« 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 | トップページ | 花を”盛る” in ベルギー 2012年9月 »

2012/10/09

リース・・・季節のお花で in ベルギー 2012年9月

Decooh1209wr01先月(9月)訪れたベルギーの展示会では、様々なテーマでたくさんのフラワーアレンジ・デコレーション作品が紹介されていました。

この展示会は 雑貨・資材の買付はもちろんのこと、フローリスト向けのイベント・コーナーも多く、1年に2回のお楽しみです。

「オランダのお花ブログ」では今回から数回に分け、9月のベルギーの展示会で紹介されていた いくつかのテーマの作品をご紹介していきたいと思います。

(注:この展示会は ベルギーBilzen・AldenBiesen城の9月のお花イベントではありません)


今回は・・・”リース”。

冒頭の写真を含め、このブログでご紹介する作品は、このコーナーに並んでいた作品の内の一部です。

Decooh1209wr02
上写真中・右:赤いベリー(実)をたっぷり使うと秋らしいですよね

Decooh1209wr03

写真左:ライト~グレイッシュトーンのお花達がナチュラル素材のベース(リース)とよくあっています

上写真中:リースを置く空間も統一して演出

上写真左:ラフィア(ワラ) と ヒマワリシード と アンティークカラーのお花達 が 秋を感じさせますね

Decooh1209wr04

Decooh1209wr05

上写真左:こんなスタイル、素敵です。枝のベースの中(下)には(見にくいですが)高揚した葉っぱが敷き詰められています

上写真中:白いアストランチア、イベント最終日とあって少し元気がありませんが、ベースになっているハードなイメージの板切れと 可憐な雰囲気の白いアストランチアのコントラストが面白いです

上写真:ドライの葉っぱを丸め、縦に使うと面白いですね

Decooh1209wr06

上写真中・右:リースは置くだけではありません、立てて使ったり、スタンドにアレンジしたり・・・オブジェ風に


”リース” というと ”クリスマスリース” を思い浮かべる方も多いでしょう。

ですが、春でも夏でも秋でも冬でも 季節に関係なく 楽しめる”リース”。

一言”リース”と言っても、テーブルに置いたり、壁やドアに掛けたり、飾り方は様々。

飾り方によっても雰囲気は変わりますね。

展示会は9月初めでしたので、使われているお花は 晩夏~秋のフレッシュフラワー(生花)が中心となっています。

リースのベースには、枝・葉っぱのドライや様々な資材が使われています。

ドライや異素材資材で リースのベースを創っておけば、フレッシュのお花の部分だけを季節のお花に変えて、長く楽しむことができますね。

ツルや枝を一本 くるりと丸める(輪っかにする)だけでも リースです。

季節の花やフルーツ(実モノ)を、身近にあるツルや枝に 添えるだけでも素敵なリースの完成です。

お花や実モノの豊富な季節、クルリと何かを丸めてみませんか。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 | トップページ | 花を”盛る” in ベルギー 2012年9月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法の時間 in Praha・・・ Summer2012 | トップページ | 花を”盛る” in ベルギー 2012年9月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など