« 春の香り アールスメーヤレポート2013年1月 | トップページ | ある雪の日の葛藤・・・Thalys編 »

2013/01/27

チューリップの季節到来! NationaleTulpendag2013

天気予報通り とうとう今日は 雨が降っています。

今日からは気温も上がる予報になっており、火曜日には10度前後なるそうです!


さて、1月中頃から 大雪や凍結で交通や生活にも影響が出ていたヨーロッパ。

オランダも雪と氷点下が続き、鉄道や交通網は 大変なことになっていました。

(雪氷パニックも昨日まで?)

そんな極寒のある週末、春を感じるイベントが アムステルダムで開催されました。

Tulipday201301

『NationaleTulpendag2013』・・・1月第3土曜日を「チューリップの日」とし、アムステルダムのダム広場DAM で 昨年よりイベントが開催されるようになりました。

極寒の1月ですが、チューリップシーズンの到来です!

厳密にいえばクリスマス前から流通しているチューリップ(切り花)ですが、この日をもってチューリップシーズンが本格的にスタートします。

Tulipday201306アムステルダム・ダム広場で行われたイベント『NationaleTulpendag2013』へ行ってみました。

左写真はダム広場に置いてあったチューリップ自転車?!

昨年は ダム広場で準備が始まった頃 通りがかったのに、イベントを見逃してしまったので、今年は忘れないようにと 一年前からスケジュール帳に「チューリップの日」と書いて この日を待っていました。

2013年1月19日土曜日、数日前に降った雪が凍りついたままのアムステルダム、この日の気温は日中でも マイナス4度前後の寒~い日でした。

イベント『NationaleTulpendag2013』は、ダム広場にチューリップが敷き詰められ、自由にチューリップ摘みができるというもの(13時~18時)。

チューリップ生産団体やオランダ花卉業界が ”オランダのチューリップ”のプロモーションとして行っています。

第一回目 2012年のイベント時には、ダム広場の2500㎡に 200000本のチューリップが敷き詰められ、10000人以上が無料のチューリップ摘みを楽しんだそうです。


Tulipday2013022013年「チューリップの日」1月19日、午後1時オープニングセレモニーが始まりました。

氷点下の寒さの中 マーチングバンドが オランダやアムステルダムの 馴染みの曲を演奏して 盛り上げていました。

音楽に合わせスタッフのお姉さんたちが・・・踊っていました!

チューリップ摘みを待っている人々も、オランダの楽しい馴染みの曲を口ずさんだり、体を揺すって楽しそうな雰囲気でした。

そして午後1時半頃からチューリップ摘みが始まりました。

Tulipday201305左の写真のようなビニール袋が「一人一袋ね~」と配られ ”お一人様20本”の摘み放題です。

どの色のどの種類のチューリップでも 好きなお花を(自分で)摘むことができます。

もちろん無料です!

私はちょうど1時頃ダム広場へ行き、オープニングセレモニーが終わった後、チューリップを摘む列に30分程並び、チューリップ摘みを体験してきました。

ちなみにこのビニール袋、ちょうどチューリップが20本入るぴったりの大きさでした!

氷点下でお花は凍らないのかなぁと心配していましたが、お花はなんとか耐えていました。

一番下の葉っぱが一部凍っていたくらいでしょうか。

Tulipday201303球根と根っこが付いたままのチューリップを摘む(抜く) という作業は、私にとっても 初めての体験だったと思います。

球根の下の白い根っこが、ちょうど”はるさめ”のような感じで、半分凍って ”シャキシャキッ” と音を立てて プラスチックのケースからはずれる感覚が 面白かったです。

係のお姉さん達に 採ったチューリップの本数を確認されることもなく、”オランダらしく”とっても自由な雰囲気でした。

お子さん連れの方も多く、お子さんには楽しいイベントかもしれませんね。


ダム広場には人間の為?チューリップの為?何基ものヒーターがチューリップを囲むように 設置されていました。

冒頭の写真のチューリップの間に立つ煙突のようなモノがヒーターです。

ヒーターの近くに行くと 少し暖かいんですよ。

ですが、氷のような石畳に1時間ほど立ち続け、足が氷のように冷え 痛かったです~(涙)。

お花屋さん時代、毎冬 足の感覚がなくなる程 冷え、寒さと痛さ?に耐えていた日々を思い出しました(笑)。

もちろんお花屋さん時代の方が 比べられないくらい辛い 冷たさ・寒さ・痛さだったので、マイナス4度でも たった一時間くらい 全然平気です!?(←強がり)


王宮前のダム広場は、チューリップを囲んで賑わい ハッピーな空気に包まれる人々であふれました。

Tulipday201304左写真は、場を盛り上げていたチューリップおじさん・チューリップおばさん?!

(造花の)チューリップの帽子をかぶっていました!

関係者かどうか不明ですが、多くの人に囲まれていました。

声をかけて写真を撮らせていただき、許可を得てブログに使わせていただいています。

多くの観光客も集まるダム広場で、世界中の大勢の人が ”オランダのチューリップ” を目にしました。

そして”オランダのチューリップ” を囲んで楽しそうに盛り上がるオランダの人々を目にしました。

印象付け そしてイメージもアップ!

これこそ最大の宣伝効果ですよね。

この春も 17億本以上のオランダのチューリップが(オフィシャルサイトのデータ参照) 世界中の人々へ届けられることでしょう。


ユーチューブにあった今年のイベントの様子です。

春が待ち遠しいですね!


チューリップと言えばキューケンホフ!

オランダの観光名所、チューリップ公園として有名な キューケンホフ公園Keukenhof は、2013年3月21日オープンだそうです(~5月20日)。

また世界中から大勢の観光客がオランダへやってきます!

チューリップと共に オランダの観光シーズンも始まります。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 春の香り アールスメーヤレポート2013年1月 | トップページ | ある雪の日の葛藤・・・Thalys編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の香り アールスメーヤレポート2013年1月 | トップページ | ある雪の日の葛藤・・・Thalys編 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など