« ゴッホの”叫び”!?!? Van Gogh Museum | トップページ | おとぎ話と秋の思い出 アールスメーアレポート 2015年10月 »

2015/10/18

ミラネーゼはビビッドがお好き?! Summer2015

最近急に寒くなり、冬が始まった気がするオランダです。

オランダの秋より冬が好きですが・・・まもなく帰国。

夏休み明けから約2カ月間、展示会があったり、”クリスマス”(仕事で)が始まったり・・・バタバタ あっという間でした。

ですが「オランダのお花ブログ」は、まだ 夏休みです?!


2015年夏休み、イタリア・ミラノとスイス登山電車の旅。

ミラノを脱出して次の目的地へ・・・の前に、まだある?ミラノでの小さな思い出。

今回の旅(前半)の目的は ”ミラノ万博”ということで、観光の時間は ほとんどありませんでした。(9月24日ブログ9月30日ブログ参照)

Summer201508milano01観光ができないかわりに?ホテルは少し贅沢にしよう・・・と選んだホテルは「Bulgari Hotel Milano」。

昨年夏休みのホテルでの贅沢な?時間に味を締め・・・(2014年10月25日ブログ参照)!?

昨今は Airbnbで紹介されるような、地元の人々との交流を求めたり・・・、旅先で生活しているような時間を求めたり・・・、そんな旅のスタイルが流行っています。 

私もそんなスタイルの旅が好きだった時期もありますが、最近は ”こだわり?ホテルでの時間を過ごすこと”も、旅の一つの目的となっています。

今回ミラノで選んだホテルは、雑然とした都会の真ん中にありながら、まるで森か公園の中にいるような、緑(ガーデン)に囲まれた素敵なブティックホテル。

ブログ冒頭の写真はホテルのお庭。

ホテル全体やお部屋にも ブルガリのアロマキャンドルがともされ、ブルガリの香りが漂っていて・・・暑く雑然としたミラノの雑踏からホテルへ戻ると、とっても癒されました。

Summer201508milano02

お部屋に数か所 飾ってあったアンスリウムは、ブルガリグリーンとの相性ピッタリ(上結合写真真ん中)!

贅沢な空間に3泊もできて、心地よかったです。

さすがブルガリ?・・・毎朝毎晩 駐車している車も 出入りしている車も見応えたっぷり!

Summer201508milano03

ここは”スーパーカー”のショールームか~!!・・・と思うほど。

ポルシェ・フェラーリは当たり前!

ランボルギーニ・カウンタック や ブガッティ・ヴェイロンも!

かっこよくて目が釘付け!

ホテルを訪れる人は(宿泊客もレストランやカフェのお客さんも)みんな高級車やタクシーでやってきて、オシャレにドレスアップしているのに、私達は 大汗かいて、ヘトヘトにやられて!(しかも徒歩で?)ホテルへ出入りしていました。

それなりの服装ももちろん用意していましたが、外出後の”やられよう”(暑さとミラノのいろんなシステムに)はひどく・・・、ホテルのスタッフの方に、出入りを止められるんじゃないかと心配したほどでした(大汗)。

おしゃれなミラネーゼ達のように、どんな時もスマートに振舞いたいものです。


それにしても 真夏のミラノには ビビッドカラーが溢れていました。

特に ブルガリホテルのカフェやレストランにいたミラネーゼ達は、みんなビビッド!!!

ショッピングストリートのビビッド率も高かったです!

ショッキングピンク・黄色・緑・青・赤・・・!!

みん~な、ビビッドカラーの露出の多いセクシーなドレスやワンピース!!

オランダとも違う!日本とも違う!!

ミラノの太陽に負けないような、眩しいビビッドカラーが勢揃いでした。

さすがミラネーゼ!!

さすがファッションの街ミラノ!!

眩しい太陽とビビッドカラーは印象的でした。


Summer201508milano04ミラノでは アイスコーヒーが美味しかったのも印象的です。

ドゥオモ見学の朝に立ち寄ったカフェのアイスコーヒーは、これまでの人生の中でも印象に残るおいしい(好みの)アイスコーヒーでした(左結合写真・右)。

ほんのり甘く、エスプレッソと氷がシェイクされているようでした。

他のカフェでアイスコーヒーを頼んでも同じようにシェイクされたものでした。

上結合写真・左は、ミラノ中央駅のカフェにて。

ミラノでの飲み物は、アイスコーヒーかプロセッコを選べば 間違いなしです?!


十分な観光の時間はありませんでしたが、定番的なプチ観光?!

Summer201508milano11

上結合写真:ガラス張りのショッピングアーケード、ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリアGalleria Vittorio Emanuele II(1865~1877築)。

床のモザイクも素敵。

Summer201508milano06

上結合写真:ドゥオモのそばの メルカンティ広場Piazza Mercanti、ここだけ時代が止まったような中世の趣のある広場でした。

Summer201508milano07

Summer201508milano08上結合写真はスフォルツェスコ城CastelloSforzesco、左写真はその奥のセンピオーネ公園PiazzaSempione。

お城とこの公園へは、ミラノ・スイスの旅最終日、スイスを巡ってミラノへ再び戻ってからの時間に足を運びました。

最終日はお昼頃ミラノに到着し、夜19:30のアムステルダム行の便でした。

ミラノに到着して空港へ向かうまでは、中央駅の荷物預かり所に荷物を預け、お買い物や観光をしていました。

お城は博物館になっていて、時間があれば入りたかったな・・・。

新しい時代と古い時代が乱雑に混じりあっているようなミラノで、ホッとするような緑が広がる公園。

ミラノで一番大きい公園で、ミラネーゼ達の憩いの場だそうです。

いつかまた ミラノへ行くことがあれば、このお城博物館と公園には行きたいなぁ・・・。

もし行くことがあれば(できれば真夏以外に)・・・!?

その時はビビッドカラーで・・・!!


さていよいよミラノ脱出です。

ミラノ中央駅は とっても大きく立派でした。

Summer201508milano09

改札口では、空港のように荷物チェックがありました。

ミラノでは、あちこち入場時に荷物チェックがありましたが、逆に 安心です。

ミラノ中央駅から電車で約2時間半・・・イタリア北部の町ティラノTiranoへ向かいます。

Summer201508milano10

さあいよいよ!

ティラノからは念願の!!スイス鉄道の旅が始まります。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
『2015BVTクリスマス』!!
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« ゴッホの”叫び”!?!? Van Gogh Museum | トップページ | おとぎ話と秋の思い出 アールスメーアレポート 2015年10月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴッホの”叫び”!?!? Van Gogh Museum | トップページ | おとぎ話と秋の思い出 アールスメーアレポート 2015年10月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など