フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 輝く”緑”の正体は・・・?! in ブリュッセル | トップページ | 扉の向こうに・・・OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

2014/08/28

夏の陽射しを受けて・・・OpenTuinenDagen Amsterdam2014

もう2カ月以上が経ちました。

季節も一つ二つ進んでしまいました・・・。

アムステルダムのオープンガーデンOpenTuinenDagen Amsterdam 2014 (Open Garden Days 2014)

今年は2014年6月20~22日開催でした(本当にもう2カ月以上過ぎてる~汗)。

今はもう 冬の気配すら感じ始めたアムステルダム。

オープンガーデン時は ”今年は冬も暖かく 夏も早く来た~”と喜んでいた気がします。


Og2014ano2803毎年とても楽しみにしているイベントですが、昨年は重い花粉症の為、多くのお庭を巡ることができませんでした(2013年8月13日ブログ参照)。

今年はリベンジを果たすべく?!はりきって2日間で 公開されていた全てのお庭を巡りました(今年のオープンガーデンプロローグは 6月26日ブログ参照)。

2か月以上過ぎてしまいましたが、「オランダのお花ブログ」では 今年のオープンガーデンで(私が)初めて見たお庭や印象に残ったお庭を 書き留めておきたいと思います。

ちょうどオープンガーデンが開催された頃のアムステルダムは、(珍しく?)好天続きで、お庭の状態もかなり期待できるような夏の始まりでした。

一日目のガーデン巡りは晴れ~曇り&ちょっとだけ雨、14~17度。

2カ月経って 夏が終わり 冬に向かっている今、このブログを書きながら、気が付きました・・・。

この気温はちょうど今(8月末)と同じ!!

夏に向かう天候と 冬に向かう今の天候・・・同じ気温でも、雰囲気や印象が全然違います。

6月半ばは夏至の頃・・・8月末の今よりも 日(日照時間)は断然長いです。

お花が咲き乱れる6月に比べ、言うまでもなく 今は お花も気温もお天気も?冬に向かっています。

同じ気温でも今の方が寒い~!


一日目に巡ったお庭は・・・

26→29→27→25→23→28→22→15→16→17→21→20→18→11→12→13→14(お庭の番号は前出ブログ内の地図参照)

ガーデンNo.28(Prinsengracht 1097)

このお庭はこれまでに何度も見てきたお庭です。

ベルエタージュ階(ストリートから階段を上がった所に玄関があるお部屋)が入り口となっており、奥のリビングの階段を降りてお庭へ出られます。

さらに お庭から数段下ると地下階です。

Og2014ano2802

上の結合写真左はリビング側からの眺め、写真中はお庭中ほど、写真右はお庭の奥からリビングを振り返って見たお庭。

冒頭の写真もこのお庭、お庭の中ほどからリビングを振り返った様子。

この頃(6月中頃)ちょうどアジサイが満開でした!

毎年のように見てきたお庭ですが、良いお天気が続いたためか、例年以上にお庭がきれいに見えました。

大小様々なグリーンと 大きなアジサイ・・・そして奥のガーデンハウス。

とてもロマンティックな雰囲気のお庭です。

オーナーの方・ガーデナーの方とお話をしました。

2009年頃リノベーションをしたそうです。

Og2014ano28card私はリノベーション前の 今とは違うお庭を 覚えています(と思います)。

リノベーション前のガーデンの絵葉書をいただきました(左写真)。

かつてのお庭、リビングからの眺めです。

現在のお庭の設計図も見せていただきました(下写真)。

そんなに大きなお庭ではないですが、地下階への階段の位置・スタイルを変えたり、地面のレベル(高さ)やタイルのデザインを直したり・・・。

Og2014ano2804同じ空間なのに こんなに印象がわかるんだなぁ・・・と、改めて感動しました。

左写真はその設計図。

設計図の横(写真上部)に並べられているのは、かつてのお庭の上から見た様子。

今とはスタイルの違う地下への階段が見えます。

アムステルダム旧市街・運河地区、周りを高い建物に囲まれた箱庭のような小さなお庭です。

Og2014ano2801お庭の向きは北南向き、夏の一ヶ月間程しか太陽が当らないお庭なのだそうです。

左写真はリビングからの眺め。

振り返ると・・・ちょうど陽射しが差し込んで 強いコントラストをつくっていました。

おひさまがほほ笑む貴重な瞬間、グリーンもお花達も活き活きしていました。

とても印象に残る今年のお庭でした。


ガーデンNo.22(Keizersgracht 689 / Waldorf Astoria Hotel)

初めて足を踏み入れた住所でした。

ここはどこ?

一つ二つ 綺麗にお手入れされた芝生のお庭の脇を通って たどり着いたのは・・・!

Og2014ano2202

Waldorf Astoria Hotel(Herengracht 542-556)のお庭。

いきなり大きく開けた青空に 皆 驚いている感じでした。

ここはどこ?

南仏?

地中海リゾート地??

とは大げさかもしれませんが、アムステルダムとは思えない空の広さ、明るさに驚きました。

Og2014ano2203

贅沢なくらい眩しい太陽が降り注くお庭からは、バラやお庭に植えられたハーブの香りが漂っていました。

そしてなにより、このお庭から見る空は、他のお庭から見る空とは違いました。

Og2014ano2201私もこのホテルに泊まってみたい~!と思いました!!

家に帰って、早速このホテルのことを調べてみたくらい!

また次の日は このホテルの正面のストリートを歩きました。

立派なホテルに違いありません。

ですが、ストリート側から見ると、まさかこんなに広いお庭と空が広がっているなんて・・・やはり思えない、普通のアムステルダムの運河沿いの建物でした。

この空は このホテル宿泊者だけの特権ですね。

このホテルに宿泊した人達のアムステルダムの印象は、他のホテルを利用するツーリストとは違うものになりそうです(笑)。

ストリートの喧騒を忘れ 非日常な時間を過ごせる 素敵なお庭でした。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 輝く”緑”の正体は・・・?! in ブリュッセル | トップページ | 扉の向こうに・・・OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 輝く”緑”の正体は・・・?! in ブリュッセル | トップページ | 扉の向こうに・・・OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析