フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 最高のコンディションで! OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | アジサイの季節! OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

2014/06/22

初夏の2時間散歩?! アントワープAntwerpen

私の実家のある豊橋市から 大阪市くらいの距離でしょうか。

オランダ・アムステルダムAmsterdamからベルギー・アントワープAntwerpenの地図上の直線距離。

地図上の直線距離で測るのもどうかと思いますが・・・。

近いとはいえ、お隣の国アントワープ。

お隣の国とはいえ、近いアントワープ。

残念ながら、ちゃんとした?旅行目的でアントワープに行ったのは、オランダに住むきっかけとなった(住み始める前の年)1998年のオランダ・ベルギー旅行の時だけです。

アムステルダムに住んで(約15年)、今の仕事を始めてからは、一年に2-3回?アントワープ近郊へ行く機会があります。

いつもほとんど 日帰りです。

今の仕事を始めてからのこの約10年の間には、2・3回 出張の帰りにアントワープに宿泊したことがあるかな。


Antw20140605choco先日もアントワープ経由でベルギー出張にでかけました。

もちろん日帰りです。

左の写真は、ちょうど開催中のFIFAワールドカップ・ブラジル大会 にちなんだチョコレート屋さんの陽気なデコレーション。

アントワープ出張の時は、仕事の後 電車の乗り換え時間にアントワープのお気に入りにバーやカフェで 、少しだけのんびりするのが 私のアントワープ近郊出張時の定番スタイルです。

今回 仕事が予定よりも早く終わり、予定していた電車の時間まで2時間強 ありました。

アムステルダム-アントワープの往復は 席指定のタリスThalys利用の為、事前に予約しているタリスまで 時間ができるのです。

ちなみに タリスを使うとアムステルダム-アントワープ間は片道1時間10分程です(近い!)。

タリスを使わない方法もありますが、タリス以外に乗り換えなしでアントワープまで行く手段がありません(2014年6月現在).

ついこの前までは直通の InternationalTrain とか Hispeed とかあったのですが・・・。

現在、アムステルダム中央駅からアントワープ中央駅まで、途中乗り換え一回、約2時間~2時間45分かかります。

”時間”をとるか、”料金”をとるか・・・です。


Antw20140601stさて、アントワープ。

左写真は何度見てもその美しさと迫力に圧倒されるアントワープ中央駅・・・「鉄道の大聖堂」とも呼ばれているそうです。

いつもなら アントワープ中央駅から旧市街方面へ歩いて 15分ほどの辺りにある お気に入りのバーで ワインをいただいてしまうところですが、今回は脳裏にチラつくワインを振り切り?そのまま前進し、旧市街中心まで歩いてみました(20-30分くらい?)。

頻繁に立ち寄っているアントワープでしたが、いつものワインのバーよりも旧市街方面へ出向くのは随分ぶりでした。

5・6年?

7・8年ぶり??

アントワープに泊まったのも プチ観光も、つい昨日のことのように思っていたのに・・・。

いつのことだったのか思い出せない・・・。

ブログに書いたことがなかったのでしょうか・・・!?


アントワープがらみでは、アントワープ中央駅での出来事をレポートしました(2012年6月4日ブログ参照)。

今回アントワープのタリスのホームにはキオスクができていました・・・これで少しは安心かも?!(2012年6月4日のブログに関して)

数年前のアントワープ郊外の出張(道中)レポートもありました(2010年7月3日ブログ参照)。

ブログに書いていなくても、写真の整理がしてなくても、過去のプチ観光で見た景色や感じた空気は 忘れることはありません。

アントワープを地図を持って歩いたいたのは遠い昔・・・いつからか自分の記憶と感覚で歩いていますが、町のあちこちに 以前訪れた時の思い出が転がっています。


今回は2時間強の時間に カテドラルと市庁舎まで行って また駅へ戻ることを目標に ぶらぶら歩きました。

途中で、ちょうどセール中だった インテリアショップFlamant に寄り、スミからスミまでじっくり見て・・・。

Flamantはブリュッセルのグラン・サブロン広場のショップに行ったことがあります。 

グラン・サブロンのショップも素敵だけど、アントワープのショップの方が好きかも?!

その後、チョコレート屋さんでチョコレートを買い・・・。

Antw20140603kathAntw20140604kath

再びぶらぶら歩き続けると、ルーベンスの銅像と 聖母大聖堂が 堂々とした姿を現しました。

塔の高さは123m、ベルギー最大のゴシック様式教会。

かの有名なルーベンスの「キリストの降架」「キリストの昇架」のあるカテドラルです。

教会の建物に沿って通りを抜けると教会の正面へ出ます。

この中へ入ると祭壇画を見ることができます。

そして路地の向こう側には マルクト広場GroteMarktです。

Antw20140602stadhuis

ルネッサンス様式の市庁舎Stadhuis(16世紀建造)や ギルドハウス(16~17世紀建造)がアントワープの黄金時代を物語っています。

広場には ブラボーの像の噴水(19世紀造)があります。

兵士ブラボーが、スヘルデ川で乱暴を働く巨人の手(ant)を切って投げた(werpen)という伝説にちなんだ銅像です。

これがアントワープの地名の由来でもあります。

おもしろいですね。


アントワープ散策が面白くなってきたところですが、そろそろ駅へ向かう時間です。

雲の多かったこの日は肌寒く、フリッツ(フライドポテト)つまんで暖をとり??・・・駅へ向かいました。

アントワープ、初夏の2時間散歩。

他にも名所はたくさんあります。

皆様は是非ゆっくりのんびりアントワープ観光を楽しんでくださいね。

今回はちょっと息抜き、お花にもオランダにも関係のないブログでした。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 最高のコンディションで! OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | アジサイの季節! OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高のコンディションで! OpenTuinendagJordaan2014 | トップページ | アジサイの季節! OpenTuinenDagen Amsterdam2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析