フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« イタリアの光と色・・・IPM2013 | トップページ | 春の3つのトレンドテーマ アールスメーヤレポート2013年2月 »

2013/02/21

『Flowers as a Farewell』 IPM2013

2013年1月22~25日にドイツ・エッセンEssenにて開催されたIPM国際園芸見本市。

Ipm2013farewell01今回は お花文化と深~い関係にある”別れ”のお花。

というより ”文化そのもの”と言えますね。

お供え・お悔やみのお花は、(ヨーロッパでは)フローリストにとっても とても重要なお仕事の一つ。

ヨーロッパの展示会では、必ずと言ってよいほど「お供えのお花」「お悔やみのお花」コーナーがあります。

このブログでも 頻繁に取り上げています。

昨年IPM2012・メモリアルコーナー(2012年3月25日ブログ参照)

様々な展示会会場では、お悔やみのお花とは思えない、まるでブライダル?とも思えるような 色合わせやデザインを目にすることも多い中、今回は少し違う雰囲気で演出されていました。


白樺の森をイメージしたように設けられていたコーナー『Flowers as a Farewell』。

ここに並ぶ作品は、ナチュラル素材(ドライ等)でできた半製品を使用しているとのこと。

リース型・星型・ボール型等・・・普段は日常の別のシーンでも使うことのできる 便利な半製品です。

Ipm2013farewell02

Ipm2013farewell03

Ipm2013farewell04

Ipm2013farewell05

ホワイトやグレイがベースとなり、季節のお花(ムスカリ等)・枝モノ・葉っぱ等で 森の植生を表現したようなデザインに、心が鎮まるような作品でした。

華やかなカラー(色)のお花や トレンドデザインアイテムの並ぶIPM2013会場では、逆に目を引く 存在感のある空間でした。


そして今回ブログの後半は、お馴染オアシス社さん製品をつかったお悔やみのお花コーナー『TRAUER』。

こちらのコーナーも 今回は しっとりホワイト&グリーンをベースとした デコレーションで統一されていました。

Ipm2013farewell11

Ipm2013farewell12

Ipm2013farewell13

Ipm2013farewell14


これまでにも何度か触れていますが、私がお花屋さんで働いていた時も たくさんのお悔やみのお花を作りました。

基本はヨーロッパでもやはり”ホワイト”・・・

とはいえ、ご要望の大半は 「寂しくならないように楽しい色合いで・・・」や、「故人の好きだったお花(色)を使って・・・」というものでした。

色やスタイルだけではない、大切なのは”相手を想う気持ち”・・・そんなことを学び 感じました。

”お花文化”の根底には 人が人を想う気持ちがあるのだと思います。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« イタリアの光と色・・・IPM2013 | トップページ | 春の3つのトレンドテーマ アールスメーヤレポート2013年2月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアの光と色・・・IPM2013 | トップページ | 春の3つのトレンドテーマ アールスメーヤレポート2013年2月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析