« 古都ガーデン巡り=2= OpenTuinendagUtrecht2014 | トップページ | ボリュームの秋! アールスメーアレポート2014年9月 »

2014/09/16

遠い”道”の先の”未知”の世界・・・Summer2014

夏休みが終わってあっという間に1ヶ月以上!

夏休みの終わりと同時に?アムステルダムでは”夏”も終わっていて・・・余韻を楽しむことなく 秋の展示会シーズン(仕事)へ突入。

慌ただしくこの1ヶ月が過ぎました。

忘れてしまう前に(もう忘れかけてる・汗!)夏休みの思い出を記しておきたいと思います。


毎年春の帰国中(ゴールデンウィークの頃)、夏休みのの計画を考え始めたく?!なります。

まずは行き先。

今年も候補はいろいろありました。

一昨年・昨年は東ヨーロッパ方面へ向かい、ノスタルジックな東ヨーロッパの魅力にとりつかれました。

今年はついに さらに東へ?!

以前から想いを募らせていたロシア・サンクトペテルブルグやモスクワへ?

今年2月に開催されたソチオリンピックの閉会式を観て、その想いはさらに募りました。

が!

その直後、ウクライナの内戦が拡大し、ロシアや欧米を巻きこんで・・・。

私の長年のロシアへの憧れは変わりませんが・・・またいつか・・・情勢が安定する時まで想いを温めておきます。


そんなわけで、夏休みの行き先を別の方角へ方向転換!

といっても候補にあがるのは、毎年同じようなところですが・・・。

ドイツ・ロマンティック街道? ドイツ・メルヘン街道? 

スイス? イタリア? 南フランス? 

北欧? バルト三国?

アイルランド? イギリス・湖水地方?

いくつか思い描いた中で、今年の気分??にピッタリな行き先を見つけました!!

ついにこの時が 来た~!

スペイン・バスク地方です!!

美食のバスク地方へもずっと行きたいと思っていました。

ピンチョスやタパス!!

私の中では もう何年もずっと ピンチョス・タパスはブームが続いています。

アムステルダムでも ピンチョスやタパスのお気に入りのレストランがいくつかあり、よく行っています。

最近は リオハRioja等スペインのワインにも興味を持っていました。

これまでは「バスク祖国と自由」(ETA)のテロがあったのでなんとなくスペイン方向への気持ちは避けていました。

私がアムステルダムに住み始めた頃もマドリード等で頻繁にテロがありました。

そういえば 最近は聞かないし、ついにその時が来たのかも?!?!

Wikipedia等で調べると・・・ETAは2010年に武装闘争の停止を決めたと声明を発表したとありました。

近年は失業率の高さや経済不況による治安の悪さも気になっていましたが、最近急に聞かなくなった・・・かな?

ジクソーパズルの最後のピースがはまったかのように 一気にバスク地方への旅が現実味を帯びました。


早速ガイドブックを探しに本屋さんへ行ってみました(ちょうど日本帰国中)。

スペインのガイドブックは何種類もありますが、どのガイドブックも バスク地方についてのページは数ページ。

バスク地方の情報量が一番多そうな1冊を購入しましたが、とても旅の計画が立てられる程の情報量ではありませんでした。

そこで活躍するのがインターネット!

いつも自分で”旅を組み立てる”ので、地方の全体像や特徴、歴史・文化的なこと、距離感、移動手段、治安等・・・情報収集が必須です。

ですが意外と、”バスク地方”と耳にするほど 情報が溢れてはいませんでした。

そしてたどりついたのが・・・雑誌でした。

北スペイン・バスク地方・リオハ地方(ラ・リオハ)を特集した雑誌はないだろうか・・・。

そんなに都合良く最新号で特集されているわけもなく、必至で検索して数冊の古雑誌にたどり着きました。

まずは1冊・・・・Amazonで購入すると すぐに手元に届きました。

雑誌のページをめくると、バスク地方について ”知りたい”と思う欲求が満たされました。

調子にのって?合計4冊の雑誌を立て続けに購入し、北スペイン・バスク地方・リオハ地方について読みふけ、心はすっかり北スペインへ!!!!

私が購入した雑誌は下記の4種類です(いつかどなたかの参考になれば・・・)。

Spain2014magazine*BRUTUS 2006年8月1日号 

*フィガロジャポン 2007年6/20号 

*エクラ 2008年1月号 

*Pen 2008年5/1号

実は私・・・古雑誌を買うのは初めてでした。

古雑誌には 最初は少し抵抗がありましたが、そんな気持ちを忘れさせてくれる 今知りたい情報が山盛りでした。 

こんな風に誰かの役に立っている古雑誌・・・古雑誌への印象も変わりました。

これらの雑誌により、旅の計画を立てる為の情報や 情報を調べるきっかけとなる情報が集まりました。


そして・・・

バスク地方のサン・セバスチャンSanSebastian、リオハ地方(ラ・リオハ州)のワイナリー&ホテルMarques De Riscalを最大の目的地とした、6泊7日の『バスク・リオハ地方 美食の旅 Summer2014 』となりました。

実はここからの旅の組み立てが大変でした。

リオハ地方(ラ・リオハ州)・・・遠い!

バスク地方・・・遠い!

どこから出発するのがよいだろうか・・・

どの都市に立ち寄るのがよいのか・・・

どうやって移動すればよいのか・・・

どの順番に移動すべきか・・・

これまでいろんな旅をしてきましたが、今年の旅は本当にアレンジが、というか情報収集が大変でした。

古雑誌を入手してから夏休みまでの約3カ月間、少しずつ少しずつ 都市情報を集め・・・少しずつ少しずつ 交通手段について調べ・・・一つずつ一つずつ予約をして・・・。

最後のホテルやバスの予約は夏休み直前となりました。

情報収集と計画・アレンジが大変で、旅への”道のり”は 果てしなく遠く感じました。


そしてついに 完成!

『バスク・リオハ地方 美食の旅 Summer2014 』

Spain2014map

今年の夏休みに訪れた都市は・・・

マドリードMadrid → ログローニョLogroño → エルシエゴElciego → ビトリアVitoria-Gasteiz → サンセバスチャンSanSebastian-Donostia → マドリード → トレドToledo

上の地図はGoogleMapから、 ★マーク が訪れた都市です(クリックして大きい画像で是非)。

バルセロナがスタート・ゴール地点という案もありましたが、マドリードに。

ビルバオ等、行きたかったけど諦めた都市もありました。

移動手段も含めると、下記のようなハードな?旅となりました。

不本意にも!見事なまでの毎日移動の旅です・汗。

①アムステルダム―(飛行機KLM)―>マドリード―(バスALSA・Premium)―>ログローニョ

②ログローニョ―(バスALSA)―>エルシエゴ・Marques De Riscal

③エルシエゴ―(バスALSA)―>ビトリア

④ビトリア―(バスPESA)―>サンセバスチャン

⑤サンセバスチャン―(電車renfe)―>マドリード

⑥マドリード―(電車renfe/AVE)―>トレド―(電車renfe/AVE)―>マドリード

⑦マドリード―(飛行機KLM)―>アムステルダム


気の抜けない 毎日綱渡りのような移動は 本当に大変でしたが、車窓から望む風景はどんどん移り変わり、辿り着いたそれぞれの都市は、同じ国とも思えない 全く違う文化や風土がありました。

古雑誌にはそれぞれの都市の風土や文化が素敵に紹介されていました。

ですが、実際にこうして 移り変わる景色の中を移動してみると、雑誌の記事からだけでは読み取れない 肌で感じる”風土・文化”や、雑誌の写真から想像する以上の壮大な ”風景” がありました。

今回の旅で見たスペインは、私がこれまで持っていたイメージとは全く違う ”未知” のスペインでした。

「オランダのお花ブログ」・・・これからしばらくは、この夏 私が見たスペインを 少しずつご紹介していきたいと思います。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 古都ガーデン巡り=2= OpenTuinendagUtrecht2014 | トップページ | ボリュームの秋! アールスメーアレポート2014年9月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古都ガーデン巡り=2= OpenTuinendagUtrecht2014 | トップページ | ボリュームの秋! アールスメーアレポート2014年9月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など