フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 秋のお花・実モノ達 アールスメーヤレポート 2012年9月 | トップページ | 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 »

2012/10/03

聖ヴィート大聖堂 in Praha・・・ Summer2012

10月になってしまいましたが続けます・・・2012年夏休み『東ヨーロッパ・世界遺産・電車の旅』。

2012summerpraha21kate1旅のクライマックスはチェコCzechRepublic・プラハPrague/Praha”プラハ城Pražský hrad”にある聖ヴィート大聖堂Katedrála svatého Víta見学。

ゴシック建築の聖ヴィート大聖堂は、82メートルの2本のタワーのあると99メートルの鐘楼のある大きな大聖堂。

大聖堂内部は天井高34メートル、幅60メートルx奥行き124メートル!

多くのボヘミア王のお墓がここにあるそうです。

聖ヴィート教会が現在の場所に最初に建てられたのは925年、当時はロマネスク様式の円形建築だったそうです(Wikipedia参照)。

1060年にプラハに司教区が置かれたのを機に 大きなロマネスク様式の教会(バジリカ)となり、現在のゴシック建築の大聖堂は1344年設立。

その後も 完成と改築のための建築が続けられ、完成したのは1929年だったそうです。

長~~~い年月をかけて現在の姿に!


2012summerpraha22kate2

2012summerpraha23kate3

猛暑の中・・・結局30分くらいは待ったでしょうか。

ついに重そうな大聖堂入り口の門が開きました。

並んで待っていた人達がなだれ込むように大聖堂内へ。

大聖堂入口あたりは入場券がなくてもは入れるようでしたが、奥へ進むには 改札機へチケットを通しての入場です。

2012summerpraha24kate4

大聖堂の見どころの一つに、チェコの有名画家ミュシャ(ムハ)Alfons Maria Muchaのステンドグラスがあります(下写真左、縮小しちゃったから見にくいけど)。

2012summerpraha25kate5

アールヌーボーのポスター画等で有名なあのミュシャです。

このステンドグラスだけは 見るからに他とは違うテイストでした。

チェコ出身のミュシャ、プラハにはミュシャ博物館もMuchaMuseumもありました。

今回の旅では博物館に行く時間もなく、ミュシャを感じるような旅ができず残念でした。

さらに大聖堂を奥へ進むと、一段と人が詰まっている場所が。

2012summerpraha26kate6

2トンもの銀でできた バロック様式の 聖人ヤン・ネポムツキー(14世紀ボヘミア司祭でローマ・カトリック教会の聖人)の眩しいお墓。

息ができないほどの ものすごいバロックの迫力、そして息ができないほどの人混みでした。


大聖堂内ではゆっくりのんびり観賞。


これでプラハ城見学は終了の予定でしたが、やはりここまで見たら やっぱり???!!!

ということで、聖ヴィート大聖堂のタワー(Ⅹ)へのチケットを 追加で購入しました・・・9月27日ブログのチケットの城内地図参照

タワーを上ると決心するまでに 恥ずかしながら時間を要しました。

99メートルの鐘楼(展望台まで96.6メートル?) 、300段程ある(らしい)階段を 上りきれるだろうか・・・、倒れて救急車で運ばれたりしないだろうか?

暑さと疲労から かなりネガティブモードでしたが、ゆっくりでも頑張って登ろうと決意。

大聖堂や教会のタワーは、閉鎖的な狭い空間の 螺旋階段を 延々とグルグル上らなくてはならず、新鮮な空気も少なくなり、物理的に 精神的にも体力的にも苦しいんです。

ゆっくりゆっくり狭い階段を上り・・・途中何度か降りてくる人たちとすれ違い、道を譲りあいながら・・・。

ついに展望台へ無事到着。

プラハの大パノラマ!

・・・ ・・・ ・・・

・・・を見る前に、階段を上り終えた所にある小さなホールのベンチに座って休憩です。

同じように階段を上ってきて、景色を眺めるより まず息継ぎ・休憩!という方も多く・・・。

ベンチに座ってのびている人と、ヘトヘトになって上ってくる人達が、目を合わせては 笑い合っていました・・・私もその一人。

そしてついに広がるプラハの大パノラマ!

と、新鮮な空気!

2012summerpraha27kate7

こんな思いで到達したタワーからのプラハの眺めは格別でした。

2012summerpraha28kate8

上写真中:聖イジー教会が真正面に見えます!

プラハに思い残す事は もうこれでありません。

でも もうひと頑張り!

上って来た階段を降り プラハ城見学 終了~!


・・・と言いたいところでしたが、朝 見逃した庭園へ行くことに。

プラハ城の北側にあるカレル庭園Kraiovska zahradaです。

朝通った北側の城門をくぐり、鹿ノ谷(Jereni Prikop)に掛かる火薬橋(Prasny most)を渡ると右側に広がります。

2012summerpraha29park1

緑が濃く 光と影のコントラストが美しい季節でした。

が、暑すぎて・・・行きたくない~、歩きたくない~という 心の声との格闘でした。

チェコのように暑い国のお庭歩き、夏には不向きですね・・・。

春か秋がいいです。

2012summerpraha30park2

庭園奥にはベルヴェレーデ宮殿があります(上写真左、修復中でした)。

王様の夏の離宮だそうです。

庭園を歩いていると、壁に素敵なレリーフのある建物がありました(上写真右)。

このようなレリーフの建物、プラハへ向かう電車の中からも見かけました。

チェコ特有のスタイルなのでしょう。

宮殿の前で少し休み 庭園を往復・・・、庭園散歩に40分くらいかかったでしょうか(大汗)。


庭園の入り口あたりにあった(冷房なんてあるわけのない!)カフェで休憩。

少し休んで、行きには通らなかった プラハ城の正面入口前を通り、お城を後にカレル橋Karlův most方面へ丘を下ります。

この丘を下る時、お城へ向かってくる観光客の方がとぎれることなく続いていました。

多くの観光客が、旧市街からカレル橋を渡り、プラハ城へ 徒歩で向かいます。

2012summerpraha31kate9

みんなプラハ城に圧倒され感動している様子でしたが、(暑さと坂道が)大変そうな表情でした。

まだまだここから、お城の中も広いよ~!がんばって~!

・・・と、思わず声をかけたくなりました。

私は”行きにトラムを利用して良かった、ホテルのお兄さんありがとう!”と胸をなでおろしていました。

とはいえ、かなりの下り坂、帰り道も大変です。

カレル橋・旧市街方面へ向かって 頑張ってこの坂を下りますよー。

とにかく暑い~っ!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 秋のお花・実モノ達 アールスメーヤレポート 2012年9月 | トップページ | 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のお花・実モノ達 アールスメーヤレポート 2012年9月 | トップページ | 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析