« OpenGardenDaysAmsterdam2012  4つの印象的なお庭 | トップページ | 2012年 日本の夏 と 夏休み »

2012/08/01

FloraHolland Touristコース 2012年6月

猛暑の日本での仕事を終え、オランダに戻ってまいりました。

厳しい暑さでしたが、オランダの地を踏んだとたん、もうあの苦しさを思い出せないほど、違う空気です!

苦しかったのは”暑さ”というよりあの”湿度”・・・。

日本の皆様、まだまだ猛暑が続きます、熱中症にお気をつけてお過ごしください。

さて私は、一晩寝て 8月1~6日は夏休み、BloemenVanThuraもお休みです。

今年は(も)近場ですが、東の方向へ飛行機に乗って出かけます。


出かける前にブログを一つ・・・次のブログ更新は 休み明けになります。



Fha1206006月半ばのことです。

日本からオランダ視察にいらしたお客様と一緒に Aalsmeer生花市場(FloraHollandAalsmeer)へ行ってきました。

ここには セリが見られるツーリスト―コースが用意されています。

月曜日~金曜日、午前7時~11時に見学ができます(大人5ユーロ)。

10時や11時にはセリはほぼ終了しているので、セリの様子を見たい方は 7~9時頃には現地に行かれるのが よいのではないでしょうか。

(特に木曜日は取引が少なく早目に終了するとのことです)

セリの様子以外には、たくさんのお花も!

下の写真のような トローリーに載せられた大量の季節のお花が、あちらからこちらへ・・・こちらからあちらへ・・・どんどん運ばれていく様子を見ることができます。

お花関係者以外の方も楽しめる ツーリストコースです。


アールスメーヤ生花市場FloraHollandAalsmeerへの行き方・・・

アムステルダム中心エリアからは、バスConexxion 172番 で約1時間(2012.06)。

FloraHolland hoofd ingang(FloraHolland正面入口) 下車です。


私たちはバスで アムステルダム・ライツェプレインLeidsePleinを午前7時頃に出発、8時頃 現地到着しました。

この市場の ツーリストコースを歩くのは 私にとっても何年ぶりかのこと、観光気分でワクワクしました。

訪れたこの日は取引の少ない木曜日であったためか、過去に何度か見た時よりは トローリーの数もお花も かなり少なめでした。

それでも圧巻です。

Fha120601

Fha120602_2

この季節はなんといっても アジサイやバラ!

見ごたえがあります。

ちなみにこの広い館内全体は・・・もちろん!保冷されています(要・上着)。

ここで扱われるお花・プランツ達の85パーセント程が 輸出されています(2007年データ)。

このお花達が今日の内には、ヨーロッパ中に、世界中に輸出され、お花屋さんの店頭に並ぶのかと思うと、圧巻です!!

アールスメーヤ生花市場(FloraHollandAalsmeer)には、5つのオークションルームがあり、13のクロック(セリ場)があります。

オークションルームは数年前に近代的?に変わりました。

Fha120603

上写真左は二つのクロックを前にセリ中、写真右はお休み中のセリ部屋。



2008年1月から統合し大きくなった FlorraHolland について、データをご紹介します(配布された資料から)。

(統合前、アールスメーヤ生花市場は BloemenVeilingAalsmeerでした)

現在の姿のFloraHollandは、約6000の生産者からなる共同組合。

Aalsmeer/Naaldwijk/Rijnsburg/Bleiswijk/Eelde(オランダ)、Veiling Rhein-Maas(ドイツ)の6か所に位置しています。

(その内 Aalsmeer/Naaldwijk/Rijnsburg がExportセンター)

全体では、14のオークションルーム、50のクロックがあり、平均11.5万回のセリが行われているそうです。

セリは毎日行われます。

朝6時から開始、オランダ中のオークションルームでは数千人のバイヤーが血眼で?クロックを眺めています。

(バイヤーは、遠隔から インターネットで参加することも可能)

FloraHolland全体では、120億本/年の切り花やプランツが取引されているそうです。


セリでは、トローリー単位での取引となるので、大口の取引・・・輸出会社や加工会社、仲卸さん等がセリに参加しています。

町のお花屋さんやデザイナーさんは、仲卸さんから バケツ単位・束単位でお花を仕入れることとなります。

日本のセリや流通とは少しシステムが違うかもしれません。

輸出大国オランダ・・・今日も世界からお花がオランダに集まり、そしてオランダから世界中へ輸出されていきます。

今 皆様の手元にあるオランダの切り花は、ついさっきオランダで競られたものかもしれないですね?!

記載のないデータは現時点(2012.06)のものです。

その後の変動・変更にご注意ください。


以前のAalsmeer花市場(FloraHolland)関連のブログ記事

数字で見る「アールスメーヤ生花市場」その1・・・2007年9月22日ブログ参照

数字で見る「アールスメーヤ生花市場」その2・・・2007年9月23日ブログ参照

合併前の記事ですね。

過去の写真を見ると、現在のセリ部屋との違いが分かりますね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« OpenGardenDaysAmsterdam2012  4つの印象的なお庭 | トップページ | 2012年 日本の夏 と 夏休み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OpenGardenDaysAmsterdam2012  4つの印象的なお庭 | トップページ | 2012年 日本の夏 と 夏休み »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など