« 闇夜に溢れる光のアートとボートと自転車!? Amsterdam Light Festival 2015-2016 | トップページ | 窓辺にお花が揺れる町ツェルマットと”最後の晩餐”ハプニング?! Summer2015 »

2016/01/21

お花を囲んでみんな笑顔! National Tulip Day 2016

暖冬のオランダも少し寒くなったと思ったら、日本にはもっとすごい寒波?がきましたね。

温暖な名古屋・豊橋にも雪が積もったようで、びっくりです。

運転やお庭の水道管等、皆様 大丈夫だったでしょうか。

アムステルダムは 雪が降るといってもチラッと降るくらいですが、冷えると 簡単に氷点下になり 凍りつきます!

先日の冷え込み予報に合わせ、テラスのホースを片付けましたが(例年は11-12月には片付けます)、プランツのことは 対応し忘れました(汗)。

急な冷え込みで 買ったばかりのクリスマスローズが・・・凍りかけました(泣)!!

中途半端に暖かくて(寒いけど)雨のお天気より、キンと氷点下まで冷えた冬の方が好きですが、久々のテラス凍結に慌てました。

今月仲間入りしたばかりの3種類のクリスマスローズは、その後 室内に避難中。

今年は暖冬の為すっかり忘れていた習慣ですが、冬期のガーデンプランツ購入には、気温予報のチェックが欠かせません!


暖冬に振り回されている今年の冬ですが、そんな中 ”春へのキックオフ”が行われました!

2012年からスタートしたイベント、1月第3週土曜日チューリップデイ!

Tulipday2016012016年1月16日アムステルダム・ダム広場にて『National Tulip Day 2016』 が開催されました。

私も”春の色”を求め ダム広場へ行ってきました。

今回ブログでご紹介している チューリップ満載の写真は、『National Tulip Day 2016』会場(ダム広場)で撮影したものです。

”チューリップの国”として知られるオランダ・・・

その名にふさわしく、毎年17億本のチューリップが オランダから世界中へ輸出され、世界中のお花屋さんへ、家庭へ、人々へ届けられています。

『National Tulip Day』は、チューリップシーズン到来のお祝い、そして チューリップシーズンへのキックオフです!

今冬は暖冬で 連日雨ばかりでしたが、この『National Tulip Day』数日前から 少し雲の流れが変わりました。

春が来るのではなく!?、逆に 寒くなる・・・と(それでも例年より全然暖かい)。

アムステルダムは北に位置しながら 雪はあまり降らない土地柄ですが、『National Tulip Day』前々日の夜は雪が降ったり、予報通り 冷え込んできました。

チューリップデイ当日朝は、私がダム広場へ出かける直前まで、ミゾレやヒョウ・アラレが降っていました。

”今年のイベントはお天気が悪くて残念だなぁ・・・”

”ダムに行っても(傘をさしながらで)写真が撮れないなぁ・・・”

と 思っていました・・・、が!?!?

出かける15分程前から お天気急変!

こんなこともあるんですね!(たまには?)

なんと!予想に反し 青空になり、太陽がではじめました!

ということで、傘を持つのもすっかり忘れ ダムへ足取りも軽く 出かけました(家から徒歩10分程です)。


『National Tulip Day』のイベントは13時から。

私がダム広場へ出向いたのは、イベント開始の1時間ほど前です。

『National Tulip Day』のこの日、アムステルダム・王宮前ダム広場(DAM)には、20万本の色とりどりのチューリップが 敷き詰めらていました。

Tulipday201602

前日の夕方5時頃、ダム広場を横切った時には 全く準備の形跡のなかったチューリップ達・・・。

午前中に準備をしたようですね(下でご紹介しているYoutube1本目に 準備の様子が紹介されていました)。

チューリップシーズンへのキックオフ宣誓の後には、無料で誰もが参加できる”チューリップ摘み”が行われます。

雨が上がったばかりのダム広場に、マーチングバンド(下写真)が奏でる軽快な曲に誘われて、人々が集まってきていました。

Tulipday201603

すでに、チューリップ摘みの列に並んでいる人達もいました(下写真)。

Tulipday201606

上写真左:チューリップシーズンへのカウントダウン、あと1時間11分55秒!

上写真右:”無料チューリップ摘み”イベントを楽しみに待つ人々

まだこの時点では列が短かったので、私も並ぼうかなぁとも思いましたが、今回もまた並ばず・・・。

毎年ダム広場に足を運んでいますが 様子を見るだけ・・・昨年の様子は 2015年1月24日ブログ参照。

根性無し?の私ですが、一度だけ列に並んでチューリップ摘みをしたことがあります。

その時の様子は 2013年1月27日ブログ参照。

Tulipday201605おひとり様20本!

自分の足で チューリップの中を歩き・・・

自分の手で チューリップに触れ・・・

自分の好みのチューリップを摘む・・・

お花を身近に感じ、誰もが思わず笑顔になれる、最高のイベントです!!


この日は 16時頃まで約17000人がチューリップ摘みを楽しんだそうです。

世界中でこんなイベントがあったら、みんなお花をもっともっと身近に感じることができるんじゃないかなぁ。

まずは、お花を身近に感じること!

蕾からお花が咲き、そして枯れる・・・そんな お花を愛おしいと思うこと。

まずは”そこ”です。

どんなきっかけでも、お花を身近に感じることができる環境が あるといいですね。

Tulipday201607

上写真:ダム広場、奥は王宮、右は新教会・・・王宮の時計が止まってる?のはご愛嬌!?

今年はオランダが EU議長国ということもあり、イベントテーマは”Europe”。

難民問題やテロ問題等、近年になく張り詰めているヨーロッパですが、お花が人々をつなぎ、平和な世の中になることを祈っています。


最後は 私がアップしたものではありませんが、Youtubeにあった動画をご紹介。

『National Tulip Day 2016』の Happyな様子が伝わります。

オランダの人々、アムステルダムの人々、通りすがりのツーリスト・・・

様々な国籍・宗教の人々が、お花を囲んで みんな笑顔です!

 



blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 闇夜に溢れる光のアートとボートと自転車!? Amsterdam Light Festival 2015-2016 | トップページ | 窓辺にお花が揺れる町ツェルマットと”最後の晩餐”ハプニング?! Summer2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 闇夜に溢れる光のアートとボートと自転車!? Amsterdam Light Festival 2015-2016 | トップページ | 窓辺にお花が揺れる町ツェルマットと”最後の晩餐”ハプニング?! Summer2015 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など