« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/26

プランツの呼吸や声が聞こえる瞬間! アールスメーアレポート2016年1月

先日、伊良湖岬の先端で行われた お花のイベント『渥美半島 花の超祭典』(2016.2.20-21)へ行ってきました。

たくさんのお花に囲まれ、たくさんの”想い”の伝わる『渥美半島 花の超祭典』!

とっても素敵なイベントでした。

また後日、「オランダのお花ブログ」でもご紹介したいと思います。


さて気が付けば 2月もまもなく終わろうとしています(2月短い!)。

またまた時差が発生してしまいましたが・・・。

Ws201601plants011月末、アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer プランツ仲卸さんの様子です。

さかのぼること3か月、12月(年末)には 様々なパーティーがあったり クリスマスがあったり・・・イベントが続きます。

年が明け 1月になると、多くの人々は ”リラックスできる空間や時間”を求めます。

もちろんプランツ達と共に!!

プランツ・お花には 疲労回復やストレス解消等の ヒーリング効果があります。

ということで、外はまだまだ寒いオランダの1月ですが、仲卸さんは 様々なグリーン(プランツ達)の生命力に溢れていました。

1月末の仲卸さんに並ぶプランツや デコレーションをご紹介します(ほんの一部)。


Ws201601plants02

上写真左:ハゴロモジャスミンJasminum polyanthum

ハゴロモジャスミンには申し訳ない思い出が・・・!?

オランダ・アムステルダムのお花屋さんで働いていた時のこと。

ある朝、いつものように 店頭にプランツや球根をきれいに並べ、開店準備をしました。

その日は、前日仕入れたばかりのハゴロモジャスミンのグリーンが とってもフレッシュできれいでした。

ボスが出勤する前にきれいに並べ終えて、一安心。

楽しい一日が始まる・・・ ・・・ ・・・はずでした!?

”Naomi~、凍ってるよ~”

しばらくして出勤してきたボスが ハゴロモジャスミンの鉢を抱えてお店に入ってきました。

しまった~!!!!!!!!!!!!!

その瞬間、私は 凍りつきました!!!!

その日は 晴れていましたが、気温が マイナス10度だったのです!

アムステルダムの冬は 氷点下には良くなりますが、マイナス10度の寒さは まれです。

その日の朝は、私のそれまでの人生の中で 体験したことのないマイナス10度・・・。

息をすると 凍り付くので、大きな呼吸ができないような寒さです。

自分がこの未体験な寒さに耐えるだけで精いっぱいで・・・頭が働きませんでした。

普段は店頭にきれいに並べるプランツ達、マイナスの日はプランツが凍ってしまうため、並べません。

冬は日中でも 頻繁に温度計をチェックしていて、気温が下がり 氷点下になりそうになると、急いでプランツをしまったり、暖かくなったら外に並べたりするのが習慣でした。

それなのに・・・、それなのに・・・、マイナス10度・・・!

いつも気を付けていたのに、よりによってマイナス10度の日に、プランツを外に並べてしまうなんて・・・。

ありえないミス・・・、”ありえない”ではすまないミス・・・。

この季節、市場やマーケットやお花屋さんで ハゴロモジャスミンを見ると、あの寒かった冬のお店(今はなき Bloemenboog)のことを思い出します。

ちなみに、その時 私に屋外に並べられてしまった(凍ってしまった)数ケース分のハゴロモジャスミンや 芽の伸びていた球根等は・・・ごめんなさい(処分しました・涙)。

ハゴロモジャスミンにも ボスにも 本当に申し訳ない思い出です。


Ws201601plants03

Ws201601plants04

Ws201601plants05

上写真:Medinilla Magnifica Flamenco

”Flamenco”という品種、鮮やかなフューシャピンクのお花と、濃いグリーンの葉っぱのコントラストが美しい!

Ws201601plants06

上写真左:ビバーナムティナスViburnumTinus トピアリー型

上写真中・右:エニシダCytisus

Ws201601plants07

上写真:ヤナギSalix各種、枝垂れヤナギやトピアリー型

Ws201601plants08

上写真:ヤナギ・鳥の餌付き!

自然の中に餌(木の実等)が少ない時期は、鳥たちがお庭に餌を求めてやってきます。


さて、ここからは ”ココダマ” のお話。

”ここだま”!?

Ws201601plants09『KOKODAMA®』です!

ブログ冒頭の写真も『KOKODAMA®』デコレーションです。

『KOKODAMA®』は、ヤシ(ココナッツ/Coconut)の殻の繊維を 再成形して、ポット状の”タマ(玉)”にしたもの。

これは日本語??

どうやら 日本の”苔玉(コケダマ)”からインスピレーションを得たそう!!

100%ナチュラル素材!

『KOKODAMA®』には置いて使うタイプとハンギングタイプ等があり、ガーデン・テラス・パティオでも使え、インドアでも使えるという代物!

ガーデンに吊るせば、ナチュラル感たっぷり。

インドアでは どんなテイストに不思議と似合ってしまいます。

Ws201601plants10

特に 置くタイプの『KOKODAMA®』は、アンティーク調インテリアにも、ナチュラルインテリアにも、モダンなインテリアにも、シンプルな北欧風インテリアにも!!

日本的な感覚では、”ヤシの実”といえば どちらかというと”夏”をイメージてしまいます。

ですが、パーティーやイベントで疲れた身体や精神を癒すには、こんなナチュラルなテイストが一番です。

100%ナチュラルな『KOKODAMA®』・・・日本人が”コケダマ”に癒しを求めるのと同じ感覚ですね。

Ws201601plants11

サボテン・多肉植物・コチョウラン等が セットされたものが商品化されていました。

実は半年ほど前(2015年6月)にも この商品を同じくプランツ仲卸さんで見かけて ブログでご紹介したことがありました(2015年6月11日ブログ参照)。

その時は『KOKODAMA®』という名にも気が付かず・・・見落としや気付かないことって いっぱいありますね。

アンテナの感度を磨かなければ・・・。

この商品はフェアトレード、スリランカの人々の手によって作られているそうです。

このプロジェクトを通して、スリランカの人々に仕事のチャンスを与えると共に、経済的なサポートにもなり、最終的には スリランカの子供たちにも還元されていく・・・。

素敵な取り組みですね!


今回ご紹介した写真のプランツ達もそうですが、フレッシュなプランツ達は 生命力に溢れ 活力があり、いつもいろんなパワーを感じ、いろんなパワーをもらいます。

当たり前ですが、プランツ・お花は”生き物”です。

プランツやお花が”生きている”とは 常に感じますが、冬季は特に感じます。

冬はお花屋さんの中に入ると、屋外より暖かいし(あたりまえ?)、香りが溢れ、心地よい湿度もあります。

オランダのお花屋さんで働いていた時、朝一番に出勤し ドアを開けてお店に入る瞬間に感じる そんな空気が好きでした。

それはプランツやお花達の 呼吸や声が聞こえる瞬間でした・・・。

(それなのに凍らせてしまって本当にごめん・・・ハゴロモジャスミン・・・)

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/02/21

自然回帰願望と植物達からの警告?! アールスメーアレポート2016年1月

『ひとみ』・・・素敵な名前ですね。

先日打ち上げられた X線天文衛星(ASTRO-H)。

80億光年先の観測ができるそうです!

それは、果てしない距離でもあり 過去でもあり・・・。

また今月はもう一つ、「重力波」初観測のニュースがありました!

子供の頃、松本零士先生の『銀河鉄道999』を何度も何度も読みこんで、憧れ 想像した宇宙・・・。

まだまだ謎は深いですが、少しずつ解明されるその姿に、より一層の ”ロマン”を感じずにはいられません。

Ws201601trend07そんな宇宙の活動から見たら、地球上の人間の活動なんて、そよ風がスギの花粉を”一粒”飛ばすよりも、小さな小さなことなのでしょうね??(例えが思い浮かばない・・・笑)

そんな小さな地球人の営みですが、私達も一生懸命 その時その時を 生きています。

地球上には今 いろんな物が溢れ(溢れすぎ)、便利な(便利すぎ) 世の中になりました。

人々はそんな便利さや溢れる物に 少し 疲れているかもしれません。

そこで”自然回帰願望”です!


今回ブログテーマは、”自然回帰願望”第二弾(第一弾は 2月13日ブログ参照)。

アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer 仲卸さんのインスピレーションコーナー・1月末の様子です。

テーマは 『GREEN Treasures』。

毎日 ただただ白くどんより暗いオランダの冬の空、そんな中で見る 植物達のグリーンは とっても新鮮です。

ツヤつや 活き活き、生命力たっぷり、活力を感じます。

どのプランツも表情が豊かで、なんだか”顔”にさえ見えてきます!?

Ws201601trend01

Ws201601trend02

Ws201601trend03

Ws201601trend04

木材・綿・麻・紙等・・・プランツ達にはナチュラル素材が良く似合います。


このコーナーでは これらプランツ達の効能が紹介されていました。

それは・・・空気浄化作用、集中力・創造力の向上、免疫力アップ、保湿だったり、音響効果だったり、Happyをもたらすことだったり。

プランツ・お花には 確実に私達人間に プラスになる効果があります。

お部屋にプランツを置いていたり、お庭でお花を育てていると、昨日はなかった小さな芽が出ていたり、知らないうちにツルが伸びていたり。

枯れかけてたり元気がなくなっていても、お水をあげたら生き返ったり・・・!

日々の小さな変化を見つける度に感動し、発見の毎日です。

グリーンパワー・・・ある意味 ”宇宙のロマン”と 通じるところがあります。


ブログ冒頭の写真と下の写真は、同じテーマでデコレーションされていた プランツ仲卸さんの出入り口。

Ws201601trend05

下の写真も同テーマ、プランツ仲卸さんのプランツ展示。

Ws201601trend06


宇宙>地球>自然>植物>人間・・・宇宙の、地球の、自然の、植物達のパワーをいただいて、謙虚に過ごしたいものです。

最近、目がショボショボ、かゆくもなってきました・・・(涙)。

鼻水もくしゃみも・・・、これは完全に・・・?!

謙虚さを忘れてるから、花粉症になるのかしら???

花粉症は 植物達からの 何かしらの警告なのかもしれません。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

2016/02/17

その花は”かぐや姫”のように!? アールスメーアレポート2016年1月

久々のアールスメーアレポート。

今回は アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer 切り花仲卸さんの1月末の様子です。

年が明けた1月は 春のお花が市場に並び・・・”春のお花”を新鮮に感じましたが、今や自然界も季節が進み、春はすぐそこっ(汗)。

ということで、またしても時差のあるレポートとなってしまいましたが、1月末頃の様子・・・と念頭に置いていただき ご覧いただければと思います。


切り花仲卸さんの店頭で まず目に飛び込んできたのは 、この季節ならではの花材や資材。

Ws201601cf09

Ws201601cf08

それはイースター!!!

きれいにお化粧された大きなダチョウのタマゴや、ペイント・ベルベット加工等のビビッド~パステルまで様々な色・質感に加工されたミツマタ。

イースターのデコレーションに欠かせない”枝”の一つです。

ちなみに”ミツマタ”はオランダでも”MITSUMATA”です。


一歩仲卸さんに足を踏み入れれば、カラフルな春のお花がいっぱい。

Ws201601cf01

上写真:アネモネ(写真ではわからないけど、大輪シリーズ)

Ws201601cf02

上写真(左・中):ラナンキュラスRanunculusPonponシリーズ(大輪)

上写真(右)ラナンキュラスRanunculusSuccessシリーズ/GrandPastel(大輪)

Ws201601cf03

上写真:カランコエKalanchoe

これまではガーデンプランツのイメージだったカランコエは、近年 すっかり切り花の仲間入りですね。

私も2年前、国際園芸見本市IPMで紹介されていたカランコエを見た時の衝撃は 今でも昨日のことのように覚えています。

従来のイメージとは違う色合いや ブライダルブーケになった美しい姿のカランコエに 感動しました(2014年3月16日ブログ参照)。

今年のIPM2016では 切り花のカランコエのブースも見かけました。


Ws201601cf04

上写真:キンギョソウLeeuwebek

Ws201601cf05

上写真:ミモザMimosa

ミモザはフルフルに咲いているタイプや 葉っぱや蕾のものなど、様々なタイプが並んでいます。

Ws201601cf06

上写真(左・中):マンサクHamamelis

上写真(右):エニシダGinster

Ws201601cf07

上写真(左):ネコヤナギ各種

上写真(中):セッカヤナギSalixSekkaBandwilg

上写真(右):モモPrunus

Ws201601cf10

上写真(左):カスターニャKantanje

上写真(中):Magnolia・・・みんな大好き、初春・春に欠かせないモクレンの枝!

上写真(右):Betura・・・イースターの季節には欠かせません!


今回 仲卸さんに並ぶお花の中を歩いていると、違う光を放っているように感じる場所がありました。

引き寄せられるようにその場所へ行くと・・・。

そこには、まるで”かぐや姫”のように輝く一束のお花が!!

それは日本からやってきたスカビオサScabiosaでした。

Ws201601cf11

とっても優しい雰囲気でしたが、凛とした強さも感じました。

日本のお花、アールスメーアの仲卸さんにも並んでいるんです。

トルコキキョウは数年前からよく見かけます。

お花の形・咲き方・雰囲気が オランダのものと違うので、一目でわかります。

Ws201601cf12

こちらは スイートピーLathyrus・・・NaniwaFlowerAuctionと書いてありました。

探せばもっとあるかもしれません、日本産。

以前オランダから切り花を日本に輸入し販売していた経験から、飛行機に乗ってやってくるお花の様子を知っているだけに、(私が切り花輸入をしていた時から随分時間が経っているので、その手法・技術もきっと進化していることと思いますが)、日本の繊細なお花がこんなにきれいで新鮮なまま、オランダの仲卸さんに並んでいるってすごいなぁと、純粋に感動しました。

お花が”日常”に溢れる国オランダに、日本の繊細なお花が 当たり前のように 溢れる日が来るといいですね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

2016/02/13

自然回帰願望と幻想的なパリに酔いしれて・・・メゾン・エ・オブジェ 2016年1月

時間が経つのは早いもので、1月末の パリやドイツの展示会出張ウィークから もう半月が過ぎました。

展示会会場といえば・・・

広い会場を歩き回り、足も疲れ、肩もこります。

訪問者や会場の熱気にもやられます?!

新しい商品・新しいトレンド・・・四方八方を刺激に囲まれ、頭も心も 飽和状態?!になります。

時間も限られ 見どころ満載の会場で、のんびり休憩したり ゆっくりランチをする・・・なんて叶わぬ願望です。

・・・が!!

今回のメゾン・エ・オブジェでは、”ここでのんびりしたい~”・”ゆっくりランチしたい~”と思うような 素敵なスペースに遭遇しました。


年に2回 パリにて開催される インテリア・デザイン見本市メゾン・エ・オブジェMaison&Objet。

24.6万㎡(全8ホールかな?)という広~いパビリオンに、約3000の出展社(59か国/2016.01)、80000人前後のビジター・バイヤーが訪れるという ヨーロッパ最大級のインテリア・デザイン見本市です。

対象は インテリア雑貨・ギフト雑貨・家具・照明・テーブルウエア・キッチンウエア・テキスタイル等。

2016年1月メゾン・エ・オブジェ開催後の最新レポートによると、今回のメゾン・エ・オブジェでは、直前(2015年11月)にあったテロの影響で、外国市場への影響が多少あったようですが、フランス(+4%)やヨーロッパ近隣国(オランダ・ベルギー・スペイン等)からの人出は 良い傾向だったようです。

私はアムステルダム在住で、パリを身近に感じているため(隣の県みたいな感覚?)、行くことをやめる・・・という選択肢はなかったものの、テロのタイミングによっては、やっぱり躊躇したかもしれません。

フランス市場の”活気が戻っている”というのは朗報ですね。


さて、話を戻して・・・メゾン・エ・オブジェ会場で遭遇した素敵なスペースについてです。

そこは『Café Sempre』。

ベルギーメーカーSempreプロデュースのナチュラル素材満載のカフェと商品展示ブースです (写真はそのブースのほんの一部です)。

Mo20160101

Mo20160102

まるで自然の中にいるようで、癒したっぷり。

”商品”が商品に感じないところが、心地よさを倍増させます。

ナチュラル素材の家具や雑貨、植物(プランツ・お花)に囲まれて、ゆっくりのんびりした気分が味わえました。

とっても人気のブースで、多くの人が写真を撮っていました!

Mo20160103

Mo20160104

Mo20160105

インターネットやSNSの普及で便利になった反面、氾濫する情報に疲れ、偏った情報や世界に飲み込まれそうになったり・・・ニュートラルでいることが難しい今の世の中・・・。

人々が今、自然の癒したっぷりの 心身ともにリセットできるような、こんな空間を求めるのは 必然かもしれませんね。


メゾン・エ・オブジェへ通い始めて12年目・・・(ビックリ)。

2005年1月からずっと、昨年の1月を除き(親戚不幸の為、急きょ帰国しました)、年2回通い続けています。

これまでいろんなトレンドを見てきましたが、 近年は断然“ナチュラル”。

”ナチュラル回帰”がトレンドです!!

今、憧れる生活スタイルです!!

今回ご紹介した写真は BloemenVanThura Facebookページ・アルバム「メゾン・エ・オブジェ2016年1月」 でも ご紹介しています。



Paris20160106ブログ後半は、幻想的なパリの風景を・・・。

目で見る風景はもちろんですが、写真で見るパリの夜景が とっても幻想的!!

久しぶりにカメラ(コンデジ)を買い替えたからかな?

それに 今回は初体験!?

エッフェル塔のシャンパンフラッシュ~~(左写真)!!

プライベートを含め パリにはもう何回も行っているのに、エッフェル塔のシャンパンフラッシュは初めて見ました!

かなり離れているところからズームで撮った写真ですが、こんなに離れていても、キラキラ~~~!

どこから このエッフェル塔を撮影したかというと・・・?

Paris20160104

ここですっ!

Paris20160103

ルーブル美術館のピラミッド前。

Paris20160105

ルーブルのピラミッドを背に、本当はこんなに遠くの(小さなサイズの)エッフェル塔でした!

最近のカメラのズームはすごいですね。

ちなみに遠景のエッフェル塔は(上写真)、シャンパンフラッシュの直前の普通の姿?です。

Paris20160102

ディナーの帰り道・・・サン=ジェルマン・デ・プレSaint-Germain-des-Prés(上写真)。

Paris20160101

この時期は冬のセール期間中・・・ギャラリー・ラファイエットGaleries Lafayette。

テロの傷跡や心配はよそに・・・やっぱり魅力いっぱい、プライベートでも行きたいパリです?!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

続きを読む "自然回帰願望と幻想的なパリに酔いしれて・・・メゾン・エ・オブジェ 2016年1月" »

2016/02/09

お花でバレンタイン! IPM2016

またまたブログ更新の間があいてしまいました・・・。

1月末パリのメゾン・エ・オブジェへ行ったあと、ドイツ出張がありました。

Ipm2016valentine01ッセンにて行われたIPM国際園芸見本市IPM2016、そしてフランクフルトの クリスマス見本市ChristmasWorldへ。

その後 アムステルダムへ戻って数日、急遽 予定を変更して 日本帰国・・・。

展示会出張週間に、プライベートのバタバタが重なってしまい、慌ただしい2週間でした。

ということで、今は日本、しばらく?日本滞在です。

オランダ-日本を頻繁に行き来しているものの、2月に日本に滞在するのは8年ぶりくらい!?

日本のバレンタインの盛り上がりからも 随分 遠ざかっていて、浦島太郎状態です。

今頃 皆さんチョコレート選びに忙しいのでしょうね。


バレンタインウィークということで、今回ブログは 先日訪れた国際園芸見本市IPM2016 から、バレンタインカラー&モチーフ!?をご紹介したいと思います。

ブログ冒頭の写真は赤バラ代表!RED NAOMI!

さすがの存在感でした。

下の写真はオアシス社のブースから。

ハート型オアシスを使ったキュートなアレンジやオアシス社資材を使ったアレンジです。

Ipm2016valentine02

Ipm2016valentine03

Ipm2016valentine04

下の写真もオアシス社ブースから。

ミニサイズのレインボーフォームが一口サイズのスイーツに!!!

簡単でシンプルなアレンジですが、レース一巻・ピン一射しで世界が広がりますね。

Ipm2016valentine05

Ipm2016valentine06


下写真はイタリアのラナンキュラスのブース!

花弁のボリュームやカラーバリエーションは圧巻!

ラナンキュラスPonPonシリーズ、Successシリーズ、Eleganceシリーズ

Ipm2016valentine07

Ipm2016valentine08

下写真はオランダ球根屋さんのブース。

アマリリスの球根のワックス加工・ラメ加工・スノー加工等・・・

インテリア性も高く、咲くまでも楽しめます!

Ipm2016valentine09

アマリリス以外の球根も、球根とは思えないような おしゃれでかわいいパッケージがいろいろありました(写真はありませんが)。

お土産屋さんに並んでいたら手に取りたくなること間違いなしです。

下の写真、最後はオランダのバラの加工屋さんのブースから。

こちらもワックス・ラメ・スノー加工等。

写真はバラAvalancheの加工。

Avalancheそのものが美しいので加工しても美しい!

Ipm2016valentine10

お花は自然の状態が一番好きだけど、バレンタインやイベントの時くらいは、おしゃれにお化粧してもいいよね!?


もうすぐバレンタインデー。

チョコレートをもらう?贈る?

フラワーバレンタインでお花をもらう?贈る?

自分の為に お気に入りのお花を買ってもいいよね。

お花と共に・・・Happy Valentine's Day!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など