« 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 | トップページ | 2012BVT 花器、ガーデン・インテリア雑貨、ラッピング資材 新商品入荷のお知らせ »

2012/11/23

お花で奏でる! fleuramour2012

11月もあっという間に後半!

この調子では、明日には年末が来そうな勢いです(汗)。

さて、なかなか手がつけられずにいた一年で最大のお楽しみお花イベントレポートを、今更ながら進めていこうと思います。


9月21~24日に開催されたベルギーBilzenにある お城AldenBiezen城 のお花イベント fleuramour2012

私がイベント会場へ訪れた日、前日夜から・・・嵐・・・でした。

私の住むアムステルダムも、夜中に強風と滝のような雨が吹き荒れていました。

ベルギーへ向かう朝 出発時にこの嵐じゃ、行けないかも・・・、電車も時間通りに走れないかも・・・、と 夜中には ”あきらめ”という言葉が頭をよぎるほどでした。

幸い 朝 家を出る時には、なんとか雨は上がっていたので 予定通り出発しましたが・・・ベルギー・Bilzenへ着くと、思った通り お天気は悪く、風も強く、雨は降ったりやんだり。

しかも午後からはどんどん強風・悪天候に・・・。

最後には、会場にイベント用に貼られていたテントが飛ばされたり、飛ばされないようにみんなでテントにぶらさがったり(!)、飛ばされるのを回避するため慌てて大きなテントを畳んだり・・・、お城の入口にあった大きな作品も壊れてしまったり・・・大変な日になってしまったんです。

もともと、オランダ・ベルギーのこの季節(9月後半)は、あまりお天気が良くないので、ある程度 (悪天候も)予測もし 覚悟し 対策もしてると思います。

ですが今回の嵐は、事前の対策も難しいくらいの大嵐でしたので、そんなお天気に当たってしまって本当に残念でした。

晴れるととっても素敵な秋のイベントなんですけどね・・・。

昨年は珍しく?とっても気持ちの良い秋晴れでした(2012年11月30日ブログ参照)。


今回ご紹介するのは、学生さんの参加する FLEUR CUP JONG TALENT の一つ、屋外フラワーオブジェ(デコレーション)!

FLEUR CUP JONG TALENT は二つの部門からなる競技です。

もう一つの競技は パンプキンを使ったフラワーデコレーション、先日ご紹介しましたね(10月23日ブログ参照) 。

Flamour2012gakki00今回ご紹介する FLEUR CUP JONG TALENT の屋外デコレーションは、AldenBiezen城のお堀の横にある フレンチガーデンに 風雨にさらされながら 展示されていました。

テーマは『花・野菜・プランツによる楽器』。

ビオラ・ギター・コントラバス・サックス・トランペット・ピアノなど・・・

なかなか今までに見たことのなかったテーマ、興味深いです。

秋の嵐の中のイベントでしたが、最後の嵐が来る前に撮影した屋外デコレーション作品をご紹介します(作品の一部です)。

Flamour2012gakki01

上写真右のハープは2位の作品、かなり細かく作り込まれています

Flamour2012gakki02

Flamour2012gakki03

Flamour2012gakki04

上写真真ん中の白いギターは2位の作品、全体的な雰囲気がとっても素敵!

FLEUR CUP JONG TALENT は 競技ですが、学生さんたちは事前に(学校・家など)別の場所で作成した作品を 持ち込んで展示しているそうです。

競技のジャッジのポイントは、基礎はもちろんのこと、テクニック・フォーム(形)・カラー・オリジナリティー。

Flamour2012gakki05

冒頭のアップ写真・上写真左のグリーンのギターが1位の作品、シンプルですがとてもまとまりがあります、さすがの作品!

Flamour2012gakki06

上写真真ん中の水瓶型ハープは3位の作品の作品、色が素敵!


もし自分だったら・・・どんな楽器を選ぶ?

やっぱり身近な楽器で 子供この頃弾いていたピアノ??

形が印象的なギター?

個人的に好きなハーモニカ??

どんな楽器でも、お花で作るには難しそう~、でも面白そう!!

たくさん並ぶ作品を見て意外だったのは、”ハープ”がたくさん作られていたこと。

しかも、弓型のハープだけでなく、ギリシャ神話に出てきそうな水瓶型タイプのハープまで。

ヨーロッパの学生さんには身近なのでしょうか。

ロマンティックなイメージで、お花の作品に向いているのかもしれないですね。

”アコーディオン”もいくつか並んでいました。

”アコーディオン”といえば・・・パリの地下鉄(汗っ)??!! (わかる?)

(私には)身近な楽器ではない”アコーディオン”・・・作品にするのも とっても難しそうじゃないですか!?

並ぶお花の楽器を見て 習慣や文化の違いを感じながら、お花の奏でる秋のコンサートを満喫しました。

皆様ならどんな楽器を選びますか?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 | トップページ | 2012BVT 花器、ガーデン・インテリア雑貨、ラッピング資材 新商品入荷のお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年冬・クリスマス号! オランダ・ベルギーお花雑誌のご案内 | トップページ | 2012BVT 花器、ガーデン・インテリア雑貨、ラッピング資材 新商品入荷のお知らせ »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など