フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/28

目で楽しむ!つまんで楽しむ? アールスメーアレポート2014年5月

アムステルダムの細い路地を歩くと、ストリート沿いの小さな花壇や 窓辺には お花が溢れています。

バラも 種類によっては もう満開!

今週に入り 久しぶりに本降りの雨となっていますが、例年のように”寒さを感じる雨”ではありません。

今年は順調に夏が来ています!

・・・今のところ!?


Aalsmeer201405p01さて今回ブログは 久々の アールスメーアAalsmeerレポート。

アールスメーア花市場 FloraHolland Aalsmeerにあるプランツ仲卸さんの5月中頃の様子をレポートします。

今回のテーマは『PICK 'N' MIX』。

見て楽しい!

つまんでおいしい?!

エディブルガーデン!!

提案されていたのは、様々な野菜の苗やハーブの寄せ植え、ごちゃまぜミックススタイルです。

様々な野菜プランツ(トマト・プチトマト・ナス・パプリカ・イチゴ等)は 形や色が美しく、楽しい!

その姿を楽しみながら、自家製野菜をいただく・・・。

最高です!

Aalsmeer201405p02

Aalsmeer201405p03

ちょうど今、近所のスーパーでも 大々的に 鮮やかな実が実った野菜プランツ(トマト・イチゴ・パプリカ等)が、切り花・プランツコーナーで たくさん売られています。

冬は暗く寒いオランダ・・・そして今が一番明るく日が長い時。

オランダにいると、”人間も植物だなぁ”と実感します(”人間も動物”というべきですが)。

太陽の光を浴びて 心も身体もハッピー!

そして”太陽の恵み”をいただく!!

とっても素敵で、贅沢なことだと思います。

茂る葉っぱと 色鮮やかな野菜やプランツを見ていると、”太陽”が近くにあるように感じるのです。


別のコーナーではハンギングバスケットプランツが 紹介されていました(下写真)。

Aalsmeer201405p04

フクシア・ペチュニア・バーベナ・ロベリア・サンビタリア・ヘリクリサム・ベゴニア等・・・

”ヨーロッパの夏”らしさを感じるお花達です。


下の写真は「SUNIQ」フラワーの紹介コーナー。

Aalsmeer201405p05

「SUNIQ」ってなんだろ・・・?

紹介されていた説明文によると、ダリア・カラー・インパチェンス等、アイキャッチャー的に大きくてビビッドなカラーのプランツのことを指すそうです。

SUN&UNIQUE→SUNIQ

命名に感動!

もともと長く楽しめるお花達ですが、さらにちょっとお手入れをすることにより、もっと長く楽しめますよ~とのことでした。


Aalsmeer201405p06次のコーナーでは、ペラゴニウムPelagonium ”BellaDonna Angel” が紹介されていました。

初夏~夏の数ヶ月間、品種に限らず ペラゴニウム(ゼラニウム)は、アムステルダムでは家々のバルコニーや運河の橋(のプランター)に 飾られているのをよく見かけます。

夏の太陽に負けないくらい眩しいビビッドな色・・・

毎年お向いさんのフレンチバルコニーに飾られていて、とっても雰囲気があって憧れます。

今年はすぐお隣さんのテラスにも飾られていて・・・それだけでテラスがグレードアップした感じです。

Aalsmeer201405p07

このお花がバルコニーや運河の橋に飾られるようになると”夏本番”であることを感じます。


ここまで順調に夏に向かっているアムステルダム、季節が逆戻りしませんように・・・。

アールスメーアレポートは次回に続きます。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/24

Seasonal Greetings 春のデモンストレーション=3= IPM2014

オランダは午後10時過ぎまで空が明るい季節が来ました!

日没時間は午後9:41(2014年5月23日現在)と、スマホで見ているお天気accuWeather.comで表示されています!

日が長くても 気温10度前後の寒い5~6月になる年もありますが、今年は(最近、今のところ)20度前後でとても爽やか(暑いくらい)です。

あまりお天気が良いと花粉が飛ぶので、屋外で過ごす時間には注意が必要です。

先週末から 私の天敵?の 花粉(白い綿毛)が飛びはじめました。

これが晴れの日には太陽に反射するように いっぱいフワフワ飛んでいます!

キラキラフワフワ綺麗ですが、とっても危険な花粉です(昨年の花粉症のお話は2013年6月16日ブログ参照)。

実際には昨年ブログに書いた症状以上に大変な状態が1ヶ月近く続き、さらに夏休みの頃まで後遺症が続きました。

昨年とても大変な思いをしたので、今年のテラス作業時に フワフワが飛んでいるのが見える時は マスク着用。

さすがに外出時にはマスクはしませんが、サングラスは必須です(日光・紫外線対策でもありますが、私の場合は花粉対策)・・・

(日本ではマスクしてる人 大勢いますが、ヨーロッパでは皆無なので マスク姿はかなり目立ちます(勇気も必要です?)・・・)


一か月後の夏至に向かい まだまだ日が伸びる季節ですが・・・

IPM2014レポート・・・最終章。

今回ついに最終回です!

ドイツ・エッセンEssenにて行われたIPM国際園芸見本市(2014年1月28日~31日)。

『Seasonal Greetings : Spring, flowers and floral creations』

Jürgen Herold氏(2012年ドイツチャンピオン)

Thomas Gröhbühl氏(2010年ドイツチャンピオン)

Stefan Göttle氏(2012年ドイツ副チャンピオン)


Ipm2014demothomas013人のドイツマイスター達によるデモンストレーション・・・

最後にご紹介するのは Thomas Gröhbühl氏。

3人の中で一番 男っぽい風貌(私の勝手な解釈です)のThomas Gröhbühl氏。

彼の指から つくり出されていく作品は、とても力強く そして繊細!

目を引いたのは、Thomas Gröhbühl氏の手先・指先!!

彼はまるで美容師さん?!

Thomas Gröhbühl氏の指が触れるステムや葉っぱは、まるでスタイリングされた髪の毛のように自由自在に!

色気すら感じたThomas Gröhbühl氏のデモンストレーションでした。

Ipm2014demothomas02

Ipm2014demothomas03

Ipm2014demothomas04

同じ”ナチュラル”でも、前の二人とは全然違いますよね。

前の二人について・・・

Jürgen Herold氏 : 5月16日ブログ参照 / Stefan Göttle氏 : 5月20日ブログ参照

Ipm2014demothomas05

Ipm2014demothomas06

ここまでの写真はデモンストレーションの様子と完成作品。


下の写真は、私が見たデモンストレーション作品ではありませんが、会場に展示されていた Thomas Gröhbühl氏の作品(別のデモで制作)。

Thomas Gröhbühl氏の作品は、繊細な細いラインでさえも 力強く感じますね!

Ipm2014demothomas11

今回もまたサイズを縮小して結合していますので、見にくいと思いますが、雰囲気だけでも皆様にお伝えできればと思います。


さあこれでIPM2014レポートもおしまいです。

季節が過ぎてしまい 4か月も前のIPM2014の記憶は薄れかけましたが、写真を見ると思いだします。

・・・お花の生命力や、多くのデザイナーさんのアイデアたっぷりの最新トレンド作品と それぞれの世界観・・・

私の中のパワーやアイデアにもつながるよう、しっかり脳裏に焼き付けておきたいと思います。

季節外れの長いレポートとなってしまいましたが、これまでIPM2014レポートをご覧いただきありがとうございました。

来年 2015年のIPMは 1月27~30日です。

皆様も是非、ドイツEssenへ!

おススメのお花のBIGイベントです。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/20

Seasonal Greetings 春のデモンストレーション=2= IPM2014

雨が続いたかと思ったら、オランダに急に夏がやってきました。

オランダでは20度を超えたら、暑い!と感じます。

この週末もお天気に恵まれ、アムステルダムでは カフェはもちろんのこと、中庭やテラスや屋上も賑わいます。

アムステルダムでは下界?からは見えない建物の奥や上に ”楽園”があります(中庭やテラスや屋上)。

そこでは皆 まるで裸のような格好で?!日光浴やBBQを楽しんでいるのです。

私も、ご近所さんのBBQの煙に巻かれながら?!テラスでくつろいだ週末でした。


すっかり夏ですが、「オランダのお花ブログ」は数カ月さかのぼります。

”IPM2014最終章・・・前回(5月16日ブログ参照)の続きです。

ドイツ・エッセンEssenにて行われたIPM国際園芸見本市(2014年1月28日~31日)。

『Seasonal Greetings : Spring, flowers and floral creations』

Jürgen Herold氏(2012年ドイツチャンピオン)

Thomas Gröhbühl氏(2010年ドイツチャンピオン)

Stefan Göttle氏(2012年ドイツ副チャンピオン)

Ipm2014demostefan01IPM2014・・・4日間の開催期間の中で3回(各1時間)行われたこのデモンストレーション。

3人のドイツマイスター達がステージ上で、(IPM2014開催1月末時点)これから迎えるバレンタイン・イースター・母の日をイメージしたアレンジやブーケ(花束)を作り上げました。

(半完成品をステージ上で完成させるデモンストレーションです)


今回は Stefan Göttle氏の作品をご紹介します。

とっても穏やかで優しそうな印象の Stefan Göttle氏。

彼の 腕から 生み出されたのは、春の光や風を感じるような 繊細な作品の数々。

たっぷりのナチュラル素材が、スタイリッシュに形造られていきました。

Ipm2014demostefan02

Ipm2014demostefan03

上結合写真:土台のラウンドの部分をのぞいたら・・・グルグル!

Ipm2014demostefan04

Ipm2014demostefan05

上結合写真:大きな横長のアレンジはイースターがテーマ

よく見ると、ナチュラルなアレンジの中のタマゴが、ヒヤシンスのお花でできていたり、花びらでが貼られていたり・・・遊び心満載!

Ipm2014demostefan06

Ipm2014demostefan07

Ipm2014demostefan08

どの作品もとってもスタイリッシュですが、とても優しい雰囲気です。

たくさんの曲線が含まれているからでしょうか。

たとえば、リースとかカーブとかグルグルとか?!

そしてカラーや配色もとても優しい。

私は今回の3人のデモンストレーションの中で、スタイリッシュでナチュラルな Stefan Göttle氏の作品群が一番好きでした。

Stefan Göttle氏自身の雰囲気と つくり出される優しい雰囲気の作品に 魅了されたステージでした。

ここまでの写真はデモンストレーションの様子と完成作品(一部 デモ前の完成作品)。


下の写真は、私が見たデモンストレーション作品ではありませんが、会場に展示されていた Stefan Göttle氏の作品(別のデモで制作)。

Ipm2014demostefan11

今回もまたサイズを縮小して結合していますので、見にくいと思いますが、雰囲気だけでも皆様にお伝えできればと思います。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/16

Seasonal Greetings 春のデモンストレーション=1= IPM2014

季節がグングン進んでいます。

オランダへ戻ってから しばらく雨続きでしたが、その後 風向きも雲行きも変わり、青空が見られるようになりました!

現在 北の空は、夜10時過ぎまで 明るいです!!

いよいよ夏がやってきます!!


さて「オランダのお花ブログ」は・・・というと、どこまでも季節外れ(汗)。

ドイツ・エッセンEssenにて行われたIPM国際園芸見本市(2014年1月28日~31日)。

”IPMレポートはもう終了にしよう”と思いつつも、未整理の写真を見ていると ”あの時”の興奮が蘇ってきます・・・。

自分自身への刺激と 記憶の為にも、IPM2014最終章・・・レポートしたいと思います。

5か月も前のイベント・・・使われているお花も テーマも 季節外れとなりますが、よろしければご覧ください。


IPM2014最終章・・・

IPM開催中に GreenCityステージにて行われた様々なデモンストレーションの中から、私が見たデモンストレーションをご紹介します。

『Seasonal Greetings : Spring, flowers and floral creations』

Ipm2014demo01Jürgen Herold氏(2012年ドイツチャンピオン / 1st Price Winner of the german championchips of Floristry 2012)

Thomas Gröhbühl氏(2010年ドイツチャンピオン)

Stefan Göttle氏(2012年ドイツ副チャンピオン)

3人のドイツチャンピオンフローリスト 夢の共演!

スケジュール1時間のデモンストレーションです。

3人の立つ 回転ステージ上へ 半完成作品が次々と運ばれ、完成させていくというスタイル。

1月末開催のIPM2014のステージより、これから訪れるお花のビッグイベント(バレンタイン・イースター・母の日)を前に、春のスタイリッシュブーケや 春のイベントをイメージした アレンジ・デコレーションが 惜しげもなくたっぷりと紹介されました。

(このブログを書いている5月後半の今、すべて終わってしまったイベントですが・・・)


Ipm2014demoherold01_2まず今回のブログでは、2012年ドイツチャンピオン・ベルリン在住 Jürgen Herold氏 の作品をご紹介します。

クールで優しそうな雰囲気のJürgen Herold氏。

そんな彼から紡ぎだされたのは、洗練された都会的な中にもナチュラルさがたっぷりの作品。

作品の奥の方まで透けて見えるような 繊細な 直線やカーブから、優しさやシャープさを感じました。

バレンタイン作品には大切な人への心、イースター作品には季節の喜び、母の日作品には母への愛情を感じるような作品です。

Ipm2014demoherold02

Ipm2014demoherold03

Ipm2014demoherold04

Ipm2014demoherold05

Ipm2014demoherold06

写真はデモンストレーションの制作の様子と デモ終了後の完成品を、結合してご紹介しています。

Ipm2014demoherold11写真が不鮮明な上に、ブログのスペースの為に縮小していますので、ステージ上に並んだ作品の 本来の素晴らしさがお伝えできていないと思います。

デザイナーさんにも作品にも、もちろん皆様にも申し訳なく思いますが、雰囲気だけでもお楽しみいただければと思います。

最後の写真は、私が見たデモンストレーション作品ではありませんが、会場に展示されていた Jürgen Herold氏の作品(別のデモで制作)。

デコレーションのデザインは、縦でも横でも自由自在ですね!

次回も IPM2014デモンストレーションの様子お伝えします(予定)。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/12

フラワーショー in Oranje Nassau Pavilion Keukenhof2014

6-7週間ぶりのオランダです。

この春 オランダのお天気が悪いとは聞いていませんでしたが、私が戻ってきてからは・・・雨と強風の毎日です。

嵐を呼ぶ女かもしれません・・・(涙)。

あと1週間ほどで閉園するキューケンホフ・・・もう一度行きたいと思っているのに、出鼻をくじかれます。

チューリップで有名なキューケンホフKeukenhof、2014年の開園期間は 3月20日~5月18日。

私が日本から乗って来た飛行機にも、同じ頃にスキポールに到着した日本からの飛行機(成田発・福岡発)にも、オランダへ入国する日本の団体さんがいっぱいでした。

満員の飛行機の乗客の皆さんは、いつもはトランジットでオランダを素通りしますが、この季節は違います。

観光客の皆さんには”雨”は残念ですが・・・これもオランダです。

でもお天気で、旅の印象って決まってしまいますよね・・・皆さんのオランダ旅行がよい印象でありますように・・・。


2014年のキューケンホフのテーマ国は「オランダHolland」。

Keukenhof2014oranje01

キューケンホフ内にあるパビリオンOranje Nassau Pavilion では館内を”アムステルダム”の雰囲気にデコレーション!

その雰囲気の中で 毎週 違うお花をメインに フラワーショーが行われています。

ちなみに昨年は「イギリスUnited Kingdom」、昨年の様子は 2013年5月26日ブログ参照。

今シーズン、私がキューケンホフを訪れたのは 開園日3月20日(その日の様子は3月24日ブログ参照)。

パビリオンOranje Nassau Pavilion ではチューリップショー(3/20~3/25)が行われていました。

ブログ冒頭の写真を含め、3月20日のパビリオンOranje Nassau Pavilion のデコレーションです。


館内に入ると、「わぁ、アムステルダム~!!」。

アムステルダムの数々のビュースポットの写真パネルや、運河の家、運河にかかる橋、街灯、そして自転車・・・。

Keukenhof2014oranje02

上写真左:立体的に運河の橋を再現

上写真中:ダム広場と王宮

Keukenhof2014oranje03

上写真中:運河が凍り、スケートができる冬もあります

上写真右:ミュージアムプレインにある人気の”Iamsterdam”オブジェが”Iamflowers”に!

Keukenhof2014oranje04

上写真中:立体的な橋の欄干につながれた自転車、一つは逆さま状態、あるある!

Keukenhof2014oranje05

上写真左:巨大チューリップベース!

上写真中:車に轢かれた自転車、いっぱい あるある!!

上写真右:バーベキュー自転車?!?!


アムステルダム好きにはたまりません?!

自転車が逆さまに吊られていたり、轢かれた自転車だったり・・・

写真はありませんが、天井にもたくさんのつぶれた?自転車が、積み上げられ?、いえ、吊るされていました。

デコレーションの脇にさりげなくハイネケンのケースが置いてあたり・・・

見れば見るほど演出が細かくて笑えます。

最終週はカーネーション・カラー・夏のお花のフラワーショー(5/11~5/18)です。

まだこれから行かれる方は 是非パビリオンもお楽しみくださいね。

私ももう一度行きたい・・・。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/07

ヨーロッパ絵画三昧! in JAPAN

仕事の関係で 年に3回ほど、帰国しています。

今も帰国中ですが、いよいよ本日午後 出発です(今日は前泊)!!

明日アムステルダムへ向かいます。

(出発前はオランダでも日本でも、時間的にも精神的に いっぱいいっぱいです・・・)

こんな生活も 10年近くになります。

振り返ってみると、日本帰国中に 結構 訪れている場所が美術館。

美術館は 私にとって ”憩いの場”・”息抜きの空間”になっているのかも・・・。


Opera14040905marchagalls_2

上写真はパリ・オペラ座の天井画・・・オペラ座天井画についてはブログ後半で登場します。

Maichi140400
今回の春の日本滞在中は、名古屋市の愛知県美術館で行われていた 二つの美術展に行きました。

左写真の右の建物の10階に愛知県美術館があります。

名古屋にはいくつかの大きな美術館がありますが、今回はたまたま2回とも愛知県美術館。

10階にある美術館、帰りはあえてエレベーターを使わずに、建物の吹き抜けにあるエスカレーターでグルグルのんびり地上へ戻ります。

美術館での感動の余韻を少しでも長く感じていたいから・・・。


その美術展・・・一つは 展覧最終日に駆け込んだ『印象派を超えて-点描の画家たち』。

Maichi140401 これはオランダの「クレラー=ミュラー美術館」所蔵作品が中心の美術展。

オランダのオッテルローにあるHoge Veluwe国立公園内の「クレラー=ミュラー美術館 Kröller Müller Museum」・・・私はオランダに住み始めた最初の年に行きました。

写真も撮ってどこかにあるはずですが、今 手元に見つからない・・・

クレラー=ミュラー美術館は 国立公園の森にあり、美術館へのアプローチもとても素敵。

ゴッホVanGoghを中心に 所蔵作品も見ごたえたっぷり。

館内も 明るく開放的で(遠い記憶ですが)、これまでに行ったことのある美術館の中でも とても好印象でした。

「また何度でも行きたい」と思った素敵な美術館です。

あれから15年・・・

残念ながら・・・再訪はできていません、オランダにいるのに!

その「クレラー=ミュラー美術館」の作品が見れるということで、美術展が名古屋に来る前から 気になっていました。

東京から始まり、広島へ、そしてついに名古屋にもやってきた『印象派を超えて-点描の画家たち』。

ゴッホ・モネ・シスレー・セザンヌ・ピサロ・ゴーギャン・・・

名前が並ぶだけでも興奮します。

そしてスーラGeorges Seurat とシニャックPaul Victor Jules Signac!

今回は”点描画”の代表 スーラ と シニャックの作品が何点も観賞できるということで、とても楽しみにしていました。

印象派はもちろん好きですが、その中でも・新印象派・ ”点描画”は大好きなのです!

美術館に入った途端に 大好きな画風や色の作品が並び 興奮しました!

音声ガイドを聞きながらゆっくり鑑賞、夢のような時間でした。


そして二つ目の美術展は『シャガール展』。

Maichi140402 いつも印象派を中心に観賞している私にとって、パリ派École de Paris画家の作品は 新鮮でした。

フワフワ~っとした独特の配色と世界観・・・

当初、シャガールの絵画はそんなイメージ(あくまでも私のイメージ)。

この美術展に行くまで シャガールMarc Chagall について、シャガールの作品について、実はあまり知りませんでした。

今回の美術展では音声ガイドを聞きながら鑑賞し、シャガールのことや絵画のことがよくわかりました。

今回の美術展で 第一章で大々的に紹介されていたオペラ座の天井画。

下写真はパリ・オペラ座l'Opéra(2013年9月撮影

Opera14041309ちょうど今から5年前の2009年5月、フランス・パリのオペラ座内部を見学しました(2009年5月23日ブログ参照)。

ブログ冒頭の写真が、その時のオペラ座のシャガールの天井画です!

あの時は何のガイドもなく、ただただ オペラ座内部の様々・全てに圧倒され、感動。

・・・シャガールの天井画もその中の一つでした。

見学した時はライトは消えていましたが、天井画の下のシャンデリアが点灯していたら、キラキラして印象がもっと違っていたかもしれません。

シャガールのオペラ座の天井画・・・今 あらためてもう一度じっくり 鑑賞したいです!

話がそれましたが・・・

今回の『シャガール展』・・・ものすごい数のシャガールの作品が展示されていました。

パステル・水彩・油彩・エッチング・・・等の絵画。

そして 舞台衣装・・・

ステンドクラスやお皿や壺・・・

フワフワ~っとしつつも 力強いカラーと メッセージ性の高い作品の数々に囲まれた数時間・・・すっかり”シャガールワールド”に飲み込まれました!

途中、映像ビデオで紹介されていた 世界各地のシャガールのステンドグラスや壁画等の美しさとスケールにも感動!

美術館の絵画だけでない芸術品の数々・・・いつか 現物を観たい~!


今回は点描画家とシャガールでしたが、これからもまた様々な芸術に触れていきたいと思います。

日本でもヨーロッパでも。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2014/05/03

Queenになっても・・・?! King'sDay2014

現在日本帰国中・・・

春のちょっと長い日本滞在ですが、まもなく やっと!オランダへ戻ります。

そんな私の戻りを待たずに??

2014年4月26日、オランダはオレンジ色に染まりました。

2013年4月30日に即位した新国王ウィレム・アレクサンダーWillem-Alexander 王のお誕生日(4月27日)を国中が 国民全員がお祝いします。

まだ記憶に新しい・・・昨年の4月30日の新国王即位式の感動(2013年5月6日ブログ2013年5月9日ブログ参照)。

今年は4月27日が日曜日ということで 前日の土曜日が「国王の日 King's Day」となりました。

(昨年までは4月30日に「Queen's Day」として行われていましたね。)


オランダ中がオレンジ色に染まり、フリーマーケット状態に、ダンスイベント状態?に、無秩序状態に なる スペシャルDAY!!

アムステルダムの友人から King's Day前夜と当日の様子が届きましたので、ご紹介します。

(今回ブログでご紹介している写真はすべてアムステルダム在住友人撮影)

Kingsday201401

オランダの「King's Day」!

ウィレム・アレクサンダー王と共に あらたな歴史のスタートです。

アムステルダム中心エリアは、これまでの「Queen's Day」変わらず とにかくすごい混みようです。

Kingsday201402

オレンジ色を身に付けた人達がストリートを埋め尽くし、運河を渡る橋も身動きが取れない状態。

最近こそ毎年この時期は日本に帰国してしまっていますが、以前「Queen's Day」に友人達とダム広場あたりで待ち合わせをした時は・・・大変でした。

トラムやバスも走っていないので もちろん徒歩での移動となりますが、ストリートが・・・運河の橋が・・・人で埋まっていて 思い通りに進めないんです・・・。

の上では 押しつぶされて 恐怖さえ感じました。

移動時間は全く読めないし、あまりにもすごい人で 友人を見つけるのも大変な状態です。

なにもかもがはちゃめちゃで、”いつも通り”が全く通用しない一日なのです。

話がそれましたが・・・

ストリートでは思考を凝らしたフリーマーケットやパフォーマンスが行われています。

運河はボートが大渋滞、もちろんボートに乗る人たちもオレンジ色!

それを眺めるストリートの人達もオレンジ色、そしてやはりすごい人・人・人!

Kingsday201403

大きな音楽とともに踊る人、飲んだくれる人・・・みんな楽しそうです。

運河には ニレ科の街路樹のカサカサ(種?)が浮いているのがみえますね・・・

例年「Queen'sDay」の頃 散るちょっとやっかいなカサカサ・・・(昨年は寒さのため 1カ月ほど遅かった)


ところ変わり アムステルダマー(アムステルダム人)憩いの広場 フォンデルパークVondelPark。

Kingsday201404

Kingsday201405

Kingsday201406

写真を見ると、マロニエが咲いているのがわかります。

今年は例年どり、寒かった昨年より早く開花しているようです。

ツーリストに人気の”I am Amsterdam”のオブジェが フォンデルパークに登場。

”I am Amsterdam”のオブジェは、登ったり座ったり・・・アムステルダムの新しい写真スポット?となっているようです。

もちろん フォンデルパークも人・人・人。

そしてフリーマーケットに 様々なパフォーマンス。

芝生で寝転がる人々を見ると、激混みのアムステルダム中心エリアよりは平和的に過ごせそうです。


ここからは「King's Day」のちょっと番外編。

アムステルダムの「King's Day」隠れ人気スポットです。

それは アムステルダム下町ヨルダンJordaanにある Cafe De Blaffende Vis。

このカフェ(5階建てアパート1棟)に掲げられるオリジナル壁面パネルが 毎年話題となります。

今年はこちら!

Kingsday201411

QueenとなったMaxima王妃がこんな姿に!

アメリカの女優・歌手のマイリーサイラスMiley Cyrus を模したという はつらつなお姿で、大きな鉄球に乗っています!!

日本では考えられない オランダならではの”おふざけ感”たっぷりの”おたのしみ”です。

写真の下部はぼかしていますが、もちろんストリートは人で埋まっています!

下写真は「King's Day」前日の準備風景です。

Kingsday201412

壁面パネルの大きさがわかりますね。

ヨルダンJordaanエリアは アムステルダマーにもツーリストにも人気のスポット。

細い路地も カフェも いつも賑わっています。

もちろんこの日「King's Day」はいつも以上の混み具合。

ストリートは人で埋まり、カフェは人があふれていたようです。


そしてもう一つの番外編。

「King's Day」の前日は金曜日でした。

金曜日の夜、アムステルダム繁華街は いつも賑わっています。

が!

「King's Day」前日の金曜日は特別でした!!

Kingsday201413

友人が送ってくれた写真は、下町ヨルダンJordaanの 前出のパネルのあるカフェに通じるストリート。

白く明るく写っているのはカフェです(パネルのカフェとは違うカフェです)。

ここは西教会の近くのカフェで、ボートで立ち寄ることができ ハイシーズンはいつも賑わっています。

これ・・・夜中の1時半です(もう「King's Day」当日ですね)・・・

夜中の様子なので暗いですが、見えますか!?!?

カフェの前も 運河も 人でびっしり。

カフェの横のストリートは ずっと奥まで人で埋まっています。

友人曰く、カフェの前では人が溜まり、前からも後ろからも人が押し寄せ・・・、この界隈の あるカフェの前では 5m進むのに15分かかったとか・汗。


盛りに盛り上がったアムステルダム・・・「King's Day」翌日は もちろん町中ゴミだらけ。

翌日は朝から 市の清掃車が ごみ回収に大忙しの様子が 報じられていました。

最もハッピーで平和なアムステルダムの一日の様子でした。

ご紹介した写真は是非クリックして大きい画像で みんなの笑顔を ご覧くださいね。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析