« 神様に最も近いガーデン&リビング OudeKerk, Amsterdam | トップページ | 夏の演出 アールスメーアレポート2015年7月 »

2015/07/19

フレッシュからアンティークへ変化中?! アールスメーアレポート2015年6-7月

とうとう折り返し・・・

日没時間が 22時をきり、21時台になってきました。

7月15日現在 日没時間は 21時56分です。

夏至をはさんで この一か月くらいは22時過ぎだったのに・・・(毎日チェックしていたわけではないけど) 。

来週後半 帰国して、その後 夏休みを取って、8月中頃 オランダに戻る頃には・・・もう秋です~。

日本より一足早く?? やって来て去りゆく夏?に感傷的になってしまいます・・・。


Ws20150607hydrb00お待たせしました~!

”夏色”をレポートした前回のアールスメーアレポート(6月)でのこと(6月24日ブログ参照)。

「”アジサイ”は次回に」・・・とのお約束から 3週間が 過ぎてしまいました。

アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeerレポート、今回は 6~7月のある日の 切り花仲卸さんに並んだアジサイHydrangea(一部)を まとめてご紹介します。

ブログ冒頭の写真、ライトパープル系のアジサイは、今では八重のアジサイ代表格 You&Meシリーズ。

You&Meシリーズにはピンク系やブルー系がありますが、それぞれ色は変化します。

ヒラヒラっとした質感が優しい雰囲気です。


それでは ドンドンいきましょう。

まずはピンク系から。

Ws20150607hydrp01

Ws20150607hydrp02

上結合写真上段左から

Verena / PinkLizard(ピンクグリーン) / RodeoRed

上結合写真下段左から

Amethyst(ピンクグリーン系・ブルーグリーン系) / Splash(ピンク~ブラウン系) / MagicalOpal

Ws20150607hydrp03

Ws20150607hydrp04

上結合写真上段左から

Desire(星型花びらの八重咲き・You&Meシリーズ)/ Inspire / Love(ベビーピンク・八重咲き)

上結合写真下段左から

Ocean / 6月のある日の仲卸さんの様子 / Silverstone(ピンククリーン)

そしてパープル系。

Ws20150607hydrpr01

上結合写真左から EsmeePaars(7月) / EsmeePaars(6月) / SibillaPaars

次はブルー系。

オランダではピンク系より貴重で高貴なイメージのプルー系です。

土壌の影響でしょうね、オランダでは ピンク・レッド系アジサイが身近で、あちこちのガーデンにもあふれています。

日本はどちらかというとブルー系のアジサイがあふれていますよね(私の印象)。

Ws20150607hydrb01

Ws20150607hydrb02

上結合写真上段左から

ChallengeClassic(7月・ブルー~グリーンへ変化中)  / VendettaBlue (ライトブルー)/ Pimpernel

上結合写真下段左から

PeppermintBlue(バイカラーアジサイ、ピンク系もあります) / BellaBlue / ChallengeBlue(6月)

最後はグリーン系。

Ws20150607hydrg01

Ws20150607hydrg02

上結合写真上段左から

SchneeballClassic(アンティーク)/ MagicalGreenfireClassic(アンティーク) / PimpernelClassic(ブルー~アンティークへ変化中)

上結合写真下段左から Annabelle(HydrangeaArborescens) / EarlySensation(HydrangeaPanicurata)


Ws20150607hydr7月(中頃)に仲卸さんに並んでいたアジサイは、フレッシュアジサイ6割・アンティークアジサイ4割 といったところだったでしょうか。

6月はまだまだフレッシュが中心だったアジサイも、少しずつ 秋色・アンティーク色になってきました。

これからの季節、同じアジサイの品種でも どんどん”色”や”質感”が変化して、10月末頃まで(一部はクリスマス頃まで)流通します。

ここでご紹介しているアジサイも、今ほんのこの一瞬の”色”や”質感”です。

同じアジサイでも 時期や気候が違えば、色や質感は変化します(ブログの写真も参考程度に)。

お花を買う時 探す時、これからの季節のアジサイこそは、一期一会の”表情(色や質感)”との出会いが楽しみでもあり、そんな出会いを大切にしたいものです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 神様に最も近いガーデン&リビング OudeKerk, Amsterdam | トップページ | 夏の演出 アールスメーアレポート2015年7月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神様に最も近いガーデン&リビング OudeKerk, Amsterdam | トップページ | 夏の演出 アールスメーアレポート2015年7月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など