フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 下町ヨルダン庭めぐり=2=  OpenTuinendag Jordaan 2013 | トップページ | 下町ヨルダン庭めぐり=4=  OpenTuinendag Jordaan 2013 »

2013/07/06

下町ヨルダン庭めぐり=3=  OpenTuinendag Jordaan 2013

間もなくアムステルダム・ヨルダンJordaan地区のオープンガーデンから1か月。

冬と春が異例の寒さだった今年の初夏・・・いろんなお花の開花も遅れ、1か月前はバラがやっとこれから咲き始めるかな?といった頃でした。

あれから1ヶ月、ストリートで見かけるバラは ちょうど今 満開~散り始めの時期を迎えています。

冬・春に続き、その後もあまりお天気の良くない今年の夏、それでも少しずつ季節は進んでいます。


Jordaan2013ogno1512013年6月9日日曜日、アムステルダム・ヨルダンJordaan地区で開催されたオープンガーデンOpenTuinendag Joraan レポート。

ストリートを歩く気分で・・・、ヨルダンのお庭を見ている気分で・・・見ていただきたいレポートも 今回で3回目。

3回目ともなると 少々まったりしてきますが、是非 一緒に?ヨルダンを北から南まで制覇してください。

実際オープンガーデンを歩いていても、なんとなくまったりする頃でもあります。

今回はヨルダン地区の真ん中あたりを 北側から南側へと移動していきます。

お庭番号⑪~⑯までをご紹介します。


⑪Eerste Egelantiersdwarsstraat

Jordaan2013ogno111ストリートから小さな門をくぐると(左写真)、迷路のように?右や左に 数軒の建物(Hof)があり、それぞれにお庭があります。

この門をくぐった中にある数軒の建物の中の一つは、ヨルダン地区で一番古い言われるホフHofの一つ、1626年設立。

ここは普段から公開されていて、常に多くのツーリストがガイドブックを持って 建物やお庭を見学しています。

ストリート側(上写真)も中庭側も、建物(の古さ)に負けないくらい ヘデラが壁に生い茂っています。

Jordaan2013ogno113

中庭には住人の自転車が停められています(安全!)。

Jordaan2013ogno112

迷路のように奥へ進むと 別のストリートへも出られるようになっています。

レンガで敷き詰められたシンプルなお庭の平和的な空間です。

⑫Bloemgracht

”Bloem”はオランダ語の「お花」、”お花の運河”という運河沿いのストリートです。

『西教会』や『アンネ・フランクの家』のすぐそばの(Prinsengrachtを挟んで向かい側)、とってもきれいな運河のあるストリートです。

アムステルダム観光の際は 是非このエリアをお散歩してくださいね。

ここで公開されているお庭は 一般の家の中庭です。

リビングやキッチンを通り抜けてお庭へ。

Jordaan2013ogno121

上写真左はキッチン側から中庭を見た風景。

Jordaan2013ogno122

上写真真ん中は中庭側から建物を振り返ってみた風景。

横幅は狭く 奥に深い アムステルダムらしいお庭です。

たくさんの高い建物に囲まれていて、日あたりはあまり良くないお庭ですが、グリーンがよく育っています。

地面のレンガの 苔むした感じが素敵です。

⑬Rozengracht

Rozengrachtはヨルダン地区を東西に横切るトラムも走る 幹線道路、ヨルダンの中心です。

自動車もトラムも 途切れることなく走る ヨルダンの中で一番 賑やかな(騒々しい)ストリート。

このストリートを東に行けば、アムステルダムの中心のダム広場DAMや王宮があります。

ちなみに”Rozen”はオランダ語の「バラ」、”バラの運河”というストリートです。

現在は運河ではありませんが、1890年までは運河だったそうです。

このストリートで公開されていたのは Rijpenhofje というホフHofの中庭です。

Jordaan2013ogno131

1736年に老年女性の為に設立されたホフですが、現在は55歳以上の男女の為の住居となっています。

現在の建物は1913年に再建されたもの、中庭は1900年代のスタイルでデザインされているそうです。

Rozengrachtにもいくつかのホフがありますが、表通りの騒々しさからは全く隔離された 静かで平和的なホフと その中庭です。

⑭Rozenstraat

”バラの通り”という名の小さなストリート、Rosengrachtの一本南側の小さなストリートです。

Jordaan2013ogno141

公開されている場所は 現在 保育園となっています。

大木のたくさんあるこのお庭は、オランダでは珍しい東洋(日本や中国)の樹木が植えられているそうです。

Jordaan2013ogno142

普段から濃いグリーンのイメージの庭ですが、今年はちょうど上写真のようなお花が咲いていました。

左から、ケアノサスAmerikaanseSering(セアノサス・カリフォルニアライラック)、キリPaulownia tomentosa、ピンクウツギPinkBruidsbloem/Deutzia?かな。

⑮Rozenstraat

⑭と同じ通りにあるホフHofのお庭。

Jordaan2013ogno152

ホフと言っても日本の集合住宅のようなスタイルの建物です。

入口壁面工事中でグリーンのネットが掛けられています。

この集合住宅は83戸、小さな建物が多いこのエリアでは とても大きなアパートです。

55歳以上の方向けのアパート(ホフ)だそうです。

1978年設立、300年前の建物も立ち並ぶ アムステルダム中心部では 新しい部類。

ちなみに日本では、古い建物より きれいで新しい建物に価値がありますが、オランダは反対で、新しいものより 古くて何度も手が加えられ保たれている建物の方が 価値があり人気です(文化・価値観の違い!)。

Jordaan2013ogno153

今年は例年より少し遅く、ちょうどシャクナゲやツツジが満開でした。

今回ブログの冒頭の写真はこのホフの中庭のもの。

街灯もあり、中庭とは思えないくらい 広く明るいお庭です。

⑯Rozenstraat

何軒かのアパートに囲まれた 入り組んだ大きな中庭です。

Jordaan2013ogno161

もみじが素敵です。

⑭⑮⑯は同じストリートRosenstraatのお庭ですが、⑮番は南向き、⑭⑯番は北向きの中庭です。

お庭の植物の違いや雰囲気の違いがわかるでしょうか。

北側の中庭は、中庭の南側に建物がある為、日当たりが少し悪くなります。

もちろんお庭の大きさ、建物の大きさ・高さ、近隣の建物等の条件により違いはありますが、毎年たくさんのお庭を見学していると なんとなくお庭の雰囲気の傾向が見えてきます。


びっしり高い建物が所狭しと並ぶアムステルダム(運河地区もヨルダン地区も)・・・お庭に降り注ぐ日光や 四季を通しての太陽の位置や向きを考えながら お庭や植物を見ると、さらに理解が深まり いろんなことが見えてくると思います。

アムステルダム・ヨルダン地区のオープンガーデンレポートはまだ続きます。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 下町ヨルダン庭めぐり=2=  OpenTuinendag Jordaan 2013 | トップページ | 下町ヨルダン庭めぐり=4=  OpenTuinendag Jordaan 2013 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下町ヨルダン庭めぐり=2=  OpenTuinendag Jordaan 2013 | トップページ | 下町ヨルダン庭めぐり=4=  OpenTuinendag Jordaan 2013 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析