フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« ポンチョと共に?! Keukenhof2016 | トップページ | その裏側、知れば知るほど好きになる?! アムステルダム国立美術館Rijksmuseum »

2016/04/28

憧れのフルーツガーデン と トピアリー?! アールスメーアレポート 2016年3月末(4月初)

4月前半より帰国中です。

ゴールデンウィーク目前の日本、日々けっこうな気温差がありますが、日中は ”暑い!”と思う日が増えてきました。

まだ4月・・・、長い夏に耐えられるでしょうか・・・。

例年は3-4月の 日本での春の仕事?を終え、ゴールデンウィーク中にオランダに戻りますが、今年は訳あって しばらく日本滞在予定(未定)です。

先日カラッと晴れたお天気の日、青い空を見ながら オランダの爽やかな”夏の日”を思い出しました。

ちょうどオランダの夏の空気のようでした。

今はまだ(また?)オランダは寒いようですが、オランダの空気が恋しい今日この頃です・・・。


Ws201604plants01あっという間に時間がたってしまいましたが、今回ブログは アールスメーアレポート・プランツ編(3月末-4月初)。

3月末に夏時間になり 日も長くなり始め・・・”待ちに待った春がやって来た~”という頃のオランダです。

アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer・プランツ仲卸さんに並んでいたプランツから、今回はフルーツ系?プランツをピックアップしてみました。

オランダの最高の季節・6月に 各地で行われるオープンガーデンでは、よく見られる様々なフルーツ系プランツ。

小リンゴ・プラム・スグリ・イチジク・ブドウ・キイチゴ・・・。

ガーデンで 咲き誇る様々なお花のアクセントになっている 実物(フルーツ系プランツ)達。

彩りも 表情も 味わい?も豊か!!

オープンガーデンで公開されている立派なお庭のフルーツ系の木々は、大木になっているものも多く、鳥達(野鳥)にとっても 楽園だろうな・・・。

私の小さなテラスガーデンでは叶わない、フルーツの実をたっぷりつける大きな木々。

見上げる程の大木にも憧れるけど、鉢植えできるくらいのサイズなら テラスでも楽しめるかな。

Ws201604plants21_2

上結合写真左から チェリー・プラム・洋ナシ

Ws201604plants22

上結合写真左から プラム・モモ・洋ナシ

Ws201604plants23

上結合写真左から 小リンゴMalus・フランボワーズ・西洋スモモ

Ws201604plants24

上結合写真左から モモ・ブドウ・小リングMalus

Ws201604plants06左写真は初夏がシーズン、ヨーロッパらしいRabarberラバーバー(ルバーブ)。

これは野菜の仲間ですね。

私もテラスガーデンにいろいろ植えて、実ったフルーツをつまみたい。

現在 アムステルダムの我がテラスでは、ブドウの木とイチジクの木を 育てているところです。

いつか テラスのブドウで 自家製ワインを作ってみたいと思っています!?

いろんなフルーツが実を付けたら、テラスに遊びに来る鳥達も喜びそうです。


ブログ後半は、トピアリー型プランツのご紹介。

私はトピアリー型に仕立てたプランツが大好きです。

Ws201604plants11

上結合写真左: Solanum Rantonnetii

上結合写真中: キンバイカMyrtus

上結合写真右: ラベンダーLavendulaAnouk

Ws201604plants12

上結合写真左: Anisodontea

上結合写真中: Solanum WhiteCharles

上結合写真右: Osteospermum

Ws201604plants13

上結合写真左: Pentas Lanceolate

上結合写真中: Abutilon

上結合写真右: ハイビスカスHibiscus

この季節、トピアリー型に仕立てられたプランツが 仲卸さんにもたくさん並んでいました。

爽やかな初夏・夏にピッタリなスタイルですね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« ポンチョと共に?! Keukenhof2016 | トップページ | その裏側、知れば知るほど好きになる?! アムステルダム国立美術館Rijksmuseum »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポンチョと共に?! Keukenhof2016 | トップページ | その裏側、知れば知るほど好きになる?! アムステルダム国立美術館Rijksmuseum »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析