フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« エルシエゴで見た”光” Summer2014 | トップページ | 何祭り?ビトリア=ガステイス Summer2014 »

2014/11/03

”遊び心”くすぐる… アールスメーアレポート2014年10月

今週はオランダに想いを馳せて・・・。

今週オランダでは(2014年11月5~7日) the International Floriculture & Horticulture Trade Fair(IFTF) ・ The FloraHolland Trade Fair Aalsmeer)が開催されます。

期間中 オランダを訪れる業界関係者の方も 多くいることでしょう。

オランダお花屋さん修行中、毎年 ボスPeterの大規模なプロジェクトに参加し、大勢のフローリスト・仲間達と共に HortiFair(現在のベントの前身)のデコレーションをしていた頃が懐かしく思い出されます。

当時のプロジェクトは、制作の準備だけでも プロジェクトメンバーが 1か月以上前から集まって黙々と制作を続け、ボスの計画はおそらく一年かけて・・・という大規模なものでした。

先日ボスPeterとスカイプで話した時、現在はエストニアに移住したボスも アールスメーアにデコレーションに出向くと言っていました。

「当時のような規模のデコレーションじゃないけどね」・・・と、ボスも当時のプロジェクトを懐かしんでいるようでした。

私は今 帰国中で残念です・・・。

”年末まで日本滞在”と伝えると、”そんなに長く?!オランダにいたかったんじゃないのかい?”と驚いていました!!

・・・私自身も驚いていますが、それも?これも?自分で選んだ道・・・。

アムステルダムにいたら、ボスにも会いたいし、お手伝いにも行きたいところでした。

修行中のHortiFairのプロジェクトについてはブログを始める前のことで、写真もあまりなく・・・今となっては 残念です。

以前 AalsmeerMarket(The FloraHolland Trade Fair Aalsmeerの前身)で、Peterのちょっとしたデコレーション(大きなプロジェクトではない)のお手伝いに行った時の懐かしブログがあります(2007年10月7日ブログ 参照)。 

その他 過去のHortiFair視察については古い情報とはなりますが「オランダお花ブログINDEX」 からご覧ください。

PeterとBloemenvanThuraのプロジェクトNapeepaN Projectsについては 2011年10月ブログ2011年11月ブログ 参照。


Ws201410paint01前置きがとても長くなりましたが?!ここからが本題。

オランダに想いを馳せた今回のブログは、夏休みレポートをお休みして、アールスメーアレポートです。

11月になってしまいましたが、2014年10月 帰国前に訪れたアールスメーア花市場FloraHolland Aalsmeer 仲卸さんコーナーで見た 「遊び心」編です。

私はアートフラワーよりも、プリザーブドフラワーよりも、フレッシュなお花が好きです。

ただただ 山や野原に生える自然の木々やお花が好きですし、お庭の身近なお花たちが好きです。

・・・というのが大前提ですが、 ”遊び心”のあるものも大好きです?!

比較的長期で大きなデコレーションが多くなる クリスマスに向けてのこのシーズン、切り花のコーナーにはこんなお花達が キラキラ?!になっていました。

ドライになっている秋の大きなお花達・・・大きなデコレーションのベースに使いたいです。

Ws201410paint02

上結合写真左・中は ゴールドやシャンパンピンクにペイント加工された 100cmのBerenklauw(セリ科ハナウド属)。

結合写真右は ゴールドにペイントされた150cmクラスの Rozenbottel Corallo(バラの実)。


ここからはプランツのコーナー。

まずは私の大好きなTillandsia Xerographica ・・・のキラキラペイントバージョン。

Ws201410paint03

ゴールド・ホワイトラメ・ブラック・・・他にシルバーもありました。

まだフレッシュなので(生きています)、塗ってしまうのはちょっとかわいそうですが・・・いずれこの状態で ドライになります。


そしてこちらは(下結合写真)ペイントされるプランツの代表選手?!エケベリアEcheveria Miranda。

Ws201410paint05

Ws201410paint06

シーズン・イベントに合わせて いろんなテーマのカラーにペイントされています。

最近は夜光色が流行りのよう?!

左写真はプランツ仲卸さんの寄せ植えコーナーから。

ペイントされたエケベリアを使った寄せ植えは 秋の雰囲気(10月中頃の寄せ植え)。

ペイント加工されている植物は 奇抜な感じがしますが、意外とグリーンのプランツ達(フレッシュ)との相性も悪くないようです。

エケベリアにはこんな”遊び心”をくすぐるものがありました(下結合写真)!

Ws201410paint07

絵の具付き!?

お孫さんからおじいちゃん・おばあちゃんへ、お子さんからご両親へ・・・。

何色にしようかな・・・?

どんな模様を描こうかな・・・?

個性を生かして ヌリヌリ!!

子供の頃から こうして植物に触れたり、植物を通して 喜びや楽しみを感じたりすることって、とても大切な経験だと思います。


Ws201410paint04そしてこんなプランツまで(左写真)!?!?

これはどうかな・・・?

なんだか ちょっと苦しそう・・・?

大胆にシルバーにペイントされた180cmクラスのヤシPalm。

賛否両論ありそうなペイント加工ですが・・・これも”遊び心”ということで・・・。

誰もが お花やプランツを身近に感じ親しむこと・・・それが大切だと思います!



最後はちょっと宣伝になってしまいますが・・・

ここからは BloemenVanThuraで今シーズンの新商品として入荷したドライ達。

Ws201410paint08

ワックス(ロウ)加工されたユーカリベリー(上結合写真)。

上結合写真右は ワックス加工のユーカリベリーで作られていたリース、アールスメーア切り花仲卸さんにて(BVTでの取り扱いはありません)。

Ws201410paint09

同じくワックス加工された 松カサPineconeです(上結合写真とブログ冒頭の写真)。

ナチュラルでありながら、ナチュラルとは少し違う雰囲気を演出できます。

クリスマスのアレンジやデコレーション、クリスマスリースのパーツに いかがですか?

BloemenVanThuraでは ナチュラル素材のドライから 加工されたドライ等、様々なテイストのドライオブジェを扱っています。

Bvtxmas2014BloemenVanThura『2014BVTクリスマス』

クリスマスリースやクリスマスツリーはもちろん、フラワーアレンジやデコレーション、各種クラフトに 資材パーツとして使っていただけるような クリスマスオーナメントや関連資材をたくさん扱っています。

これからの季節のインテリア・デコレーションに是非!!

ガラスのオーナメント、キャンドル、ドライオブジェ、フローリスト資材等・・・この季節に活躍するアイテムが揃っています!

是非一度ホームページカタログを覗いてみてくださいね。

BloemenVanThura 雑貨カタログ

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« エルシエゴで見た”光” Summer2014 | トップページ | 何祭り?ビトリア=ガステイス Summer2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エルシエゴで見た”光” Summer2014 | トップページ | 何祭り?ビトリア=ガステイス Summer2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析