« In Memoriam<1> in ベルギー 2012年9月 | トップページ | 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 »

2012/11/17

In Memoriam<2> in ベルギー 2012年9月

Decooh1209mem11前回ブログ『In Memoria』の続きです。

2か月前のことですが・・・

9月前半、ベルギーで行われた展示会会場内で行われていた数々のフローリスト向けイベントのひとつ。

ベルギートップフローリストFrancoiseVandoninkさんとStefanRoosenさんによる 素敵な作品がいーーーーぱい並んでいました。

オアシス社さん製品を使った追悼用フラワーアレンジ・デコレーションです。

今回は!

お見せしちゃいます?!

素敵な作品はもちろんのこと、実際に使われている 様々なオアシス(給水フォーム)も一緒に。


Decooh1209mem12

Decooh1209mem13

定番ハート型アレンジのベース(オアシス)はサイズも種類もいろいろあります。

大きいハートのデコレーションに 小さいハートを(いくつも)重ねたり、使い方もいろいろ。

レインボーフォーム(カラーオアシス)のハート型オアシスにはお花を挿さず ”見せる”テクニックで、ハート型を強調。

Decooh1209mem14

上写真左・中、ガーランドになっているオアシスは、こんな風に巻いても素敵ですね。

なるほど、グッドアイデア!

Decooh1209mem17stone

この石のようなオアシスは、プレートアレンジ等に利用すると、とってもナチュラルな雰囲気になりますが、こんな風に全体を覆うように使うと 存在感がありますね。

Decooh1209mem15j

上写真左のブック型アレンジは、カラー(花)や竹ヒゴ(?)で表現されたラインにより 立体感がでますね。

なるほど~です。

Decooh1209mem16j

私もオランダのお花屋さん時代に、たくさんの追悼用アレンジ・デコレーションを作りましたが、具象系オアシスは使ったことはありませんでした。

具象系デコレーションのオーダーはたまにありましたけどね。

ですがヨーロッパの各国展示会では 具象系給水フォームの展示をよく見かけます。

ヨーロッパ内でも 国や地方、宗教などにより、使われる(好まれる)デザインも異なるのでしょう。

アイルランド時代には、資材屋さんに 具象系のオアシスが 普通に並んでいたことを覚えています。


日本で展開されているオアシス社さん製品とも、サイズやバリエーションの違いがあると思います。

Decooh1209mem18cross冒頭の写真のクロスは、見ての通りクロス型のオアシス。

フラワーアレンジ・デコレーションは、地域・文化・宗教・習慣によるところが大きいです。

前回・今回と ご紹介した作品は 追悼用アレンジ・デコレーションですが、デザイン・アイデア・テクニック等は、日常のアレンジやウェディングデコレーション等の参考にもなりますよね。

きれいなお花やデザインに癒され、いろいろなアイデアを得ることができた、収穫の多い ベルギー秋の展示会イベントでした。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« In Memoriam<1> in ベルギー 2012年9月 | トップページ | 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« In Memoriam<1> in ベルギー 2012年9月 | トップページ | 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など