フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 『Flowers as a Farewell』 IPM2013 | トップページ | 『SPRING Sensation』 アールスメーヤレポート2013年2月 »

2013/02/24

春の3つのトレンドテーマ アールスメーヤレポート2013年2月

Aalsmeer1302th012013年2月アールスメーヤレポートです。

バレンタインが終わったばかりのアールスメーヤ花市場の問屋さんエリアへ行ってきました。

季節毎にトレンドを発信している雑貨・資材問屋さんのテーマハウス・・・

今回は Bloemenbureau Hollandのデコレーション・ワークショップ等でご活躍されているフラワーデザイナーPetra van der Veenさんが手がけました。

この春の注目商品・資材を使って 新しいトレンドを発信。

春の新しいトレンドは・・・「Vintage Flowers」 「Crazy Whites」 「Red en Blue」・・・3つのテーマで紹介されていました。


「Vintage Flowers」

Aalsmeer1302th02

Aalsmeer1302th03

オランダでもヨーロッパでも日本でも 人気のアンティーク・ビンテージ調雑貨・資材。

この春は パステル調がイメージです。

注目したいのは、リボン使い!

Aalsmeer1302th04

すっかり溶け込んでいますが、市販のリボンをデコレーションのあちこちに活用しています。

シンプルなガラスボトルや陶器花器に リボンを巻きつけ花器をデコレーションする手法は 定番中の定番!

さらに!?

棚を吊っている(ように見せている)のはリボン!

棚の縁にもレースのリボン。

リボンの延長線上の棚の下には 陶器のオーナメントまで付けて、本当に棚をリボンで吊っているみたいに見えます。

なるほど~!

ここでリボンを使っていなければ、ただのシンプルな棚になってしまいますが、ちょっとしたリボン使いで雰囲気アップ。


「Crazy Whites」

Aalsmeer1302th05

定番カラーの白、何にでも合わせやすい白・・・

春には ”ホワイト&パステルカラー” が定番ですが、今回のこのホワイトコーナーでは あえてパステルではない色との組み合わせ。

”ホワイト&ブラック・グレイ・ブラウン”で クールで落ち着いた雰囲気に。

もちろん!仏陀像もトレンドです(汗)!!


「Red en Blue」

Aalsmeer1302th06

このコーナーに足を踏み入れた時、真っ先に”オランダの国旗”をイメージしました!

トリコロールはオランダの国旗カラーなので 身近な配色ですが、何故か新鮮!!

オランダで目にするオランダカラーは”オレンジ”ですからね~。

オランダで ずっとトレンドを追ってきましたが、トレンドとしてこのカラーコンビネーションが取り上げられるのは 初めてかも?!(私が見て来た中での話ですが)

レッド&ブルーのコンビネーションはモダンな印象になりますね。

ですが ブルーといっても、濃紺・デニムブルー・水色・空色・藍色・・・いろいろあります。

モダンにも クールにも、そしてフォーク調にも ロマンティックテイストにも 活用できるブルー。

奥が深い!

この春・夏は ブルーを使った表現にも挑戦してみたいですね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 『Flowers as a Farewell』 IPM2013 | トップページ | 『SPRING Sensation』 アールスメーヤレポート2013年2月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Flowers as a Farewell』 IPM2013 | トップページ | 『SPRING Sensation』 アールスメーヤレポート2013年2月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析