« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/31

BVT 2013年春夏リボン・タッセル入荷のお知らせ

BVT ヨーロッパリボン・タッセル入荷のお知らせです。

フランス・ドイツより 春夏ヨーロッパリボン新商品がたくさん入荷いたしました。

是非ホームページ「雑貨カタログ」よりご覧ください。

BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~「雑貨カタログ」


BloemenVanThura Facebookページ でもご紹介しています。

是非のぞいてみてくださいね。

BloemenVanThura Facebookページ「2013年3月ヨーロッパリボン入荷」

BloemenVanThura Facebookページ「2013年1月ヨーロッパタッセル入荷」


フラワーアレンジに、プリザーブドフラワーアレンジに、ウェディングブーケに、ブライダル装飾に、カルトナージュ等各種クラフトに、インテリアに、各種デコレーションに、ラッピングに・・・様々な分野で活用できるヨーロッパリボンです。

BloemenVanThuraのヨーロッパリボンは下記のカテゴリーにわけてご紹介しています。

◎サテン・布テープ・太巾サテンリボン → 「サテンリボン」

Bvt1303r01

ワイヤー入りリボンを中心に、 ドイツ・フランスらしい色合い・配色・デザインのリボンを集めています。

◎オーガンジー・オーガンジー太巾リボン・ディスプレイ布 → 「オーガンジーリボン」

Bvt1303r02

ヨーロッパではインテリア・デコレーションに幅広くリボンを活用します。

”結ぶ”以外にも活用していただきたいオーガンジーリボンです。

◎スペシャル・ガーランド・ウール・フェルトリボン等 → 「スペシャル・ガーランド」

コード系リボンやガーランド系リボンなど、リボンとしてはもちろん、創作やデコレーション、ラッピング等 幅広く活用していただきたいリボンです。

◎デラックス・パール・ビーズ・スパンコール・ベルベットリボン等 → 「デラックス・ベルベットリボン」

Bvt1303r04

刺繍・チュール・ビーズ・パール・スパンコール・プリーツ・フリル等が施されたリボンや、ジャガード織等の豪華なリボンを集めています。

ベルベット素材のリボンも豊富です。

◎タッセル・ブレード・ロープ・MINIロールセット等 → 「タッセル・ブレード・ロープ」

ヨーロッパらしいカラー・デザインのタッセルは自慢の品揃え。

Bvt1303r051

ブレードもヨーロッパらしいクラッシックなカラーからモダンなカラーまで揃っています。

Bvt1303r052

今回はあらたに タッセルブレードのミニロールセットが仲間入り。

Bvt1303r053

◎糸巻きビンテージリボン → 「糸巻きビンテージリボン」

”リボン”としてはもちろん、インテリアにもお勧めの木製糸巻きリボンです。

◎定番DaVinci玉虫サテンリボン → 「玉虫サテンリボン」

Bvtdavincisample限定入荷色2色を含め、BloemenVanThuraの厳選カラー40色をご紹介しています。

フラワーアレンジ・ブライダル・ラッピング等、様々なシーンに大活躍!

使いやすい玉虫サテンリボンです。


まずは 是非ご覧ください!

皆様からのお問い合わせ お待ちしております。

BloemenVanThura「お問い合わせ」

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/29

Easter Deco Plants アールスメーヤレポート2013年3月

いよいよイースター!

2013年3月、アールスメーヤレポート・第2段。

Ws1303easter10今回はプランツ仲卸さんの様子をご紹介します。

アールスメーヤ花市場プランツ仲卸さんを歩くと、目に留まるのは・・・

イースター・イースター・イースター!

今年のイースターは3月31日。

プランツ仲卸さんに並ぶ 寄せ植えコーナーのプランツや インドアプランツ・苗などが イースターバージョンになっていました(3月中頃の様子)!


楽しいイースターデコプランツ達をご紹介します。

Ws1303easter11

Ws1303easter12

Ws1303easter13

Ws1303easter14

タマゴ・タマゴ型オーナメント・タマゴや鳥型のピック・フェザー・リース等で飾られたプランツや、タマゴ型ポット・鳥型ポットに入れられているプランツ・・・

一年中見かける定番インドアプランツ も春・イースターの装いです。

Ws1303easter15

上写真左、SelaginellaApodaにはiヒヨコがのって、グリーンが一層 明るく見えます。

上写真中、Soleirolia(ベビーティアーズ)からはウサギが顔と足を覗かせています!

上写真右、EleocharisAcicularisのイースターバージョンは すでに割引になっていました。

Ws1303easter16

上写真左、かわいすぎる!!サボテンはイースターバニーに!

上写真右、Haworthia(ハオルチア)もイースターデコ。

そして最後は・・・

下写真、ラッキーバンブーDracaenaSanderianaイースターバージョン?!

Ws1303easter17


オランダではお友達や家族の家を訪れる際に、気軽な手土産として 花束やプランツ(またはワイン等)が欠かせません。

季節感たっぷりのイースターデコプランツは、お友達や家族との時間を Happyにしてくれるでしょうね。

お花いっぱいの色鮮やかな春本番・初夏を前に、イースターカラーで染まるプランツ仲卸さんでした。


そして! オランダは3月最終日曜日から夏時間がスタートします。

今年はイースターと同じ3月31日からサマータイム。

寒かった冬も いっきに夏に向かいます!!!(願望)

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/26

『Chicken Run』 アールスメーヤレポート2013年3月

2013年3月、アールスメーヤレポートです。

イースターが近づいてきました。

Ws1303chicken01今年のイースターは3月31日。

イースターは毎年変わる移動祝日「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」。

ちなみにイースターの前の金曜日は聖金曜日GoodFriday、翌日の月曜日はイースターマンデー、オランダでも祝日となります。

日本ではあまりなじみのないイースターですが、オランダに住んでいる私にとっても 実はあまりなじみのないイースターです。

私が住んでいるアムステルダムは、カトリック色が少ない土地柄のため、イースターと言っても ”宗教的”な意味合いより” イベント的な意味合いの強いイースター”となっています。

オランダでも南の方へ行けば、もっとカトリック色が強くなり、”宗教的意味合いのイースター”の盛り上がりも大きなものとなります。

とはいえ、イースターが近づけばショップのディスプレイがイースターになったり、スーパーにはイースター関連の商品が並んだりするので、「イースターが近いな」と感じずにはいられません。


前置きが長くなりましたが、とにかく”イースター”です!

アールスメーヤ花市場にある卸問屋さんの集まるエリアの インスピレーション広場 もイースターで盛り上がっていました(3月中頃の様子)。

インスピレーション広場とは、雑貨・資材・切り花・プランツ・アートフラワーの仲卸さんで扱う 最新トレンド商品等を使ったトレンド発信スペース。

月毎にテーマを変え、新しいトレンド・商品・スタイルを発信しています。

今回のインスピレーション広場のデコレーションは、以前にもこのブログに登場したことのある友人であり(花屋時代の)元同僚 MarloesJoore が手がけました。


テーマはイースター、タイトルは『Chicken Run』。

今年のイースターはナチュラルテイスト!

Ws1303chicken02

Ws1303chicken03

Ws1303chicken04

Ws1303chicken05

イエローやパープル等、王道のイースターカラーのデコレーション!

使われているプランツは カンパニュラCampanulaやプリムラPrimula等。

イースターの象徴的なアイテムである ”タマゴのカラ”・”リース”・”鳥の巣”等も たっぷり使われています。

ちなみに タマゴやタマゴのカラはいろんなサイズのモノがありますが、ここでは ほとんどの場合 ホンモノです。

今年は異常に寒さが厳しいオランダですが、さすがに(市場には)お花いっぱいのこの季節・・・いつもはアートフラワーも多く使われているこのコーナーも、今回はほとんどがフレッシュフラワーでした。

気になる雑貨としては、デコレーションの中にもいくつか登場しているのですが(見えるかな)リサイクルガラスの大きなガラス瓶(花器)。

まったりとした素材感の大ぶりなスタイルが人気です。

シンプルなのに存在感があります。


次の写真は、プランツ仲卸さんの同じテーマ『Chicken Run』のデコレーション。

使われているプランツはスイセンNarcissusやミモザMimosaやラナンキュラスRanunculus、どれも春・イースターの代表的なお花です。

Ws1303easter01

Ws1303easter02

寒さの厳しい長い冬でしたが、今年はちょうどイースターの 3月31日(日)から『夏時間』がスタートします。

3月になり再び寒くなってしまったオランダですが、その頃には寒さも和らいできそうです。

オランダはこれからいよいよ春!そしてキラキラの夏へ向かいます。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/22

Precious on the Red Carpet =ブーケ編= IPM2013

今日はオランダを出発し日本へ・・・今回は7週間ほど日本滞在予定です。

今年は (私のエリアでは)桜がすでに開花しているとのことで・・・帰国すると ちょうど見ごろかな?

春目前で 冬に戻ってしまったような!?オランダからの気温差に 戸惑いそうです。



2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

前回からの続きIPM Messe-CUP 2013』レポートです。

Ipm2013ipmcup00IPM Messe-CUP 2013』ブーケ(花束)部門」・「プランツ寄植アレンジ部門」・「ポットプランツデコレーション部門」の3つの部門からなっています。

今回ブログでは「ブーケ(花束)編」をご紹介します(プランツ編は3月18日ブログ参照)。

ブーケ部門の課題は 花やプランツ等 自然素材のみを使った自由設計・自由創作。

今年のテーマは「Precious on the Red Carpet」

”世界のスター”や”レッドカーペット”がオマージュされた作品が並びます。

ご紹介している作品は、会場にならんだ作品のほんの一部です。

Ipm2013ipmcup02

Ipm2013ipmcup03

Ipm2013ipmcup04_2

Ipm2013ipmcup05

Ipm2013ipmcup06

Ipm2013ipmcup07

シンプルなブーケもあれば、ブーケそのものがデコレーションされた創作的な作品もあり、ブーケを含めた空間全体がデコレーションされている作品もあり・・・。

同じテーマとはいえ、百人百様の世界観が繰り広げられていました。


最後にご紹介する作品(下写真)がブーケ部門の1・2・3位に選ばれた作品です。

Ipm2013ipmcup01

左から1位(優勝)・2位・3位の作品です。

優勝作品は、繊細な細い茎のお花が とっても綺麗に!たくさん束ねられて、美しさが際立っていました。

真ん中の2位の作品は、ブーケの外側に リース状に たくさんの球根がデコレーションされた創作的なブーケでした。

右の3位の作品は、ゴールドのキューブ型花器に負けないくらい華やかなブーケでした!

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/18

Precious on the Red Carpet =プランツ編= IPM2013

2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

数々のフローリスト向けイベントの中から、毎年恒例!私の好きなコンペ(競技会)『IPM Messe-CUP 2013』レポートです。

Ipm2013tubplant00『IPM Messe-CUP 2013』は、「ブーケ(花束)部門」・「プランツ寄植アレンジ部門」・「ポットプランツデコレーション部門」の3つの部門からなっています。

”bouquet”,”TubPlantingArrangement”,”DecorativePottedPlant”

制作した作品を持ち込むスタイルの競技で、一つの部門から参加は可能のようです。

審査員による採点で、「ブーケ+寄せ植え」または「ブーケ+ポットデコ」の組み合わせの得点で『IPM Messe-CUP 2013』勝者が選ばれます。

研修生からフローリスト・ガーデナー・・・と、参加者の幅の広い競技会です。


今年のテーマは「Precious on the Red Carpet」

世界のスターをオマージュした楽しい作品が並びます。

タイトルを聞くだけで 創作魂?が ウズウズしてきませんか!?

まず今回ブログでは、プランツ部門(「プランツ寄植アレンジ部門」・「ポットプランツデコレーション部門」)をご紹介します。

ご紹介する作品は、会場に並んだ作品の内のほんの一部です。


「プランツ寄植アレンジ部門」は、1㎡ x h1.8m が基準サイズとなります。

使うことのできるプランツは 金額の上限がきまっているようです。

プランツを使った寄植アレンジ・・・楽しそうです。

冒頭の写真の作品もこの部門の作品です。

シルバーのパンプスからテーマを想像できますよね。

Ipm2013tubplant11

Ipm2013tubplant12

Ipm2013tubplant13

Ipm2013tubplant14_2

「プランツ寄植デコレーション部門」優勝作品(下写真)

Ipm2013tubplant01

「プランツ寄植デコレーション部門」2位作品(下写真)

Ipm2013tubplant02

「プランツ寄植デコレーション部門」3位作品(下写真)

Ipm2013tubplant03


「ポットプランツデコレーション部門」は、サイズ 60 x 60 x h100cm が基準サイズ。

ポットプランツ自体を飾り立てるという競技です。

Ipm2013decopot02

Ipm2013decopot03

下写真左が「ポットプランツデコレーション部門」優勝作品、下真ん中が2位、下右が3位の作品でした。

Ipm2013decopot01

ポットプランツを飾る?・・・私は発想力が乏しいようで・・・難しいと感じる競技です。

なるほど~なるほど~なるほど~。

どの作品も個性がありますね。

ジモモ アムステルダムblogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/14

NewComers 世界への一歩・続編・・・IPM2013

2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

前回ご紹介した FDF NewComersContest 続編です。

前回のブログでは「フレームワーク、大きな花器を使ったアレンジ、小さなアレンジ・・・」とご紹介していましたが、実はこの競技は 4つの部門で競われていました。

フレームワーク、小さなアレンジ群はテーマ作品”バレンタインデイ”、大きな花器へ活けるフラワーデコレーション(ここまでは前回の 3月11日ブログ参照)。

Ipm2013newcomers31・・・そして今回ご紹介するブーケ(花束)部門です。

前回ブログをアップする際に、大切なブーケ(花束)部門を忘れてしまいました(汗)!!

写真の整理が追い付かず、後付けとなってしまいました!

私が何より好きなブーケ(花束)部門です。

私はウェディングブーケでもなく アレンジでもなく ブーケ(花束)が一番好きなんです!・・・制作するのも見るのも。

見てください!

この美しいスパイラル!

放射状に広がるお花達の美しさ!

Ipm2013newcomers32

Ipm2013newcomers33

どのブーケ(花束)もスッキリしていますが、かなりの本数の花材が使われています。

これだけの本数のお花や枝をきれいに美しく束ねるためには、やはり高度の技術が必要です。

花瓶に入れられたブーケもありますが、プレート(水盤)に自立させたブーケからは、作り手(フローリスト)の自信があふれているように感じます。

技術はもちろんのこと、さらに お花合わせ・色合わせ、デザイン・・・です。

前回のブログでも書きましたが、花材・資材そして課題は コンテスト開始時に発表・支給され、それを自分で デザインを考え 各課題に花材や資材を振り分けることから始まります。

制作時間も限られているので、迷っている時間はありません。

もちろん 繊細なお花を相手に 迷うことは厳禁です。

これらの美しい作品は、日頃の訓練の賜ですね。


冒頭の写真のブーケを作ったのが、『Eurofleurs Junior Championship』にノミネートされたVictorBreuer さんの作品だそうです。

前回ご紹介したフレームワークでは、チューリップとスノーボールが横一列に配置された印象的な作品が彼の作品でした。

ちなみに彼は1990年生まれだそうで・・・!

これからの活躍が楽しみですね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/11

NewComers 世界への一歩・・・IPM2013

最近 春の陽気を感じていたアムステルダム・・・今週再び寒さ到来、氷点下となり ベランダのプランツがまた凍っています・・・(涙)。

ちょうど展示会出張が続いていた1月末~2月初め頃も 寒さと雪と氷で大変でしたが、断然!今とは”明るさ”が違います。

”明るさ”や”光”は 気持ちを明るくしてくれます。

・・・あれから2年・・・たくさんの優しい光が 被災地に 人々に 降り注ぎますように・・・



2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

Ipm2013newcomers01Essen IPM会場では 新種展覧会や商談会以外に 様々なイベント・デモンストレーション・コンペ(競技会)が行われています。

今回ブログでご紹介するのは、これから世界の扉を開こうとしているフローリスト・デザイナーのタマゴ達のコンペ(競技) FDF NewComersContest の様子です。

このコンペの課題は フレームワーク、大きな花器を使ったアレンジ、小さなアレンジ(詳細は不明)のようでした。

数点の作品で審査されるこの競技・・・基本はもちろん、作品の出来栄え、技術、そして速さと正確さが要求されます。

また 即興での制作、緊張に強いことも求められます。

Ipm2013newcomers02

Ipm2013newcomers03

Ipm2013newcomers04

今回の競技もそうですが、国際的な競技会では 大会の開始と同時に 競技内容が発表されます。

もちろんそのタイミングで 花材や資材などが発表され 支給されます。

今回支給された花材は、フレンチチューリップ・アマリリス・トルコギキョウ・オーニソガラム・アンスリウム・スノーボール・フリージア・スプレーバラ・アネモネ・スキミア・ネコヤナギ・サンゴミズキ・クッカバラ・・・ ・・・ ・・・等。

Ipm2013newcomers11

Ipm2013newcomers21

Ipm2013newcomers22

その花材や資材を 出題されたいくつかの課題に振り分け、デザインを考え、制作・・・。

全くモタモタしていられません(汗)!

今回の課題の一つであるフレームワークの制作時間は2時間だったとのことです。

これら作品で将来が決まるのか~と思うと、作品を見て歩くだけで、私の方が緊張してきてしまいます(汗)。

将来 世界を舞台に活躍する人というのは、こんなことでは緊張しないのかもしれないですね。

それも才能の一つなのかもしれません。

ブログでご紹介している作品はIPM会場のFDF NewComersContest作品の一部です。


緊張するなんて大げさ~!?

緊張します!

何故ならこの FDF NewComersContest は、なんと!二つの大きな世界への大会の扉となっているのだそうです。

一つは 『Eurofleurs Junior Championship』へのノミネート。

2013年9月にクロアチアで行われるヨーロッパジュニアチャンピオン大会の ドイツ代表選考会となっているそうです。

参加資格は25才まで。

この大会への出場となれば、世界へ一歩近づきます。


もう一つは『WorldSkills 2013 in Leipzig』へのノミネート。

2013年7月開催、世界61カ国が参加する 2年に一度開催の「職業のオリンピック」と言われる競技会。

参加資格は23才まで。

フローリストだけでなく、お料理・美容・機械・WEB業界等々・・・幅広い業界・業種で競われるのだそう。

世界中の まさしく”職人”のTOP技術が競われます。


どちらの競技も 参加年齢が23才・25才までという点から見えてくるのは、早くから(若い頃から)専門の道へ進み 訓練し 精進する ヨーロッパの各業界のマイスターへの道の誇り・技術の高さ・厳しさ・・・。

ホント、敵いません。

きれいな作品の裏にある 厳しさを想像しながら見る作品もまた 美しいものです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/07

New Classics!Just Chrys IPM2013

2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

1ヶ月以上経ってしまいましたが、続けていきたいと思います。

Ipm2013chrys11_2毎年恒例イベント、先日レポートした 『Just Chrys - Big Seller & Best Seller 2013』2月7日ブログ参照)・・・キクのイメージを取り払って、キクの素晴らしさや新しい世界を紹介する プロモーションコーナー。

実は続きがありました?!

あまりにもたくさんの写真があったため、先日は 見つけることができませんでした(汗)。

ということで『Just Chrys2013』Part2!・・・ご紹介します。

このコーナーについての詳細は先日のブログをご覧くださいね。


Ipm2013chrys12_3

ホワイト・パステル系の優しいふわっとした感じが素敵です。

「New Classics」 (冒頭の写真・上写真左)

スタイルもテクニックも クラッシックスタイルのリースですが・・・

ロマンティック&フェミニンに仕上げればトレンド感たっぷりです!

「Winter Romance」 (上写真中)

ホワイト・パステル系で統一したブーケ(花束)、ナチュラル素材の資材を加えてワンランクアップのブーケスタイルに。

「Kuschel Kugeln(Cosy Balls)」 (上写真右)

ウール(毛糸)やフェルトを使いフワフワっとかわいいボールスタイル。

かわいく優しい雰囲気の中にも”華”があります。


Ipm2013chrys13_2

「Beach Life and More」 (上写真左)

イエローとグリーンで爽やかに仕上げ、貝殻で雰囲気アップ。

「Summer Display」 (上写真右)

夏をイメージしたブルーのガラス花器、グラス(草・葉っぱ)に”夏の風”を感じます。



2回に渡りご紹介した『JustChrys2013』・・・いかがでしたでしょうか。

どの季節にも!どの雰囲気にも!どのスタイルにも!

様々なシーンで活用できる”キク”・・・興味深いです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2013/03/03

春のプランツプレゼンテーション アールスメーヤレポート2013年2月

2月は短く あっという間に3月になってしまいました・・・

2013年2月のアールスメーヤレポート第3段。

今回はプランツ仲卸さんからのレポート、季節のプランツを使った プレゼンテーション。

季節の人気プランツを使った数々のプレゼンテーションは 定期的に変更され、季節のお花やトレンドを知ることができます。

バイヤー向け(お花屋さん・デザイナーさん・ガーデン屋さんなど)のプロモーションです。

時に斬新なデコレーションで、いつもの身近なプランツが 全く違って見えるので、私もいつもこのプレゼンテーションを楽しみにしています。


Aalsmeer1302plants01まずはこのラブリーなコーナーから(写真左)!

私のベランダにも 何鉢もある(前の住人さんが残していってくれた)アザレアAzalea(ツツジ)。

日本でもお馴染ですよね。

オランダでも よく見かける身近なプランツです。

私の中では とてもクラッシックなイメージのプランツでしたが・・・。

ロマンティックカラーのデコレーションで とっても愛らしくなっています~。

ラブリー、アザレア!

鮮やかなピンクや赤のアザレアに 水色のポットなんて、私の感覚の中に なかった色合わせです。

”色の可能性” ひとつ発見!!


Aalsmeer1302plants02

「DreamingColors」というタイトルがついていました。

球根花を使った、ポップで楽しいデコレーションです。

上写真真ん中・右の写真のアップルグリーンポットは 身長を越えるような超ビッグサイズです。

そんな超ビッグサイズでも 球根花で仕上げると かわいいです。


Aalsmeer1302plants03

カラフルなプリムラPrimulaコーナー!

冬が長いオランダで、寒い中でも雪をかぶりながらでも 咲いているプリムラは けなげでかわいい。

お花と彩りの少ないこの季節に お花と色をもたらしてくれる貴重なプランツです。


Aalsmeer1302plants04

スズランconvallaria majalis/Lily of the Valley。

写真を見ているだけでも香が漂ってきそうです、良い香り!


Aalsmeer1302plants05

エスキナンサスAeschynanthus。

上写真左の葉っぱがグルグルなのは ツイスターTwister。

上写真右の楕円形の葉っぱのものは モナリザMonaLisa。

Aalsmeer1302plants09私も昨年の8月、近所のマーケットのお花屋さんでものすごくきれいなキャスケードのエスキナンサス・モナリザを見つけ、買いました(左写真は買った直後の姿)。

買った時もたくさんのお花がついていましたが、その後 1カ月間くらいは毎日毎日 信じられないくらい たくさんお花が咲き続きました。

その頃、お水は週1回くらいのペースであげていました。

(お水は少なくてよいとのことだったので)

その後 秋になり、暗くなり、寒くなったので、水やりをかなり控えていたら・・・

葉っぱもかなり落ち、ものすごくやせ細ってしまいました・・・(汗)!

冬場、オランダのお部屋はセントラルヒーティングでとても暖かいのですが、ものすごく乾燥してしまいます。

乾きすぎてしまったのでしょうか・・・。

もう駄目かも?と思うほどでしたが、毎日お水をあげ、しばらく霧吹きで葉っぱにもお水をかけたり。

そして、まだ”日光”と呼べるほどではないですが 2月になり少し明るくなってきたので、毎日明るい所へ置いてあげたり・・・。

ですが、植物にとっては この薄明かりも やはり”日光”だったのでしょうね。

今 再びグングン葉っぱが太陽の方へ向かいながら茂り、茎が伸び、たくさんの蕾らしきものがつき始めました!

どうやら生き返ったようです、よかった~!

エスキナンサスのお花の咲き方は少しユニークです。

いつの間にか”点”のような芽のようなものが、急に?大きくなり 暗赤の萼となり、ある時その萼の奥に、鮮やかなお花の蕾のようなものができ、それがだんだん大きくなり伸びてきて・・・ある時ピュイッと咲くのです(花冠)。

不思議なお花です。

そのお花の姿からでしょうか、英名は Lipstick Plant/Lipstick vineと呼ぶそうです。


Aalsmeer1302plants06写真左、ティアンジアTillandsia Oerstediana。

写真のものはかなり立派なサイズですが、オランダでは一番馴染みのある種類のティランジアかと思います。

普段はダーク系やシルバー等のクールな雰囲気の花器に合わせるのがイメージですが・・・。

ここでは ピンクとパープルのデコレーション!

ポップなカラーとデザインのデコレーションの中で、いつもと違うイメージです!

クールも良いけど、ポップも良いですね。

特に、写真奥 両端のピンクとパープルの”ボール型花器”に合わせたモノが好きですね~。

ボール花器に映ったティランジアの”葉っぱの影”も素敵です。



ブログ最後は・・・「GLAZEN TULP 2013」というベストマーケット賞のWinnerに輝いたプランツをご紹介します。

「GLAZEN TULP 2013」インドアプランツ部門のWinnerは Tillandsia Samantha でした。

Aalsmeer1302plants11

私も昨年5月頃、近所のお花屋さんで買いました。

上写真右が私が買ったSamantha、買った当時の姿。

魅惑的な質感と ピンク色をした大きなティランジア、とってもカッコ良かったです。

やはり人気ナンバーワンだったんですね。

今はすっかり(ピンクが薄れ)グリーンになってしまった・・・(汗)。


「GLAZEN TULP 2013」コンセプト賞には Tillansy という商品(下写真参照)。

Aalsmeer1302plants12

小さなティランジアがガラスの筒に入っています。

私も初めてこの商品を見たとき、”何これ、かわいい~!お部屋にほしい!”と思いました!

エアプランツの性質を活かし、またガラスボトルの新しい活用方法としても評価されているようです。


インドアにも!アウトドアにも!・・・プランツのある生活いいですよね、潤います。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など