« 戸締りとxxxは忘れずに・・・Summer2015 | トップページ | ”苦手”はトラブルの元? ミラノEXPO=1= Summer2015 »

2015/09/20

『最後の晩餐』! Summer2015

つい先日9月になったばかり・・・と思っていたら、もう後半。

クリスマスや年末が あっという間に来てしまいそうで、焦ります・・・。

日本は”シルバーウィーク”なのだそうですね。

日本の秋は 美しい紅葉や 美味しい食べ物がいっぱいで 楽しそうですね~。

オランダの秋は雨が多く、風もあるので 傘があっても役立たず、ずぶ濡れ度の高い今日この頃です・・・。

さて 気を取り戻して「オランダのお花ブログ」、今回もお花やオランダには関係のないレポートです。


2015年夏休み、イタリア・ミラノとスイス登山電車の旅。

ミラノに行くなら絶対に外せないスポットがありました。

それは・・・!?

Summer201508cenacoloticket1レオナルド・ダ・ヴィンチLeonardo da Vinci『最後の晩餐Cenacolo Vinciano』(1495~1498年)

左写真はチケット(2人分)。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 敷地内にある、かつての修道院(ドメニコ会修道院)の食堂に、壁画(4.2x9.1m)として描かれた作品。

『最後の晩餐』、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会、ドメニコ階修道院は世界遺産に登録されています(1980年)。

”食堂の壁画”のため これまでに持ち出されることもなく、 第二次世界大戦で 教会は被害を受けたものの、『最後の晩餐』は奇跡的に無事だったとか。

1943年、ミラノの建造物の43%が全壊したそうです(Wikipedia情報)。

その中で守られた『最後の晩餐』の壁・・・奇跡です。


予約を取らなければ観ることができない『最後の晩餐』。

今年の夏休みの計画を立て始めた5月中頃、『最後の晩餐』オフィシャル予約サイトをのぞいてみました。

夏休みのちょうど3カ月前でした。

が・・・っ!!!

空きは・・・ありませんでした・・・(泣)。

その後あれこれ調べていると、”公式サイトが完売でも高確率で予約が取れる”という日本語のサイトがありました。

どうしてもだめなら最後の砦、最後はそこにお世話になろうとは思っていましたが、あくまでも最後の手段。

諦めたくはありません。

オフィシャル予約サイトの空き状況は たまに更新される とのことだったので、最後の手段は利用せず、しばらく待ってみることに。

日が変わり、月が変わり・・・

6月1日の夜中、恐る恐るオフィシャル予約サイトを確認してみると・・・

空いてるぅ~~~!!!!!

空きがありました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(涙)

6月1日の時点では、夏休みの計画は ”とりあえずミラノ” しか決まっておらず、おさえていたのは飛行機往復チケットのみ。

旅後半のスイスの予定もまだ決まってなかったし、ミラノのホテルもまだ決めてない状態でした。

何よりも先に『最後の晩餐』決定です~っ!!!

『最後の晩餐』の予約ができて、旅が達成できたかのような?達成感でした!

今回の旅で、もし『最後の晩餐』の予約が取れなかったら・・・またいつか『最後の晩餐』の為に、ミラノへ行かなきゃと思っていました。

わざわざでも観に行く価値ある『最後の晩餐』です。

万が一、扇風機がつけっぱなしで アムステルダムに戻ることになったとしても、『最後の晩餐』を観てからにしようと思っていました(扇風機のお話は9月15日ブログ参照)?!


ドゥオモそばのホテルから ドゥオモ界隈・ストリートを散策しながら のんびり1時間ほど歩いて 目的地へ(寄り道せず真っ直ぐ歩けば20-30分程かな)。

空港に到着した時、ホテルにチェックインした時は 少し曇っていたのか、それほどとは思いませんでしたが、ミラノ・・・ ド暑い~~~(この時35度くらい)!!!

確かに、ホテルのスタッフのお姉さんが「今はまだマシだけど(その時32度)、普段はもっとトロピカルなのよ~(暑いのよ~)!」と言っていました。

ここから ミラノの本当の暑さとの辛い戦いの日々?が始まりました・・・!?

本命(『最後の晩餐』)にたどり着く前に、暑さで かなり体力を消耗してしまいました・・・。


Summer201508cenacoloticket2集合時間は予約時間の20分前(時間厳守)。

インターネット予約の用紙とパスポートを窓口に提出し、チケットを受け取りました(ブログ冒頭の写真と左写真)。

写真はチケット裏側(写真では消していますが名前入り)。

入場時間まで少し時間があったので サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の見学。

”教会で涼もう”という魂胆・・・のはずが・・・!?

あっ・あっ・暑い~。

Summer201508cenacolo01_2サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(左写真)の中、暑かったです・・・。

これまでの経験上、教会の中は 自然のクーラーが効いているかのように涼しい。

過去 様々な国・地域の 様々な教会で、暑さを逃れ 涼んできました。

教会ってそういう所だと思っていました、”涼”もとれる場所だと・・・。

でもここは違いました・・・。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会内部については、暑さとその後に観た『最後の晩餐』で 記憶は薄れてしまっていました。

今回ブログのために写真を見直していて 記憶がよみがえってきました。

美しいですね~。

Summer201508cenacolo04


教会内が暑かったので、早めに集合場所へ戻り 見学時間を待ちました。

しかし・・・そこも暑かった・・・。

クーラーではなく 扇風機が弱々しく?まわっていました。

少しすると 前のグループの人達が 『最後の晩餐』見学の為、待合室からいなくなり・・・。

さらに15分程、暑さに耐えながら 待ちました。

『最後の晩餐』観賞、いよいよ私たちの番です!!!


Summer201508cenacolo03同じ時間予約の 約30人ほどが、一つのグループになって移動します。

暑かった待合室を出ると、温度調整された ガラス張りの通路(部屋)です。

後方の扉が閉まり 前方の扉が開き、ガラス張りの小部屋へ進みます。

そしてまた後方のドアがゆっくり閉まり、しばらく待つと、次のガラスの小部屋への扉が開く仕組みです。

人数制限や 外気との接触を減らすシステムは、貴重な絵画を守る為だそうです。

そしていよいよ!?!?

『最後の晩餐』の描かれた壁画のある部屋へ。

これまでに何度も何度も 想像してきた『最後の晩餐』の部屋です。

そこは・・・思っていたより広い部屋(かつての修道院の食堂)でした。

そして薄暗いけど、思っていたより明るい。

勝手に もっともっと狭く薄暗い部屋を想像していました。

夢にまで見た場所にいます!

夢にまで見た『最後の晩餐』が目の前です!


『最後の晩餐』は・・・

サイズ(4.2x9.1m)の数字を見てもピンとこない大きさですが、数字通り大きい。

想像以上に大きく感じました。

そして儚い・・・。

なんて儚い・・・。

ただただ儚い・・・。

これまでに何度も修復され、最近では1977~1999年に修復されたそうですが、それでもなお 儚い・・・。

500年以上の時と 様々な歴史を経て、奇跡的に目の前にある『最後の晩餐』。

キリストと12人の弟子 一人ひとりの表情や動作を じっくり眺めました。

(オペラグラス持参!)

心にも 胸にも 目にも 鼻にも?焼きつきようと・・・。

一枚の絵画の中に繰り出されるストーリーに 引き込まれ、夢なのか現実なのか?

自分が絵画のストーリの中にいるかのような気さえしました。

”感動”を超える感動です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの偉業の素晴らしさへの感動!

夢のような時間と空間の体験でした。


Summer201508cenacolo02サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(左写真)の奥に、儚く静かに鎮座していた『最後の晩餐』。

一つ前の写真は見取り図、教会と壁画の位置関係が分かります。

この素晴らしい遺産を残してきてくれた 過去の人々への感謝の気持ち・・・

我々現代の人間・未来の人々が、未来へ継承していく義務と責任・・・

キリスト教の信念である”使徒継承(伝承)”・・・

そして、宗教を越え、世界を広げた意味での”継承”(ちょっとこじつけ)・・・。

そんなことを強く感じた 2015年夏 でした。

・・・100年後も200年後も500年後も、変わらずここに存在してほしいと、心から思います。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
『2015BVTクリスマス』!!
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 戸締りとxxxは忘れずに・・・Summer2015 | トップページ | ”苦手”はトラブルの元? ミラノEXPO=1= Summer2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戸締りとxxxは忘れずに・・・Summer2015 | トップページ | ”苦手”はトラブルの元? ミラノEXPO=1= Summer2015 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など