フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« バラの香り漂う日曜の朝 OpenTuinendagJordaan2015 | トップページ | 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 »

2015/06/24

夏の色はどんな色? アールスメーアレポート2015年6月

毎年 一年で一番楽しみにしている?!アムステルダムの二つのオープンガーデンが終わってしまいました・・・。

そして・・・夏至も過ぎてしまいました。

まだまだ夏はこれから~!・・・と思っていましたが、もう終わり??

最近は スッキリしない空と 寒さが続いているオランダです。

夏らしい夏が来ていたわけでもないのに、夏ロスです?!

再び?オランダに夏は来るのでしょうか・・・。


Ws201506cf01アールスメーア花市場FloraHollandAalsmeerレポート!

6月前半アールスメーア花市場・仲卸さんコーナー、今回は切り花の仲卸さんから。

ブログ冒頭の写真は、グレイの・・・ ・・・ ・・・

最近のオランダの空の色?

いいえっ!

かわいらしい エーデルワイスEdelweiß!

曇り空はいただけませんが、エーデルワイスのグレイはかわいいですね。

数年前にテラスのプランターにエーデルワイスの苗を植えました。

その後 毎年 かわいい花を咲かせてくれます。

オランダの気候にあっているのか 放っておいても?!意外と育つようです。


日本の夏は暑く、涼しい色が恋しくなると思います。

オランダは 夏でも涼しく(寒く!)曇り空ばかり・・・。

必然的に ビビッドなカラーが恋しくなるようです。

特に今年のような異常気象の夏は!!

仲卸さんを歩く時、気になるお花や好きなお花を撮影していますが(ほんの一部ですが)、今回は 見返してみると そんな色のお花の写真を中心に撮っていました。

”色”は環境に影響されますね。

もちろん”お花”も”食べ物”も”生活”も、なんでも・・・。

ということで 今回は、夏らしいビビッドなお花をご紹介します。


まずはダリアDahlia。

夏の色~!!!

Ws201506cf02

子供の頃から庭に咲いていたり 身近だったダリア、当時はダリアに対して特別な思いはありませんでしたが、今見ると 美しい姿と発色の美しさに感動します。

Ws201506cf03

上結合写真左は百日草Zinnia

上結合写真真ん中、右はアスクレピアスAsclepias(真ん中:Beatrix、右:ミックス)

アスクレピアスは茎の切り口から白い液が出ます。

オレンジ・ピンク・レッド等の種類があり、このお花にしかない雰囲気があります。

お花を輸入していた時は シーズンになると輸入していた好きなお花です。

Ws201506cf04

上結合写真左:ジャトロファJatrophaFirecrack、オレンジ色のサンゴのようなお花?

このお花は、オランダの切り花では近年見かけるようになったお花。

私がオランダのお花屋さんで働いていた時代や、その後 オランダのお花を輸入販売していた頃には見かけないお花でした。

Wikipedia等で調べてみると、(私の)予想とは全く違う植物です。

私にとっては未知のジャトロファ、生態を追求してみたいです。

上結合写真中:ルピナスLupinus、色がとっても素敵です。

(私にとっては)”ヨーロッパのガーデン”のお花のイメージの方が強いですが、このシーズンは切り花としてもたくさん流通しています。

上結合写真右:ケイトウCelosia、蛍光のような色のラインと ウネウネがたまりません!


Ws201506cf05

上はジギタリスDigitalis、別名”狐の手袋”FoxGlove。

背の高いお花、ジギタリスは切り花でも流通していますが、私はお庭に咲いているジギタリスの方が好きです。

お庭で風に揺れて咲いている姿は”ヨーロッパのガーデン”のイメージ(私のイメージ)です。

Ws201506cf06

ケシ(ポピー)Papaver。

お花が咲いたあとのケシ坊主のほうがポピュラーかな。

私も今年、テラスにケシ(ポピー)Papaverを植えてみましたが!

吹きっさらしの我がテラスでは、お花が咲くと 1~2日で花びらが吹き飛ばされてしまうということが判明(涙)。

でも大丈夫?!

その後のケシ坊主が テラスで存在を主張しています。

Ws201506cf10

上結合写真左:ケシ坊主、ケシ坊主も様々なタイプ・サイズがあります

上結合写真中・右:フリチラリア インペリアリス シードFritillariaImperialisSeed

80センチクラスで流通、シードも大きいですよ!

ちなみに写真は6月前半の切り花仲卸さんの様子、もう チューリップシードは見かけませんでした。

Ws201506cf07

アーティチョークCynara

つぼみの姿も素敵ですが、お花が咲くと出てくるブルーがとっても鮮やか。

お花屋さんでも並びますが、八百屋さんでも青空マーケットにも並ぶ、この季節の身近なお花・野菜?です。

アーティチョークの苗も今年 テラスに植えてみました。

少しずつ成長していますが、葉っぱに虫がつきます(泣)・・・何かよい対策方法ないでしょうか・・・。


Ws201506cf08

そしてこの季節はアリウムAllium!

一言アリウムといっても、様々なタイプ・種類・サイズ・色があって 飽きません。

上結合写真左:AlliumSuperという名の付いた 100センチクラス!

上結合写真右:Allium Siculum、70センチクラスのハンギングタイプ

Ws201506cf09

上結合写真左:Allium Sat Ophiosco と名前がついていたグルグルタイプ、70センチクラス

上結合写真中:AlliumDrummem、茎の色も渋い なんと200センチクラスのアリウム!

上結合写真右:AlliumSchubertii、花火のように大きく広がって咲きます、花丈50センチクラス


Ws201506cf11

そしてこちらは(上写真)お花ではありませんが、季節感たっぷりのシェルピック(貝のピック)

お花と一緒に 切り花仲卸さんで買えます。

左からChirattaiShell、ThiruganiShell、MattuganonShell


今回は、ビビッドカラーや夏らしいお花をご紹介しましたが、何か物足りない?

そう、この季節に欠かせないお花”アジサイ”。

”アジサイ”・・・今月はこのブログを見ていただいている検索キーワードのトップです。

アジサイは次回(たぶん?)のブログでご紹介します!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

Bloemen Van Thura~オランダの花と雑貨と文化のページ~
ヨーロッパ輸入リボン・タッセル
ヨーロッパ輸入ガーデン・インテリア雑貨
季節のセレクト雑貨・クリスマス雑貨
ドライフラワー・ドライオブジェ
ラッピング資材 / フローリスト資材
ヨーロッパお花雑誌 / 他

« バラの香り漂う日曜の朝 OpenTuinendagJordaan2015 | トップページ | 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バラの香り漂う日曜の朝 OpenTuinendagJordaan2015 | トップページ | 異常気象なMidSummer?! OpenTuinenDagen Amsterdam2015 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析