フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« アムステルダム?ラン・ラン・ラン! アールスメーアレポート2014年9月 | トップページ | ロマンティックなパンプキン! Fleuramour2014-2013 »

2014/09/28

広がる荒野?見上げる奇岩!? Summer2014

暑い夏の陽射しが遠い昔のように感じます・・・。

すっかり時間が経ってしまいましたが 今年の夏の思い出を記録していきたいと思います。

お花には関係のないお話です。


『バスク・リオハ地方 美食の旅 Summer2014 』

Spain2014way01アムステルダムからスペイン・マドリードまで飛行機で2時間半。

左写真はマドリードの空港到着時。

オランダからフランスまでは、比較的 平ら(オランダは真っ平ら!)、緑の風景が続きます。

アムステルダムからマドリードまでのルートはパリの上空を飛ぶようで、ラッキーなことにエッフェル塔や凱旋門が見えました!

その時の写真は 8月15日ブログ参照。

復路では雲が広がっていて何も見えなかったので、貴重です!


Spain2014way02パリを通り越して しばらく・・・マドリード到着がまもなくとなった頃の事です。

眼下に見たことのないような”荒野”が広がりました。

日本の空港・・・例えば成田・羽田・名古屋・関西・福岡・・・ヨーロッパの各空港・・・数少ないけれど 私の記憶にある離着陸時には見たことのない風景です。

”マドリードって砂漠の中にあるの?”と思えるほどの乾いた風景でした。

そんな初体験の風景にワクワクしながら、マドリード・バラハス国際空港Madrid-BarajasAirportに無事到着。

まずはマドリード市内に移動して、最初の目的地ログローニョLogroñoに向かいたいところだったのですが・・・。

マドリードとログローニョの位置関係は9月16日ブログ参照

マドリード市内に立ち寄ると ログローニョ到着は夜中になってしまいそうで・・・計画段階で 悩みに悩みぬきました。

この行程こそが 今回の旅のプランを考える中で、一番悩んだ行程でした。

電車・バス・・・はたまた目的地の変更等・・・あれこれ考え・・・調べ・・・、ついにベストの?(と思われる)方法を見つけました。

それはやはり長距離バスでした。

当初マドリード市内から移動することばかり考えていたので、これに気が付くのにとても時間がかかってしまいました。

マドリードからログローニョまで走っている長距離バス(ALSA)は、空港にも立ち寄っていたのです。

私的には大発見でした!

Spain2014way06飛行機の到着時刻・ターミナル移動を考慮し 私が選んだのは、マドリード・バラハス国際空港ターミナル4 を 15時15分出発、ログローニョに19時着のバスです。

ログローニョ行きのバスは2~3時間毎に走っているようでした。

しかもその時間 ”Premium”というタイプのバスがありました。

長距離移動なので デラックスなバスなら少しは楽かも?と期待して、その時点ですでに旅行の直前でしたが インターネットで予約しました(当日でもチケット買えそうでした)。

まさに今回の旅の計画の ジクソーパズルの最後のピースがはまった瞬間でした。

空港では少し時間があったので、ランチをしたり ブラブラと時間をつぶして過ごしました。(上写真)。


さあ、いよいよ旅がスタートです。

まずは約4時間の長距離バスでの移動です。

スペイン、さすが長距離バスが充実している国!

このバスターミナルにはスペイン全土 あちこちへ向かうバスがひっきりなしに発着していました。

Spain2014way03

上写真がALSA・Premiumバスと内部、席もゆったりと広く 想像以上にデラックス!

バスが出発し、最初の頃は 飛行機の着陸直前に見えた荒野や 点々と見えた木々を 眺めることに興味津津でしたが、車窓はすぐに 退屈な景色になりました。

砂漠のような 砂っぽい 何もない乾いた茶色の大地が どこまでも続いていました。

写真も撮らなかったそんな風景を見ながら、ボーっと考えていました。

これほど広大な土地があるのに 何にも活用されていない(ように見えた)のは、スペインには土地が有り余っているのか・・・、この地が居住や農作には向かない気候・土地なのか・・・?

民家も村も町もない・・・ハイウェイだけが 荒野にどこまでも伸びているその景色を見ながら・・・。

ハイウェイといっても高架になっているわけでもなく、防音フェンスがあるわけでもありません。

ただの”道”です。(ハイウェイではないのかも?)

街灯もなく(ないように見えた) 人の気配も 街の灯すら見えない風景を見ながら・・・夜間 自分が一人でこの道を運転したら 真っ暗で怖そうだな・・・。

あまりにも時間があるので、あれこれ想像してしまいました。

空港を出て1時間半くらい経つと、”緑”がちらほら広がってきました(下写真参照)。

ですが相変わらず町や民家はどこにも見えません。


Spain2014way04

Spain2014way07バスでは 軽食や飲み物がサービスされました(左写真)。

きっと”Premium”バスの特典でしょう。

バス車内のエンターテイメントで 映画を観てみたり・・・しました。

スペイン語でしたが(汗)。

そしてウトウト・・・。

 

到着予定時刻まであと1時間をきったかな?あと30分くらいかな?と目を覚ますと・・・?

!!!周りの景色が一変!!!

何これ~!?

さっきまでの荒野はもうどこにも見えません。

急に山岳地帯?

びっくりするような大きな奇岩の渓谷?となっていました。

Spain2014way05

遠くに見えた奇岩があっという間に目前に!頭上に!次から次へ迫ってきました。

バスはその奇岩の麓や 谷に落ちそうな 山道を、クネクネとすごいスピードで走り抜けていました。

”グランドキャニオンもびっくり!”と言ったらちょっと大袈裟ですが、でもそれくらいびっくりの奇岩の渓谷でした。

この奇岩の渓谷の中には 村や町があり、またまたびっくり!

人の気配のない砂漠のような風景から 数時間で この奇岩の渓谷と 人々の営み!

スペインの風土や文化・・・想像以上に面白そうです!

初日の目的地到着を前に、これから始まる旅への期待が一気に膨らみました。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« アムステルダム?ラン・ラン・ラン! アールスメーアレポート2014年9月 | トップページ | ロマンティックなパンプキン! Fleuramour2014-2013 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アムステルダム?ラン・ラン・ラン! アールスメーアレポート2014年9月 | トップページ | ロマンティックなパンプキン! Fleuramour2014-2013 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析