フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« ショパンの夕べ in ワルシャワ Summer2013 | トップページ | 彩りの季節~切り花編~ アールスメーヤレポート 2013年9月 »

2013/09/25

FLORALIENTIME2013 in Brussels

「Summer2013」レポートは途中ですが・・・お花イベントのレポートです。

今から1か月前、まだ”夏”だったブリュッセルBrusselsで お花イベント FLORALIENTIME (2013年8月15~18日)がありました。

Floralientime20130800会場は ブリュッセルの市庁舎Hotel de Villeと グランプラスGrand- Place、世界遺産が舞台です。

今年が第1回目の FLORALIENTIME・・・

2年に一度ブリュッセルで行われるフラワーカーペットFlowerCarpetと、ゲントGentで5年に一度行われるフロラリアFloraliën の協会が協力して誕生したイベントだそうです。

市庁舎がどんな風にお花で飾られているのかな~?

大好きなイベント・フラワーカーペットと同じような規模かな~?

いろんな期待が膨らみました。


Floralientime20130801私は8月17日、アムステルダムからブリュッセルへ(by タリスThalys)。

夏らしい とても良いお天気の日でした。

さて当日グランプラスに行ってみると・・・

市庁舎の前に かわいいトピアリーのお庭が!

ブルージュ特産のローリエでできた 限定庭園が登場していました。

Floralientime20130805_2

上結合写真中:市庁舎バルコニーでは結婚式も行われていました!

上結合写真右:市庁舎側から見た王の家la Maison du Roi

Floralientime20130803

ローリエの足元には やはり特産のカラフルなベゴニアのお花が使われていました。

この頃 暑い日が続いていたので、お花は少し干からびていましたが、遠目で楽しむには問題ありません。

この限定庭園は、2年に一度のイベント「フラワーカーペット」よりずっと小さなスペースでしたが、とってもスペシャルでした。

(2012年フラワーカーペットについて 2012年8月22日ブログ参照)

今回1回目のイベントということで 認知度もまだまだですよね。

いつもと変わらない混み具合のグランプラス・・・世界的にも名の知れ渡った「フラワーカーペット」の時に比べれば すいていました。


さて今回のイベントFLORALIENTIME のメインイベント”Colours of Life” は 市庁舎内部で行われていました。

市庁舎内へ入るための列が 少しだけ伸びていました(私が訪れた時は数分程度の待ち時間)。

入場料は5ユーロ。

市庁舎内に入ると、ルートに従って順番に歩くようになっていました。

見学者1-2列程の狭い通路を歩く為、市庁舎内は とても混んでいました。

ところが!

人々の列も忘れるくらい、お花のデコレーションもかすむくらい!?・・・市庁舎内の素晴らしいこと!

市庁舎は「フラワーカーペット」見学の時にも何度か入ったことがありましたが、今回公開されていた市庁舎内エリアは、「フラワーカーペット」時に公開されているお部屋とは違うお部屋・通路でした。

!!ブリュッセルの市庁舎すごい!!!

これまでヨーロッパのいろんな都市で 宮殿やお城や歴史的建造物を見てきましたが、ブリュッセルの市庁舎 侮れません。

ブリュッセル市庁舎Hotel de Ville・・・1402~1455年建造の後期フランス・ゴシック様式、96m。

市庁舎内ではいくつかのお部屋を通りました。

お部屋はそれぞれ違った様式・年代のもののようでしたが、どのお部屋もすばらしかったです。

絵画・タペストリー・彫刻・・・その他 目に入るインテリア全てが重厚で豪華。

ブリュッセルが 中世の時代からヨーロッパの政治の中心地として繁栄したことが うかがえます。

こここそはガイドさんに案内してもらいながら見学したい!

ただ一つ残念だったのは・・・市庁舎内は写真厳禁でした!

素晴らしいインテリアも、お花でデコレーションされた空間も、 数々の作品も、撮ることができませんでした!!


お花は 公開されていた市庁舎の各お部屋の雰囲気に合わせたデコレーションとなっていて、それぞれの歴史的なお部屋を 総合的に飾っていました。

たくさんのフラワーアレンジが並べられたお部屋もあり、みんな興味深くお花の作品を覗きこんでいました。

見ごたえたっぷりでしたが、お花の写真が撮れず、私にとっては消化不良な感じが残るイベントでした。

ですが、今回はブリュッセルの市庁舎見学ができて とてもよい機会となりました。

ブリュッセル市庁舎は いつも公開されているわけでもないようなので、貴重な体験です。

お花のイベントがなくても また見たい市庁舎内部です。


最後に・・・

今回のイベントには関係ありませんが、ネットで見つけた グランプラスを360度楽しめるサイトをご紹介します。

Brussels Grand-Place visitonweb.com

まるでグランプラスに立っているかのようです。

是非ご体験ください!

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ショパンの夕べ in ワルシャワ Summer2013 | トップページ | 彩りの季節~切り花編~ アールスメーヤレポート 2013年9月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ショパンの夕べ in ワルシャワ Summer2013 | トップページ | 彩りの季節~切り花編~ アールスメーヤレポート 2013年9月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析