« 曇りのち晴れ!=2= Keukenhof 2015 | トップページ | 雅!! Keukenhof2015 »

2015/04/04

マニアも唸る?チューリップ! Keukenhof2015

4月になりました。

日本では桜が一気に満開になり、散り始めました。

4月、オランダはチューリップです!

ちなみにオランダにも桜はあるし、咲きます!

アムステルダムでは Tulp Festival Amsterdam 2015(2015年4月1日~4月30日) が開催されています。

第一回目ということで認知度は低いと思いますが・・・

市内のパブリックスペースやミュージアム等に、今年は423207本のチューリップが植えられたそうです(内116074本はポット植え)。

アムステルダムは歴史的にもチューリップが身近でありながら、ストリート等には見られなくなったチューリップ。

アムステルダム市民80万人、一人一本で80万本!

チューリップであふれる街!

・・・そんな夢・理想を現実にしようと始まったイベントだそうです。

市内を散策しながらチューリップを楽しめる素敵なイベント。

私は4月中は日本なので チューリップのあふれるアムステルダムを見ることができず 残念です~。


Keukenhof2015watlp00ここからは キューケンホフのチューリップ!

オランダの春の最大の観光地キューケンホフKeukenhofレポート(開園2015年3月20日~5月17日)、続きます。

キューケンホフには 王室関係の名のついたパビリオンがいくつかあります。

Willem-Alexander館・OranjeNassau館・Beatrix館・・・

これらのパビリオンでは、キューケンホフ開園期間中に 様々なフラワーショー・品評会が行われています。

期間中に行われるこれらのパビリオンのフラワーショーには、500もの生産者(社)さんからお花屋プランツが提供されているそうです。

キューケンホフはただの観光スポットではなく、オランダのお花業界も巻き込む 大きなイベントなのですね。


今回ブログは、パビリオンWillem-Alexander館の様子をご紹介します。

Willem-Alexander館に足を踏み入れると・・・室内であることを忘れてしまうくらい広い!

Keukenhof2015wa

館内には 様々なお花が咲き乱れ、春のお花の香りが漂います。

スイセン・ムスカリ・アマリリス・ネリネ・ユリ・アイリス・クリスマスローズ・アジサイ・アンスリウム・ガーベラ・プリムラ・・・

Willem-Alexander館では キューケンホフ開園期間中、様々なフラワーショーがスケジュールされています。

私が訪れた日は ヒヤシンス・アマリリス・低木類・ポットプランツ・球根花(鉢)等のショー(品評会)が行われていました。

もちろん チューリップも!!

キューケンホフオフィシャルサイトによると、このパビリオンには600種以上、75000本以上のチューリップがあるそうです!

パビリオン内ではチューリップは満開!

数えきれないほどの品種のチューリップがパビリオンを埋め尽くしている感じです。

パビリオンで咲き乱れていたチューリップ、ほんの一部ですが ご紹介します。

Keukenhof2015watlp01

Keukenhof2015watlp02

Keukenhof2015watlp03

上3段の写真の上段の左:StripedFlag/右:CapeTown

上3段の写真の中段の左:20-Z-96-9/右:PioenRose

上3段の写真の下段の左:FlamingPurissima/右:Jacuzzi

赤・白・黄色・ピンク・紫・クリーム色・・・

単純に”xxx色”と表現できないような配色のチューリップもいっぱい。

艶やかさに圧倒されました!

Keukenhof2015watlp04

Keukenhof2015watlp05

Keukenhof2015watlp06

上3段の写真の上段の左:ChristmasGift/右:FlyingDragon

上3段の写真の中段の左:Salvo/右:LaMancha

上3段の写真の下段の左:Columbus/右:SaoPaulo

シングル・八重咲き・パロット・フリンジ・リリー咲き・・・咲き方もいろいろです。

次から次へ目に飛び込んでくるチューリップに、完全に心をつかまれました。

Keukenhof2015watlp07

Keukenhof2015watlp08

Keukenhof2015watlp09

上3段の写真の上段の左:ExoticEmperor/右:Headliner

上3段の写真の中段の中:ValeryGrergiev

上3段の写真の下段の左:MysteriousParrot/右:Daan

17世紀(1634-1637)、チューリップバブル(チューリップ狂時代・TulipMania)が勃発するほどの魅力があったことは うなずけます。


別のパビリオンJuliana館で、チューリップバブル(チューリップ狂時代・TulipMania・Tulpenmanie)についての展示がありました。

チューリップベースがその時代の象徴ですね。

Keukenhof2015juliana

園芸家・愛好家に人気だったチューリップは、次第に 投機の対象となり、投機家だけでなく庶民も巻き込んで・・・。

球根が ある時アムステルダムの運河の家より高値になったとか・・・今の価値では数億円?!

チューリップバブル時代の先物取引はさておき、数百年の歴史を超えて、現代も世界中の人から愛されるチューリップ。

チューリップには 歴史も人種も宗教も越えて、人を惹き付ける魅力がありますね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 曇りのち晴れ!=2= Keukenhof 2015 | トップページ | 雅!! Keukenhof2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇りのち晴れ!=2= Keukenhof 2015 | トップページ | 雅!! Keukenhof2015 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など