« 快楽の園?! in マドリード Summer2014 | トップページ | レトロフューチャーなフラワートルソー! Fleuramour2014 »

2014/12/13

〆はやっぱり・・・?! Summer2014

「今年の漢字」が発表されました・・・「税」・・・。

確かに私も BloemenVanThuraHPの料金・消費税についての修正や、それに伴うシステムの変更等、増税前の1月~3月まで 来る日も来る日も PC作業を続けていたことが 昨日のことのように思い返されます。

私にとっての「今年の漢字」は・・・「脅」・・・でしょうか。

おびやかす・・・いろんなことに脅かされた一年だったと思います。

自然災害(豪雨・噴火・地震等)、飛行機不明・撃墜事件、イスラム国や各地テロの脅威・・・そして急激な円安?!

いろんなことがあって、いろんなことを感じた一年でした。

一年後には もっと平和的な漢字を 思い浮かべたいものです。

皆様にとっての「今年の漢字」は何でしたか?


Spain2014md30前回まるで最終回のように締めくくりましたが、実は今回が最終回!

『バスク・リオハ地方 美食の旅 Summer2014 』 

〆はやっぱり・・・!?

ほぼ連日連夜 ピンチョス・タパスとワイン三昧の今回の旅行。

旅行前は、食べ過ぎで太っちゃうかなぁ・・・なんて思っていましたが、これが意外や意外?!

Gastronomic Restaurant MARQUÉS DE RISCAL でのディナー(10月25日ブログ参照)以外は、ピンチョス・タパスの軽いお食事となっていたようで、逆に旅行から帰ると 少し体重が減っていましたよ(驚)。

暑くてバテていたからかもしれないけど、毎日たくさん歩いていたからかもしれないけど、こんなに おいしいものを食べて飲んで 体重が減るなんて・・・良いことだらけのスペイン旅行でした。

タパス・ピンチョス、グラシアスGracias~!


今回ブログは マドリードフード(食べ物・お食事)についてまとめてみました。

旅行5~7日まで過ごしたマドリードでは、アムステルダムで過ごしている時と同じ感覚で レストランを探しました。

マドリードに到着した日の夕方、散策へ出かけ ホテルそばの路地へ入るとすぐに見つけた ラーメン屋さん。

通りがかりでお店を覗くと、現地の若い子達のグループが数組、おいしそうに麺をすすっていました。

遅いランチに・・・と、吸い込まれるように店内へ。

日本人経営ではなさそうだけど、お店では日本のラーメンを出している様子。

日本のラーメンも 今はヨーロッパ中で注目を浴びています。

完璧な日本のラーメンと言うには ちょっと違いますが、”ニセジャポ”や”なんちゃって系”とは違い、おいしくいただきました(写真はありません)。

この旅行、ほぼ毎日毎食! ピンチョス・タパスづくしで 飽きてきたところだったので、ちょうどよかったです。

やっぱり 〆はラーメン(笑)!?


気になっていたレストランもいくつかありましたが、ホテルから遠かったり、レストランが夏休みだったりで、近場で楽しく テキトーに??過ごしました。

一度はホテルの近所にあった日本の居酒屋さんへ。

私たちはカウンターでしたが、奥のお座敷のテーブルは スペインの方々に大・大・大人気で 満席でした!

そして一度は せっかくなので・・・と パエリアの専門店にも。

トリップアドバイザー(英語版)で検索して、ホテルから歩けるエリアで 評価の高いお店を見つけて行きました。

Spain2014md45

上結合写真右は 大きなパエリアパンででてきたパエリアを、お店の方が取り分けてくれたもの。

二人で二人分用のパエリアを頼みましたが、パエリアパンには まだパエリアがたくさん残っており、食べきれないボリュームでした。

おいしかったのに、随分 残してしまったのは申し訳なさが残ります。

帰りの飛行機で気が付きましたが、持って行ったガイドブックにも掲載されていた有名なレストランでした。

どうりで日本人のお客さんも多かったわけです。

ガイドブック・・・最後まで 全く活用できなかった私です(笑)。


マドリードで楽しかったのは、メルカド・デ・サンミゲルMercado de San Miguel。

Spain2014md40

ここは楽しかった!

建物の中にあるフードコート的な 現代風?おしゃれな?マーケットです。

鉄骨の柱が特徴的なこの建造物(1200㎡)は 、フランス・パリのLES HALLES を参考に 1913~1916年に造られたそうです。

ここは 中世の頃からオープンマーケットがあったという場所、19世紀には魚専門のオープンマーケットとなり、その後いろいろ形態が変わり、現在に至るそうです。

現在は、建築的・ガストロノミー的・文化的・社会的な面からの注目を集めるべく、おしゃれな市場となり、現地の人々や観光客に人気のスポットとなっています。

市場内にあるたくさんのお店で、食べ物や飲み物を買って食べ歩いたり、パブリックスペース(上結合写真中)で 座っていただくこともできます。

お魚系のタパス・ピンチョスはもちろん、イベリコ生ハム、フルーツ、スイーツ、スペインらしい食べ物がいっぱい!!

Spain2014md41

いろんなエビ、マテガイも並べられています(上結合写真右)。

カジキマグロの頭が!(上結合写真中)

イカリングも美味しそうです(上結合写真左)。

写真はありませんが、ヨーロッパで流行っている Sushi (お寿司) コーナーもありましたよ!

Spain2014md42

フルーツの並べ方が芸術的です!!!

”今 真剣なんだ、近寄るな!”・・・と聞こえてきそうな フルーツ積み職人のおじさん(勝手に命名)の手にかかると、デイリーフルーツが ハイクラスなフルールになります?!(上結合写真中)

サングリア、ワイン、Cava、ビール・・・等、スペインで欠かせない飲み物も、もちろん(下写真)!

Spain2014md43


アムステルダムで 良く行くピンチョスのバル・レストランで、ある日 出会ったウナギの稚魚(もどき?)・・・その後とっても気になっていて、今回のスペイン旅行で その正体?を突きとめようと思っていました。

ありました!ありました!

Spain2014md44

正体は・・・やはり!

本物の稚魚ではなく、スケトウダラ等のSURIMI(スリミは国際語)でした!!

本物のウナギの稚魚は高価でしょうからね。

この稚魚もどきは GULAS(mock angulas)という商品名。

お店に展示されていたパネル説明によると(上写真)、日本の技術で作られているそうで、5キロのスケトウダラから1キロのGULASができるそう。

おいしそうですね。

スペインにはウナギの稚魚を食べる文化があるんですね~。

旅行後に調べると、アムステルダムの家のエリアにあるスペインのお総菜屋さん?で 手に入るそうなので、近いうちに 買いに行ってみようと思います。


サン・ミゲル市場での小さな出来事を一つ。

あるお店で 数点おつまみを買おうと思ったら、片言の日本語をしゃべる愛想の良いおばちゃんが 機関銃のようにしゃべり・・・、ちょっと強引にあれこれ勧められ・・・、断っているのに勧められ・・・。

そのお店で予定よりたくさんつまんでしまったので お腹一杯になっちゃいました。

皆さん、強引なセールスには気を付けましょう。

まあ ”それも旅” と割り切れば、楽しいコミュニケーションです。


それぞれのお店にはカウンターがあるお店も多く、一品一杯ずつ食べて飲んで、隣のお店へ移動して・・・と、とても楽しい時間となりました。

ただ私が訪れた時間、そんなカウンターも 中央のパブリックスペースも 人がいっぱいで、座る場所がなかなか見つけられませんでした。

観光でたっぷり歩いた後で 足がとっても疲れていて、あまり長居ができなかったのは残念。

でもまあ、それくらいがちょうどよいのかもしれません。

マドリードの滞在日が長ければ、気軽に何度でも通いたい場所です。


そうそう、アムステルダムにも最近こんな感じ??の フードコートができたそうなんです。

2014年10月21日オープンの De Hallen。

オープンした場所は、3年半前まで私が住んでいた所の とっても近所。

あの場所(元々は寂れた感じのトラムの倉庫・操車場でした)が、どんな風に改装されたんだろう・・・その建物や内装の変貌にも 興味があります。

オープンがちょうど日本へ帰国した頃だったので、私はまだ行っていませんが、アムステルダムに戻ったら行ってみたいと思います。

マドリードのメルカド・デ・サンミゲルみたいな感じだったらいいなぁ・・・と、ちょっと期待しています。

ロッテルダムにも 同じく今年10月 Markthal という大きな屋内食品マーケットができたとのこと。

こちらも 近いいつか行ってみたい。

日本人の私には やっぱり日本の食べ物が一番ですが、ヨーロッパではヨーロッパのスタイルに馴染み、おいしく 楽しく 食べたり飲んだり しています。

アムステルダムのレストランや食べ物も、最近 少しずつ 変わってきています。


話がすっかりそれてしまいましたが、今年の夏のスペイン旅行・・・最後は 食べ物のお話で締めくくりです。

事前の旅の計画と、毎日の移動は大変でしたが、移動ばかりだったわりには、それぞれの地で それぞれの文化を楽しむことができ、大成功・大満足のスペイン旅行でした!

ブログ冒頭の写真は マドリードの夏の夜の月、ホテルからの眺め。

最後の写真は・・・帰路、スキポールへ向かう飛行機から。

なかなか美しい オランダの海岸線。

Spain2014way10

この海岸線を南へず~と下って行けば、ベルギー・フランス・・・そして スペイン・・・。

近いけど遠い・・・遠いけど近い・・・スペイン。

またいつか 近いうちに必ず・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 快楽の園?! in マドリード Summer2014 | トップページ | レトロフューチャーなフラワートルソー! Fleuramour2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 快楽の園?! in マドリード Summer2014 | トップページ | レトロフューチャーなフラワートルソー! Fleuramour2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など