« 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 | トップページ | ロワールをもしのぐ?緑のオアシス! in ユトレヒト »

2015/07/02

吹き抜けるドム塔の風 OpenTuinendag Utrecht2015

6月中頃 ちょうど夏至の頃は、寒くお天気のすっきりしない異常気象な日々が続いていましたが・・・

Og201506u01来ましたよ、今度は逆の?異常気象!

ここ数日間、ヨーロッパらしい爽やかな快晴の空が戻り 気持ち良く過ごしたのも束の間・・・

今週から来週にかけて25度超え、30度超えの日が続くらしいのです。

ひゃ~~~。

嬉しさを通り越して、部屋が温室になる恐怖の”ひゃ~”です。

これを書いている今も33度、じっとしてても暑い~、空気が熱い~。

こんな日ばかりは やはり”クーラーが欲しい”・・・と思うのですが、少しの辛抱です・・・。


Og201506u02さて、6月はアムステルダム・ヨルダン地区のオープンガーデン、アムステルダム運河地区のオープンガーデンがあり、オープンガーデン三昧でしたが、もう一つ?!

アムステルダムから電車で30分弱・・・オランダ中部の都市ユトレヒトのオープンガーデンOpenTuinendag Utrecht2015。

6月末の土曜日、2015年6月27日に開催されました。

ユトレヒトのオープンガーデン、今年で5回目の開催なのだそうです。

私は3回目(3年目)の訪問です。

アムステルダムで行われるオープンガーデンと違い、観光気分で過ごします。

公開されているお庭も全部見るわけではなく、”今年はこのエリアを見れるだけ・・・”と気軽な気持ちで。

2年前は地図の下半分を中心に、昨年は地図の真ん中あたりを中心に、今年は地図の上のエリアを中心に歩きました。

(下地図参照、クリックで大きい画像がみれます、スマートフォンは見れないかも)

Og201506u03

昨年のユトレヒト・オープンガーデンの様子は2014年7月8日ブログ & 2014年9月8日9月12日ブログ参照)。

アムステルダムの二つのオープンガーデンがあった6月夏至前後は、夏とは思えない寒さと残念なお天気でしたが・・・

ユトレヒトのオープンガーデンの日は快晴!

気温20度ちょっと・・・と、気持ちの良い”ヨーロッパの夏”らしいお天気に恵まれました!!

のんびりアムステルダムを出発し、ユトレヒト・ドム塔ふもとのVVV(観光案内所)で パス(地図・説明付き)を購入。

今年は34にお庭が公開され、私はそのうち3分の1くらいのお庭を巡りました。

D-E-14-15-22-19-F-18-17-16-ランチ休憩-9-8-7-6-5-4(上地図参照)

ルートの中には フリーで見ることのできるお庭もいくつか含まれています(地図中のアルファベットのお庭)。

今年もドム塔DOM からスタートしました。

オランダ最古のゴシック様式の教会、ドム教会(1254~1520年建造)の中庭。

Og201506ud01

Og201506ud02

クラッシックなスタイルの平和的なガーデン。

綺麗に刈り込まれたツゲの囲まれた22のゾーンに、60種ものハーブ系植物が植えられているそう。

建物の力強い雰囲気とは違い、優しい色のお花が中心になっていて、優しい雰囲気のお庭です。


Og201506u04いくつかガーデンを巡った後、再び ドム塔あたりに戻って来ました。

(左写真は駅からドム塔に向かった時、OudeGrachtを渡る橋から見たドム塔)

お天気も良く、ランチ休憩を ドム塔ふもとに並ぶカフェのテラス席でとることに。

ツーリスト気分です!!

ですが・・・

たまたまなのか、忘れられてしまったのか、混んでいたのか・・・

オーダーしてから1時間も待ちました!!

ドリンクはすぐに来たのに・・・、同じ頃に頼んだ人達は 食べて帰ったのに・・・。

最初は気持ち良く 日にあたりながら 通りを歩く多くの人々(ツーリストや地元の人々)を眺めていましたが、途中からはテーブルの上の物が飛んでしまうほど 風が強くなり・・・。

その上 次第に 身体が冷えてきて・・・寒い~(冷たいのではなく、乾燥して寒い感じ)。

112メートルもある ドム塔のふもとは、”ビル風”が起こって、そよ風程度でも 強風になってしまうのではないか・・・。

なるほど・・塔の下は要注意、乾燥(お肌)注意・・・。

そんなことを考えながら、なかなか出てこないランチを待ちました。

”貴重なガーデン巡りの時間が減ってしまった・・・しかも風に吹かれて寒い・・・”

ツーリストで混み合うドム塔ふもとのカフェのテラスに座ってしまったことが 悔やまれました。

もしこれが観光旅行なら、時間に限りのあるオープンガーデンでなければ、行き当たりばったりの こんな待ち時間も 楽しめるのですけどね。

予想以上のランチの時間に、ガーデン巡りの時間が削られてしまいましたが、ランチ後には、またいくつもの素敵なお庭に巡り合えたので、ちょっぴりイライラした気分も ドム塔の風と共に 吹き去りました!

また写真を整理して後日レポートしたいと思います(いつになるやら・・・)。


今年はミッフィー誕生60周年ということで、ミッフィーの聖地(作者DickBrunaブルーナさんの出身地)ユトレヒトは 例年以上に ミッフィー度?が増していました。

60周年記念イベント「ナインチェ・アートパレード nijntje art parade(ミッフィー・アートパレード MiffyArtParade)」の180センチのジャイアントミッフィーも、ガーデン巡り中に いくつか見かけました(写真は撮らなかったけど)。

ちなみにミッフィー、オランダ語では”ナインチェ”です。

そして!!

今年は噂の?ミッフィー信号を写真に収めました。

Og201506u05

ネットで良く見る”シルエットのミッフィー”でないことに、あとで気が付きました。

ミッフィー信号のデザインは 2種類あるのでしょうか??

私が見たのは、シルエットミッフィーではなく 顔のあるミッフィー・・・

上写真は信号待ちの際に撮った 向かい側の信号ですが、私の頭上にあった信号のデザインは違うデザインだったのかな。

シルエットのミッフィー信号も見たかった・・・。

Og201506u06最後の写真は、たまたま オープンガーデンのルート上にあって 通りかかった NijntjePleintje のミッフィー像(ブルーナさんの息子さんMarcBruna作)。

ネットで見たことがあってなんとなく知っていたミッフィー像・・・

ここにいたのね!!

オープンガーデンの地図には”NijntjePleintje”については記載されていなかったし、私もミッフィー像の場所は調べていなかったので、偶然の出会い。

中心エリアから遠くはないけど、少し外れた場所です。

日本からの観光客の皆さんのほうが ずっと詳しいですね、ユトレヒト。


ユトレヒト・・・

今年はミッフィー誕生60周年でもあり、また ツール・ド・フランスの出発地にもなっているそうです(2015年7月4日グラン・デパール Grand Départ)。

”ドム風”吹くユトレヒト、今年は熱そうです?!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 | トップページ | ロワールをもしのぐ?緑のオアシス! in ユトレヒト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 | トップページ | ロワールをもしのぐ?緑のオアシス! in ユトレヒト »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など