フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« Queenになっても・・・?! King'sDay2014 | トップページ | フラワーショー in Oranje Nassau Pavilion Keukenhof2014 »

2014/05/07

ヨーロッパ絵画三昧! in JAPAN

仕事の関係で 年に3回ほど、帰国しています。

今も帰国中ですが、いよいよ本日午後 出発です(今日は前泊)!!

明日アムステルダムへ向かいます。

(出発前はオランダでも日本でも、時間的にも精神的に いっぱいいっぱいです・・・)

こんな生活も 10年近くになります。

振り返ってみると、日本帰国中に 結構 訪れている場所が美術館。

美術館は 私にとって ”憩いの場”・”息抜きの空間”になっているのかも・・・。


Opera14040905marchagalls_2

上写真はパリ・オペラ座の天井画・・・オペラ座天井画についてはブログ後半で登場します。

Maichi140400
今回の春の日本滞在中は、名古屋市の愛知県美術館で行われていた 二つの美術展に行きました。

左写真の右の建物の10階に愛知県美術館があります。

名古屋にはいくつかの大きな美術館がありますが、今回はたまたま2回とも愛知県美術館。

10階にある美術館、帰りはあえてエレベーターを使わずに、建物の吹き抜けにあるエスカレーターでグルグルのんびり地上へ戻ります。

美術館での感動の余韻を少しでも長く感じていたいから・・・。


その美術展・・・一つは 展覧最終日に駆け込んだ『印象派を超えて-点描の画家たち』。

Maichi140401 これはオランダの「クレラー=ミュラー美術館」所蔵作品が中心の美術展。

オランダのオッテルローにあるHoge Veluwe国立公園内の「クレラー=ミュラー美術館 Kröller Müller Museum」・・・私はオランダに住み始めた最初の年に行きました。

写真も撮ってどこかにあるはずですが、今 手元に見つからない・・・

クレラー=ミュラー美術館は 国立公園の森にあり、美術館へのアプローチもとても素敵。

ゴッホVanGoghを中心に 所蔵作品も見ごたえたっぷり。

館内も 明るく開放的で(遠い記憶ですが)、これまでに行ったことのある美術館の中でも とても好印象でした。

「また何度でも行きたい」と思った素敵な美術館です。

あれから15年・・・

残念ながら・・・再訪はできていません、オランダにいるのに!

その「クレラー=ミュラー美術館」の作品が見れるということで、美術展が名古屋に来る前から 気になっていました。

東京から始まり、広島へ、そしてついに名古屋にもやってきた『印象派を超えて-点描の画家たち』。

ゴッホ・モネ・シスレー・セザンヌ・ピサロ・ゴーギャン・・・

名前が並ぶだけでも興奮します。

そしてスーラGeorges Seurat とシニャックPaul Victor Jules Signac!

今回は”点描画”の代表 スーラ と シニャックの作品が何点も観賞できるということで、とても楽しみにしていました。

印象派はもちろん好きですが、その中でも・新印象派・ ”点描画”は大好きなのです!

美術館に入った途端に 大好きな画風や色の作品が並び 興奮しました!

音声ガイドを聞きながらゆっくり鑑賞、夢のような時間でした。


そして二つ目の美術展は『シャガール展』。

Maichi140402 いつも印象派を中心に観賞している私にとって、パリ派École de Paris画家の作品は 新鮮でした。

フワフワ~っとした独特の配色と世界観・・・

当初、シャガールの絵画はそんなイメージ(あくまでも私のイメージ)。

この美術展に行くまで シャガールMarc Chagall について、シャガールの作品について、実はあまり知りませんでした。

今回の美術展では音声ガイドを聞きながら鑑賞し、シャガールのことや絵画のことがよくわかりました。

今回の美術展で 第一章で大々的に紹介されていたオペラ座の天井画。

下写真はパリ・オペラ座l'Opéra(2013年9月撮影

Opera14041309ちょうど今から5年前の2009年5月、フランス・パリのオペラ座内部を見学しました(2009年5月23日ブログ参照)。

ブログ冒頭の写真が、その時のオペラ座のシャガールの天井画です!

あの時は何のガイドもなく、ただただ オペラ座内部の様々・全てに圧倒され、感動。

・・・シャガールの天井画もその中の一つでした。

見学した時はライトは消えていましたが、天井画の下のシャンデリアが点灯していたら、キラキラして印象がもっと違っていたかもしれません。

シャガールのオペラ座の天井画・・・今 あらためてもう一度じっくり 鑑賞したいです!

話がそれましたが・・・

今回の『シャガール展』・・・ものすごい数のシャガールの作品が展示されていました。

パステル・水彩・油彩・エッチング・・・等の絵画。

そして 舞台衣装・・・

ステンドクラスやお皿や壺・・・

フワフワ~っとしつつも 力強いカラーと メッセージ性の高い作品の数々に囲まれた数時間・・・すっかり”シャガールワールド”に飲み込まれました!

途中、映像ビデオで紹介されていた 世界各地のシャガールのステンドグラスや壁画等の美しさとスケールにも感動!

美術館の絵画だけでない芸術品の数々・・・いつか 現物を観たい~!


今回は点描画家とシャガールでしたが、これからもまた様々な芸術に触れていきたいと思います。

日本でもヨーロッパでも。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« Queenになっても・・・?! King'sDay2014 | トップページ | フラワーショー in Oranje Nassau Pavilion Keukenhof2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Queenになっても・・・?! King'sDay2014 | トップページ | フラワーショー in Oranje Nassau Pavilion Keukenhof2014 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析