« 夏のプランツと”遊び心”?! アールスメーアレポート2015年6月 | トップページ | 夏の色はどんな色? アールスメーアレポート2015年6月 »

2015/06/21

バラの香り漂う日曜の朝 OpenTuinendagJordaan2015

先週日曜日(2015年6月14日)、アムステルダム・ヨルダン地区Jordaan、Amsterdamで、オープンガーデンOpen Tuinendag Jordaan 2015 が行われました。

Og201506j01_2毎年6月第3週週末に行われる アムステルダム中心運河エリアの豪華なお屋敷のお庭が見られる アムステルダム・オープンガーデンとは異なり、下町の個人宅や ガーデン愛好家による身近な雰囲気のガーデンが中心。

ちょうどこのブログを書いている今、アムステルダムのオープンガーデン開催中(今年2015年のアムステルダムオープンガーデンOpenTuinendagenAmsterdam2015 は6月19・20・21日)です。

ブログ冒頭の運河の写真は、ヨルダンのオープンガーデン当日散策中に撮ったヨルダン地区の運河Lauriergracht。

Lauriergracht(ローリエ運河)のように、ヨルダン地区には お花や植物の名前の付いたストリートや運河がたくさんあります。

Og201506j022011年3月からヨルダン地区に暮らす私にとっては、同エリアのご近所さんの家や暮らしぶりが気になります。

また、ガーデンやインテリアは 参考にしたい!

ということで、今では とっても楽しみにしている夏のイベントです。

告知のポスターが 近所のカフェやショップに貼り出されるのを楽しみにしています(左は今年のポスター)。


ヨルダン地区(アムステルダムセントラム)は、プリンセン運河Prinsengrachtの外側(西側)からLijnbaansgrachtまでの間に 南北に細く広がるエリア(地図参照)

北端はPalmgracht、南端はPasseerdersgracht・・・南北に広がる細長いエリアを 11本の短い運河”Gracht”(運河・元運河)が東西に横切っています。

Og201506j03ヨルダン地区の真ん中あたりのPrinsengracht対岸には、西教会や常に観光客が長い列を作っている「アンネ・フランクの家」もあり(下の地図のピンクの★印)、アムステルダムで最も賑わっているエリアの一つ。

隣接するヨルダン地区にも 多くの観光客があふれています。

ちなみにヨルダン地区Jordaanとは、フランス語のjardin”お庭”が語源。

少し前、アムステルダムに遊びに来た日本の友人から「いろんな人種が暮らすアムステルダム、ヨルダン(国名)の人が多く暮らす地区なの?」と・・・?!

”・・・かなりイメージが違うなぁ”と、驚きました。

友人の目には、この街がそんな風に写っていたのか?全く違う想像の中にいたのか・・・??

確かに アムステルダムには多くの人種が暮らしていて、特定の人種が多く暮らすエリアもありますが・・・。

アムステルダムのヨルダン地区は お花のあふれる下町です!

Og201506j0517世紀、人口が増えたアムステルダムに拡張・造成された新しいエリア。

20世紀、音楽や美術等の芸術家が好んで暮らしたともいわれるエリアであり、現在はギャラリーやアトリエ、カフェやレストランがズラリと並ぶ、アムステルダマー(アムステルダムの人々)にももちろん、また欧米のツーリストにも人気のエリアで、常に賑わっています。

ハクチョウやカモ等の水鳥、サギ、カモメ、インコ?!等・・・鳥さんもたくさんいます。

写真は 橋の欄干で人々を見守るこのエリアの主のような??サギ。


さて、今年のヨルダンのオープンガーデン。

冬も春も寒く 天候不順だった今年は、多くの植物は 例年より成長や開花が3週間ほど遅い初夏となっていました。

オープンガーデンにお花は咲くかな?

・・・と、直前まで心配していましたが、帳尻を合わせるかのように、オープンガーデンの1週間ほど前から(品種によってはもう少し前から) ストリートの多くのバラが開花を始めました!

てるてる坊主こそ作りませんでしたが、青空を待望していたオープンガーデン当日のお天気は・・・残念ながら 曇りでした。

オープンガーデンの前々日は、この夏2回目の暑い日(27度)となりましたが、そんな日は続くわけもなく、すっかり普通の?アムステルダムらしい どんよりしたお天気。

でも!でも!!でも!!!

アムステルダムでは珍しく、ヨルダンのオープンガーデン当日は・・・なんと?!

”無風”でした!!

曇り・無風の気温15-16度!

普通なら肌寒い気温です。

風がなかったおかげで (多少湿気もあったのかな)、寒くもなく 心地の良いオープンガーデンデーでした。

風のない日と風のある日ってこんなに体感温度が違うのですね~!

そんなことをあらためて実感しました。


Og201506j06

上の写真は、今回ルートになっていたストリート・ヨルダンの路地の一部。

左:Willemsstraat / 中:Tichelstraat&2e Anjeliersdwarsstraat / 右:Nieuwe Leliestraat

下の写真は、お庭が公開されていたお宅の玄関・入り口、”緑の風船”が目印(写真は公開させていたお庭の一部)。

玄関や入口をくぐっていくと、公開されている中庭が広がります。

今年は・・・毎年常連さんのお庭、初めて参加・(私は)初めて見るお庭、数年ぶり参加のお庭等・・・ヨルダン地区の25の様々なタイプのお庭が公開されました(11:00~16:30)。

お庭を巡り、やはり今年は 例年に比べると、お庭のお花が少ない(まだ咲き進んでいない)印象でした。

ですが、たくさんの緑とお花、そしてなにより ”お花やガーデンに対する溢れる愛情”に触れた一日となりました。

お庭の様子はまた後日 写真を整理して ご紹介したいと思います。

Og20150604

・・・風のない まだ静まり返っていた日曜日の朝・・・

ヨルダンの路地に 咲き始めたバラの甘い香りが 漂っていました。


blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« 夏のプランツと”遊び心”?! アールスメーアレポート2015年6月 | トップページ | 夏の色はどんな色? アールスメーアレポート2015年6月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏のプランツと”遊び心”?! アールスメーアレポート2015年6月 | トップページ | 夏の色はどんな色? アールスメーアレポート2015年6月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など