フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/31

2013年を振り返って・・・

2013年もあと少し・・・

今年はなんといっても! Bloemen Van Thura が4月に設立10周年を迎えられたこと。

この10年間、オランダのお花を通して、BVTのインターネットショップを通して、このブログ「オランダのお花ブログ」を通して・・・大勢の方と出会うことができました。

たくさんのことを教わり、お客様からいただくお言葉に支えられ・・・感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

ここにきて急激な”円安”という Bloemen Van Thura にとっては厳しい情勢となっていますが、それを吹き飛ばすくらいの気持ちを持って進んでいきたいと思います。

Bvt2014tulip

2014年も Bloemen Van Thura をどうぞよろしくお願いいたします。



プライベートでは、この夏 異例の猛暑だったポーランド旅行が一番の思い出です。

Poland201308k21

アウシュビッツに行けたこと(下写真)、クラクフという心温まる町に出会えたこと・・・。

2013memory01

私が東ヨーロッパに惹かれていくのは何故なのか、自分自身 興味深いところです。

2013年夏『東ヨーロッパ世界遺産の旅』

<プロローグ> 9月13日ブログ 

<ワルシャワ編> 9月17日ブログ / 9月21日ブログ 

<クラクフ・アウシュビッツ編>  10月15日ブログ / 10月20日ブログ /  

11月1日ブログ / 11月5日ブログ / 11月12日ブログ / 11月16日ブログ 

<再びワルシャワ編> 11月20日ブログ 

<番外編> 11月25日ブログ



さらに今年は、年始に行われた高校の同窓会(の2次会)に顔を出したことをきっかけに、オランダに渡ってから疎遠になってしまっていた高校時代の友人達とxx年ぶり!に会ったり、クラス会に参加したり。

1999年から始まったオランダ生活の中で、思い出すことのなかった(封印していた?)!高校時代の友人や 若かりし頃の懐かしいでき事や 自分を少し思いだしたり。

あの頃のように皆一緒に同じ時間を当たり前のように共有することはできませんが、これからも少しずつでも繋がっていけたらいいなと思います。


仕事でもプライベートでも、たくさんの出会いがあり 皆様に支えられた一年間。

これからは もっと!人との繋がりや出会いを大切に 過ごしていきたいと思います。

それでは皆様よいお年をお迎えください。

2014年もよろしくお願いいたします。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/27

お花の妖精に遭遇?!・・・Fleuramour2013

今年もあと数日!

のんびり綴ってきました「オランダのお花ブログ」、2013年最後のイベントレポートです。

9月ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)。

Fleuramour2013fairy01今回ご紹介するのは、このイベントのハイライト!

ロの字型のお城の建物に囲まれた中庭Courtyardに出現した”おとぎの国”!!

私が今年2013年 最も!感動した”お花のある空間”です!

”Floral WanderWorld”

べルギーのフリーランスフラワーデザイナー Stijn Simaeys氏(+チーム)の作品。


建物に向かって歩くと 心地のよいリズムの音楽が聞こえてきました。

そして突然目の前に現れたカラフルなお花のフレーム。

Fleuramour2013fairy02

その向こうには 上から吊るされた優しいブルーのチュールが 風に揺れています。

地面に敷き詰められた青々とした芝生の上にはパステルカラーのイスが並び・・・そこには 色とりどりの花々が揺れています。

時折お花の合間からスモークがモクモク・・・。

現実の世界から切り離された夢のような空間です!

そして!

Fleuramour2013fairy03

かわいいフェアリーガール(妖精)が 笑顔でお花にお水をあげていました!!

お花の色やデザイン、お花の香りと風、そして心地の良い音楽と かわいい妖精の笑顔・・・。

完全に おとぎの世界に引き込まれました。


使われているお花は、夏~秋のカラフルなお花達(9月後半のイベントです)。

アジサイ・デルフィニウム・トルコギキョウ・ダリア・アスチルべ・オレガノ等。

フェアリーガールのお洋服(羽根)にはバンダが使われています。

パステルカラーに塗られた33個のイスは、座面にオアシスブロックを敷き詰め、爽やかな雰囲気にお花をデコレーション。


下の写真はデザイナー・Stijn Simaeys氏、フェアリーガールと打ち合わせしているシーンにも遭遇。

お花のデザイナーは、プロデューサーであり ディレクターです。

Fleuramour2013fairy04

お花の種類も色もデザインも、音も空気も・・・五感で感じる全ての要素で完成している”Floral WanderWorld”

お花のアレンジ・デコレーションには、お花の品種やデザインも大切ですが、なにより 空間全体・その雰囲気の演出・ストーリーが重要です!

この作品を見て あらためてそう思いました。

この空間に出くわすだけで 見る人が皆 感動し、皆ハッピーになる・・・そんな素敵な お花あふれる夢の空間でした。


YouTubeで制作風景がアップされていましたのでご紹介します。


少しずつご紹介してきましたFleuramour Passion for flowersレポート、お楽しみいただいていますでしょうか。

実はまだまだご紹介したい写真がいっぱいあります。

ちょっとのんびりすぎましたね~。

Fleuramour Passion for flowersレポートは、2013年のうちに終わりませんでした!

2014年も引き続き のんびりと綴っていきたいと思います。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/23

”色”に魅せられて・・・Fleuramour2013

今年もあと1週間ほどとなりました。

10月末に帰国してから、日本でガムシャラに?仕事をしてきましたが、秋冬の大仕事も 一つ二つ三つ・・・と終了し、最後の大仕事・倉庫の整理もあと少しのところまできました。

もうすぐオランダに戻れます~!

長く続いている日本滞在、新しいいブログネタもありません?!

・・・というわけで、続けます・・・秋のお花イベントレポート。


Fleuramour2013color019月ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)。

イベントのメイン会場となるAldenBiesen城は、地下1階・地上3階の”ロの字”型の建物となっっています。

建物内には たくさんのお部屋があり、経路に沿って歩きます。

大小それぞれのお部屋が 展示室となっており、各デザイナーさんがそれぞれのテーマで 作品を並べたり、お部屋を装飾したりしています。

今回ブログは お城の数あるお部屋(の作品)から、”色”に注目して 素敵な色・配色が印象的だった作品を いくつかご紹介します。


まずは「ホワイト~グレイ」。

Fleuramour2013color02

Linda Huguenayさんの作品。

色がなくても華やかです。

写真はテーブルの上の部分だけですが、ベアグラス(のような)で編まれたネットのような部分が 天井まで伸び、空間全体がこのグレイッシュなデコレーションで 統一されていました。


次はがらりと雰囲気が変わります。

「ピンク」系の トロピカルビビッド!

Fleuramour2013color03

ClementPititさん作品。

バンダのピンクと 花瓶の水のピンクがリンクして、まるでハンギングヘリコニアがピンク色の光を放っているかのように 輝いて見えますね。


そして次は アンティークな「アプリコット」系。

Fleuramour2013color07

Fleuramour2013color08

Lisianthusトルコギキョウだけを使ったアンティーク系カラーの作品は Laura Leongさん(イギリス)の作品。

作品タイトルは”story of the circle”。

トルコギキョウの色のグラデーションと ツボミやお花のサイズ(大~小)のグラデーションが見事です!

トルコギキョウの周りにグルグルと添えられているのは数千枚の ”○”型の紙。

ペーパーバックから円く切り抜いたものだそうです。

トルコギキョウや建物のインテリアの色に合わせ、アンティーク調カラーの紙を選んでいるそうです。

圧巻!


そして最後は 「補色」のハッピーカラー!

衝撃の色のコンビネーションです。

Fleuramour2013color04

Fleuramour2013color05

ブログ冒頭の写真もこの作品の一部です。

何色も補色関係の色を使い、とってもキューーーーーーーーーーート!

Luc Milissen氏、Martine Hommen氏、Chiel Vanclee氏のプロジェクト。

作品テーマは”Roaring Twenties”。

アールデコ絶頂期のアメリカの1920年代の時代を表すタイトル。

Fleuramour2013color06

使われているお花はそれぞれ全然特別ではなく、近所の青空マーケットでも手に入るようなお花の種類・色です!

そんな何気ない普通のお花達が、組み合わせによりこんな素敵な空間デコレーションに!

とっても勉強になります!

テーブル中央の背の高いガラス花器のお水には、うっすらブルーの色が付けられています。

様々な形・サイズの ヨーロッパらしいコンポート(花器)の使い方がとても参考になります。

この作品の制作シーンが見られるYouTubeがありました。

この作品の中で もうひとつ 気になるのが・・・タッセル~~~!!

なんて美しい(欲しい~)!


お花を買ったり 作品作りって、いつも自分のカラーになりがちです(私だけ?)。

様々なデザイナーさんの作品を見るていると、デザインやテクニックはもちろんですが、何でもないお花の組み合わせが新鮮だったり、普段合わせることのない色合わせが斬新だったり・・・とても勉強になりますね。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/19

お花でドレスアップ?・・・Fleuramour2013

間もなくクリスマスですね!

この日ばかりは オシャレをして 出かけたくなります。

もう随分前になりますが・・・

オランダのお花屋さんに勤めていた時は、秋からの 様々なイベントやデコレーションの仕事、そしてクリスマス商戦・・・と、数カ月間ほぼ休みなく働き続け 体力も限界~!

Fleuramour2013dress01気力も体力もボロボロになって やっと迎える休日が オランダでは祝日である第1クリスマス(12月25日)と 第2クリスマス(12月26日)でした。

そんなわけで オランダのお花屋さん時代には、クリスマスだからといって おしゃれをして出かける気力があったことなんて一度もなかったなぁ・・・。

オランダのクリスマスは 日本のお正月みたいなものだから、”寝正月”ならぬ”寝クリスマス”・・・!?


さて クリスマスも間近ですが、今回のブログも 秋のお花イベントから。

9月ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)。

今回は Fleuramour で披露されていた”お花ドレス系(?)”作品をご紹介します。

まずはアジサイのドレス、Els Vuylstekeさんの作品です(下写真)。

Fleuramour2013dress02

イベント会場入り口で 出迎えてくれていました。

秋色アジサイをこんなに使って、なんて贅沢なドレス!


そして次にご紹介するのは・・・気が遠くなりそうな?作品です。

インドネシア出身の Ineke Turanganさん(+チーム)の ニューサイランを使った創作ドレス。

Ineke Turanganさんは かつてパリでファッションのお勉強もされ、Ikebanaも学んだことのあるフラワーデザイナーさんだそうです。

Fleuramour2013dress03

Fleuramour2013dress04

Fleuramour2013dress05

ブログ冒頭の写真も こちらのドレスからです(上写真)。

Fleuramour2013dress06気が遠くなりそうなくらい編み込まれているのは・・・?

ニューサイラン!

いつも同じような使い方になりがちなニューサイラン。

ドライにもなるし、ちょっと工夫したら いろんな使い方ができそうですね。

使われている赤バラは Myrna+。

他の花は グロリオサ・ヒペリカム・センニチコウ・カーネーション・ケイトウ・ハンギングアマランサス・ガマ等。

この色っぽい?女性の後姿に またビックリ(下写真参照)!!

なんと!チョウチョのような大きな羽根がついていました。

Fleuramour2013dress07

ラインが色っぽい。

ちなみにこれらのマネキン達はとても大きく、未確認ですが2m位ありました。

つまり ドレスもとても大きいんです!

編んだり 織ったり 切ったり 貼ったり・・・気が遠くなりそうです!


最後にご紹介するのは、ドレスではないと思うのですが、私にはお花を纏った女性に見えた 美しい作品です。

Fleuramour2013dress08

デザイナーはStijn Simaeysさん(+チーム)。

作品タイトルは”Can't do without Calla”。

少しのグリーンとオレンジ色の木のチップと オレンジのカラーのみを使った作品。

円盤状のオブジェ(下写真)とペアになっていました。

Fleuramour2013dress09

様々なトーンのオレンジがまるでゴールドのように輝いていました。


まもなくやってくるクリスマス・・・

クリスマスプレゼントやクリスマスのテーブルに、たっぷりのお花を添えたいところですが、一輪でも華やぎます。

クリスマスはお花と共に・・・!

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/15

幻想の森のフクロウ達・・・Fleuramour2013

今年もあと半月となり、年内にやるべきことができるかなぁ~と 焦り始めた今日この頃。

皆様 お忙しい時期かと思いますが、BloemenVanThura では2013年12月16~20日「年末セール」を行いますので、お時間ございましたら 是非 期間中にホームページを覗いてみてくださいね。



さて、相変わらずのんびりな「オランダのお花ブログ」・・・今回も 秋のお花イベントのお話です。

9月ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)。

今回ブログでは、オランダ・ベルギーの学生さんの競技会「Fleur Cup Jong Talent」 室内部門をご紹介します。

(学生さんコンペ屋外部門は 12月3日ブログ参照)

Fleuramour2013owl01テーマは『Fantasy Forest』、作品課題は”Vegetative Owl”

”幻想の森のフクロウ”です。

フクロウ・・・日常であまり目にすることのない生き物ですが、映画ハリー・ポッターで身近になったでしょうか。

私にとって”フクロウ”といえば、愛知県の県の鳥がフクロウ科の” コノハズク”なので、子供のころからなんとなく馴染みがあります。

ですが!

作品にするとなると・・・あまりよく知らない風貌、形にするのは難しい・・・と思います。

ダルマのように丸っこいけど 顔はなんとなく扁平で、耳があって?ネコみたい?・・・そんなイメージです。

でも創作するのは 面白そうです!!


さて、今回のコンペ・・・完成品を会場に持ち込むタイプのコンペです。

共通の決まりごとは、植物(お花やドライ・森からのマテリアル)を作品の80%以上使うこと、フラワーフォーム(オアシス)を使うこと。

評価のポイントは、テクニック・フォーム(形)・カラー・オリジナリティー等。

このブログでご紹介する作品は競技作品の一部ですが、それぞれ個性があって面白いです。

Fleuramour2013owl02

Fleuramour2013owl03

Fleuramour2013owl04

Fleuramour2013owl05

貫録のあるフクロウ・・・おちゃめな?フクロウ・・・ワイルドなフクロウ・・・


さて 上位作品はどんなフクロウでしょう?!

Fleuramour2013owl06

2位のフクロウ・・・上結合写真左写真・・・個性的です

3位のフクロウ・・・上結合写真中右写真・・・キュート!

そして1位は 下写真のフクロウです!!

Fleuramour2013owl07

完成度高いですね!

見れば見るほどかわいいフクロウ達、愛嬌たっぷりです。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/11

ジビエの季節のスペシャルテーブル!・・・Fleuramour2013

忘年会シーズン真っ只中。

皆様 飲み過ぎ 食べ過ぎ コントロールできていますか?

今回は一風変わった?テーブルデコレーションをご紹介します。


Fleuramour2013tb00ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)レポート。

Fleuramourイベント会場では、数々のテーマで 会場が装飾されていたり、作品が展示されています。

その中には アマチュアの競技会(12月3日ブログ参照)や プロのフローリスト達による競技会も行われています。

50人程のフローリスト達が参加したというプロ向けの競技会は 下の3つの部門がありました。

1. 秋のテーブルデコレーション

2. ブライダルブーケ(後日ご紹介予定)

3. LandArt(屋外オブジェ)


今回ブログでは プロの競技の中から テーブルデコレーション部門の作品をご紹介します。

テーマは『Herfsttafel met Jacht (秋の狩猟テーブルデコレーション)』

ヨーロッパの秋といえば ”ジビエ” です!

この協議会では リアル??で 一風変わった特別な作品が求められていたそうです。

Fleuramour2013tb01

Fleuramour2013tb02

評価ポイントは フォーム(形)・色・オリジナリティー・創作性等。

競技参加者共通の条件として デコレーションの中には 各種フォーム(オアシス)も使わ、ベルギーの花器メーカーPureVanSeraxの食器・カトラリーが使われています。

テーブルを囲む前提で、食事の妨げにならない作品のデザインや高さ、”匂い”も 注意をしなくてはいけないポイントだったそうです(当たり前のポイントですね)。

ジビエの場合”匂い”というと なんだかリアルですね~。

Fleuramour2013tb03

Fleuramour2013tb04

ブログ冒頭の写真は上の結合写真のデコレーションの一部です。

まさに狩猟!”空薬きょう”もぶら下がっています。< p/>

Fleuramour2013tb05

イベント当日、私はテーマを知らずに これらテーブルデコレーションを見て、「今回はワイルドだな~、”秋のジビエテーブル”かな~?!」と想像を巡らせていました。

当たっていましたね~。

Fleuramour2013tb06

上の作品は2位の作品。

多くの人々が 素敵な色合いのこの作品を 覗きこむように見ていました。

ちなみに日本人デザイナーさんのようでしたよ!

Fleuramour2013tb07

上の写真の作品は1位の作品、オランダのフローリストさんでした。

他の作品に比べると コンパクトに感じますが、お花や実物や枝物がびっしり詰まっていて、切り株の重厚さも加わって とっても存在感のある素敵なデコレーションでした。


他にも様々なデコレーションが並びます(下写真参照)。

Fleuramour2013tb08

Fleuramour2013tb09

今回ご紹介した作品は 会場に並んでいた作品の一部です。

どのテーブルも個性的で テーマ性に溢れ、作品の向こう側に広がる世界が伝わってくるような、とても楽しい 秋のテーブルデコレーションでした。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/07

7000本の Pearl Avalanche!・・・Fleuramour2013

ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)レポート。

Fleuramour2013kerk01今回ブログでは AldenBiesen城にある16世紀の教会デコレーションをご紹介します。

名だたるデザイナーさん(チーム)による 様々な教会デコレーションを、私は毎年楽しみにしています。

今年はピンク~アプリコット系ロマンティックなデコレーションでした!

タイトルは『MOMENTO』

私達の人生は過去と未来の間のこの瞬間、そんな短い瞬間に起こる様々な感情・・・幸せ・悲しみ・喜び・失望・そして再び幸せ!・・・を表しているそうです。

LanaBatesさんチームによるデコレーションです。


今年の目玉は 7000本のオランダの大輪バラ”Pearl Avalanche+”!!

Fleuramour2013kerk02大輪バラAvalache+シリーズの中でも 素敵な色合いピンク~オレンジ系のバラです。

ロマンティックな教会のデコレーションにピッタリ~!

この教会のデコレーションには、7000本の”Pearl Avalanche+”を含め 全体では10000本を超えるお花が使われたそうです。

Pearl Avalanche+”以外のバラ、ファレノプシス、バンダ、アジサイ、バラの実、モス等・・・も 使われています。

圧巻ですね。


高さのある3つのバラのアーチは、教会の天井の形を強調し調和しています(上・下写真参照)。

このアーチはチキンネットとモスとオアシスがベースになっているそうです。

意外とアナログ!?なんですね。

手作り感があって暖かみを感じます。

Fleuramour2013kerk03

Fleuramour2013kerk04

リズミカルに置かれた6つのピラー(柱)は パラソル型で、空間を優しい雰囲気にしています(上写真参照)。

Fleuramour2013kerk05

ボール型・ラウンド型のアレンジ(上写真参照)も、パラソル型ピラーとリンクして 優しい雰囲気を際立たせ、良いアクセントになっています。

Fleuramour2013kerk06

渋くクールに仕上がっている祭壇を覆うデコレーションも チキンネットとモスがベースになっているようです(上結合写真真ん中)。


これまでに、斬新なデコレーション、カラフルなデコレーション、トロピカルなデコレーション・・・等 いろいろ見てきましたが、教会にはやっぱり ロマンティックな雰囲気が合いますね。

王道のロマンティックスタイルですが、とてもフレッシュに感じました。


この教会のデコレーションの制作風景が紹介されているYouTubeを 2つ見つけました。

なかなか普段見ることができない制作風景は とても興味深いです。

まずは、たくさんの写真が編集されたメーキングビデオ、LanaBatesさんによる動画です。

見ごたえありますよ!


次のYouTube(下)は教会全体のデコレーション制作の様子が 早送りで紹介されています。

全体の流れがわかります。


Pearl Avalanche+”って 近くから見ても 遠目で見ても 素敵なバラですね!

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/12/03

秋のデザインチェア・・・Fleuramour2013

今年もあと一カ月。

12月は気合を入れて? 今年最後のシリーズを 綴っていきたいと思います。

Ffleuramour2013st00今年最後のシリーズとなるのは 9月ベルギー AldenBiesen城にて行われた Fleuramour Passion for flowers(2013年9月20~23日)。

最初の一回だけ10月にレポートしていました(10月11日ブログ参照)。

私もこれを機に やっと?イベントの写真を見直すことができます!

こんな機会でもない限り じっくり作品の写真を見直すこともなく時が過いてしまうので、ブログを書くことは私にとってもよい時間となっています。

ブログは 発信でもあり 私自身の勉強でもあり 復習でもあります。


秋の最大のお花イベントFleuramour Passion for flowers では様々なコーナーで様々なテーマのお花の作品を見ることができます。

そんな数あるコーナーから 今回ご紹介するのは 学生さん達のコンペティション。

コンペには 35名の学生さんが参加していたとのこと。

コンペのテーマは『Fantasy Forest』・・・このテーマで 屋外・屋内の2つの課題作品があります。

まずはその内の1つをご紹介します(もう1つは後日レポートします)。

Fleuramour2013st99AldenBiesen城のフレンチガーデン(左写真)が 1つ目の課題作品の展示場所です。

屋外の課題は ”vegetative design chairs”

お花・プランツ・野菜などで作る 創作デザインチェアです。

課題の決まりごととして・・・

※制作は それぞれ家庭(学校?)で、完成品を持ち込む(展示場所で最終仕上げ)

※作品全体の70%は植物(お花・プランツ等)を使うこと

※作品のどこかに(座面・背面・脚など)にオアシスを使うこと

※既存のイスを利用する場合は、そのまま使うのではなく、手を加えること・・・等

同じテーマでも同じ課題でも、様々な作品が出来上がっていて 刺激たっぷり。

Fleuramour2013st04

Fleuramour2013st05

Fleuramour2013st07

Fleuramour2013st06

イベントが開催されていたのは9月後半、気分を秋に戻して 秋の風を感じてみてください。

Fleuramour2013st08

Fleuramour2013st09

Fleuramour2013st10


コンペ作品は テクニック・形・カラー・オリジナリティ等から評価されます。

次の作品が1~3位の作品です。

1位はイエローナチュラル

Fleuramour2013st01

2位はブラックホワイトエレガント

Fleuramour2013st02

3位はピンクバロック?!

ブログ冒頭の写真もこの作品から。

秋色アジサイ・スターチス・セダム・ケイトウ・ハンギングアマランサス・ペッパーベリー・・・一般的な秋のお花が使われています。

特別なお花を使っているわけでもないのにこのインパクト!

お花の組み合わせや色合わせは無限ですね~。

Fleuramour2013st03

私はこの作品が好きでした。


写真は 容量の関係で 縮小して結合していますが、クリックすると大きい画像がご覧いただけます。

最近はスマートフォンでご覧になっている方も多いですよね。

最近 気が付きましたが、スマートフォンの場合は写真が大きくならないですね・・・。

是非 あらためてコンピュータのスクリーンで見ていただくか、イベントの雰囲気・作品の雰囲気だけでもお楽しみくださいね。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析