« 人生はお花と共に=2= FLORALIËN2014 | トップページ | 下町の夏の始まり=2= OpenTuinendagJordaan2014 »

2014/07/21

下町の夏の始まり=1= OpenTuinendagJordaan2014

アムステルダム・ヨルダン地区Jordaan、Amsterdamにて行われたオープンガーデンOpen Tuinendag Jordaan 2014レポートです。

今回から数回にわけて、最高のコンディションだった今年のヨルダンのガーデンをご紹介します。

Ogj20141105プロローグは6月18日ブログ参照。

ブログの最後には今回のテーマとは関係のない一言メッセージがありますので、是非最後までご覧いただければと思います。

2014年6月15日(日曜日) ヨルダンオープンガーデンは行われました。

開催前もしばらく晴れの日が続いていた今年のオープンガーデン。

オープンガーデン当日も17度~20度と、アムステルダムの初夏としてはとても気持ちのよい気候でした。

Ogj201402ヨルダン地区(アムステルダムセントラム)は、プリンセン運河Prinsengrachtの外側(西側)からLijnbaansgrachtまでの間に 南北に細く広がるエリア(地図参照)

北端はPalmgracht、南端はPasseerdersgracht・・・南北に広がる細長いエリアを 11本の短い運河”Gracht”(運河)が東西に横切っています。

ヨルダンエリアを Prinsengracht沿いに 端から端までまっすぐ歩けば、徒歩20分くらいでしょうか。

小さなエリアですが、オープンガーデンの地図に沿って”あみだくじ”のように歩けば、結構な距離になります。

ですがどこを歩いても ”ヨルダン”というエリア名通り(ヨルダンJordaanはフランス語のjardin”お庭”が語源)お花が溢れる アムステルダムらしい雰囲気のかわいいストリートばかり。

また、ヨルダン地区にはたくさんのカフェ・レストラン・ショップもあるので、お茶をしたりショップをのぞいたり・・・あっという間に時間が過ぎてしまいます。

オープンガーデン開催時間は11時~16時30分。

私は今回 11時から巡り始め・・・(最初の方は何軒かのガーデンで一番乗りでした?!)、途中 家に寄って(ヨルダン地区在住です)軽くランチを済ませ・・・、最後のガーデンを見たのは16時。

お庭見学はゆっくりですが かなり急ぎ足で巡り、全ガーデンを制覇!!

では、一緒にヨルダンを巡っている気分で ご覧ください。

建物の玄関・入口にある緑の風船がガーデンオープンの目印となっています。


1番 Willemsstraat

Ogj20141201

ヨルダンのオープンガーデンチケットを購入できる場所が2か所ありますが、ここがその一つ。

ストリートから見た入口が 上結合写真左の写真、そして細い通路をずーっとくぐって奥へ進み、お庭の片隅をさらに奥へ進むと、お庭が現れます!

Ogj20141301

毎年グリーンが茂ってワサワサっとしたお庭ですが、今年はスッキリとして 濃淡の美しいグリーンのお庭になっていました。

地面のコケむしたレンガが素敵(上結合写真中・左)。

「しばらくリボベーションをしていてぐちゃぐちゃだけど・・・」と言いながら、満足げにお話をされていたオーナーご夫婦の笑顔が印象的でした。

上結合写真左の大きな赤いフクシアFuchsia Magellanica var. ricartonni の木は7-8年モノだそうです。

オランダでも 越冬できるのですね。

今年のオープンガーデンではこの種のフクシアにたくさん出会いました。

ちょうどきれいに開花している時期にあたったんですね。

2番 Plamgracht

Ogj20141402

ここはHofのお庭。

上結合写真右がストリートから見た入口、左写真が入口を入ってお庭へ続く通路、真ん中写真が中庭です。

ちょうどFIFAワールドカップ開催直前ということで、オレンジの小旗が飾られていました。

もちろん、バーベキューセットも欠かせません!

Hofホフとは、かつてはお年寄り・未亡人・独身女性等が住んでいた集合住宅で、多くの場合は”コの字型”や”ロの字型”の建物となっており、真ん中にお庭(中庭)があります。

現在は住人制限をせず、誰でも住めるアパートとして活用されているHofもあります。

Ogj20141502

このHofのお庭は ヨルダンでは比較的日当たりのよいお庭です。

セダムやアルケミラモリスがたくさんのつぼみをつけて、太陽に向かって伸びていました。

上結合写真左は 中庭の奥から入口側を見た景色。

3番 Palmstraat

Ogj20141603

一年中!日の当らないお庭です。

上結合写真真ん中がストリートから見た入口(玄関)、ものすごく立派なフジの木が建物を覆っています。

フジのお花は 6月初めにはすでに終わっています(例年4月末頃開花)。

アムステルダムには年中 日の当らないお庭が結構ありますが、それでも皆 素敵なお庭に仕立てています。

今年は晴れの日が続いていたため、日蔭のお庭も爽やかでした。

フォスタやシダ類のコレクションが楽しいお庭です。

壁が素敵に活用されています。

4番 Palmstraat

Ogj20141704

3番のお宅と同じストリート お向いに4番のお宅はあります。

3番がストリートの北側で 4番が南側です。

つまり、日の当たり方が全然違ってきます!

これこそが オープンガーデンを巡る時にチェックすべき 大切なポイントです!

上結合写真真ん中はストリートから見た入口、右写真は玄関を入ると続く住宅内の廊下です。

上結合写真右は、ブリキのゴミ箱をポットに活用した寄せ植え・・・かわいい。

ストリートから見ると 全く一般的なお宅ですが・・・お庭は びっくりするくらい広く!明るく!日当たり抜群!

Ogj20141805

毎年ヨルダンのオープンガーデンで見ていますが、いつも美しく整えられているお庭。

お庭には 二つのガーデンハウスと池があります。

今年は春からお天気が良かった為、アムステルダム全体でバラは終わりがけ、このお庭もバラは終わりがけでした。

今年はバラの代わりに アジサイ・カンパニュラ・クレマチス等がとてもきれいでした。

5番 Goudsbloemstraat

Ogj20141905

ここも一般家庭の南向きの日当たりのよいお庭。

上結合写真真ん中がストリートから見た入口、写真左・右がお庭。

たくさんのガーデン雑貨が フレンチテイストのお庭に馴染んでいます。

ブログ冒頭の写真もこのお庭のものです。

このお庭のオーナーの自慢は・・・なんと・・・”BONSAI”(盆栽)!

Ogj20142005

上結合写真左・右写真が自慢のBONSAI達。

自分でチョキチョキ 手を加えて、もう20年前後も育てているそうです。

しかも驚いたのは!

BONSAIは 冬も屋外で育てているそう!!

BONSAI達、オランダの寒さ 耐えられるのね~!

ヨルダンオープンガーデン、まだまだ続きます。



*** *** *** 

Westerwerk20140718オランダではその翌日 各所で半旗が揚げられていました・・・。

 左の写真は半旗の揚がる西教会(2014.7.18)。

 皆が一年で一番楽しみにしているこんな時(ホリデーシーズン)に、本当に悲しい出来事です・・・(ウクライナ上空撃墜事故 2014.07.17)。

 言葉を失いました。 

これを機に 世界が同じ気持ちになることを望みます。

 国民の悲しみとは裏腹に、きれいな青空の広がる暑い日でした・・・。

 せめてものはなむけになったでしょうか・・・。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 人生はお花と共に=2= FLORALIËN2014 | トップページ | 下町の夏の始まり=2= OpenTuinendagJordaan2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生はお花と共に=2= FLORALIËN2014 | トップページ | 下町の夏の始まり=2= OpenTuinendagJordaan2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など