フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 自然回帰願望と植物達からの警告?! アールスメーアレポート2016年1月 | トップページ | 日本一の”花どころ”から~ 『花の超祭典』! »

2016/02/26

プランツの呼吸や声が聞こえる瞬間! アールスメーアレポート2016年1月

先日、伊良湖岬の先端で行われた お花のイベント『渥美半島 花の超祭典』(2016.2.20-21)へ行ってきました。

たくさんのお花に囲まれ、たくさんの”想い”の伝わる『渥美半島 花の超祭典』!

とっても素敵なイベントでした。

また後日、「オランダのお花ブログ」でもご紹介したいと思います。


さて気が付けば 2月もまもなく終わろうとしています(2月短い!)。

またまた時差が発生してしまいましたが・・・。

Ws201601plants011月末、アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeer プランツ仲卸さんの様子です。

さかのぼること3か月、12月(年末)には 様々なパーティーがあったり クリスマスがあったり・・・イベントが続きます。

年が明け 1月になると、多くの人々は ”リラックスできる空間や時間”を求めます。

もちろんプランツ達と共に!!

プランツ・お花には 疲労回復やストレス解消等の ヒーリング効果があります。

ということで、外はまだまだ寒いオランダの1月ですが、仲卸さんは 様々なグリーン(プランツ達)の生命力に溢れていました。

1月末の仲卸さんに並ぶプランツや デコレーションをご紹介します(ほんの一部)。


Ws201601plants02

上写真左:ハゴロモジャスミンJasminum polyanthum

ハゴロモジャスミンには申し訳ない思い出が・・・!?

オランダ・アムステルダムのお花屋さんで働いていた時のこと。

ある朝、いつものように 店頭にプランツや球根をきれいに並べ、開店準備をしました。

その日は、前日仕入れたばかりのハゴロモジャスミンのグリーンが とってもフレッシュできれいでした。

ボスが出勤する前にきれいに並べ終えて、一安心。

楽しい一日が始まる・・・ ・・・ ・・・はずでした!?

”Naomi~、凍ってるよ~”

しばらくして出勤してきたボスが ハゴロモジャスミンの鉢を抱えてお店に入ってきました。

しまった~!!!!!!!!!!!!!

その瞬間、私は 凍りつきました!!!!

その日は 晴れていましたが、気温が マイナス10度だったのです!

アムステルダムの冬は 氷点下には良くなりますが、マイナス10度の寒さは まれです。

その日の朝は、私のそれまでの人生の中で 体験したことのないマイナス10度・・・。

息をすると 凍り付くので、大きな呼吸ができないような寒さです。

自分がこの未体験な寒さに耐えるだけで精いっぱいで・・・頭が働きませんでした。

普段は店頭にきれいに並べるプランツ達、マイナスの日はプランツが凍ってしまうため、並べません。

冬は日中でも 頻繁に温度計をチェックしていて、気温が下がり 氷点下になりそうになると、急いでプランツをしまったり、暖かくなったら外に並べたりするのが習慣でした。

それなのに・・・、それなのに・・・、マイナス10度・・・!

いつも気を付けていたのに、よりによってマイナス10度の日に、プランツを外に並べてしまうなんて・・・。

ありえないミス・・・、”ありえない”ではすまないミス・・・。

この季節、市場やマーケットやお花屋さんで ハゴロモジャスミンを見ると、あの寒かった冬のお店(今はなき Bloemenboog)のことを思い出します。

ちなみに、その時 私に屋外に並べられてしまった(凍ってしまった)数ケース分のハゴロモジャスミンや 芽の伸びていた球根等は・・・ごめんなさい(処分しました・涙)。

ハゴロモジャスミンにも ボスにも 本当に申し訳ない思い出です。


Ws201601plants03

Ws201601plants04

Ws201601plants05

上写真:Medinilla Magnifica Flamenco

”Flamenco”という品種、鮮やかなフューシャピンクのお花と、濃いグリーンの葉っぱのコントラストが美しい!

Ws201601plants06

上写真左:ビバーナムティナスViburnumTinus トピアリー型

上写真中・右:エニシダCytisus

Ws201601plants07

上写真:ヤナギSalix各種、枝垂れヤナギやトピアリー型

Ws201601plants08

上写真:ヤナギ・鳥の餌付き!

自然の中に餌(木の実等)が少ない時期は、鳥たちがお庭に餌を求めてやってきます。


さて、ここからは ”ココダマ” のお話。

”ここだま”!?

Ws201601plants09『KOKODAMA®』です!

ブログ冒頭の写真も『KOKODAMA®』デコレーションです。

『KOKODAMA®』は、ヤシ(ココナッツ/Coconut)の殻の繊維を 再成形して、ポット状の”タマ(玉)”にしたもの。

これは日本語??

どうやら 日本の”苔玉(コケダマ)”からインスピレーションを得たそう!!

100%ナチュラル素材!

『KOKODAMA®』には置いて使うタイプとハンギングタイプ等があり、ガーデン・テラス・パティオでも使え、インドアでも使えるという代物!

ガーデンに吊るせば、ナチュラル感たっぷり。

インドアでは どんなテイストに不思議と似合ってしまいます。

Ws201601plants10

特に 置くタイプの『KOKODAMA®』は、アンティーク調インテリアにも、ナチュラルインテリアにも、モダンなインテリアにも、シンプルな北欧風インテリアにも!!

日本的な感覚では、”ヤシの実”といえば どちらかというと”夏”をイメージてしまいます。

ですが、パーティーやイベントで疲れた身体や精神を癒すには、こんなナチュラルなテイストが一番です。

100%ナチュラルな『KOKODAMA®』・・・日本人が”コケダマ”に癒しを求めるのと同じ感覚ですね。

Ws201601plants11

サボテン・多肉植物・コチョウラン等が セットされたものが商品化されていました。

実は半年ほど前(2015年6月)にも この商品を同じくプランツ仲卸さんで見かけて ブログでご紹介したことがありました(2015年6月11日ブログ参照)。

その時は『KOKODAMA®』という名にも気が付かず・・・見落としや気付かないことって いっぱいありますね。

アンテナの感度を磨かなければ・・・。

この商品はフェアトレード、スリランカの人々の手によって作られているそうです。

このプロジェクトを通して、スリランカの人々に仕事のチャンスを与えると共に、経済的なサポートにもなり、最終的には スリランカの子供たちにも還元されていく・・・。

素敵な取り組みですね!


今回ご紹介した写真のプランツ達もそうですが、フレッシュなプランツ達は 生命力に溢れ 活力があり、いつもいろんなパワーを感じ、いろんなパワーをもらいます。

当たり前ですが、プランツ・お花は”生き物”です。

プランツやお花が”生きている”とは 常に感じますが、冬季は特に感じます。

冬はお花屋さんの中に入ると、屋外より暖かいし(あたりまえ?)、香りが溢れ、心地よい湿度もあります。

オランダのお花屋さんで働いていた時、朝一番に出勤し ドアを開けてお店に入る瞬間に感じる そんな空気が好きでした。

それはプランツやお花達の 呼吸や声が聞こえる瞬間でした・・・。

(それなのに凍らせてしまって本当にごめん・・・ハゴロモジャスミン・・・)

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

🌸 Bloemen Van Thura Facebookページ でも最新情報をご案内しています🌸

« 自然回帰願望と植物達からの警告?! アールスメーアレポート2016年1月 | トップページ | 日本一の”花どころ”から~ 『花の超祭典』! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然回帰願望と植物達からの警告?! アールスメーアレポート2016年1月 | トップページ | 日本一の”花どころ”から~ 『花の超祭典』! »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析