フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 下町の夏の始まり=3= OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | 秋の始まり・・・2014年夏休みを終えて »

2014/08/03

下町の夏の始まり=4= OpenTuinendagJordaan2014

約2週間の帰国・・・もう この暑さからは脱出です!

オランダへ戻り、1週間 夏休みをいただきます。

夏休み中は メールチェックも ブログも お休みです。


Ogj20146126夏休み前の最後のレポートは・・・

ヨルダン・オープンガーデンレポート最終回!

アムステルダム・ヨルダン地区Jordaan、Amsterdamにて行われたオープンガーデンOpen Tuinendag Jordaan 2014(2014.06.15)。

すでに2か月近く 経ってしまいましたね・・・。

今回は ヨルダンエリアの中心から南へ向かいます。


23番 Rozenstraat

Ogj20145423

初めて公開されたお庭。

驚きました!

こんな街中(アムステルダムは田舎ですが、人口密度はとても高いです)に、小鳥達の楽園?があるとは!

スズメの保護財団による 鳥のコロニー。

スズメHuismus や TammeMeral という黒い鳥 達が ここで保護されているそうです。

チュンチュンチュンチュン・・・驚くほど(うるさいほど?!) 小鳥がいっぱいいました。

スズメって保護するような鳥だったのですね・・・、それも驚き。

24番 Tweede Lauriedwarsstraat

Ogj201462240

上結合写真下段真ん中の写真がストリートから見た入り口。

このスペースは 16世紀にはすでに存在していたのだそうです!

現在はいくつかの集合住宅の共同のお庭となっています。

お庭には自転車もたくさん停められており、生活感があります。

25番 Tweede Lauriedwarsstraat

Ogj201465250

24番とは通りを挟んで向かい側という位置関係。

24番とは対照的に 明るく公園のようなお庭。

上結合写真上真ん中が 通りから見た入り口。

建物を通らず(くぐらず)、フェンスの奥がお庭になっています。

このタイプのお庭をオランダでは xxxPad といいます(24番もPadです)。

写真には写っていませんが、お庭の中央辺りには いくつかの芝生のスペースがあります。

子供達が遊び、住人がくつろぐ・・・とても平和的なお庭です。

もともとあったお庭を、12年前に再設計。

住人・行政・ガーデン設計士さん等の協議により 現在のお庭になったそうです。


26番 Tweede Laurierdwarsstraat

Ogj20146626

上結合写真真ん中の写真が通りから見た入り口、狭い急な階段を上がります。

日本でいうところの2階にある一般住宅のテラスです。

(オランダではファーストフロアといいます)

お部屋のキッチンの脇から テラスへの階段が。

2・3メートル四方程の とても小さなテラスですが、オーナーさんのこだわりが一目でわかります。

ブログ冒頭の写真もこのお庭です。

カンパニュラやクレマチス等の青系のお花に、青いタイル・陶器等。

色は ”青”で統一されています!

周りの建物に囲まれた小さなスペースは、夏の間だけ太陽が当たるそうです。

27番 Lauriergracht

Ogj201467270

ホフ(集合住宅)の中庭。

上結合写真上段左が通りから見た入り口です。

毎年公開されているホフの中庭。

整然とした建物・お庭は もともとは ローマカトリックの男子学生宿舎(児童養護施設)だったそうです(1769年)。

お庭には10本の大きなプラタナスの木があります。

毎年この季節には 写真のように 緑の葉っぱを付けていますが、何故か昨年は葉っぱが出なかったそうです・・・。

昨年の様子は・・・2013年7月10日ブログ参照

この日はちょうど ヨルダン地区の文化イベント「Kunst&Cultuur」の一環で、このホフで ガーデンコンサートが行われていました。

私もオープンガーデンの続きがなければ、音楽を聴きながらゆっくりしていきたかったです。

28番 Elandsstraat

Ogj201469280

毎年公開されているホフのお庭。

静かな雰囲気のお庭です。

住人さん達の性格も お庭を通して見えてきそうです。


29番 Elandsstraat

Ogj20147129_2

上結合写真左が通りから見た入り口、そして写真真ん中の長い通路を通り抜けるときれいなお庭が広がります。

28番と同じストリートですが、向きが逆になります。

28番は通りの南側、お庭は建物の北側になり、29番は通りの北側、お庭は建物の南側です。

その為、29番はとっても日当たりがよく、いろんなお花・果実類がワサワサ育っています。

Ogj201472290

毎年見ているお庭ですが、四季を通して過ごしてみたいお庭です。

30番 Passeerdersstraat

いよいよ最後のお庭です。

「初めてのストリート・お庭かな?」と、一歩中へ入ると・・・思い出しました。

Ogj20147430

大きな大きなカスターニャの木(上結合写真真ん中・右写真の奥の木)があるお庭!

今年は昨年までとは違う建物(通り)が オープンガーデン用入り口となっていたんですね。

アムステルダムの建物が、通りと通りの間に『ロの字』型になっていることが よくわかります。

このお庭は現在もPrinsengracht側にも広がっています。

17世紀にはPrinsengrachtにあったホフのお庭として存在していたそうですよ。

古い歴史のあるお庭です。

このカスターニャの木は 125年モノと聞きました!

きっとたくさんの住人さん達の人生を 見てきたのでしょうね。

そしてこれからも・・・。


自然と人間は共存しています。

いえ!

こうして自然を眺めて過ごしていると・・・人間が自然の中で生かしてもらっていると 思い知らされます。

さあ、ヨルダン散策もこれでおしましです。

今年は異例の暖かさと好天に恵まれ、最高のオープンガーデンでした。


Gardena2014このオープンガーデンの後、私も Gardenaの給水システムを購入しました。

(Gardenaのシステムについては 7月30日ブログ参照)

これまで毎年、夏の一時帰国と夏休み中に、せっかくきれいだったプランツ達が 完全にひからびてしまっていました(涙)。

でも今年は大丈夫!!

帰国中、ウェブカメラでテラスを見ていますが、今のところ大丈夫そうです!!

夏休み明け、テラスで 元気なプランツ達と再会できそうです・・・きっと!?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 下町の夏の始まり=3= OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | 秋の始まり・・・2014年夏休みを終えて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下町の夏の始まり=3= OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | 秋の始まり・・・2014年夏休みを終えて »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析