・・・予想以上に たくさんのお花が咲いていました!!

スイセン満開!

ヒヤシンス満開!

その他 球根花いろいろ 咲き乱れ!

Keukenhof201609

Keukenhof201610

チューリップ開花はまだまだと思っていましたが、一部の品種が ちょうど咲き始めていました。

また、サクラ(いろんな種類)もほぼ満開!!

Keukenhof201603

Keukenhof201604_2

Keukenhof201607

4月前半は公園の樹々も緑の少ない時期ですが、サクラと 咲き乱れる様々な球根花で、キューケンホフ全体は 思っていた以上に華やかで 見応えがありました(写真以上です)!!

ちなみに園内の大きな樹々達は、5月中頃の閉園間際には すっかり緑の葉っぱが生えそろっているので驚きです。

チューリップは まだまだ蕾・葉っぱのもがも多かったので、4月後半~5月初め頃まで次々と咲き続けるでしょう!

Keukenhof201605

Keukenhof201606

Keukenhof201608


ただ一つ 残念だったのが・・・ ・・・ ・・・天候。

この日の天気予報は、”曇り一時雨”でした。

それなのに 私は 雨が降らないことを願い? 傘を持たずキューケンホフへ。

キューケンホフでは、途中で雨がパラパラ降り始め、雲の様子を見ながら散策を続けましたが、期待に反して 途中から本格的な雨に(泣)。

数時間もしたら雨も上がるだろうと思われましたが、夕方にはアムステルダムに戻らなくてはならなかったので、雨が上がるまで 待つ時間はありませんでした。

不本意にも お土産屋さんでポンチョを購入し・・・、後半は ポンチョを着ての雨のキューケンホフ散策となりました。

ということで、後半は写真もろくに取れず、残念。

そして何より、この時期は雨が降るとまだまだ寒く・・・手も悴む 体感5度以下!

キューケンホフへ到着した時、”ちょっと厚着で来ちゃったかな?”と思っていましたが、その後 雨が降ってとっても寒く、もっと厚着でもよかったくらいです。

ポンチョのおかげで 寒さもしのげました?!

ちなみに、着ていた上着は 腰丈のダウンコート。

アムステルダムに帰ると・・・キューケンホフでの寒さと雨が嘘のように晴れました・・・やっぱり・・・。

日本から観光で訪れる場合は、オランダの春の気候 侮るなかれ?!雨と服装 要注意です。


2016年キューケンホフのテーマは『The Golden Age』。

17世紀頃、オランダが世界を制し 最も栄えた黄金時代!!

下の写真はテーマを球根で描いたモザイク画。

Keukenhof201612

左写真は私が訪れた日の様子・・・残念ながらお花はまだ。

右写真は掲示してあった資料写真・・・運河の家々と帆船の画。

どんな色のお花が咲くのか、楽しみですね。


キューケンホフの周辺のチューリップ畑は 一部 お花が咲いていました(下写真)。

Keukenhof201613

お花が満開になると花首だけ刈り取られてしまうので、私も”色”で埋まった 完全な状態の風景を見たことがありません。

いつか眩しいほどのチューリップのカーペットをこの目で見てみたいなぁ。


YouTubeに @RTL Niews さんの ドローンによる素敵な(2016.04.20アップ、現在の様子と思われる)映像があったので、ご紹介します。

キューケンホフを訪れた気分で、また 鳥になった気分で楽しめます!


昨年(2015年)は3月後半のキューケンホフ開園直後と閉園間際に行きました。

2015年3月末(開園4日目)の様子は ブログPart1(2015年3月27日)Part2(2015年3月31日) 参照

2015年5月中頃(閉園3日前)の様子は 2015年5月24日ブログ参照。


Keukenhof201611

今回のブログの写真は 2016年4月6日に 撮影したものです(YouTube以外)。

私が訪れた日はお天気も悪かったし、縮小・結合した写真では実際の美しさが伝わりません。

是非是非 キューケンホフへ 足を運んで 実際の美しさを体験してください!!

青空に越したことはありませんが、訪れるタイミングによって、様々なお花と風景が楽しめるキューケンホフです。

近日中に パビリオン内のフラワーショーの様子等も レポートしたいと思っていますので、また「オランダのお花ブログ」覗いてみてくださいね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« アントワープから再・出発?! by THALYS | トップページ | 憧れのフルーツガーデン と トピアリー?! アールスメーアレポート 2016年3月末(4月初) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アントワープから再・出発?! by THALYS | トップページ | 憧れのフルーツガーデン と トピアリー?! アールスメーアレポート 2016年3月末(4月初) »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析