フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 曇りのち晴れ!=1= Keukenhof 2015 | トップページ | マニアも唸る?チューリップ! Keukenhof2015 »

2015/03/31

曇りのち晴れ!=2= Keukenhof 2015

帰国して一週間。

今回は飛行機に乗る前も、降りてからも、どういうわけか”ひどい時差ボケにならない”感覚がありました。

実際この一週間、いつもに比べ 時差ボケはひどくありません。

何故~??

そこで思ったんです。

もしかして”日光”!?

飛行機に乗る前の日、キューケンホフで程よく日に当たりました。

オランダではほとんど日に当たることがないので、貴重な時間でした。

いつもと違う事といったらこれしか思い当りません。

あらためて日光の偉大さを感じています。

Keukenhof201511_22015年春開園!キューケンホフ。

帰国前日、開園4日目に訪れたキューケンホフレポートです。

現在はスイセン・クロッカスが満開、チューリップは 大半がまだまだという状況でした(3月27日ブログ参照)。

帰国して1週間ほどたちますが、オランダはその後 青空が遠ざかり 雨やぱっとしないお天気続きで、キューケンホフには少し残念なお天気となっているようです。

さて、そんなキューケンホフですが、今日も大勢の観光客が訪れていることでしょう。

園内にはパビリオンがあり、様々なテーマのフラワーショーが行われているので、お天気が悪くても 屋内でお花を満喫できます!

今回ブログは前回の続き、園内(屋外)散策レポートです。

チューリップが咲く前のキューケンホフでも、見どころ満載です!

園内には風車があります。

ブログ冒頭の写真は、”いかにも”オランダらしい?!風景。

風車のテラス部分には(自由に・無料で)上ることができます。

建物の2-3階くらいの高さでしょうか。

Keukenhof201512

そこから眺めるキューケンホフを取り囲む広大な畑には、時期によってはチューリップのカーペットが見えるはずです。

私が訪れた時はまだ黄色のお花が少し咲いている程度でしたが・・・。

風が吹くと”ブンブン”回る風車の羽根の力強さにも圧倒されます。

本当に”ブンッブンッ”って音を立てて回るんですよっ!

園内を歩くと、ガーデナーさん達があちこちでお手入れをしています。

Keukenhof201513

きれいなキューケンホフはこうした人たちによって保たれているんですね。

チューリップが咲く前でも 寄せ植えやプランターのお花や、森林部に自生しているお花もたくさん。

Keukenhof201514

32ヘクタールと広い園内ですが 隅々までとてもきれいに整備されています。

今回私が訪れた3月後半はクリスマスローズがワサワサ咲いていました(上結合写真右)。

時期によってはスズランがいっぱい咲いていたり・・・、その季節にしか見られない風景があります。

大自然の中 整然と整備された園内には 素敵なオブジェがたくさんあり、そんなオブジェを眺めたり お花を眺めたり、のんびり過ごせます。

Keukenhof201515

牧草ブロックのベンチは人気です(上結合写真左・中)!

園内には ふれあいミニ動物園?があり、柵内に入って動物たちとも触れあえます!

Keukenhof201516

今年は大流行の自撮り棒で ヤギたちが 追いかけれていました?!

キューケンホフでは今年、たくさんの”自撮り棒”に遭遇!!

お花畑でも パビリオンのフラワーショーでも、花壇の中に自撮り棒がニョキニョキ?!

ヨーロッパの美術館や博物館では禁止され始めていると聞きますが、キューケンホフはどうなるのかな・・・?

ミニ動物園以外にも、白鳥やいろんな野生の鳥がたくさんいます。

”今年のテーマ”も楽しみたいですね。

今年のテーマは オランダの有名画家ゴッホVincent Van Gogh(1853-1890)。

2015年はゴッホ没後125年ということです。

パビリオンでもゴッホをテーマにしたフラワーショーが行われています(後日ブログででレポート予定)。

屋外には、ゴッホをモチーフとしたモザイク画があります(下結合写真)。

Keukenhof201517

このモザイク画は、250平方メートルに数千個のチューリップとムスカリの球根で造られているそうです。

園内の700万株以上ともいわれる球根も このモザイク画の球根も、準備は昨年秋(9月後半から10月頃)に行われています。

私が訪れた時には ムスカリの葉っぱがツンツン・・・まだ”ゴッホの気配?”くらいでしたが、あと1か月もするとゴッホが鮮やかに浮かび上がるでしょうね!

カフェテリアにはゴッホビールも並んでいました(下結合写真左)!

Keukenhof201518

ちなみに4.50ユーロでした(飲みませんでしたが)。

園内(屋外)散策最後には、念願のチューリップが咲いていました~!

Keukenhof201519

Keukenhof201520

やっぱりチューリップはかわいいなぁ。

チューリップ開花前でも、開花後にも、オランダの春~初夏のお花(の変化)を楽しみ、大自然を満喫できるキューケンホフです。


私はこれまで スケジュールの都合で 5月の閉園間際に行くことが多く・・・ほとんどの場合  チューリップ等の球根花は咲き終わった後。

初夏のキューケンホフは、すっかり緑のキューケンホフになっています?!

ですが 年によっては、チューリップも桜も満開だったこともありました!!

チューリップの開花は、その年の気候に左右されます。

日本の桜のように、チューリップに見頃も ピンポイントです。

だからこそ美しく 感動もひとしおです!

今回あらためて体感しましたが、3月後半は園内の大きな木々に まだ緑(葉っぱ)がありません。

5月には葉っぱが茂っています。

キューケンホフの開園している2か月間は、お花や自然の変化がものすごく見られる時。

チューリップの開花時期は気になりますが、多少その時期を外しても、キューケンホフには楽しめるポイントがたっぷりです!

2013年5月中頃に訪れたキューケンホフは、チューリップと桜が満開でした。

過去にもご紹介したことがありますが・・・その時撮影した写真のスライドショー(Youtube)です。

よろしければご覧ください、キューケンホフを訪れている気分で・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 曇りのち晴れ!=1= Keukenhof 2015 | トップページ | マニアも唸る?チューリップ! Keukenhof2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇りのち晴れ!=1= Keukenhof 2015 | トップページ | マニアも唸る?チューリップ! Keukenhof2015 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析